ホーム>リザーバー福山 釣行記>池原ダム2017年②

池原ダム2017年②

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年12月14日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1214

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

12月14日(木)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

前回、来た時はフル満水から少し減水していて

平常時の水位ぐらいになっていましたが

一ヶ月の間にさらに減水が進んだみたいで

春に見た景色とさほど変わらないぐらいの

大減水の池原ダムになっていました

2017122511724.jpg

前日の七色ダムでは一尾だけだったので

池原ダムではサイズも数ももう少し釣れるように

頑張ろうと、6時40分ごろに出船

2017113205156.jpg20171120172916.jpg

(左が台風後のフル満水時、右が前回の写真です)

2017122511101.jpg

そして、今回の水位がこれなので

こうして並べて見てみると

改めて増減水の激しいフィールドだと実感します

 

いつもなら前鬼筋から行くのですが

ボート屋さんの情報から備後筋が良さそうという事と

朝一に備後筋に行くことがあまりなかったので

久しぶりに行ってみる事に

20171225111530.jpg

まずは中流の立ち木群から攻めてみますが

特に反応はなく、そのまま上流方向へ

釣り上がって行きます

20171225111655.jpg

7時40分ごろに備後筋最上流バックウォーター(BW)に

来てみましたが、やはりもう水温が結構低いので

BWまで上がってきているバスの姿はなく

ニゴイやフナ、コイばっかりなので引き返して

備後筋と坂本筋の合流地点の大きな岬付近で

日も当たっていて、魚探の映像も良さそうだったので

メタルバイブやネコリグなどで

じっくり探ってみたのですが

アタリはありませんでした

20171225112252.jpg

ダムサイト方面まで下ってきて

トボトスロープ周辺の魚が溜まっていそうなエリアで

メタルバイブのリフト&フォールで探っていると

底に沈んでいる立ち木か何かに引っかかって

ゆっくりほぐして根掛かりを外して

フォールさせて、次に持ち上げた時に

グーンという引きがあったので合わせてみると

グングン引いていきます

20171225112834.jpg

メタルバイブなどの重いルアーは

ジャンプされて、首を振られたらバラす危険性があるので

じっくり慎重にファイトして

ジャンプさせないようにと思っていたのですが

予想以上に元気なバスで

まだボート際まで寄せきらないうちに

一気に浮上してきて、ジャンプ!

次の瞬間、案の定、空中にはルアーが舞っていました

2017122511340.jpg

40センチ弱ぐらいのサイズでしたが

これからの季節、一日に一回あるかないかの

チャンスを逃してしまい、少し凹みましたが

まだ9時前だったので、気を取り直して探りますが

このポイントではもうアタリが無かったので

前鬼筋へ移動します

2017122511377.jpg

鬼岬周辺もその対岸も

小さなベイトフィッシュは少しいましたが

それに付いているバスはいないのか

反応はなく

2017122511403.jpg20171225114025.jpg

もちろんBWも魚っ気は全くありませんでした

20171225114136.jpg

このぐらいの時間から風も吹き出して

強く、そして爆風に変わって行き

吹く方向も北からかと思えば、南から吹いたり

時折、巻き上げるような突風が吹くこともあり

かなり釣りづらい状況になってきました

20171225114634.jpg

早めに釣らないとこれはヤバイなと

白川筋中流域へ移動して

日の当たっている岬をメタルバイブで探っていると

20171225114848.jpg

グン!と何か生命反応を感じ

すかさず合わせてみると、一瞬引いたと思ったら

すぐに軽くなり、バレたかなと思ったのですが

何かついているようで、小バスかなと思って

ボート際まで寄せてみたら、正体はウグイでした

20171225115333.jpg

外道でしたが、魚が釣れて少しホッとして

前回釣れた白川中流の岬へ移動してみますが

釣れたポイントと思われる

切り株(スタンプ)や地形が露わになっていて

前回釣れた場所が分かっただけで

魚からの反応は得られませんでした

2017122515324.jpg

もう少し上流の両岸の屋敷跡も行ってみましたが

もうすっかり陸の上で

満水時に水深8メートル以上に

沈んでいた頃が懐かしいです

20171225153456.jpg20171225153520.jpg

さらに上流の白川筋本流と白川又川の

合流付近にも行ってみましたが

20171225153710.jpg

又川方面にはもう水はなく

白川大橋下の大穴も姿を現していました

2017122515385.jpg

周辺の旧スロープ跡などの

地形もじっくり観察はできましたが

20171225154035.jpg

バスが居れる雰囲気ではないので

白川筋中流域へ引き返すことにしました

20171225154152.jpg

昨年の年末も前回も表層ピクピクで釣れた

中流域の岩盤に入りたかったのですが

爆風の為、断念してボート屋さん付近に戻って来て

風裏になりそうな岬周りや

20171225154516.jpg

椿島周辺でじっくり探ってみますが

全然反応がありません

20171225154645.jpg

残り一時間半ぐらいで

あまりの反応の無さに気持ちが切れそうだったので

少し気分転換をすることにして

減水の為に姿が見えた立ち木に絡まっている

ラインを回収して回ることにしました

20171225155047.jpg

ボート釣りの場合は反対側に回ったり

根掛かり回収機を使えば、ほぼ100%の確率で回収できるので

オカッパリに比べれば、ラインを切る事はほとんどありませんが

もし切るにしてもできるだけラインを残さないように

ルアーの根元から切れるように引っ張るのですが

七色ダムや池原ダムはボート釣りしかできないはずなのに

かなり長いラインが木に巻きついているのを見る事があるので

全部を回収することはできませんが

気になるものはその都度、回収することにしていて

また水が増えて、立ち木が沈んだ時に

ラインが絡まったままだと、また根掛かりしやすくなるし

バスもラインが残っている木には付かないような気がするのです

2017122521056.jpg

風も強いので、安全に注意し

特に目立つものを回収して

池原ダムの神様が見ていてくれたと信じて(笑)

残り1時間で釣りを再開して

唯一、バラしたトボトスロープ周辺に

もう一度入り直しますが

全然アタリもありません

残り30分弱で、さすがにもうダメかなと思いましたが

少し風がマシになっていたので

もしかしたら先ほど行けなかった

白川筋中流のポイントで釣れるかもと思い

行って帰ってくるだけで20分かかるので

実質釣りができる時間は5分あるかないかという

状況でしたが、行かずに後悔するよりも

とりあえず行ってみて、ダメなら諦めようと

最後の移動です!

2017122521812.jpg

ポイントに到着して、ゆっくりエレキで近づいて

水面に浮くワームのレインボーシャッドの

ノーシンカー(NS)で表層をピクピクと誘っていると

黒い影が下から現れて、一瞬ドキッとしましたが

大きなコイでした

2017122521125.jpg

居なかったか―っと諦めかけましたが

念のためもう一投して、表層をピクピクと

波紋を立ててて誘っていると

突然、下からガバッ!とバイトしてきて

見えていたワームが水中へ引き込まれました!

かなりビックリしましたが、一呼吸おいて

しっかりと合わせると、上手くフッキングして

グングン下へ突っ込んで行きます!

最後のチャンスを何とか逃すまいと

心臓がバクバクと音を立てながらも

慎重にファイトをして、何度かのジャンプと突っ込みに耐えて

無事、キャッチすることに成功しました

20171225212046.jpg

ビッグサイズではありませんでしたが

しっかり餌を食っているプリッとした体型の

38センチのナイスバスでした

2017122611249.jpg

16時15分、本当の最後の最後

ラスト一投に来た、しびれる一尾でした!

