ホーム>リザーバー福山 釣行記>池原ダム2018年①

池原ダム2018年①

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年5月17日】

 

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年517

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

5月17日(木)に1週間ぶりに

池原ダムへ行ってきました!

 

前週は前日の雨と朝からの強風→爆風で

5月だというのに一日中

防寒着を脱ぐことなく

過ごさなければいけないほど

冷え込んでいましたが

今週は朝夕こそ山間部の冷え込みはあったものの

太陽が出てからは暑くなるという予報の中

5時20分ごろに出船

201852220116.jpg

水位は1週間前に来た時よりも

1メートルほど増えたかなという印象でした

201852220121.jpg

とりあえず、いつものように

前鬼筋最上流バックウォーター(BW )へ

2018522201648.jpg

中流域の鬼岬周辺を通り過ぎて

2018522201743.jpg

上流エリアに到着してみると

水面でピチャピチャと大量の波紋が移動していて

時折、パシャッと小魚が飛び出すので

遠目からキャストしてみますが

バスからの反応はなくて

近づいてみると、大量の小魚の群れはいますが

それに付いているバスの姿はありませんでした

2018522202112.jpg

BWまで行ってみても

ちらほらとバスの姿は見えますが

非常におびえている様子で

ビューッと泳いで逃げていくので

あまり深追いはせず

少し下りながら探って行くものの

食い気がありそうなバスはいません

201852220245.jpg

前鬼筋中流まで下ってきて

岩盤際をミドストで探っていたら

ギランッと魚が反転したので

すかさず合わせてみると

ウネウネと体をよじりながら引いていきます

まぁまぁ強烈な引きで楽しめましたが

一尾目はまさかのニゴイさんでした

2018522202643.jpg

そのまま前鬼筋下流方面まで

エレキで流していきますが

30センチ前後のバスの姿は見かけますが

ビッグサイズの姿はなく

違う筋に移動しようかなーっと思いながら

普段、あまり見る事が無い

前鬼第一ワンドに寄ってみると

2018522203453.jpg

ここにも大量のベイトフィッシュがいて

水面でバスに追われていて

ジャバシャッドのノーシンカーリグ(NS)に

一度だけ食ってきましたがフッキングが決まらずで

そのまま流していたら

水深5メートルほどの所に

真っ黒い影が二つ、ゆら~っと泳いでいて

最初、コイかなと思いましたが

よく見てみると60センチは余裕で超えている

特大サイズのバスでした!

立ち止まることなく、泳いでいる個体だったので

時間をかけても仕方がなさそうでしたが

かなり興奮しました

2018522203847.jpg

そのまま前鬼橋方面へエレキで流していて

あるポイントに差し掛かった時

岸際に丸々とした巨大な影が見えて

ボートが近づいた瞬間に

ブリブリブリーッと急潜航して

逃げて行きました!

一瞬のことでしたので、フナかコイかと思いましたが

念のためと思い少し時間をおいてから

遠目でエレキを止めて

岸伝いにゆっくり近づいていくと

40センチぐらいのバスが2匹ぐらいと

それらよりも2回りも3回りも大きい

ブリンブリンのお腹をした特大バスが

ギラギラと体を揺らしているのが見えました

201852514243.jpg

結構な回数、この池原ダムに通っていますが

それでもなかなか見る事ができないような

圧倒的なサイズ感で

僕自身、全身が震えているのが分かりました・・・

 

「この魚をどうしても釣りたい!」

 

とりあえず観察してみて

試しに一投投げてみると

その特大バスだけどこかへ行ってしまいました。

 

しかし、またしばらくすると同じ場所に戻ってきたので

ホッとしましたが、すぐには釣れない魚だと判断して

しばらくその場所を休めようと

近くの前鬼橋に行き

下流側に向けて探っていると、根掛かりをしてしまい

外そうと岸際にボートを寄せていると

ボートの後ろの方の岸際でボイルが起きたので

すぐさま別のロッドに持ち替えて、ジャバシャッドを投げると

バシャッと水面に飛び出して食ってきました!

