ホーム>リザーバー福山 釣行記

リザーバー福山 釣行記

「リザーバー福山 釣行記」

2017331132138.JPG


リザーバー福山こと、葛の葉店スタッフ 福山が定期更新する
「リザーバー福山 釣行記」


様々なダムでの釣果情報を更新していきます!

(ほぼ)毎週更新!

是非、ご覧下さい。

ダムの事ならお任せあれ!

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください。

宜しくお願い致します!

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年12月14日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1214

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

12月14日(木)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

前回、来た時はフル満水から少し減水していて

平常時の水位ぐらいになっていましたが

一ヶ月の間にさらに減水が進んだみたいで

春に見た景色とさほど変わらないぐらいの

大減水の池原ダムになっていました

2017122511724.jpg

前日の七色ダムでは一尾だけだったので

池原ダムではサイズも数ももう少し釣れるように

頑張ろうと、6時40分ごろに出船

2017113205156.jpg20171120172916.jpg

(左が台風後のフル満水時、右が前回の写真です)

2017122511101.jpg

そして、今回の水位がこれなので

こうして並べて見てみると

改めて増減水の激しいフィールドだと実感します

 

いつもなら前鬼筋から行くのですが

ボート屋さんの情報から備後筋が良さそうという事と

朝一に備後筋に行くことがあまりなかったので

久しぶりに行ってみる事に

20171225111530.jpg

まずは中流の立ち木群から攻めてみますが

特に反応はなく、そのまま上流方向へ

釣り上がって行きます

20171225111655.jpg

7時40分ごろに備後筋最上流バックウォーター(BW)に

来てみましたが、やはりもう水温が結構低いので

BWまで上がってきているバスの姿はなく

ニゴイやフナ、コイばっかりなので引き返して

備後筋と坂本筋の合流地点の大きな岬付近で

日も当たっていて、魚探の映像も良さそうだったので

メタルバイブやネコリグなどで

じっくり探ってみたのですが

アタリはありませんでした

20171225112252.jpg

ダムサイト方面まで下ってきて

トボトスロープ周辺の魚が溜まっていそうなエリアで

メタルバイブのリフト&フォールで探っていると

底に沈んでいる立ち木か何かに引っかかって

ゆっくりほぐして根掛かりを外して

フォールさせて、次に持ち上げた時に

グーンという引きがあったので合わせてみると

グングン引いていきます

20171225112834.jpg

メタルバイブなどの重いルアーは

ジャンプされて、首を振られたらバラす危険性があるので

じっくり慎重にファイトして

ジャンプさせないようにと思っていたのですが

予想以上に元気なバスで

まだボート際まで寄せきらないうちに

一気に浮上してきて、ジャンプ!

次の瞬間、案の定、空中にはルアーが舞っていました

2017122511340.jpg

40センチ弱ぐらいのサイズでしたが

これからの季節、一日に一回あるかないかの

チャンスを逃してしまい、少し凹みましたが

まだ9時前だったので、気を取り直して探りますが

このポイントではもうアタリが無かったので

前鬼筋へ移動します

2017122511377.jpg

鬼岬周辺もその対岸も

小さなベイトフィッシュは少しいましたが

それに付いているバスはいないのか

反応はなく

2017122511403.jpg20171225114025.jpg

もちろんBWも魚っ気は全くありませんでした

20171225114136.jpg

このぐらいの時間から風も吹き出して

強く、そして爆風に変わって行き

吹く方向も北からかと思えば、南から吹いたり

時折、巻き上げるような突風が吹くこともあり

かなり釣りづらい状況になってきました

20171225114634.jpg

早めに釣らないとこれはヤバイなと

白川筋中流域へ移動して

日の当たっている岬をメタルバイブで探っていると

20171225114848.jpg

グン!と何か生命反応を感じ

すかさず合わせてみると、一瞬引いたと思ったら

すぐに軽くなり、バレたかなと思ったのですが

何かついているようで、小バスかなと思って

ボート際まで寄せてみたら、正体はウグイでした

20171225115333.jpg

外道でしたが、魚が釣れて少しホッとして

前回釣れた白川中流の岬へ移動してみますが

釣れたポイントと思われる

切り株(スタンプ)や地形が露わになっていて

前回釣れた場所が分かっただけで

魚からの反応は得られませんでした

2017122515324.jpg

もう少し上流の両岸の屋敷跡も行ってみましたが

もうすっかり陸の上で

満水時に水深8メートル以上に

沈んでいた頃が懐かしいです

20171225153456.jpg20171225153520.jpg

さらに上流の白川筋本流と白川又川の

合流付近にも行ってみましたが

20171225153710.jpg

又川方面にはもう水はなく

白川大橋下の大穴も姿を現していました

2017122515385.jpg

周辺の旧スロープ跡などの

地形もじっくり観察はできましたが

20171225154035.jpg

バスが居れる雰囲気ではないので

白川筋中流域へ引き返すことにしました

20171225154152.jpg

昨年の年末も前回も表層ピクピクで釣れた

中流域の岩盤に入りたかったのですが

爆風の為、断念してボート屋さん付近に戻って来て

風裏になりそうな岬周りや

20171225154516.jpg

椿島周辺でじっくり探ってみますが

全然反応がありません

20171225154645.jpg

残り一時間半ぐらいで

あまりの反応の無さに気持ちが切れそうだったので

少し気分転換をすることにして

減水の為に姿が見えた立ち木に絡まっている

ラインを回収して回ることにしました

20171225155047.jpg

ボート釣りの場合は反対側に回ったり

根掛かり回収機を使えば、ほぼ100%の確率で回収できるので

オカッパリに比べれば、ラインを切る事はほとんどありませんが

もし切るにしてもできるだけラインを残さないように

ルアーの根元から切れるように引っ張るのですが

七色ダムや池原ダムはボート釣りしかできないはずなのに

かなり長いラインが木に巻きついているのを見る事があるので

全部を回収することはできませんが

気になるものはその都度、回収することにしていて

また水が増えて、立ち木が沈んだ時に

ラインが絡まったままだと、また根掛かりしやすくなるし

バスもラインが残っている木には付かないような気がするのです

2017122521056.jpg

風も強いので、安全に注意し

特に目立つものを回収して

池原ダムの神様が見ていてくれたと信じて(笑)

残り1時間で釣りを再開して

唯一、バラしたトボトスロープ周辺に

もう一度入り直しますが

全然アタリもありません

残り30分弱で、さすがにもうダメかなと思いましたが

少し風がマシになっていたので

もしかしたら先ほど行けなかった

白川筋中流のポイントで釣れるかもと思い

行って帰ってくるだけで20分かかるので

実質釣りができる時間は5分あるかないかという

状況でしたが、行かずに後悔するよりも

とりあえず行ってみて、ダメなら諦めようと

最後の移動です!

2017122521812.jpg

ポイントに到着して、ゆっくりエレキで近づいて

水面に浮くワームのレインボーシャッドの

ノーシンカー(NS)で表層をピクピクと誘っていると

黒い影が下から現れて、一瞬ドキッとしましたが

大きなコイでした

2017122521125.jpg

居なかったか―っと諦めかけましたが

念のためもう一投して、表層をピクピクと

波紋を立ててて誘っていると

突然、下からガバッ!とバイトしてきて

見えていたワームが水中へ引き込まれました!

かなりビックリしましたが、一呼吸おいて

しっかりと合わせると、上手くフッキングして

グングン下へ突っ込んで行きます!

最後のチャンスを何とか逃すまいと

心臓がバクバクと音を立てながらも

慎重にファイトをして、何度かのジャンプと突っ込みに耐えて

無事、キャッチすることに成功しました

20171225212046.jpg

ビッグサイズではありませんでしたが

しっかり餌を食っているプリッとした体型の

38センチのナイスバスでした

2017122611249.jpg

16時15分、本当の最後の最後

ラスト一投に来た、しびれる一尾でした!

2017122611261.jpg

まだ釣れるかなと思いましたが

時間が無いので狙いたい気持ちを我慢して

パパッと片づけをして、急いでボート桟橋に戻り

16時30分、この日の釣りを終えました。

 

ゴミ拾いをして気分を変えて、最後の最後まで諦めなくて

自分の信じた釣り方を試した結果が

ラストの一尾につながったのだと

寒さ以上に興奮と感動で震えた一日となりました!