2017122611261.jpg

まだ釣れるかなと思いましたが

時間が無いので狙いたい気持ちを我慢して

パパッと片づけをして、急いでボート桟橋に戻り

16時30分、この日の釣りを終えました。

 

ゴミ拾いをして気分を変えて、最後の最後まで諦めなくて

自分の信じた釣り方を試した結果が

ラストの一尾につながったのだと

寒さ以上に興奮と感動で震えた一日となりました!

2017122611332.jpg

 

使用タックル

 

ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

 

使用ルアー

イマカツ レインボーシャッド3インチ NS

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年11月16日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1116

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

11月16日(木)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

二週間前に来た時は二つの台風が来た後で

水位もフル満水に近いぐらいでしたが

それから毎日30センチほど減水していたみたいで

桟橋から見た景色はもうすっかり平常時の池原ダムでした

2017111920340.jpg

夜中からの冷え込みと朝からの強風で

釣りづらそうな雰囲気の中

6時半ごろに出船

2017113205156.jpg20171120172916.jpg

(左が前回、右が今回の写真です)

前回来た時よりも約3メートル以上は

減水している感じで

増減水の激しいリザーバー特有の景色に

驚かされながら、とりあえず

前鬼筋へボートを走らせます

201711320577.jpg20171120172948.jpg

(左が前回、右が今回の写真です)

いつもなら、そのまま真っ先に

最上流バックウォーター(BW)へ行くのですが

ふと橋脚についているバスはいないかなと思い

ビッグベイトなどを橋脚にこすり付けるぐらい

タイトに攻めていたら

その間に一艇のボートが前鬼筋へ入って行き

「しまった!やっぱり一番にBWへ行くべきだった」と

少し後悔しながら、橋脚を狙い続けましたが

無反応だったので、前鬼筋BWへ向けて移動してみると

20171119201951.jpg

前回は完全に沈んでいた鬼岬も姿を現していて

この辺から攻めてみようかと思ったら

先ほどのボートが鬼岬の対岸で釣りをしていたので

そのままBWへ上がって行くことにしました

20171119202230.jpg

しかし、BW手前の岬で一回

ジャバシャッドのノーシンカー(NS)に

追いかけて来たものの、かなり深そうな所から

上がってきた様子で

BWももう季節的に上がってきているバスはいなくて

他の魚っ気も無かったので、下って行くことにして

鬼岬近くのいつもベイトフィッシュが溜まっている

赤土エリアもバスの姿はなく

20171119202738.jpg

早々に白川筋へ移動して

中流域を流していきますが、全然反応が無く

やはり少し深い場所にいてるのかなと

中流域の岬で前日の七色ダムのように

ウィップクローラーのネコリグで探っていると

コツコツッと何回かアタリらしきものがありますが

フッキングには至りません

立ち木も沈んでいるエリアなので

風も強いし、沈んでいる立ち木に

当たっているだけなのかなと思い

20171119203828.jpg

風の影響を受けにくい岬の反対側に回って

ボートを固定して、岬越しにネコリグを沈めて誘ってみると

やはりコツコツッとアタるので

しっかり送り込んで合わせてみると

ようやくフッキングに成功して

アタリの正体を無事にキャッチ

20171119204130.jpg

ようやく釣り上げる事が出来たのは

27センチの冬っぽいバスでした

20171119204328.jpg

その後、同じ場所で探ってみましたが

反応を得られなかったので

白川大橋周辺まで行ってみましたが

20171119204455.jpg

爆風の為、隣の白川又川へ一時避難しながら

風で寄せられた流木群を攻めてみますが

風が強すぎて釣りにならず

20171119204627.jpg

風裏になりそうな対岸の岩盤に移動しますが

この日の風はいろんな方向から吹いていて

時に巻き上げるように強烈に吹いたりして

なかなか釣りがしづらく

前回、チャターベイトで一尾釣った放水口にも

行ってみましたが、この辺りまで上がってきている

バスがいなかったようで無反応でした

20171119205028.jpg

引き返していたら、やはりいろんな方向から吹く

爆風の影響で、先ほど溜まっていた流木が

もう反対方向へ散らばっていて

ボートの運転に気を付けながら

ダムサイト方面へ移動しようかなと思って

走っていたら、一尾目が釣れたポイントが

どうしても気になったので

もう一度立ち寄ってみる事にして

今度はもっと深い場所を

もっと素早くリアクション要素強めで攻めてみようと

メタルクロースピンで探ってみると

20171119205626.jpg

突然、ギュイーンとラインが走って

ロッドにまで強烈な感触伝わってきたので

合わせてみると、一瞬重みがのったのですが

すぐにフッと軽くなったと思ったら

立ち木に引っかかってしまい

根掛かりを外しながら、もしかして先ほどのも

ただ単に立ち木に当たっただけなのかと

半信半疑になりつつ、近くの岩盤を

同じように探っていると

またもやギューンとロッドが曲がって

合わせてみると、今度はしっかりフッキングに成功して

やっぱり先ほどのもアタリだったと確信して

強烈な引きに耐えて、ボート際まで寄せてくると

40センチほどの魚体が見えましたが

口に掛かっているルアーがあまりにも

浅掛かりでバレそうだなと思った瞬間、ガンッ!

20171120154629.jpg

口から外れたルアーがボートに当たった音が

無情にも響いていました

 