 

2018525141057.jpg

40センチ後半ぐらいのバスで強烈に引いていきますが

大丈夫だろうと思って

少し根掛かりしたロッドを気にしたのが

間違いでした。。。

ボート際まで寄ってきたそのバスが

突然、真下に一気に突っ走っていき

ドラグを締めすぎていたのか上手くラインが出てくれずに

プチンッ!

ラインブレイクしてしまった最悪な気持ちを

切り替えようと、根掛かりを外して

橋の反対側に回ってみると

少しサイズは小さい群れでしたが

岸際でボイルしていたので

三原虫40のNSで表層を引いてきたら、パクッ!

2018525142522.jpg

このバスもかなりの引きでしたが

先ほどの件があったので

かなり慎重にやり取りしてキャッチした

38センチのナイスバスでした

201852514273.jpg

ようやく1尾目のバスをキャッチしましたが

まだ9時前だったのでどうしようか迷いましたが

もう一度あの特大バスが見えたポイントに戻ると

やはりまだあの圧倒的な姿が見えます

もう一度、試しに投げてみると

またしても特大バスだけどこかに行ってしまいました

すると、一緒にいた40センチぐらいのバスが

ボートの存在に気付いたのか

こちらの方に近づいてきて、ジーッと見て

またポイントに戻って、特大バスがいないことを確認して

またこちらに泳いできて、ジーッと睨むかのように見てきました!

 

「お前が余計な事したから、どこかに行ったやんけ!」と

言わんばかりの迫力でした。。。

2018525143411.jpg

しばらくすると、また特大バスが戻ってきたので

一安心しましたが、なかなか難しそうで

この頃から風も吹いてきて、少し水中が見えづらくなってきたので

また場を休めようと、少し近くの岩盤を流していたら

先ほど流したときには気付かなかった影が

かなり深い場所にうっすらと見えた気がしたので

ジャバロンネオ135のヘビーダウンショットリグ(HDS)で

狙ってみると、反応が良く

数投目にワームが見えなくなったので

思いっきり合わせてみると、スンッ!

またしてもやってしまいました、

アワセ切れです。。。

2018525152531.jpg

一日に2回もラインブレイクするなんて

最低すぎると、かなり凹みましたが

何とか気持ちを立て直そうと

もう一度しっかりと結び直して

さすがにもう逃げてしまっているだろうと思いましたが

念のため、同じ場所に投げてみると

さっきと同じぐらいの黒い影が

風で見えにくいですが、水深7メートルぐらいの場所にいて

同じワームに逃げずに、むしろ苛立ってアタックしてきます

2018525152456.jpg

もう一回り小さいサイズも見えるので

やはり先ほど食ってきたバスが

まだ逃げずにその場所にいたのだと思い

もう一投してみると

ラインがスーッと走ったので

今度は切れないように祈りながら、フッキングしてみると

しっかり掛かりました!