2017122611332.jpg

 

使用タックル

 

ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

 

使用ルアー

イマカツ レインボーシャッド3インチ NS

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 七色ダム釣果情報 【2017年12月13日】

 

 

七色ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1213

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

12月13日(水)、七色ダムへ

釣りに行ってきました

 

約一か月ぶりの七色ダムで

前々日の道路状況をライブカメラで見ていると

道路脇には雪が軽く積もっていて

道路もうっすらと白く凍結している様子で

無事に行けるか不安でしたが

前日に天気予報とライブカメラの映像を見て

よーく調べて、大丈夫そうだったので

夜中運転していると、やはり道路脇には

雪が少し積もっているけど

路面は凍ってなくて、ひとまず安心しましたが

やはりかなり冷え込んでいて

標高の一番高い伯母峰峠付近で、マイナス2℃!

少し下ったところでもマイナス1℃という

厳しくなりそうな雰囲気です

2017121821110.jpg

無事に到着して、一尾でもいいから

何とか釣れるように頑張ろうと、7時過ぎに出船

2017121821525.jpg

とりあえずボート屋さんから出てすぐの

ワンド内の立ち木を探ってみますが

反応が無くて

2017121821722.jpg

かなり冷え込んでいたので

少しでも早く水温が高くなる可能性のある

日が当たっているエリアへ移動して

小一時間ほど探ってみますが

こちらも無反応でした

2017121821953.jpg

前回、TOP50のバスプロの方がスピナーベイトで

爆釣していて、その後僕もバラしてしまった

大又川筋を入ってすぐのポイントへ移動して

20171219155044.jpg

ツインテールリンガーのネコリグで

底の方を丁寧に探っていると

コンッと明らかな生命反応があったので

スイープ気味にしっかり合わせてみると

グングン引いていき、下へ下へ潜って行きます

20171219155319.jpg

沈んでいる立ち木とかに巻かれないように

沖の方へ誘導して、無事にキャッチしました

20171219155452.jpg

良い場所にしっかりフッキングが決まっていたので

今回はバラす事も無かったこの魚は

39センチの黒々としたキレイなバスでした

20171219155649.jpg

まだ9時20分ぐらいで

冬の貴重な一尾を早めに釣ることができ

少し満足してしまいました

2017121916044.jpg

しかし、まだまだ始まったばかりなので

更に釣れるように、黒潮ワンドへ移動しますが

生命感が無く移動

2017121916341.jpg

大又川筋中流の高尾谷周辺も探ってみますが

コイはいるもののバスからの反応はありませんでした

2017121916626.jpg2017121916651.jpg

お昼も過ぎたので、本流筋方面へ移動して

前回釣れた西ノ川との合流付近や

2017121916841.jpg

発電所跡周辺の流れ込みやディープエリアを

メタルジグの早い動きや

反対にワームを使ったスローな攻め方など

色々な方法で探ってみますが全くの無反応でした

2017121916112.jpg20171219161144.jpg

上流方面へ移動して、前回夕方にアタリの多かった

ボート屋さんが集まるエリアの対岸の岩盤で

じっくり探ってみますが、ここでも反応は得られず

20171219161523.jpg

少し上流の大岩が連続しているエリアでも

何の手ごたえも無く、完全に見失っています

20171219161748.jpg2017121916189.jpg

いないだろうと思いながらも

念のため行ってみた放水口周りも

あまりにもクリアな水質と低水温で

やはり魚の姿はなく

20171219162125.jpg20171219162147.jpg

残り30分ぐらいで下流域に戻ってきて

大井谷で最後まで粘ってみましたが

結局、何のアタリも無く

16時30分になったので、この日の釣りを終えました。

20171219163215.jpg

とりあえず魚は釣れましたが

早い時間に釣れたことで

どこかで気が抜けてしまい

その後の釣りで集中力が足りなかったのかもしれません

 

池原ダムではもっと釣れるように

「きなりの湯」の温泉で冷えた体を温めて

早めに就寝して、次の日に備えました。

20171219164058.jpg

 

使用タックル

 

ロッド エバーグリーン カレイド デジーノ マッハ S-1

リール シマノ 10ステラ C2500HGS

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3ポンド

 

 

ヒットルアー

エバーグリーン ツインテールリンガー ネコリグ(3/64オンス)

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

レンタルボート店 

レンタルボート169さん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 日吉ダム釣果情報 【2017年11月29日】

 

 

日吉ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1129

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

11月29日(水)、日吉ダムへ

釣りに行って来ました

 

前回、日吉ダムを訪れたのは

2016年の10月25日で

一年ちょっとぶりの人生二度目の釣行となる

今回は秋もすっかり深まったタイミングで

なぜこんな釣れにくくなった季節になるまで

来なかったのだろうと思いながらも

まぁでも前回も初めて来て、5尾釣れたので

今回も大丈夫だろうと甘い考えを持ちつつ

7時半ごろに出船

201712117442.jpg

日吉ダムはいつも行く池原ダムや七色ダムよりも

規模は小さいですが、エンジンの使用が禁止されていて

動力はエレキのみが使用可能で

ボート屋さんに聞くと、バッテリー2つあれば

一日で一周回れるという事でしたので

とりあえず出発です

2017121174643.jpg

この日吉ダムも10月の二つの台風が来た後は

濁りもかなりひどく、水位が10数メートルも増水して

フル満水になり、ボート屋さんの目の前のラクダ島も

水没していたようですが、日が経つにつれて

水質も普段の少し濁ったステインウォーターに戻り

ラクダ島も元の姿を取り戻していました

20171211878.jpg

とりあえず近場のイビキ谷周辺を見てみますが

浅い所は特に生命感もなく

201712118927.jpg

朝から降ったり止んだりの雨で

昼過ぎから強風になる予報でしたので

とりあえず一番遠い最上流に行って

徐々に下ってこようと移動します

2017121181118.jpg

途中、世木林から梁木橋方面へ入って行き

日吉ダム名物の土管が見えるかなと思いましたが

夏場にはちょうど土管が半分ぐらい水につかった状態で

土管の中にビッグバスが潜んでいることがあるのですが

前回同様、冬の水位になっていたので

土管自体が見えないぐらいの水位で

その周辺にも魚っ気が無かったので移動することに

2017121181647.jpg

世木林のコンクリートプラント跡や周辺の流木群も

ノーシンカーワームやチャターベイト

スピナーベイト、ネコリグなど

色々な方法で探ってみましたが、特に反応はなく

2017121182235.jpg2017121182255.jpg

日吉ダム中流の夢のかけ橋周辺に移動するも

無反応で、魚探も無いので

有名な立ち木群もどこに沈んでいるのか分からず

201712118280.jpg

そこから上流にかけてある大きな岬周辺も

2017121183115.jpg

小倉谷周辺も何の気配もなく

2017121183246.jpg

最近、調子が良いとボート屋さんに教えてもらった

火の谷橋周辺はヘラ釣りの方が居てたので

そのポイントは諦めて、最上流に移動です

201712118364.jpg

上流部のブッシュや土砂崩れの跡のような

倒木も探ってみますが、魚の姿はなく

2017121183759.jpg2017121183827.jpg

最上流の世木ダムからの流れ込みは

危険なので100メートル以内は立ち入り禁止で

この日も結構な量の水が流れていて

夏のようなポイントですが、酸素量の多いエリアなので

良さそうに思ったのに、全くの無反応

2017121184525.jpg

下流へ引き返しながら、前回釣れた

土バンクとコンクリート護岸の境目などの

変化のあるポイントを

浅い所から深い所まで

色々なルアーで探ってみますが

全くアタリも無く、この時点で正午過ぎです

2017121185016.jpg

浅い所にはコイしか溜まっていない事は

分かっているのに、もしかしたらと思い

見に行ってみたり

2017121185156.jpg

滝谷橋の橋脚も丁寧に探ってみますが

反応は得られず

2017121191355.jpg

残り時間も3時間を切ったので

下流の方へ戻ってきて、前回釣れたダムサイト付近の

岩盤をネコリグで丁寧に探ってみますが無反応で

201712119163.jpg

ダムサイトの流木だまりやミノ谷も探ってみますが

アタリはなく

2017121191750.jpg2017121191816.jpg

前回、一番大きい47センチが釣れた

ミノ谷周辺の橋脚も結局

この日は何の反応もありませんでした

2017121192053.jpg

残り1時間を切って、攻める場所も思いつく場所は

もう全て探って、完全にボーズを覚悟し始めましたが

先ほど探ったダムサイト付近の岩盤が

どうしても気になったので、もう一度戻って

さっきはネコリグで探ったので

今度はもっとリアクション要素強めで探ってみようと

メタルクロースピンで垂直岩盤を

タイトにリフト&フォールで探っていたら

2017121204345.jpg

グーンとロッドが重くなったので

すかさず合わせてみましたが

特に生命感は伝わってこず、重いだけのままで

また底に沈んでいる木か何かが引っ掛かってきただけかなと

グリグリ巻いてくると、白いお腹がギラッと見えて

バスが掛かっているのを確信しました!