しかし、5分以内にアタリがあったことで

やっぱり釣り方は合っているのだと信じて

メタルクロースピンのリフト&フォールで

近くの岩盤を丁寧に探っていると

20171120155115.jpg

またまたギュッイーーンという強烈なアタリが

ロッドを伝わってきて、しっかり合わせると

グングン引いていきますが

慎重にファイトしながら、ボート際まで寄せてきて

ジャンプなど最後の抵抗をされましたが

何とか無事にキャッチ

20171120155512.jpg

アシストフックの方がしっかり掛かっていて

ようやく釣り上げる事が出来た2尾目は

41センチのナイスフィッシュでした

2017112015576.jpg

強烈にひったくるようなアタリで

やみつきになりそうな

とても楽しい釣り方でした

20171120155929.jpg

その後、このポイントでアタリが無くなったので

同じような岩盤を求めて

下流方面へ移動していたら

昨年の12月に表層ピクピクで釣れたポイントが目に入り

もしかして釣れるかもと思って立ち寄り

2017112016743.jpg

水面に浮くワームのレインボーシャッドのNSで

表層でピクピク動かしては時々止めてを

繰り返して誘っていると

強風で一瞬ワームが見えなくなったので

ラインを少し張り気味にして強めに動かした瞬間

ガバァッ!!!と水面が割れて

ラインがしっかり水中に引き込まれるのを確認してから

合わせてみると、グングン下へ突っ込んで行きます

強烈な引きとブリンブリンに太った魚体に

一瞬焦りましたが、落ち着いて沖の方へ誘導して

慎重に時間をかけてファイトして

無事にキャッチすることに成功しました

20171120161125.jpg

口が思ったよりも小さく

水中で見えていた時は50センチはあると思っていたのに

計測してみると、意外に長さはなく46センチでしたが

エサをたっぷり食べて丸々太った

グッドコンディションの

ナイスバスでした

20171120161548.jpg

釣った後に水面をよーく見てみると

ワームと同じようなサイズの小魚が群れていて

まさにマッチザベイトで釣れた一尾でした

2017112016181.jpg

風が強くなってきたので

坂本・備後筋方面へ行くのは諦めて

もう一度、前鬼筋に入って

よくビッグバスの群れが泳いでいる

岩盤エリアを探ってみますが、アタリが無く

野生のシカや紅葉などを見て癒されたり

20171120163042.jpg2017112016319.jpg

この間まで沈んでいたと思われる

樹木の葉っぱの色の変化を見たりして

リザーバーの増減水の激しさを改めて強く感じて

20171120163339.jpg

残り時間が一時間を切ったので

ボート屋さんの近くの大きな岬に行って

爆風の中、ネコリグで探ってみると

コンッとアタリを感じたので

糸ふけを取って、スイープに合わせてみると

気持ち良い引きで楽しませてくれました

20171120163834.jpg

白っぽい冬の魚のような色でしたが

36センチのキレイなバスでした

2017112016413.jpg

残り15分ほどでしたが

ダムサイト方面へ移動して

前回、駐車場の柵まで水没していた

トボトスロープもすっかりその姿が

見えるようになっていました

201711422452.jpg20171120164531.jpg

最後にボート屋さんの目の前の椿島周りも

探ってみましたが無反応で

16時半になったので、この日の釣りを終えました。

20171120164847.jpg

朝からの爆風でどうなる事かとヒヤヒヤしましたが

底の方で釣れたと思ったら

表層まで飛び出してバイトしてくるバスもいて

水中はまだまだ秋なのかもしれないと感じました!

 

しかし、帰り道の峠の気温を見てみると

18時過ぎの時点で1度という冷え込み具合で

地上は確実に冬になりつつあり

この日はヒートテック、長袖、パーカー、フリース、防寒スーツの

5枚重ねで着ていて、全く寒さを感じませんでしたが

今後、これにカイロを追加して

防寒対策をしっかりして、安全に気をつけて

まだまだ釣れる季節を楽しみたいと思います。

2017112017029.jpg

 

使用タックル

 

①ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

②ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNC-610MH MGS 

リール アブガルシア Revo Deez 6-L

ライン デュエル TBカーボン 12ポンド

 

③ロッド エバーグリーン カレイド デジーノ マッハ S-1

リール シマノ 10ステラ C2500HGS

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3ポンド

 

 

使用ルアー

①イマカツ レインボーシャッド3インチ NS

②イマカツ メタルクロースピン(17グラム)

③レイドジャパン ウィップクローラー5、5インチ ネコリグ(3/64オンス)

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年11月1日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年11

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

11月1日(水)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

前回、10月19日に釣りに行った時は

まだマイナス18メートル以上の

減水傾向にあった水位でしたが

2017102503339.jpg

10月22日の台風21号の影響で

一気に15メートル以上、増水して

池原ダムはほぼ満水に近い状態になりました

2017102503615.jpg

大阪方面から車で行く場合

169号線の最後のローソンを過ぎたあたりで

崩土があったようで現在通行止めという事で

迂回路もはっきり分かっていなかったので

先週は行くのを断念しましたが

201710251719.jpg

吉野土木事P奈良県吉野土木事務所のHPに迂回路が載っていたので

それを見て行けそうだったので行くことに決めました

2017113204822.pdf

6時にボート桟橋に到着すると

やはりその水位に驚かされます

2017113205021.jpg

出船してから沖側から見てみると

どれだけ水が増えたのか一目瞭然で

20171023154113.jpg2017113205156.jpg

左の写真が台風前、右の写真が台風後で

左の写真の地すべりしている茶色い部分の上ぐらいに

今回の浮き桟橋が移動している状態です

数年前に一度だけ、こんな水位の時がありましたが

滅多に見る事ができない景色です

20174721122.jpg

(ちなみにこれが今年の春先の

水位が最も低かった時の写真です)

 

とりあえず、いつものように前鬼筋へ向けて

ボートを走らせます

 

201747212345.jpg201711320577.jpg

橋から水面までが一気に近くなっていて

春先に見えていたこんな地形は

今となっては水深20メートル以上の底になっていて

そんな場所を攻める準備もしていないので

最上流バックウォーター(BW)を目指して進んでいくと

一筋の泡のようなものが湖面に残っていて

まさか、もっと早くに来ている人がいるのではと思い

BWの手前まで来ると、やはり1艇のボートが浮いていて

2017114113513.jpg

もうすでに下流側を向いていたので

「上流の方に行ってもいいですか?」と一声かけて

上がって行くと、大岩の側に木くずが溜まっていて

その脇をジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

引いてみると、木くずの中からすっ飛んで来て、ガバッ!

しかし、上手くフッキングせずで

ガッカリしていたら、その木くずの下から

ワラワラと10尾以上の40センチアップのバスが出てきました

2017114113924.jpg

BWまで来ると、透明度はかなり高く

結構なバスの姿は見えるのですが

かなり怯えている様子で全然反応しなく

唯一、高速に動くときにだけ

微かに反応することが分かりましたが

非常に難しい状態の魚ばっかりで食わせきれず

一応、流れの一番強い最上流まで行ってみましたが

バスの姿はなく

2017114114213.jpg

少し下流の吊り橋まで下ってくると

「キーッ!キーッ!」という鳴き声を発しながら

吊り橋を猛スピードで猿が渡って行きました

2017114114457.jpg

すごい光景だなと思いながら

近くの大岩の岬状のポイントで

表層より少し下を高速で攻めるべく

チャターベイトのジャックハンマーを巻いていたら

表層で小さなベイトフィッシュがパッと散った瞬間

下からドーンと食ってきました!

すかさず合わせて、グングン下に突っ込んで行く引きを味わって

ボート際まで寄せてきて、40センチぐらいあるなーと

口をつかもうと思った瞬間、ポロッ。

残念ながらバラしてしまいました

2017114115357.jpg

そのまま下流へ流していくと

木くずが多く、チャターやクランクなどの巻物では

引きにくくなってきたものの

ジャバシャッドでは濁りの中ではパワーが足りないと思い

ワンベイツのプロトワームのNSならボリュームがあるし

少し沈めても誘えるので

木が水面まで覆いかぶさっているオーバーハングの下を

スキッピング(水面を跳ねさせるキャスト)で探って行き

木くずの脇を通していたら、木くずの下から

ガバァーッ!と水面にもんどりうって食ってきました

しっかり合わせて、強烈な引きに耐えて

ボート際まで寄せてくると、予想していたより遥かに大きく

推定55センチオーバーのビッグサイズで

何とかしてキャッチしないとと思った矢先

バスが最後の抵抗で首を左右に振った瞬間

ポーンッとワームが口から外れて、宙を舞っていました

2017114202156.jpg

思わず、「アーッ!」と声に出して

しばらく放心状態でした

 

かなりショックでしたが、まだ8時半で

まだまだ大丈夫だと気持ちを切り替えて

下りながら探って行くと

サイズはそんなに大きくなさそうでしたが

同じように2回バイトがあったのに

上手くフッキングできなかったので

ワームに少し切れ込みを入れて

フックが出やすいように調整したりすると

またもや同じようなオーバーハングでバイト

201711420320.jpg

ようやくフッキングに成功して

無事にキャッチ

2017114203254.jpg

今度はがっつりフッキングしていて

先ほどのバスもこれぐらい掛かっていたらと

恨めしく思ってしまいましたが

このバスも42センチとナイスサイズでした

2017114204927.jpg

朝からバイトはあったもののキャッチできずでしたが

ようやく9時過ぎに一尾目を

釣り上げることができました

2017114205214.jpg

それからもう一度、前鬼筋BWへ向けて

対岸を上がって行きましたが

時間だけが過ぎただけで

全然反応が無く、BWの見えているバスも

相変わらず難しい状態だったので

白川筋へ移動して、中流の少し切り立った岬状の

ポイントを探っていると

今度はジャバシャッドのNSに

濁りの中から浮上してきて食ってきました

2017114211331.jpg

よく引きましたが、余裕のあるファイトで

難なくキャッチすることができました

2017114211434.jpg

濁りの中の割には模様のはっきりした

キレイは37センチのバスでした

201711421186.jpg

さらに上流の方へ移動して

前回見る事の出来なかった

白川本流と白川又川の合流地点を横目に

2017114212911.jpg

白川筋本流をどんどん上がって行くと

久しぶりに放水口まで行くことができ

結構な水が流れていたので

2017114213048.jpg

その流れのよれている場所にバスが潜んでいるのではと考えて

下流側のブッシュ際をジャックハンマーで巻いてくると

2017114213219.jpg

木の横を通り過ぎたぐらいに、ゴンッ!