特大サイズではなかったですが

HDSはバラしやすいので

慎重にやり取りして、無事にキャッチできました

2018525152350.jpg

プリッとしたキレイな体型の

48センチのナイスフィッシュでした

2018525165314.jpg

おそらく同じバスですが

口には先ほどラインブレイクした

フックなどは残っておらず

フッキングの時に底の岩や何かに擦れていたのかなと

ハッキリとした原因は分かりませんでしたが

とりあえず釣れて良かった一尾でした

2018525165414.jpg

それからもう一度

特大バスのポイントに見に行きましたが

風がかなり強くなっていて

かなり水中の様子が見づらく

まだ11時過ぎで

このままこの場所で風が止むまで待つか

かなり悩みましたが

もしずっと待っていても、結局この日に釣れないバスなら

時間を無駄にしてしまう事になるので

誰にも発見されないように祈りながら

一旦この場を離れて、夕方また再チャレンジしようと

トリワ谷に移動して

20185251714.jpg

岩盤際をジャバシャッドで探っていると

サクッと一尾釣れて

201852517227.jpg

3尾目は37センチでした

20185251738.jpg

そのままボート屋さんの桟橋近くまで流していきながら

もう一尾追加して

20185251749.jpg

桟橋のすぐ横の岩盤エリアの

7~8メートルぐらいの場所に

黒い影が見えて、アプローチしてみると

食ってきそうな良い反応をするのが見えたので

丁寧に投げ続けていたら

一回、ワームが消えたので

思いっきり合わせてみると

一瞬重みを感じた後に、すぐにバレてしまいました

201852517750.jpg

このバスももう一度、同じ場所に戻っていましたが

急にナーバスになって食う気が無くなっていたので

少し時間を置こうかと思っていたら

遠くの方から真っ黒な巨大な影が近づいてきて

最初、コイの群れかと思っていたら

60センチを超えるビッグバスが4匹

悠然と泳いでいる群れで

僕が狙っていた黒い影のバスを引き連れて

どこかへ泳ぎ去ってしまいました

 

スゴイものを見たなと思いながら

ボート屋さんの近くの流木周りで

ツインテールリンガーのNSで

一尾追加して

2018525171422.jpg

南風が吹いていたので

風裏になりそうな南ワンドに行ってみましたが

流木群にはコイやフナばかりで

バスの姿はあまり見られず

2018525171637.jpg

椿島周辺から

2018525172048.jpg

前回、前々回とビッグバスが見えた

北ワンドにも行ってみましたが

爆風で水中の様子は見えず

釣りもしづらかったので

2018525171812.jpg

ダムサイト周辺に移動してみましたが

小バスの群れはオイルフェンスに溜まった

流木の下にいましたが

大きいサイズは見当たらず

201852517238.jpg

普段、あまり流さない

坂本筋下流域の

内田ワンドや大瀬ワンドも見てみましたが

ビッグサイズは見当たらず

2018525172528.jpg

坂本筋中流から上流に流していると

他のボートも増えてきて

岩盤際をジャバシャッドで探っていると

岩陰からドーンと出てきて、パクッ!

2018525172832.jpg

35センチぐらいでそんなに大きくないですが

プリッとしたキレイな体型のバスでした

2018525173135.jpg

その後に沖の方から岸に向かって

ベイトを追い回している

40センチ後半ぐらいのバスと遭遇して

岸にうまいこと投げれば簡単に釣れる個体だったのに

まさかのキャストミスでチャンスを逃してしまい

この時、14時40分ぐらいで

風も少しマシになってきて

下流に下って行くボートも増えてきて

あの特大バスの事が気になりましたが

とりあえず備後筋にも行ってみようと

移動してみると

2018525173554.jpg

バックウォーターまでに

かなりのボートがひしめき合っていて

それ以上、上流に上がって行けそうになかったので

引き返して、伊賀ワンド周辺を探ってみましたが

あまり魚っ気が無かったので

予定より少し早かったですが

15時半に備後筋を後にして、あのポイントへ向かいます

2018525174219.jpg

前鬼橋周辺に一艇浮いていましたが

橋脚を狙っている様子だったので

橋をくぐって誰もいなければと願いながら

前鬼筋に入ってあのポイントを見てみると

ドーーーーンッ!

 

残念ながら、午前中に僕が水中の様子を観察するために

ポイントから少し離れた場所で待機していた

まさに同じ場所に他のボートが浮いていました。

しかも、あのポイントを狙っていないように

明後日の方に向かって、釣りをしている風にしていますが

完全に意識はあのバスの方向にあるのが

遠目からでもハッキリと分かるような

立ち居振る舞いでしたので

かなりの覚悟であの場所に居続けるという事が

雰囲気から伝わってきて

とりあえず帰着時間ギリギリまで

前鬼筋のBWで時間を潰すことにします

201852517525.jpg

相変わらずベイトフィッシュがかなりの大群でいて

たまに水面でピチャピチャ跳ねたり

ベイトボールとなって移動していますが

その近くに全くバスがついていなくて

残念ながら釣る事ができず

BWから中流域の流れ込みなどを

一応チェックしてみますが

あのポイントが気になり過ぎて

心ここに非ずという感じでした

2018525175811.jpg

結局、時間ギリギリまで待ってみましたが

他のボート屋さんのスタッフか

マイボートの方のようで

まだあの場所から動いていなかったので

残念ながら、17時半になったので

この日の釣りを終えました。

 

もしあのまま、ずっとあの場所に

居続けたら釣る事が出来たのか?