急に心臓がバクバクし始めて、慎重なやり取りになり

ボート際に寄せて来たものの

日吉ダムのバスは、ボートが見えてからがしぶとく

急に抵抗が激しくなり、ギュンギュン引いていきます

フックのかかり具合もアシストフックに掛かっているだけで

ルアーの重さもあるのでジャンプされると

バレる危険性が高まるので

なるべくジャンプさせないように慎重にファイトして

強烈な引きに何とか耐えて

ようやく無事にキャッチすることができました

2017121205659.jpg

計測してみるとブリンブリンに太った

43センチ1250グラムの

ナイスフィッシュでした

201712120587.jpg

残り30分、釣り始めて約8時間

全くのノーバイトでも諦めず

どうしたら釣れるのか考えに考え

冷たい雨にも負けず

黙々と投げ続けた末に

この一尾を釣り上げた瞬間

思わず「よっしゃー!!!」と叫んでいました!

201712121412.jpg

その後、ボート屋さんの桟橋までメタルクロースピンで

探って行きますが、途中の岩盤で

ミスキャストによりルアーを破損させてしまい

帰着時間の16時になったので

この日の釣りを終えました。

2017121211930.jpg

この前の池原ダムから岩盤でゴツゴツと

リフト&フォールで探って

根掛かりしては回収してを繰り返し

酷使してきて、塗装も剥がれ

メインフックも研ぎまくり

アシストフックもバスが掛かって曲がってしまい

最後には至近距離から岩盤に当ててしまい

一瞬、割れたと思いましたが

ブレードが外れただけで戻ってきてくれた

メタルクロースピン

2017121211849.jpg

これからの時期は、今回のように一日やり切って

アタリがあるかないかという状況が増えてくるので

その釣れない中で、最後の最後に自分が信じて

使い込んだルアーで釣った一尾は

何物にも代えがたい価値ある一尾だと

感動した一日でした!

2017121212944.jpg

「地域に開かれたダム」という

標語を掲げている日吉ダムの周りには

レストラン、温泉、温水プール、

体育館、BBQスペースなど

様々なレクリエーション施設が整っていて

家族で来ても楽しめる

新たなバスフィッシングフィールドの形となっていて

魚の引きも強くて面白いので

来年はもっと良い時期に行ってみようと

強く感じた楽しい釣り場でした。

(毎週水曜日が定休日なので、この日はお休みでした)

2017121213158.jpg

 

 

使用タックル

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNC-610MH MGS 

リール アブガルシア Revo Deez 6-L

ライン デュエル TBカーボン 12ポンド

 

 

使用ルアー

イマカツ メタルクロースピン(17グラム)

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

日吉フィッシャーマンズタウンさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年11月16日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1116

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

11月16日(木)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

二週間前に来た時は二つの台風が来た後で

水位もフル満水に近いぐらいでしたが

それから毎日30センチほど減水していたみたいで

桟橋から見た景色はもうすっかり平常時の池原ダムでした

2017111920340.jpg

夜中からの冷え込みと朝からの強風で

釣りづらそうな雰囲気の中

6時半ごろに出船

2017113205156.jpg20171120172916.jpg

(左が前回、右が今回の写真です)

前回来た時よりも約3メートル以上は

減水している感じで

増減水の激しいリザーバー特有の景色に

驚かされながら、とりあえず

前鬼筋へボートを走らせます

201711320577.jpg20171120172948.jpg

(左が前回、右が今回の写真です)

いつもなら、そのまま真っ先に

最上流バックウォーター(BW)へ行くのですが

ふと橋脚についているバスはいないかなと思い

ビッグベイトなどを橋脚にこすり付けるぐらい

タイトに攻めていたら

その間に一艇のボートが前鬼筋へ入って行き

「しまった!やっぱり一番にBWへ行くべきだった」と

少し後悔しながら、橋脚を狙い続けましたが

無反応だったので、前鬼筋BWへ向けて移動してみると

20171119201951.jpg

前回は完全に沈んでいた鬼岬も姿を現していて

この辺から攻めてみようかと思ったら

先ほどのボートが鬼岬の対岸で釣りをしていたので

そのままBWへ上がって行くことにしました

20171119202230.jpg

しかし、BW手前の岬で一回

ジャバシャッドのノーシンカー(NS)に

追いかけて来たものの、かなり深そうな所から

上がってきた様子で

BWももう季節的に上がってきているバスはいなくて

他の魚っ気も無かったので、下って行くことにして

鬼岬近くのいつもベイトフィッシュが溜まっている

赤土エリアもバスの姿はなく

20171119202738.jpg

早々に白川筋へ移動して

中流域を流していきますが、全然反応が無く

やはり少し深い場所にいてるのかなと

中流域の岬で前日の七色ダムのように

ウィップクローラーのネコリグで探っていると

コツコツッと何回かアタリらしきものがありますが

フッキングには至りません

立ち木も沈んでいるエリアなので

風も強いし、沈んでいる立ち木に

当たっているだけなのかなと思い

20171119203828.jpg

風の影響を受けにくい岬の反対側に回って

ボートを固定して、岬越しにネコリグを沈めて誘ってみると

やはりコツコツッとアタるので

しっかり送り込んで合わせてみると

ようやくフッキングに成功して

アタリの正体を無事にキャッチ

20171119204130.jpg

ようやく釣り上げる事が出来たのは

27センチの冬っぽいバスでした

20171119204328.jpg

その後、同じ場所で探ってみましたが

反応を得られなかったので

白川大橋周辺まで行ってみましたが

20171119204455.jpg

爆風の為、隣の白川又川へ一時避難しながら

風で寄せられた流木群を攻めてみますが

風が強すぎて釣りにならず

20171119204627.jpg

風裏になりそうな対岸の岩盤に移動しますが

この日の風はいろんな方向から吹いていて

時に巻き上げるように強烈に吹いたりして

なかなか釣りがしづらく

前回、チャターベイトで一尾釣った放水口にも

行ってみましたが、この辺りまで上がってきている

バスがいなかったようで無反応でした

20171119205028.jpg

引き返していたら、やはりいろんな方向から吹く

爆風の影響で、先ほど溜まっていた流木が

もう反対方向へ散らばっていて

ボートの運転に気を付けながら

ダムサイト方面へ移動しようかなと思って

走っていたら、一尾目が釣れたポイントが

どうしても気になったので

もう一度立ち寄ってみる事にして

今度はもっと深い場所を

もっと素早くリアクション要素強めで攻めてみようと

メタルクロースピンで探ってみると

20171119205626.jpg

突然、ギュイーンとラインが走って

ロッドにまで強烈な感触伝わってきたので

合わせてみると、一瞬重みがのったのですが

すぐにフッと軽くなったと思ったら

立ち木に引っかかってしまい

根掛かりを外しながら、もしかして先ほどのも

ただ単に立ち木に当たっただけなのかと

半信半疑になりつつ、近くの岩盤を

同じように探っていると

またもやギューンとロッドが曲がって

合わせてみると、今度はしっかりフッキングに成功して

やっぱり先ほどのもアタリだったと確信して

強烈な引きに耐えて、ボート際まで寄せてくると

40センチほどの魚体が見えましたが

口に掛かっているルアーがあまりにも

浅掛かりでバレそうだなと思った瞬間、ガンッ!