すかさず合わせると、流れに乗って強烈に引きますが

何とか耐えて、流れの緩やかな所に誘導して

今度は無事に取り込めました

2017114213515.jpg

思い通りの場所で思い描いていた通りにバイトしてきた

嬉しい37センチでした

2017114213647.jpg

下流側のよれに居たのだから

上流側にも居るかもと探ってみると

沈んだブッシュの下から追いかけてきて、バクッ!

しかし、しっかり食い込んでおらず

もう一度通すとまたもや食ってきましたが

フッキングできずで、さすがに3度目はありませんでした

2017114214019.jpg

ここまで満水になったらどこまで行けるのか

気になったので、魚はいないだろうなーと思いつつも

上がって行くと、生コンクリート工場や上北山温泉が

見えるぐらいの所まで行くことができました

201711421469.jpg

ここまで来るとさすがに透明度は高くなっていましたが

やはりバスはいなかったので

白川又川まで戻ってきて

有名な倒木やBW付近を探ってみますが

特に反応はなく

2017114214926.jpg2017114214959.jpg

流木止めのオイルフェンスに溜まっていた

流木脇から一度だけ飛び出してきただけで

それ以外は反応が無かったので備後筋へ大移動することに

2017114215518.jpg

備後筋もかなり上流の方まで上がって行くことができ

流量の多い流れ込みや雰囲気のある岩盤で

探ってみましたが、思いのほか魚っ気が無く

2017114215844.jpg2017114215913.jpg

BWにはかなりの流木が溜まっていて

行くことはできませんでしたが

201711422034.jpg

途中、昔の土砂崩れの跡にできた

いかにも魚が溜まっていそうな流れ込みにも

バスの姿はなく

201711422228.jpg

もう残り時間も少なかったので

ダムサイト周辺のトボトスロープ横に行ってみると

普段、駐車場になっている場所が水没していて

柵だけが見えている状態でした

201711422452.jpg

結局、その後バスからの反応は得られず

16時半になったので、この日の釣りを終えました。

 

朝のバラしたビッグサイズが悔しい一日となりましたが

普段なかなか見る事ができない景色も見れて

数年ぶりの満水の池原ダムを満喫できました。

20171142281.jpg

 

使用タックル

 

①ロッド エバーグリーン テムジンコブラ TMJC-65M

リール メガバス アルファスito 103L-Ai

(スプール ダイワSLPW アルファスSVスプール 105)

ライン サンライン FCスナイパー 10ポンド

 

②ロッド ノリーズ ロードランナーVOICE HB680M

リール メガバス TD-ito103ML

(スプール ダイワSLPW スティーズSVスプール 105)

ライン 東レ BIGBASS フロロ 12ポンド

 

③ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール ダイワ 15ルビアス 2508PE-H

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、8号(PE)

〈リーダー ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

 

使用ルアー

①ワンベイツ プロトワーム NS

②エバーグリーン ジャックハンマー 3/8オンス

(トレーラー エバーグリーン ツインテールリンガー)

③イマカツ ジャバシャッド4、5インチ NS

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年10月19日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年1019

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

10月19日(木)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

前日からの雨が減水傾向の池原ダムで

どのような変化をもたらすのか

冷たい雨の降る中、6時過ぎに出船

20171023154113.jpg

水位は前回来た時と

そんなに変わっていない様子でしたので

とりあえずいつものように

前鬼筋最上流バックウォーター(BW)から

チェックすることにして、少し手前から流し始め

20171023154519.jpg

ジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

表層を引いてきた2投目に

岩陰から突然出てきて、パクッ!

あまりにも早い反応で少し焦りましたが

しっかりフッキングして、何もない沖へ誘導して

無事にキャッチ!

2017102315503.jpg

開始2投目であっさり釣れたのは

42センチのナイスバスでした

20171023155256.jpg

七色ダムでは一苦労だった40アップが

冷たい雨が降る中、すぐに釣れてホッとしました

20171023203636.jpg

そのまま、鬼岬周辺へと上がって行き

岸際をワンベイツのプロトワームのNSで探っていると

立ち木越しに激しいバイトがあり

フッキングして、掛かったものの

立ち木から外そうと近寄って行く途中でバレてしまいました

20171023204147.jpg

BW付近まで来てみると、アウトサイドの岩盤沿いは

強烈な濁りとエレキのハイスピードでも上がれないほどの流れで

さすがにこんなところにはいないだろうと思いましたが

一応、流れが最初に当たる小さい岬を攻めてみると

濁りの中からガバッと飛び出してきましたが

何か細長く茶色い魚体で

おそらくニゴイだったのではと思います

2017102320475.jpg20171023204730.jpg

鬼岬周辺や少し中流に下って探ってみると

小さいベイトがいて、バスも少し見えて

雨も強く移動しづらかったので

2時間ほど粘ってみましたが

全然食う気配が無いので

雨が少しマシになったタイミングで白川筋へ移動することに

20171023205350.jpg

白川筋中流の立ち木周辺で

9時半ごろにようやく2尾目をキャッチして

20171023205543.jpg

その近くを探っていると

水面でガバガバガバッと激しいボイルが起こり

投げてみると、ド派手に食ってくるものの

フッキングに失敗して、その後、静かになってしまったので

少し場所を休めようと白川筋上流部へ行ってみると

20171023205844.jpg

かなりの濁りっぷりで、魚の反応も無く

どこまで行けるのか行ってみたものの

白川大橋と白川又川の合流部がまだまだ遠めに見えるぐらいで

あまりの濁流の為、引き返すことに

2017102321126.jpg

先ほどの白川筋中流の岩盤エリアに戻ってくると

沖にはヘラブナの大群が見え

2017102321338.jpg

岩盤際には60センチ~45センチぐらいのバスの群れが

常に10尾ほど行ったり来たりしていて

しばらく粘ってみる事にして

いろんな方法で誘ってみますが

追いかけては来るもののなかなか口を使わずで

ボイルが発生した時にだけ

一瞬テンションが上がる感じで

すぐに沈黙して難しかったのですが

猛スピードで動くものとスローに沈んでいくものに

反応している感じだったので

沈む虫系ワームの三原虫40のNSを

少し沈めてから猛スピードで巻いてきて

水面に出る寸前に止めて、ゆっくり沈ませてやると、パクッ!

 

201710232151.jpg

しかし、上手くフッキングせずでしたが

数尾の群れが遠くの方から泳いでくるのが見えたので

その進行方向に三原虫40を投げて

放置させていたら、スーッとラインが動いた気がしたので

ラインを張ってみると、重みを感じたので

合わせると猛烈な引きで

ジーッジーッとドラグを鳴らしながら

真下へグングン潜って行き

立ち木に擦れてる嫌な感じがラインから伝わってきて

急いでボートで近づいていきますが

完全に巻かれてしまい

ラインからも生命反応が無くなったので

ゆっくりラインを手繰ってみると

ズリズリという感触と共に上がってきましたが

バスはバレてしまっていました

20171024235838.jpg

一瞬見えた魚体は明らかに50センチを超えていただけに

かなりショックでしたが、気持ちを切り替えて

備後筋へ移動しようとボートを走らせていると

201710250215.jpg

少し気になる場所があったので立ち寄って

岩盤と立ち木の際をジャバシャッドで探っていると

201710250330.jpg

スーッとバスが追いかけてきて、パクッ!

あっさりと食ってきました

201710250442.jpg

37センチのキレイな魚体のバスでした

201710250523.jpg

もしかして、難しい所で粘り過ぎていただけで

簡単な所ではあっさり食ってくるのかなと

備後筋の立ち木群や

201710250710.jpg201710250731.jpg

流れ込みや滝などの

新鮮な水が流れてくるインレットも

探ってみましたが無反応で

201710250840.jpg201710250910.jpg

15時半ごろに備後筋BWまで行ってみましたが

何匹かのバスの姿は見たものの

食う気配が無いので

2017102501128.jpg

本当はビッグバスが見えていた

白川筋中流まで行きたかったのですが

時間も無かったので、朝はイマイチだったけど

夕方になって状況が変わっているかもと

前鬼筋へ移動することに

2017102501325.jpg

流れの強さと濁りは朝に比べて

だいぶマシになっていて

バスの姿もチラホラ見えましたが

なかなか難しい状況で

結局手も足も出ず

17時になったので、この日の釣りを終えました。

 

朝一やボイルが起きている時に

バイトはあったものの、バラしたり

木に巻かれたりとミスが多くて

これからの時期は更にチャンスが少なくなってくるので

いかにそのチャンスをものにする事ができるのかが

大切だと痛感した一日でした

2017102502037.jpg

 

使用タックル

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール アブガルシア REVO NEOS DEEZ

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド

 

(途中から、リール ダイワ 15ルビアス 2508PE-H

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、8号(PE)

〈リーダー ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉)

 

 

使用ルアー

イマカツ ジャバシャッド4、5インチ NS

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

そして、この釣行時はまだマイナス18メートルほどの

減水傾向にあった水位ですが

2017102503339.jpg

10月22日の台風21号の影響で

一気に15メートル以上、増水して

今の池原ダムはほぼ満水に近い状態になりました

2017102503615.jpg

2017102503720.jpg

これでBWに上がってくるバスが増えて

釣れるかもと思い、今週も行こうかなと考えましたが

各ボート屋さんの近況ブログなどを見ていると

大阪方面から車で行く場合

169号線の最後のローソンを過ぎたあたりで

崩土があったようで現在通行止めという事で

迂回路もはっきり分かっていないので

行くのは断念しました

201710251719.jpg

ボート屋さんのブログの画像を見る限り

かなり被害が大きかったみたいです

 

もし、釣りに行かれる際は道路状況を

ご確認ください!

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年9月28日】

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年928

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

9月28日(木)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

約一か月ちょっとぶりの池原ダムは

二週間ほど前の台風では

そんなに雨が降らなかったようで

3メートルぐらい増水したみたいですが

それからまとまった雨が降っていなく

また徐々に減水しているそうで

前日の夕方から降り始めた雨で

どんな状況になるか楽しみにしつつ、6時ごろに出船

2017103154129.JPG

前回来た時よりも少し水位が低い気がしましたが

とりあえず朝一は前鬼筋最上流バックウォーター(BW)まで

見に行って、状況を探ることに

201710315443.JPG

小雨がポツポツ降る中、ボートを進めていくと

やはり前回よりも水位が低く

前鬼筋鬼岬周辺がBWと化していて

対岸の倒木が絡む赤土エリアは完全に陸の上でした

2017103154727.JPG

しかし、小さいベイトフィッシュも多く

2017103154930.JPG

それを追い回してボイルしているバスの姿もあり

魚っ気ムンムンなのでしばらく探ってみます

2017103154959.JPG

ですが、ルアーに追ってくるのですが

食うまでには至らずという状況ばかりで

色々ルアーを変えて、誘ってみますが

なかなか厳しい感じで

鬼岬からの延長線上にカケアガリがあり

それに沿ってバスが群れで泳いで

2017103155618.JPG

岬周りやBWの流れの近くで

ボイルが起こるところまでは分かったのですが

ボイルの一瞬しかバスのスイッチが入らず

基本的にはニュートラルな状態で

食わせるのは難しいと判断して

前鬼筋中流まで下ってみる事にしたら

こちらもベイトフィッシュがいて

それにバスも付いているのに

追ってくるが食わないという同じような状況で

どうしようかなーと思っていたら

少し強めに雨が降ってきました

201710316151.JPG

これで少しは反応が変わるかもと思い

もう一度BWに戻ってみましたが

2017103161950.JPG

何も変わらずで、また中流に下ってきて探りますが

チェイスばっかりで

結局食わせきれませんでした

2017103155844.JPG

この時点で11時

これほどまでに一つの筋で粘ったことは

今までなかったのですが

エサとなるベイトフィッシュが大量にいたことと

それに付く50センチ前後のビッグバスの群れを

何回も見ていたことで

なかなか前鬼筋から移動することができませんでしたが

ようやく本流白川筋へ移動することに

201710316559.JPG

白川筋中流域で

いつものようにジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

探っていると、すぐにかわいいサイズが釣れて

とりあえず一安心

2017103161217.jpg

しかし、雨が止んで晴れてきた

この頃から風が強く吹き始めて

エレキの操船が難しい状況になりつつあり

厳しいなーと思っていたら

背後の方でバシャバシャッと音がしたので

すぐさま波紋が残っていた立ち木の方へ

ジャバシャッドを投げてみると

ガバァッ!と水柱を立てて食ってきました

2017103161920.JPG

合わせてみると、一瞬、ロッドに重みを感じましたが

すぐにバレてしまいました

 

気持ちを切り替えて

白川筋BWを目指してボートを走らせてみると

やはり減水の影響で

前回行くことができた白川筋本流と白川又川の合流部分は

陸の上で、BWの水も強い濁流で魚っ気が無くて

一応探ってみましたが、無反応で引き返すことに

2017103162651.JPG

白川筋中流の立ち木に戻ってくるも

強風で釣りにならなかったので

備後筋方面へ大移動することに

201710316297.JPG

BW付近へ行ってみても

風がいろんな方向から吹いてきて

時折吹く突風で湖面の水が上空に巻き上げられ

釣りにならない状況でしたが

2017103164614.JPG

立ち木の際を通してきたジャバシャッドに

突然ガバッと食いついてきて

今度はしっかりとフッキングが決まりましたが

下へ下へグングン引いていき、立木に巻かれて

嫌な感触が手元に伝わってきましたが

落ち着いてやり取りして、無事にキャッチ

2017103164651.JPG

強烈な引きの割にはそんなに大きくはありませんでしたが

37センチの貴重なナイスフィッシュでした

2017103164843.JPG

その後、BWに行ってみても

ヘラブナの群れしかいなかったので

2017103215358.JPG2017103215438.JPG

夕方は一番魚っ気のあった前鬼筋で粘ることにして

朝、BWの奥に溜まっていた流木群が

風の影響で鬼岬周辺まで寄せられていて

雰囲気は良かったのですが

あいかわらず難しいままで

ヘラブナや鯉に混じってバスの姿も

ちらほら見る事ができましたが

全然食わせられません

2017103215519.JPG

唯一、岩盤にラインを引っかけて

岩盤にワームを打ち付けるように

ピチャピチャと波紋を出して

小魚が岩盤際の何かを食ってるように

演出した時に45センチぐらいのバスが

二回も水面を割ってバイトしてきて

ここまでやらないと反応しないのかと驚きました

2017103215941.JPG

前日の七色ダムと違って

バスは浅い所に見えるものの

結局、食わせる事ができなくて

悔しいなーと思いながらも

17時半になったので

この日の釣りを終えました。

201710322138.JPG

 