20171120154629.jpg

口から外れたルアーがボートに当たった音が

無情にも響いていました

 

しかし、5分以内にアタリがあったことで

やっぱり釣り方は合っているのだと信じて

メタルクロースピンのリフト&フォールで

近くの岩盤を丁寧に探っていると

20171120155115.jpg

またまたギュッイーーンという強烈なアタリが

ロッドを伝わってきて、しっかり合わせると

グングン引いていきますが

慎重にファイトしながら、ボート際まで寄せてきて

ジャンプなど最後の抵抗をされましたが

何とか無事にキャッチ

20171120155512.jpg

アシストフックの方がしっかり掛かっていて

ようやく釣り上げる事が出来た2尾目は

41センチのナイスフィッシュでした

2017112015576.jpg

強烈にひったくるようなアタリで

やみつきになりそうな

とても楽しい釣り方でした

20171120155929.jpg

その後、このポイントでアタリが無くなったので

同じような岩盤を求めて

下流方面へ移動していたら

昨年の12月に表層ピクピクで釣れたポイントが目に入り

もしかして釣れるかもと思って立ち寄り

2017112016743.jpg

水面に浮くワームのレインボーシャッドのNSで

表層でピクピク動かしては時々止めてを

繰り返して誘っていると

強風で一瞬ワームが見えなくなったので

ラインを少し張り気味にして強めに動かした瞬間

ガバァッ!!!と水面が割れて

ラインがしっかり水中に引き込まれるのを確認してから

合わせてみると、グングン下へ突っ込んで行きます

強烈な引きとブリンブリンに太った魚体に

一瞬焦りましたが、落ち着いて沖の方へ誘導して

慎重に時間をかけてファイトして

無事にキャッチすることに成功しました

20171120161125.jpg

口が思ったよりも小さく

水中で見えていた時は50センチはあると思っていたのに

計測してみると、意外に長さはなく46センチでしたが

エサをたっぷり食べて丸々太った

グッドコンディションの

ナイスバスでした

20171120161548.jpg

釣った後に水面をよーく見てみると

ワームと同じようなサイズの小魚が群れていて

まさにマッチザベイトで釣れた一尾でした

2017112016181.jpg

風が強くなってきたので

坂本・備後筋方面へ行くのは諦めて

もう一度、前鬼筋に入って

よくビッグバスの群れが泳いでいる

岩盤エリアを探ってみますが、アタリが無く

野生のシカや紅葉などを見て癒されたり

20171120163042.jpg2017112016319.jpg

この間まで沈んでいたと思われる

樹木の葉っぱの色の変化を見たりして

リザーバーの増減水の激しさを改めて強く感じて

20171120163339.jpg

残り時間が一時間を切ったので

ボート屋さんの近くの大きな岬に行って

爆風の中、ネコリグで探ってみると

コンッとアタリを感じたので

糸ふけを取って、スイープに合わせてみると

気持ち良い引きで楽しませてくれました

20171120163834.jpg

白っぽい冬の魚のような色でしたが

36センチのキレイなバスでした

2017112016413.jpg

残り15分ほどでしたが

ダムサイト方面へ移動して

前回、駐車場の柵まで水没していた

トボトスロープもすっかりその姿が

見えるようになっていました

201711422452.jpg20171120164531.jpg

最後にボート屋さんの目の前の椿島周りも

探ってみましたが無反応で

16時半になったので、この日の釣りを終えました。

20171120164847.jpg

朝からの爆風でどうなる事かとヒヤヒヤしましたが

底の方で釣れたと思ったら

表層まで飛び出してバイトしてくるバスもいて

水中はまだまだ秋なのかもしれないと感じました!

 

しかし、帰り道の峠の気温を見てみると

18時過ぎの時点で1度という冷え込み具合で

地上は確実に冬になりつつあり

この日はヒートテック、長袖、パーカー、フリース、防寒スーツの

5枚重ねで着ていて、全く寒さを感じませんでしたが

今後、これにカイロを追加して

防寒対策をしっかりして、安全に気をつけて

まだまだ釣れる季節を楽しみたいと思います。

2017112017029.jpg

 

使用タックル

 

①ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

②ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNC-610MH MGS 

リール アブガルシア Revo Deez 6-L

ライン デュエル TBカーボン 12ポンド

 

③ロッド エバーグリーン カレイド デジーノ マッハ S-1

リール シマノ 10ステラ C2500HGS

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3ポンド

 

 

使用ルアー

①イマカツ レインボーシャッド3インチ NS

②イマカツ メタルクロースピン(17グラム)

③レイドジャパン ウィップクローラー5、5インチ ネコリグ(3/64オンス)

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 七色ダム釣果情報 【2017年11月15日】

 

 

七色ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1115

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

11月15日(水)、七色ダムへ

釣りに行ってきました

 

前回は10月18日だったので

約一か月ぶりの七色ダムですが

その間の10月22日の台風21号の影響で

強烈な濁りが入ってから初めての釣行となる

今回はとりあえず全体の様子を見つつ

バスの居場所を探していこうと

6時半ごろに出船

2017111718344.jpg

やはりまだ濁りが残った状態で

朝晩、かなり冷え込んできているので

表層には出てこないかなと思いつつ

いつも通り、ボート屋さんから出てすぐのワンドの

立ち木でジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

誘ってみると、かなりボート際になってようやく

追ってきたのが分かるぐらいの透明度で

しかも深い所から上がってきたような感じでしたので

いつもの釣り方では難しそうかなと思い

とりあえず南側の柳谷へ

20171117222852.jpg

ここも結構な濁りで最上流バックウォーター(BW)付近まで

上がってみると、ようやくクリアな水質になりますが

さすがにもうこのぐらいに季節になると

BWまで上がってきているバスの姿はなく

ダムサイト方面へ移動

20171117223152.jpg

台風の影響でかなりの流木が溜まっていて

その脇をNSやチャターベイトなどの

巻き物で探って行きますが

特に反応は得られず

下流のワンドで綺麗に色づいた紅葉を楽しんで

2017111815435.jpg

大又川筋へ移動してみると

入口付近の対岸にバスボートで取材か何かで

釣りをされているTOP50のバスプロの方がいて

立て続けに3本のバスを釣っていて

さすがだなーと思いつつ、よく観察していると

大きめのブレードがガチャガチャ鳴っていたので

重めのスピナーベイトかなと思って

手持ちのスピナーベイトの中で

一番重かった3/4オンスのスピナーベイトを

巻いてみましたが、そんなに簡単には食ってくれません

(釣りが終わってからSNSで聞いてみると

やはり重めの5/8オンスの

ヘビーウエイトスピナーベイトだったようです)

20171118154412.jpg

その後、黒潮ワンドに移動して

BW方面へ流していくと

20171118154636.jpg20171118154752.jpg

前回来た時には無かった、大規模な倒木があり

20171118154911.jpg

おそらく台風の影響で地滑りしたものと思われ

もう少し早い時期なら絶好のポイントでしたが

BW付近の為、水温も低めでバスの姿はありませんでした

20171118155421.jpg

大又川筋中流の高尾谷に入っても

コイの姿はあるものの、バスからの反応はなく

20171118165115.jpg

いつもビッグサイズがついている立ち木にも

この日は全く姿を現さず

20171118165221.jpg

上流の方へ行ってみると水質は良くなりますが

魚の気配が無いので、本流筋方面へ移動することに

20171118165614.jpg

途中、先ほどプロの方が釣っていた場所に立ち寄って

スピナーベイトを通すも無反応でしたが

ウィップクローラーのネコリグで探ってみると

微かにアタリがあり、合わせるとグングン引いていきます

ボート際まで寄せてきて、取り込もうと思った矢先

ポロッと口からフックが外れてバレてしまいました

20171118183510.jpg

気を取り直して本流筋へ移動してきて

西ノ川に入って行こうかと思いましたが

前回、小口橋の橋脚でワンバイトあったので

狙ってみるも橋脚ではアタリが無かったものの

20171118183715.jpg

旧橋脚跡をネコリグで探ってみると

ココンッと小気味よいアタリがあったので

しっかりラインを送り込んで合わせてみると

良い引きでしたが、先ほどのバスよりもかわいくて

難なくいなして無事にキャッチ

20171118184955.jpg

13時過ぎにようやく釣れた一尾目は

33センチの冬っぽい色のバスでした

20171118185150.jpg

やはり深い所に移動しているのかなと思いつつ

上流方面へ移動して

レンタルボート屋さんが並ぶエリアの対岸の岩盤が

ふと気になって、日が当たって

水温が上がっているかもと

岩盤際をネコリグで探っていたら

2017111819122.jpg

なだらかな岩盤ではなく、垂直気味の岩盤で

岸からストンとネコリグを落としていくと

スーッとラインが走ったので

ラインを巻き取って、スイープに合わせてみると

ギュンギュン下へ引いていきます

結構、ブリッとした魚体が見えて

沈んでいる立ち木などに巻かれないように

沖の方へ誘導して、無事にキャッチ

20171118191932.jpg

先ほどのバスとは違って

まだまだシャローでエサを食べまくってそうな

キレイな色の44センチのナイスサイズでした

2017111820289.jpg

周りの紅葉もいい感じに色づいています

2017111820296.jpg

何となく食わせ方が分かって

同じような岩盤を攻めていると

岸にワームを乗せて、静かに落として

ストン、ストンとフリーフォールで

落とし込んでいると、またもやスーッと

ラインが走ったので合わせてみると

ギューンッと一瞬強烈な魚の引きの後に

何かに巻かれているような感触が伝わってきたと思ったら

フッと軽くなって、ラインブレイクしてしまいました

20171118203427.jpg

残念でしたが、やはり食わせ方は合っているようで

その後も何回かアタリはあるものの

フッキングには至りませんでしたが

上流の方へ流していって

この岩盤までかなという場所で

20171118204044.jpg

コンッと分かりやすいアタリがあって

しっかり合わせて、良い引きを味わって

14時半にようやく3尾目をキャッチ

20171118204214.jpg

口の小さめな37センチの

ナイスバスでした

20171118204328.jpg

かなり上流まで来ていたので

ボート屋さんに戻る時間も考えると

残り一時間半ぐらいしか釣りができないので

このままこのエリアで粘っても良かったのですが

念のため、もっと上流の方も見ておきたかったので

大岩エリアに移動してみるも無反応

20171118204640.jpg

放水口のあるBW付近にも行ってみて

良い感じに木くずが溜まっていましたが

少し風が吹いてきて寒くなりだしてきて

バスからの反応もなく

20171118204844.jpg20171118205043.jpg

残り15分ほどあったので

先ほどの岩盤まで戻ってくると

一回アタリがあったもののフッキングせず

やっぱりこのエリアに魚が溜まっていたのかなと思いつつ

下流域のボート屋さんまで戻って

16時半になったのでこの日の釣りを終えました。

20171118205844.jpg

初秋までは全域で魚の姿が見られた七色ダムも

二つの台風の影響で一気に季節が進んだ印象で

釣れるエリアと全く魚っ気が無いエリアが

極端に分かれて、これからどんどん寒くなってくると

さらにその傾向が強くなってくると思うので

良いエリアが見つかった時は

そのポイントで粘る事も

大切だと感じた一日でした

2017111821127.jpg

 

使用タックル

 

ロッド エバーグリーン カレイド デジーノ マッハ S-1

リール シマノ 10ステラ C2500HGS

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3ポンド

 

 

ヒットルアー

レイドジャパン ウィップクローラー5、5インチ ネコリグ(3/64オンス)

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

レンタルボート店 

レンタルボート169さん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ  「番外編」 高石オカッパリ太刀魚 釣果情報 【2017年11月8日】

 

 

番外編 太刀魚釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年11

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

今回は「番外編」ということで

11月8日(水)に高石周辺へ

太刀魚釣りに行って来ました

 

約一か月ぶりの太刀魚釣りで

いつも行っている泉大津周辺の

状況を探りに行きたかったのですが

時間があまりなかったので

家から自転車で10分ぐらいの高石周辺の

釣り場にも太刀魚の群れが入ってきているかなと

少し遅めの17時過ぎごろに到着

2017119165912.jpg

準備をしていると、水面がやけに騒がしく

バシャバシャと小魚が跳ねまくっていて

その場所にルアーを通してみると

追っている魚は食ってきませんでしたが

追われている小魚はハリに引っかかってきました

 

魚っ気ムンムンで俄然やる気が出て

フラッシュJ ルミノーバのワインド釣法で

探って行きますが、反応が無く

この場所は2,3年前に12月ぐらいでも

ハードルアーに太刀魚が食いついてきたことを思い出して

ヴィジョン110に結びなおしていると

あとから来られた男女二人組の

女性の方が一投目で太刀魚をキャッチ!

音からしておそらくバイブレーションだと思われ

やはりハードルアーだと確信して

投げてみると、すぐにガツンというアタリがあり

一気に巻いてきて無事にキャッチ

口から外れて、体に掛かったのか

初めから体に引っかかっていたのか分かりませんが

スレ掛かりでの1尾目でした

201711917841.jpg

すぐにハリを外して投げ続けていると

毎キャストごとと言っていいほど

ものすごいアタリはあるのですが、フッキングには至りません

水中にメチャクチャ魚が群れていて

魚の体に当たっているのかなーと思っていたら

ガツンとアタって、合わせた瞬間

フッとテンションが無くなってしまいました

まさかと思いましたが、巻いてくると

フロロのリーダーよりもだいぶ手前の

PEラインから切れています

 