 

使用タックル

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール ダイワ 15ルビアス 2508PE-H

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、8号(PE)

〈リーダー ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

 

使用ルアー

イマカツ ジャバシャッド4、5インチ NS

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年8月22日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年822

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

8月22日(火)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

約一か月ぶりの池原ダムはこの間の台風で

一気に10メートルほど増水したみたいですが

それから雨が降っていなく

毎日かなりのペースで減水しているそうで

現在どんな感じなのか確かめようと

5時半ごろに出船

201782714431.JPG

出船した途端に雨が降り出して来て

一応、レインウェアを着て

とりあえずいつも通り、前鬼筋最上流バックウォーター(BW)へ

201782714849.JPG

ここ数か月はこの鬼岬周辺がBWになっていましたが

台風による増水で、まだもう少し先まで行けそうでしたので

鬼岬でエンジンを止めて、エレキでゆっくり上がって行くことに

201782714126.JPG

岩盤際をいつも通りジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

探っていくと、突然目の前に60~50センチぐらいのバスの

群れが現れましたが、追ってくるだけで食わなかったので

そのまま流していくと岩盤際に50センチ以上のバスがいて

こちらに気づいてなさそうだったので

ジャバシャッドを岩盤に一度乗せて、そっと落としてみると

スーッと近寄って行って、トゥイッチしようかと考えていたら

そのままパクッ!と食ったので

すかさず合わせると、ジーッジーッとドラグ音がけたたましく鳴りながら

ラインを出されて、グングン下に潜って行かれます

2017827165041.JPG

ドラグを締めすぎてもラインが切れてしまうので

結構ゆるめに設定していて、岩盤際の為

バスが一気に下へ潜って行き、それに耐えていると

いつの間にかボートの反対側まで回って行かれて

そのまま反対側でガバッと

ジャンプされた音がしたと思ったら

急にテンションが無くなりバレてしまいました

確実に50センチは越えていただけに

5時55分という朝一から凹むことになってしまいましたが

気を取り直して、BWへ行ってみると

2017827175237.JPG

クリアな水質で結構バスは見えますが

先ほどぐらいのデカいサイズは居なくて

なかなか食ってくれませんでしたが

7時前にようやく1尾目をキャッチ

2017827175458.JPG

BW付近にバスが見えにくくなったので

少し下って鬼岬の対岸の

有名な赤土に倒木が絡むポイントに

小さいベイトフィッシュの群れが溜まっており

それについてバスが時々ボイルしていて

201782718150.jpeg

その付近を探っていると、数匹のバスの群れが回ってきたので

岸際にジャバシャッドを投げてみると

取り合うようにしてバスが食ってきて

強烈なファイトで楽しませてくれたのは

41センチのナイスサイズでした

201782718216.jpg

そして、もう一度BWに戻って

35センチぐらいのバスを追加して

201782718537.jpeg

日が昇ってきて魚っ気が無くなってきたので

白川筋BWを目指して移動することにして

途中、岩盤に木が垂れ下がっているポイントが気になったので

少し寄り道してウィップクローラーのネコリグを投げてみると

25センチぐらいのバスが釣れて

2017827181121.jpeg

前回、減水の為に上がって行けなかった

白川又川と白川筋本流の合流点も

増水して行けるようになっていて

2017827181436.jpeg

岸際の冠水ブッシュや白川大橋下の大きな穴周辺を探っていたら

2017827181550.jpeg2017827181643.JPG

かわいいサイズが遊んでくれて

201782718183.jpeg

久しぶりに白川又川に入って行って

満水時には大部分が沈んでいる木も

まだまだ陸の上に露出していて

(夕方、帰る際に橋の上から見てみると

減水の為、もう干上がっていました)

特に大きいサイズにも出会わなかったので

201782718211.JPG

本流白川筋BWへ移動してみると

流木止めにかなりの流木が溜まっていて

それ以上、上流には上がれなく

11時も過ぎて、日も高くなってきていたので

この流木群が形成している日陰に

バスが溜まっているのではと考えて

少し粘ってみる事にしました

2017827182731.JPG

ヘラブナの大群が溜まっていましたが

時々、バスがボイルしていたので、ジャバシャッドで

流木の際を引いてくると、流木の下から

バスが追いかけてきますが、食うまでには至らずで

何かが嫌なんだろうといろいろ試してみますが

イマイチわからずで、近くの支流に行ってみると

2017827183114.JPG

底の岩に小さいベイトフィッシュが

びっしりとこびりついていたので

2017827184054.JPG

このぐらいのサイズのものなら

反応するのかとラストエースのNS

投げてみると、すごい勢いで追ってきますが

最後に何かを嫌って食わなかったので

もしかしてキラッと光るカラーが嫌なのかなと

ワカサギカラーのラストエースの外側の皮を

一枚むいて、透明感のあるカラーにして

しかも一回り小さくなったので

これならどうだろうと流木群の際を通してくると

2017827184711.JPG

数匹のバスが追ってきましたが、距離が足りなくなり

ボート際でもう食わないかなーと思いましたが

トゥイッチをしないで、そのままフォールさせてみると

ヒラヒラと左右に揺らめきながら

ラストエースが沈んでいくと、パクッ!

まさかの距離で食ったので、ビックリしましたが

しっかりフッキングをすると、グングン引いていき

この流木群の下へ潜って行きましたが

上が詰まっている分、朝のようにジャンプされて

テンションが抜ける事が無いので

あとはドラグ調整をしっかりして

ラインが木に擦られても、一カ所で擦られないように

慎重にファイトして

流木の下から出て来たところを

無事キャッチすることに成功しました

201782720135.JPG

掛かりが浅く、すぐにポロっとフックが外れて

バレなくて良かったーと思った

46センチのグッドサイズのバスでした

2017827201550.JPG

ラインをチェックしてみると

 PEラインは特に問題ありませんでしたが

リーダーのフロロはかなり毛羽立っていて

本当に無事にキャッチできて良かったです

2017827201942.JPG

すぐにラインを結び直して、同じように探っていると

またもやラストエースの皮むきチューンにバイト!

ギュンギュン引いていきますが

先ほどよりも安心してファイトができて

無事にキャッチ

2017827202321.JPG

少しサイズは落ちましたが

それでも37センチのナイスフィッシュでした

2017827203244.JPG

ここで本当に色や大きさで食うようになったのか

試してみたくなったので、元のそのままのワカサギカラーや

アユカラー、アユカラーの皮むきチューンなどに

変えて探ってみましたが、追いかけてくるものの

食うまでには至らずで、もう一度ワカサギカラーの

皮むきチューンで誘ってみると、パクッ!