一番恐れていたことが起きてしまいました

唯一、持ってきたハードルアーも無くなり

フロロのリーダーも替えが無く

一度、家に取りに帰ろうかと思いましたが

その間も男女二人組はハードルアーで

釣りまくっていて、今が時合かもと思い

ダメ元でPEライン直結でワインド釣法で探って行きますが

アタリがありません

2017119184030.jpg

やはりハードルアーの強めの波動が良いのか

それともトリプルフックに引っかかってくる魚が多いのか

太刀魚だけでなく、サバも釣れているようで

水中はかなりの魚の群れが入ってきている感じで

よーく考えて、残りのワームの中から

唯一、まだブリブリとした波動に近い

シャッドテールワームのフラッシュJシャッドが

目に入り、付け替えて投げてみると

ハードルアーほどではありませんがアタリます

しかし、掛からなかったり、またしても切られたりと

なかなか釣り上げる事ができませんでしたが

2017119173337.jpg

1尾目から20分後に、ようやく2尾目をキャッチできて

これでも大丈夫だと自信が出てきて

投げ続けていると

二投に一投ぐらいの割合でアタってきて

201711917595.jpg

サバもしっかり食ってきて

特有のブリブリブリッーと激しく暴れ回り

合わせてからの引きも、釣り上げてからも

強烈な動きで楽しませてくれます

201711918255.jpg

太刀魚と違って、暴れ回るサバは掴むが大変で

やっと掴んでもバタバタ動きまくるので

すぐにハサミで締めて、クーラーに入れます

太刀魚もすぐクーラーに入れたかったのですが

自転車で来ていたこともあり

かなり小さいクーラーで、ハサミで3等分ぐらいに切って

持って帰ろうと思っていたので、とりあえずアタリの止まった時に

まとめて締めようと思っていたら

この後、怒涛の連発でそんな時間はありません

201711918156.jpg2017119181533.jpg

201711918165.jpg2017119181645.jpg

サバが釣れた時だけ少し時間がかかりますが

その他は2~5分ぐらいの間隔で釣れていて

201711918195.jpg2017119181932.jpg

ハリを外したり、写真を撮ったりする時間を考えると

ほぼ毎キャストごとに釣っているような

まさに入れ食い状態です

2017119182112.jpg2017119182144.jpg

201711918226.jpg2017119182227.jpg

長時間蓄光素材のルミノーバの効果もありますが

途中からよりブリブリ動くように

バス釣りでいうところのミッドストローリング(ミドスト)のように

ロッドを縦に振りながら巻いてきて

プリプリとしたシャッドテールの動きにプラスして

左右にロールしながらアピール強めに

誘ってきたのが、良かったのかなと思います

201711918286.jpg2017119182832.jpg

実際にかなり手前の方まで追ってきて

もう抜き上げようかなという近距離で食ってくる

太刀魚もいて、街灯に照らされて

足元でギランッと光って食いつく太刀魚を見た時は

とても興奮しました

2017119183212.jpg

途中、小雨がぱらぱら降ってきて

もう少し強めに降ってきたら帰ろうとか

5投以内にアタリが無かったら帰ろうとか考えていましたが

魚を釣り上げて、写真撮ってたら雨がマシになったり

全然アタリが無くならなかったので

なかなか帰るタイミングが無かったのですが

これ以上釣っても、後からが大変なので

5投以内に釣り上げる事ができないか

太刀魚15尾目を釣ったら帰ろうと決めて

15尾目の太刀魚を釣り上げた19時20分に

この日の釣りを終えました。

201711918392.jpg

約2時間で太刀魚15尾、サバ4尾と

大満足の釣果でしたが

アタリはその3倍以上はあったので

ハードルアーをもっと持ってきていれば

更に釣れていたのではないかと

若干の後悔はしましたが

これだけの数を釣ると、帰ってからの方が大変で

201711920555.jpg

結局、釣り場で3等分に切っても

クーラーに入りきらなさそうだったので

大きいビニール袋に入れて持って帰ってきて

内臓を出して、水洗いをして

捌かないものはラップにくるんで冷凍して

この日に食べる分は三枚におろし

201711921520.jpg201711921456.jpg

サバの半分は塩を当てて、余分な水分と臭みを取って

酢で締めて、きずしにして

2017119211426.jpg2017119211451.jpg

2017119211524.jpg2017119211544.jpg

もう半分は塩焼きにして

2017119211628.jpg

太刀魚はお造りや焼き霜造り、背越しにしたり

201711921230.jpg

久しぶりに煮付けにしたりして

2017119212344.jpg2017119212414.jpg

品数の多い豪華な晩御飯として

美味しく頂きました

2017119212745.jpg201711921288.jpg

ガッツーンという太刀魚特有の暴力的なアタリを感じて

しっかり合わせて、グリグリグリッと

ラインテンションと緩めないように巻いてきて

たまにジーッとドラグを出されますが

ゴリ巻きして一気に抜き上げるファイトは

実にエキサイティングで面白いです!

 

まだまだ太刀魚シーズンは終わりませんよ~☆

 

そして、この日、最初のヴィジョン110で釣った1尾以外は

ちぎられることなく一つだけのワームで釣ることができ

太刀魚の歯型がびっしりついて

傷だらけになったこのワームは

店頭にて展示しておりますので

ご来店の際にはぜひご覧下さい!

201711921403.jpg

 

使用タックル

ロッド オリムピック ヌーボカラマレッティーロッソ GONCRS-832M

リール ダイワ リーガルX 2000T

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、8号(PE)

〈リーダー サンライン FCスナイパー 8ポンド(フロロ)〉

(途中から、リーダーなしのPEライン直結)

 

ヒットルアー

①フィッシュアロー フラッシュJシャッド4インチSW ルミノーバ

②メガバス ヴィジョン110 SW

 

アイテム 

フィッシュアロー UVライト

デコイ ワイヤーリーダー 

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

次回は七色ダム、池原ダム編を予定しております☆

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年11月1日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年11

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

11月1日(水)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

前回、10月19日に釣りに行った時は

まだマイナス18メートル以上の

減水傾向にあった水位でしたが

2017102503339.jpg

10月22日の台風21号の影響で

一気に15メートル以上、増水して

池原ダムはほぼ満水に近い状態になりました

2017102503615.jpg

大阪方面から車で行く場合

169号線の最後のローソンを過ぎたあたりで

崩土があったようで現在通行止めという事で

迂回路もはっきり分かっていなかったので

先週は行くのを断念しましたが

201710251719.jpg

吉野土木事P奈良県吉野土木事務所のHPに迂回路が載っていたので

それを見て行けそうだったので行くことに決めました

2017113204822.pdf

6時にボート桟橋に到着すると

やはりその水位に驚かされます

2017113205021.jpg

出船してから沖側から見てみると

どれだけ水が増えたのか一目瞭然で

20171023154113.jpg2017113205156.jpg

左の写真が台風前、右の写真が台風後で

左の写真の地すべりしている茶色い部分の上ぐらいに

今回の浮き桟橋が移動している状態です

数年前に一度だけ、こんな水位の時がありましたが

滅多に見る事ができない景色です

20174721122.jpg

(ちなみにこれが今年の春先の

水位が最も低かった時の写真です)

 

とりあえず、いつものように前鬼筋へ向けて

ボートを走らせます

 

201747212345.jpg201711320577.jpg

橋から水面までが一気に近くなっていて

春先に見えていたこんな地形は

今となっては水深20メートル以上の底になっていて

そんな場所を攻める準備もしていないので

最上流バックウォーター(BW)を目指して進んでいくと

一筋の泡のようなものが湖面に残っていて

まさか、もっと早くに来ている人がいるのではと思い

BWの手前まで来ると、やはり1艇のボートが浮いていて

2017114113513.jpg

もうすでに下流側を向いていたので

「上流の方に行ってもいいですか?」と一声かけて

上がって行くと、大岩の側に木くずが溜まっていて

その脇をジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

引いてみると、木くずの中からすっ飛んで来て、ガバッ!

しかし、上手くフッキングせずで

ガッカリしていたら、その木くずの下から

ワラワラと10尾以上の40センチアップのバスが出てきました

2017114113924.jpg

BWまで来ると、透明度はかなり高く

結構なバスの姿は見えるのですが

かなり怯えている様子で全然反応しなく

唯一、高速に動くときにだけ

微かに反応することが分かりましたが

非常に難しい状態の魚ばっかりで食わせきれず

一応、流れの一番強い最上流まで行ってみましたが

バスの姿はなく

2017114114213.jpg

少し下流の吊り橋まで下ってくると

「キーッ!キーッ!」という鳴き声を発しながら

吊り橋を猛スピードで猿が渡って行きました

2017114114457.jpg

すごい光景だなと思いながら

近くの大岩の岬状のポイントで

表層より少し下を高速で攻めるべく

チャターベイトのジャックハンマーを巻いていたら

表層で小さなベイトフィッシュがパッと散った瞬間

下からドーンと食ってきました!

すかさず合わせて、グングン下に突っ込んで行く引きを味わって

ボート際まで寄せてきて、40センチぐらいあるなーと

口をつかもうと思った瞬間、ポロッ。

残念ながらバラしてしまいました

2017114115357.jpg

そのまま下流へ流していくと

木くずが多く、チャターやクランクなどの巻物では

引きにくくなってきたものの

ジャバシャッドでは濁りの中ではパワーが足りないと思い

ワンベイツのプロトワームのNSならボリュームがあるし

少し沈めても誘えるので

木が水面まで覆いかぶさっているオーバーハングの下を

スキッピング(水面を跳ねさせるキャスト)で探って行き

木くずの脇を通していたら、木くずの下から

ガバァーッ!と水面にもんどりうって食ってきました

しっかり合わせて、強烈な引きに耐えて

ボート際まで寄せてくると、予想していたより遥かに大きく

推定55センチオーバーのビッグサイズで

何とかしてキャッチしないとと思った矢先

バスが最後の抵抗で首を左右に振った瞬間

ポーンッとワームが口から外れて、宙を舞っていました

2017114202156.jpg

思わず、「アーッ!」と声に出して

しばらく放心状態でした

 

かなりショックでしたが、まだ8時半で

まだまだ大丈夫だと気持ちを切り替えて

下りながら探って行くと

サイズはそんなに大きくなさそうでしたが

同じように2回バイトがあったのに

上手くフッキングできなかったので

ワームに少し切れ込みを入れて

フックが出やすいように調整したりすると

またもや同じようなオーバーハングでバイト

201711420320.jpg

ようやくフッキングに成功して

無事にキャッチ

2017114203254.jpg

今度はがっつりフッキングしていて

先ほどのバスもこれぐらい掛かっていたらと

恨めしく思ってしまいましたが

このバスも42センチとナイスサイズでした

2017114204927.jpg

朝からバイトはあったもののキャッチできずでしたが

ようやく9時過ぎに一尾目を

釣り上げることができました

2017114205214.jpg

それからもう一度、前鬼筋BWへ向けて

対岸を上がって行きましたが

時間だけが過ぎただけで

全然反応が無く、BWの見えているバスも

相変わらず難しい状態だったので

白川筋へ移動して、中流の少し切り立った岬状の

ポイントを探っていると

今度はジャバシャッドのNSに

濁りの中から浮上してきて食ってきました

2017114211331.jpg

よく引きましたが、余裕のあるファイトで

難なくキャッチすることができました

2017114211434.jpg

濁りの中の割には模様のはっきりした

キレイは37センチのバスでした

201711421186.jpg

さらに上流の方へ移動して

前回見る事の出来なかった

白川本流と白川又川の合流地点を横目に

2017114212911.jpg

白川筋本流をどんどん上がって行くと

久しぶりに放水口まで行くことができ

結構な水が流れていたので

2017114213048.jpg

その流れのよれている場所にバスが潜んでいるのではと考えて

下流側のブッシュ際をジャックハンマーで巻いてくると

2017114213219.jpg

木の横を通り過ぎたぐらいに、ゴンッ!

すかさず合わせると、流れに乗って強烈に引きますが

何とか耐えて、流れの緩やかな所に誘導して

今度は無事に取り込めました

2017114213515.jpg

思い通りの場所で思い描いていた通りにバイトしてきた

嬉しい37センチでした

2017114213647.jpg

下流側のよれに居たのだから

上流側にも居るかもと探ってみると

沈んだブッシュの下から追いかけてきて、バクッ!

しかし、しっかり食い込んでおらず

もう一度通すとまたもや食ってきましたが

フッキングできずで、さすがに3度目はありませんでした

2017114214019.jpg

ここまで満水になったらどこまで行けるのか

気になったので、魚はいないだろうなーと思いつつも

上がって行くと、生コンクリート工場や上北山温泉が

見えるぐらいの所まで行くことができました

201711421469.jpg

ここまで来るとさすがに透明度は高くなっていましたが

やはりバスはいなかったので

白川又川まで戻ってきて

有名な倒木やBW付近を探ってみますが

特に反応はなく

2017114214926.jpg2017114214959.jpg

流木止めのオイルフェンスに溜まっていた

流木脇から一度だけ飛び出してきただけで

それ以外は反応が無かったので備後筋へ大移動することに

2017114215518.jpg

備後筋もかなり上流の方まで上がって行くことができ

流量の多い流れ込みや雰囲気のある岩盤で

探ってみましたが、思いのほか魚っ気が無く

2017114215844.jpg2017114215913.jpg

BWにはかなりの流木が溜まっていて

行くことはできませんでしたが

201711422034.jpg

途中、昔の土砂崩れの跡にできた

いかにも魚が溜まっていそうな流れ込みにも

バスの姿はなく

201711422228.jpg

もう残り時間も少なかったので

ダムサイト周辺のトボトスロープ横に行ってみると

普段、駐車場になっている場所が水没していて

柵だけが見えている状態でした

201711422452.jpg

結局、その後バスからの反応は得られず

16時半になったので、この日の釣りを終えました。

 

朝のバラしたビッグサイズが悔しい一日となりましたが

普段なかなか見る事ができない景色も見れて

数年ぶりの満水の池原ダムを満喫できました。

20171142281.jpg

 

使用タックル

 

①ロッド エバーグリーン テムジンコブラ TMJC-65M

リール メガバス アルファスito 103L-Ai

(スプール ダイワSLPW アルファスSVスプール 105)

ライン サンライン FCスナイパー 10ポンド

 

②ロッド ノリーズ ロードランナーVOICE HB680M

リール メガバス TD-ito103ML

(スプール ダイワSLPW スティーズSVスプール 105)

ライン 東レ BIGBASS フロロ 12ポンド

 

③ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール ダイワ 15ルビアス 2508PE-H

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、8号(PE)

〈リーダー ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

 

使用ルアー

①ワンベイツ プロトワーム NS

②エバーグリーン ジャックハンマー 3/8オンス

(トレーラー エバーグリーン ツインテールリンガー)

③イマカツ ジャバシャッド4、5インチ NS

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年10月19日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1019

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

10月19日(木)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

前日からの雨が減水傾向の池原ダムで

どのような変化をもたらすのか

冷たい雨の降る中、6時過ぎに出船

20171023154113.jpg

水位は前回来た時と

そんなに変わっていない様子でしたので

とりあえずいつものように

前鬼筋最上流バックウォーター(BW)から

チェックすることにして、少し手前から流し始め

20171023154519.jpg

ジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

表層を引いてきた2投目に

岩陰から突然出てきて、パクッ!

あまりにも早い反応で少し焦りましたが

しっかりフッキングして、何もない沖へ誘導して

無事にキャッチ!

2017102315503.jpg

開始2投目であっさり釣れたのは

42センチのナイスバスでした

20171023155256.jpg

七色ダムでは一苦労だった40アップが

冷たい雨が降る中、すぐに釣れてホッとしました

20171023203636.jpg

そのまま、鬼岬周辺へと上がって行き

岸際をワンベイツのプロトワームのNSで探っていると

立ち木越しに激しいバイトがあり

フッキングして、掛かったものの

立ち木から外そうと近寄って行く途中でバレてしまいました

20171023204147.jpg

BW付近まで来てみると、アウトサイドの岩盤沿いは

強烈な濁りとエレキのハイスピードでも上がれないほどの流れで

さすがにこんなところにはいないだろうと思いましたが

一応、流れが最初に当たる小さい岬を攻めてみると

濁りの中からガバッと飛び出してきましたが

何か細長く茶色い魚体で

おそらくニゴイだったのではと思います

2017102320475.jpg20171023204730.jpg

鬼岬周辺や少し中流に下って探ってみると

小さいベイトがいて、バスも少し見えて

雨も強く移動しづらかったので

2時間ほど粘ってみましたが

全然食う気配が無いので

雨が少しマシになったタイミングで白川筋へ移動することに

20171023205350.jpg

白川筋中流の立ち木周辺で

9時半ごろにようやく2尾目をキャッチして

20171023205543.jpg

その近くを探っていると

水面でガバガバガバッと激しいボイルが起こり

投げてみると、ド派手に食ってくるものの

フッキングに失敗して、その後、静かになってしまったので

少し場所を休めようと白川筋上流部へ行ってみると

20171023205844.jpg

かなりの濁りっぷりで、魚の反応も無く

どこまで行けるのか行ってみたものの

白川大橋と白川又川の合流部がまだまだ遠めに見えるぐらいで

あまりの濁流の為、引き返すことに

2017102321126.jpg

先ほどの白川筋中流の岩盤エリアに戻ってくると

沖にはヘラブナの大群が見え

2017102321338.jpg

岩盤際には60センチ~45センチぐらいのバスの群れが

常に10尾ほど行ったり来たりしていて

しばらく粘ってみる事にして

いろんな方法で誘ってみますが

追いかけては来るもののなかなか口を使わずで

ボイルが発生した時にだけ

一瞬テンションが上がる感じで

すぐに沈黙して難しかったのですが

猛スピードで動くものとスローに沈んでいくものに

反応している感じだったので

沈む虫系ワームの三原虫40のNSを

少し沈めてから猛スピードで巻いてきて

水面に出る寸前に止めて、ゆっくり沈ませてやると、パクッ!

 

201710232151.jpg

しかし、上手くフッキングせずでしたが

数尾の群れが遠くの方から泳いでくるのが見えたので

その進行方向に三原虫40を投げて

放置させていたら、スーッとラインが動いた気がしたので

ラインを張ってみると、重みを感じたので

合わせると猛烈な引きで

ジーッジーッとドラグを鳴らしながら

真下へグングン潜って行き

立ち木に擦れてる嫌な感じがラインから伝わってきて

急いでボートで近づいていきますが

完全に巻かれてしまい

ラインからも生命反応が無くなったので

ゆっくりラインを手繰ってみると

ズリズリという感触と共に上がってきましたが

バスはバレてしまっていました

20171024235838.jpg

一瞬見えた魚体は明らかに50センチを超えていただけに

かなりショックでしたが、気持ちを切り替えて

備後筋へ移動しようとボートを走らせていると

201710250215.jpg

少し気になる場所があったので立ち寄って

岩盤と立ち木の際をジャバシャッドで探っていると

201710250330.jpg

スーッとバスが追いかけてきて、パクッ!