このバスも流木の下にグングン突っ込んで行きましたが

落ち着いてファイトして、無事に取り込めました

201782720389.JPG

完全にパターンだと確信させてくれて

よく引いて楽しませてくれた

38センチのナイスバスでした

2017827203943.JPG

その後、風が強くなり、この軽いルアーを操作しにくくなって

さすがに反応し難くなってきたので

少し下流に下って白川大橋周辺のブイ周りで

2017827204335.JPG

50アップが一回追いかけて来ただけで食わなかったので

ボート屋さんの近くまで戻ってきて

岬周辺の少し深い6~8メートルぐらいを

ネコリグで探っていると

バイトがあり、少しファイトしたのですが

ジャンプ一発でバレてしまい

その後、ワンバイトあったもののフックアップしなかったので

2017827205258.JPG

ダムサイト周辺まで行ったものの無反応で

トボトスロープ近くの階段付近を

ウィップクローラーのネコリグで探っていると

かわいいサイズですが、二連発!

2017827205717.JPG2017827205742.JPG

備後筋はどんな感じだろうと移動して

2017828135728.JPG

BWに行ってみたものの

ヘラブナの大群ばかりで、バスも少ししかいなくて

ラストは前鬼筋で粘ってみようと大移動することに

201782814037.JPG2017828135943.JPG

前鬼筋に入って、鬼岬周辺に到着してみてビックリ!

赤潮みたいなものが発生していて

BW周辺も朝に比べて水質が圧倒的に悪くなっていて

一応、探ってみますが魚っ気が無くて

他のボートも知らずにどんどん上がってくるので

早めに見切りをつけて

鬼岬よりも下流に移動してみると

まだマシでベイトフィッシュもチラホラ見えていたので

この周辺で粘ることにしたら、岩盤際で朝みたいに

何度か50センチを含むバスのスクールに遭遇したので

2017828141234.JPG

ジャバシャッドを引いてきたら、追ってくるものの

食わなかったので、ラストエースに交換したら

今度は距離が足りな過ぎて食わなかったのですが

トウィッチよりも追ってきたら止めて

ユラユラと水平にフォールするものに反応していたので

ジャバシャッドを引いてきて、追ってきたら

トゥイッチして誘うのではなく

止めて、ユラユラと落としてやると、パクッ!

ギュンギュン引かれましたが

落ち着いてファイトして、無事にキャッチ

2017828141348.JPG

ようやく食わせる事が出来て嬉しかった

45センチのナイスフィッシュでした

2017828141521.JPG

よく考えてみたら、朝一にバラしたバスも

トゥイッチじゃなくて、フォールで食ってきたので

ヒントがあったのに、そこに早く気付けなかったのが

残念でしたが、最後にこの日は水平フォールで

釣れる事が確かめられて良かったです

2017828142219.JPG

残りの時間、魚を探してみましたが

良いサイズに出会えずで

17時半になったので

この日の釣りを終えました。

2017828142751.JPG

ほんの少しの色や大きさ、動きの違いで

ここまで反応が変わるのかと実感して

良い勉強になった一日でした。

201782814300.JPG

(エバーグリーンのラストエース)

一番上がノーマルのワカサギカラー

2、3番目が実際に釣れた一枚皮をむいたワカサギカラー

4番目がノーマルのアユカラー

最後が一枚皮をむいたアユカラー

 

少しの違いで大違いでした。

2017828143658.JPG

 

 

使用タックル

①ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

②ロッド オリジナルロッド FSS681L

リール シマノ 07ステラ 2000

ライン バークレイ バニッシュレボリューション 3、5ポンド

 

 

③ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール アブガルシア REVO NEOS DEEZ

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 4ポンド

 

 

使用ルアー

①エバーグリーン ラストエース75(皮むきチューン) NS

②、③イマカツ ジャバシャッド4、5インチ NS

②レイドジャパン ウィップクローラー5、5インチ ネコリグ

 

偏光グラス

SODAMON、キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

2017828144336.JPG

SODAMONは関西地区での初取扱いメーカーです!

現在つりどうぐ一休葛の葉店、寝屋川店

以外では取扱い店舗はありません

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2017年7月20日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2017年720

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

7月20日(木)、池原ダムへ

釣りに行って来ました

 

二週連続での池原ダム釣行は

あまりしたことないのですが

友達のT氏が一度、池原ダムで

釣りをしてみたいという事でしたので

今回、日程の都合が合いましたので

同船釣行が実現しました

 

普段は野池で釣りをすることが多く

ボートは一度だけ、琵琶湖で免許不要の二馬力艇で

釣りをしたことがあるということでしたので

僕がいつも借りている池原ダムのボート屋さんの

ワンアップヒライさんで、大きめのレンタルボートを借りて

2017722185640.jpeg

出船時間から帰着時間まで

約12時間の一日がっつり釣りを楽しむという予定を立てて

夜中のうちに迎えに行き、ボート屋さんの受付時間の

午前5時に間に合うように、余裕をもって運転していたのに

まさかの最後のトンネルで、午前5時まで通行止めでした

201772218504.jpeg

短期間の工事のようで、事前情報も無く

焦りましたが、5時には無事に通れて

5時半ごろにワクワクドキドキしながら出船

2017722185236.jpeg

夜中は霧か雲が辺りを覆っていましたが

出船時間ぐらいになると、青空が広がってきて

梅雨が明けて、暑くなりそうな天気でしたが

山間部のリザーバーなので、朝晩はまだまだ涼しくて

半袖短パンだとボートで走っていると

寒いぐらいの気温でしたが

いつものように最初のポイントは

前鬼筋最上流バックウォーター(BW)に行くことに

2017722191113.jpeg

前鬼筋鬼岬周辺で

普段、僕がしている釣りの

ジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

表層付近で誘う釣りを説明していると

引いてきたルアーにバスが追いかけて

最後のワンアクションを加えたら、パクッ!

下へ下へ突っ込む引きを見てもらい

慎重にファイトして、無事にキャッチ

2017722194336.jpeg

1尾目から40センチのナイスサイズで

まだ釣り始めてすぐの5時50分ごろで

あまりの早さに驚かれましたが

実際に釣れる動かし方とかを説明しながら釣れたので

僕自身、ホッとしました

2017722195123.jpeg

普段している釣りとは、全然違う釣りで

水質もかなりのクリアウォーターで

最初は戸惑っていましたが

とりあえず慣れてもらおうと

上流部で探って行きますが

この日もアオコが溜まっていて

201772220938.jpeg

小魚もバスもあまり見えなく、反応がいまいちで

一度、アオコの中から僕のルアーに

ガバァッ!と、かなりのビッグサイズと思われる

ド派手な音と共に水面が割れたんですが

バスも水質が悪すぎて見えていないのか

喰い方が悪く、フッキングに至らずで

前回良かった中流域に下ってくると

まだ水質はマシで、小魚の姿も

見えてきたかなーと思っていたら

ようやく7時過ぎに2尾目をキャッチ

2017722204813.jpeg

30分後に3尾目をキャッチして

とりあえずこの日もこのパターンで釣れる事を確信して

2017722205033.jpeg

前鬼筋での反応がいまいちになってきたので

白川筋へ移動して、何とかT氏にも

釣ってもらえるように説明していきます

2017722205919.jpeg

しかし、バックシートからでは自分のルアーが

どこを泳いでいるのか見えにくかったり

せっかくバスが追ってきていても、見えていなかったりして

何回か食わせるのをミスしていたので

ボートの前の方に移動してもらったり

いろいろ工夫して釣りをしていると

白川筋中流域で、僕が4尾目のバスをキャッチした直後

2017722223431.jpeg

T氏のルアーを追いかけてきたバスが

水面でバシャッ!とバイトして

ロッドを見てみたら、しっかり曲がっていて

ようやくフックアップ成功して

25センチの1尾目を無事にキャッチしてもらいました

2017722223835.jpeg

前鬼筋で一度、水面にバシャッ!っと

推定40アップがバイトした時は

喰い方が悪く、上手くフッキングできませんでしたが

ようやく釣ってもらうことができて

ホッとしましたが、さらなるサイズアップを求めて

上流方面へ流していくと

岩盤の沖に沈んでいる立ち木の横を通してきた

僕のルアーの後ろに数匹のバスが追いかけてきて

寸前のところで見切られて

惜しくも50アップが喰わなかったな~と見てみると

その群れの下に一段と大きく真っ黒な魚体がいて

明らかに60センチを超えるバスで

T氏もあまりの大きさにビックリしていました

こんなサイズのバスが見られるのも

クリアウォーターの池原ダムの魅力の一つです!

その後、屋敷跡周辺で

30センチ前後を二連発しましたが後が続かず

2017723102834.jpeg

2017723102856.jpeg

もう少し上流のなだらかな岸のポイントで

ジャバシャッドに追いかけてきた

40アップぐらいのバスが数匹いて

虫系ワームなど色々試してみましたが、少し反応するものの

上流の方へ泳いで行ったので、さらに先の岸の上に

ワンベイツのプロトロングワームのネコリグをキャストして

バスが近くを通った瞬間、岸からズリズリずり落としてやると

スーッと近寄っていて、パクッとしたように見えて

ラインを見てみると沖の方へ動いていて

少しラインを張ってみると

クンクンッという生命感が伝わってきました

2017723103540.jpeg

前回は5秒ぐらいで合わせて、すっぽ抜けてしまったので

今回はしっかり声に出して、「1,2,3・・・・」と10秒数えて

ラインを巻き取って、渾身の力でフッキングしてみると

一瞬、フッとテンションが無く、またミスったかなと思ったら

グングン下に引き出して、強烈な突っ込みが始まり

水面でバシャバシャバシャと派手なジャンプで

抵抗しますが、キスラーロッドのパワーで

しっかり耐えていると、無事にキャッチすることができました

201772310540.jpeg

測ってみると44センチのナイスサイズでした

2017723105557.jpeg

食ってから10秒間待って合わせるという

いつもの見ながら釣って、食った瞬間に合わせるので

アタリが出ない釣り方とは、真逆の釣りで

待っている間のドキドキ感がたまらない釣り方でした

201772311037.jpeg

そして、今回の大本命と思っていた、白川筋最上流部の

白川本流と白川又川合流付近まで来てみると

前回のように木くずや流木がありますが

風や流れの加減でまとまった感じではなく散らばった様子で

あまりその下に隠れている雰囲気ではなかったので

さらに上流の一番流れの強いポイントまで

ボートを進めてみる事に

201772311727.jpeg

一番、上流のガンガンに流れているエリアで

倒木の側をジャバシャッドが通った瞬間

黒い影が出てきてパクッ!

流れに乗って下流の方へグングン走って行かれますが

慎重にドラグ調整をしながら

ボートで追いかけて行って、流れの緩やかな所で

じっくり丁寧にファイトして、無事にキャッチ

2017723114330.jpeg

42センチのナイスバスでした

2017723114448.jpeg

T氏にもこのリザーバーのバス特有の強烈な引きを

体験してほしいなーと思いながら

T氏のジャバシャッドの方を見ていると

突然、水面がバシャッ!!と割れて

ロッドが弧を描いています

まさか自分のルアーへのバイトだとは

思っていなかったみたいで、最初の方は

焦っていましたが、ドラグ調整をしながらファイトをして

強烈な下へ下へ突っ込む引きに耐えながら

慎重にやり取りしてもらって

何とか無事に取り込むことに成功しました!

2017723143434.jpeg

40センチのナイスサイズで

その強烈な引きを味わう事が出来て

とても喜んでもらえました

2017723143640.jpeg

その後、50センチ前後の群れや

40センチぐらいのバスの姿は見えるものの

食わせるのが難しくなってきて

食わないものの魚影の濃い

この白川筋上流にとどまるか迷いましたが

せっかく初めて池原ダムに来てもらったという事で

全域を見てもらおうと、13時過ぎに坂本筋へ大移動を決断して

坂本筋中流域の月谷周辺で二連発したものの

2017723144723.jpeg

2017723144746.jpeg

後が続かないので上流域へ移動して

立ち木周辺で1尾追加して

2017723144843.jpeg

坂本筋最上流エリアの浅場で

レアリススピンを巻いていたら

コツッと小さなアタリがあって合わせてみたら

10センチぐらいの最小サイズぐらいのバスを釣って

2017723145153.jpeg

最後の一筋、備後筋のBWに行ってみると

2017723165837.jpeg

小バスやヘラブナの群ればっかりで

良さそうなサイズも見当たらず

反応もイマイチなので

まだ行っていない本流筋の下流部へ行ってみる事に

201772317125.jpeg

16時を過ぎて、夕方にかけて

活性が上がってきても良さそうなのに

あまり食い気のあるバスの姿も無く

本流筋下流部からボート屋さん周辺まで

エレキでひたすら流していきましたが

特に反応も得られずで

17時半になったので、この日の釣りを終えました。

 

結局、僕が12尾で、T氏が2尾という結果で

もう少し数を釣ってもらうつもりだったのに

普段、自分がしている釣りが結構、特殊なもので

慣れてもらうまで時間を要するものだと

思い知った一日でしたが

リザーバー特有の強烈に下へ突っ込んでいく

引きを体験してもらい、60センチアップの

巨大なバスの姿も見る事が出来て

少しは池原ダムの魅力を

伝えることができたかなと思いました。

2017723171333.jpeg

気温はそこまで暑くならなくて

時折小雨などが降って過ごしやすい気候でしたが

さすがに12時間も

釣りをすると疲れましたので

釣りの後は近くのきなりの湯で温泉に入って

地元の名産の食材を使った料理で

釣り以外の部分でも満喫してもらいました。

2017723184911.jpeg

 

 

使用タックル

ロッド キスラー Z-bone LE-69ー4MH

リール ダイワ ジリオンSV TW 81XHL Limited

ライン デュエル TBカーボン 16ポンド

 

②ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール アブガルシア REVO NEOS DEEZ

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 4ポンド

 

③ロッド エバーグリーン カレイド デジーノ マッハ S-1

リール シマノ 10ステラ C2500HGS

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3ポンド

 

 

使用ルアー

①ワンベイツ プロトロングワーム10インチ ネコリグ

②イマカツ ジャバシャッド4、5インチ NS

③デュオ レアリススピン30 5グラム 

 

偏光グラス

SODAMON、キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

クリアウォーターの釣り場では

特にその必要性が感じられる偏光グラスですが

普段、野池で釣りをされるT氏も

今回、僕の偏光グラスを掛けてもらって

偏光グラスが有るのと無いのとで

これほど見え方が変わるのかと感心していました

2017723175417.jpeg

SODAMONは関西地区での初取扱いメーカーです!

現在つりどうぐ一休葛の葉店、寝屋川店

以外では取扱い店舗はありません

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00