あっさりと食ってきました

201710250442.jpg

37センチのキレイな魚体のバスでした

201710250523.jpg

もしかして、難しい所で粘り過ぎていただけで

簡単な所ではあっさり食ってくるのかなと

備後筋の立ち木群や

201710250710.jpg201710250731.jpg

流れ込みや滝などの

新鮮な水が流れてくるインレットも

探ってみましたが無反応で

201710250840.jpg201710250910.jpg

15時半ごろに備後筋BWまで行ってみましたが

何匹かのバスの姿は見たものの

食う気配が無いので

2017102501128.jpg

本当はビッグバスが見えていた

白川筋中流まで行きたかったのですが

時間も無かったので、朝はイマイチだったけど

夕方になって状況が変わっているかもと

前鬼筋へ移動することに

2017102501325.jpg

流れの強さと濁りは朝に比べて

だいぶマシになっていて

バスの姿もチラホラ見えましたが

なかなか難しい状況で

結局手も足も出ず

17時になったので、この日の釣りを終えました。

 

朝一やボイルが起きている時に

バイトはあったものの、バラしたり

木に巻かれたりとミスが多くて

これからの時期は更にチャンスが少なくなってくるので

いかにそのチャンスをものにする事ができるのかが

大切だと痛感した一日でした

2017102502037.jpg

 

使用タックル

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール アブガルシア REVO NEOS DEEZ

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド

 

(途中から、リール ダイワ 15ルビアス 2508PE-H

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、8号(PE)

〈リーダー ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉)

 

 

使用ルアー

イマカツ ジャバシャッド4、5インチ NS

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

そして、この釣行時はまだマイナス18メートルほどの

減水傾向にあった水位ですが

2017102503339.jpg

10月22日の台風21号の影響で

一気に15メートル以上、増水して

今の池原ダムはほぼ満水に近い状態になりました

2017102503615.jpg

2017102503720.jpg

これでBWに上がってくるバスが増えて

釣れるかもと思い、今週も行こうかなと考えましたが

各ボート屋さんの近況ブログなどを見ていると

大阪方面から車で行く場合

169号線の最後のローソンを過ぎたあたりで

崩土があったようで現在通行止めという事で

迂回路もはっきり分かっていないので

行くのは断念しました

201710251719.jpg

ボート屋さんのブログの画像を見る限り

かなり被害が大きかったみたいです

 

もし、釣りに行かれる際は道路状況を

ご確認ください!

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 七色ダム釣果情報 【2017年10月18日】

 

 

七色ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1018

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

10月18日(水)、七色ダムへ

釣りに行ってきました

 

朝晩、かなり冷え込んできて

道路脇の温度計も12℃ぐらいで

いよいよ秋本番になりつつあり

季節的に深い所にバスが沈む傾向にある

七色ダムですが

この日は昼から雨予報だったので

もしかして浅い所にも浮いてくるかもと

思いながら、6時過ぎに出船

2017102115657.jpg

満水に近いぐらいかなり水位が高く

岸際のオーバーハング(木が覆いかぶさっている場所)の

水面との距離がかなり狭いか

木が水面についているような状況で

攻め辛そうな雰囲気ですが

いつも通りボート屋さんから出て

上流側に位置する大井谷方面へ

エレキで流していきながら

ジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

オーバーハングの奥の方へ

スキッピング(水面を跳ねさせるキャスト方法)で

滑り込ませて、探っていると

大井谷入口の立ち木の絡むポイントで

20171021155655.jpg

小さいながらも早々に一尾目が釣れて

20171021163230.jpg

その後、ポンポンと二連続で釣れて

20171021163336.jpg20171021163357.jpg

大井谷の最上流バックウォーター(BW)付近まで行ってみると

普段行けないような、かなり奥まで行く事ができますが

大きいサイズのバスは見えなかったので

20171021163553.jpg

アントライオンのダウンショットリグ(DS)で

少し小バスに遊んでもらい

20171021163729.jpg20171021163752.jpg

下流方面へ移動して、柳谷に行ってみると

こちらも高い水位のおかげで、かなり奥まで行けて

夏に良さそうな雰囲気でしたが

この日はバスが上がっていなくて

2017102116444.jpg

ダムサイト周辺の小さなワンドで

32センチぐらいを一尾追加して

20171021164828.jpg

大又川筋に移動して

黒潮ワンドまで流してみましたが

追っては来るものの食わなかったので

大又川筋中流に移動

20171021165231.jpg

高尾谷ワンドに入ってみるも

元気な姿が見られるのはコイばっかりで

バスの姿はなく

20171021175442.jpg

いつもビッグサイズのバスの群れが見える

大又川筋中流のポイントに行ってみて

オーバーハングの下をシャバシャッドで探っていると

20171021175659.jpg

ものすごい勢いで追いかけてきて、パクッ!

グングン下へ潜って行く強烈な引きを楽しみながら

無事にキャッチしました

20171021204657.jpg

測ってみると40センチジャストの

キレイなバスでした

2017102120487.jpg

これからの季節、七色ダムでは

貴重になってくる40アップのナイスバスでした

20171021212025.jpg

そのまま大又川筋上流方面へ流していき

まぁまぁの確率で50センチ以上のバスが

溜まっている立ち木に行ってみて

20171021212154.jpg

かなり遠目から立ち木の少し沖側に

水面に浮くワームでピクピクと波紋を出して誘っていたら

下からワラワラワラ~っと45~60センチぐらいのバスが

10尾以上浮いてきて、ワームの直前まで行って

食いかけて止めるバスや

食ったふりしてワームの際でパクッと口を開けるバスなど

心臓バクバクしながら、その光景を見ていましたが

普通そのぐらいの群れなら、競い合って食ってもいいはずなのに

ちょっとでも変だと思ったら、警戒して潜っていく

なかなか一筋縄ではいかない難しいバスだったので

近くの立ち木にラインを吊るして、ちょうちん釣りをして

ラインの存在を消して、しばらく誘ってみても

結局食うには至らずで移動することにしました

2017102121413.jpg

大又川筋上流エリアへ行っても

バスの姿が少なかったので大移動して

本流筋と西ノ川が合流する小口橋周辺でボートをとめて

20171021214453.jpg

橋脚についているバスがいないかなーと

シンキングプロップベイトのガストネードを

5秒ぐらい沈めて、橋脚ギリギリをゆっくり巻いてくると

グンッとロッドが曲がったので

一投目であまりにも思い通りにアタリがあったので

少し焦りましたが、すかさず合わせて

強烈な引きに耐えて、ボートの近くまで寄せてきて

水深3メートルぐらいの所に40センチ以上のバスの姿が見えた瞬間

首を振られて、フッと軽くなり、バレてしまいました

20171021215452.jpg

ロッドが少し硬くて、ちゃんとフッキングできていなかったんだなと

反省しながら、近くの旧橋脚跡を水面ピクピクワームで誘っていたら

こちらは40センチぐらいのバスが10尾ほど

下からワラワラ浮いてきて

完全に止めていたら、一回だけパクッと食ったのですが

上手くフッキングできず、雨も降ってきて

水面に出てこなくなったので

本流筋上流域に移動することに

2017102122419.jpg

小井橋周辺から上流の大岩エリアに流していって

ジャバシャッドを表層で引いてくると

37センチのバスが元気よくバイトしてきて

2017102122830.jpg2017102122857.jpg

さらに上流の放水口付近で

2017102122938.jpg

小バスが食ってきましたが

2017102122138.jpg

大きいサイズが見えなかったので

小口橋周辺へ戻りましたが

特に反応も無く、16時30分になったので

この日の釣りを終えました。

 

なかなか厳しい季節になってきましたが

まだまだ浅い所や表層で食ってくるバスもいて

ビッグサイズの姿も見る事ができるので

次こそはあの難しいバスたちに口を使わせたいと

思った一日でした

20171021222558.jpg

 

使用タックル

 

①ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール アブガルシア REVO NEOS DEEZ

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド

 

②ロッド ノイケ セイテンスマイル NSS-63ULS

リール シマノ 07ステラ C2000S

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 2、5ポンド

 

ヒットルアー

①イマカツ ジャバシャッド4、5インチ NS

   ②エバーグリーン アントライオン DS

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

レンタルボート店 

レンタルボート169さん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00