 

長さ60センチ、重さ5キロは余裕で超えていたであろう

あのバスは一体、どのぐらいの大きさだったのか?

 

結局、その2,3日後までに

あのような体型のバスが

どのボート屋さんの釣果情報にも載っていなかったので

粘っていても釣れなかった魚だったのかと

思いながらも

未だに後悔することもありますが

久しぶりに全身が震えるほどの

特大サイズのバスを見る事が出来て

やはり池原ダムは夢のあるフィールドだなと

実感した一日でした☆

201852518750.jpg

もちろん今回も釣りの合間に

立ち木に絡んだラインを回収してきました!

 

アラバマリグを回収しようとして切れたのか

一緒に根掛かり回収機も沈んでいました。。。

こういうのが沈んだ立ち木に絡んでいると

どんなに障害物回避性能に優れたルアーでも

根掛かりしてしまうので

水位が低くなって、目についたタイミングで

回収しておくと、また水位が高くなった時に

タイトにルアーを通せると思います!

2018525182518.jpg

そして、池原ダムへ行く時に通る169号線にある

オソゴエトンネルが7月31日まで夜間工事をしていて

平日の夜間に通行できる時間が決まっていますので

池原ダムへ行かれる際はご注意ください!

2018416214051.jpg

 

 

使用タックル

 

 

①ロッド デルタロッドブランド デルタLPD DL-C71MH

(葛の葉店 三﨑店長カスタム)

リール ダイワ ジリオンSV TW 81XHL Limited

ライン デュエル TBカーボン 16ポンド

フック カルティバ ツイストロック #4/0 

 

②ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール ダイワ 15ルビアス 2508PEーH

ライン Iコード Iコマンドフロロカーボン 4ポンド

フック デコイ アッパーカット ワーム9 #1

 

③ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3.5ポンド(フロロ)〉

フック ハヤブサ DSR132 #4

 

 

使用ルアー

 

イマカツ ジャバロンネオ135 HDS 

イマカツ ジャバシャッド 4.5インチ NS

エバーグリーン ツインテールリンガー 4.7インチ NS

③イマカツ 三原虫40 NS

 

 

偏光グラス

ジール、キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

(今回のボートは12フィートの9.9馬力で

会員価格で10000円でした)

 

葛の葉店からの距離 約115km

所要時間 約2時間30分

 

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年5月9日】

 

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年5

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

5月9日(水)に2週間ぶりに

池原ダムへ行ってきました!

 

今回も前回と同じように

前日から雨が降り続いていて

朝には止むという予報でしたので

また風が強くなるのかなと思いながら

夜中、気をつけて、雨の中運転してきて

雨の音を聞きながら、小一時間ほど仮眠しました

 

5時前に目を覚ますと雨はほぼ止んでいて

5時20分ごろに出船してみると

前回よりも2~3メートル増水していて

ボート桟橋の横の半島がすっかり隠れていました

2018428213949.jpg2018511222114.jpg

(左が前回、右が今回の写真です)

 

朝からもうすでに結構な風が吹いていて

少し気温が低く冷たい雨だったようですが

やはり朝一番は最上流バックウォーター(BW)の

様子を知りたいので

いつも通り前鬼筋BWへ向かいます

2018511222530.jpg

鬼岬周辺でもまだまだ水位が高く

さらに奥へと進んでいきます

2018511222735.jpg

僕が来た中では、今年一番水位が高い状況で

見慣れない景色が広がっていましたが

これが増減水の激しい池原ダムの魅力の一つでもあります

2018511223329.jpg2018511223359.jpg

BWまで来たもののチェイスだけで

食ってこなかったので、少し下った場所の

木くずの溜まったポイントには50センチぐらいのバスが

ポカーンと浮いていましたが

全く食う気配が無く

2018511223547.jpg

エサとなりそうな小さいベイトフィッシュが

溜まっているポイントに何本かの

グッドサイズのバスが見えましたが

エサを食う時にしかスイッチが入らずで

粘っても難しそうなので

前鬼筋中流域まで下ってきて

2018511224224.jpg

引き続き、ジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

表層を引いてきても食ってこなかったので

雨で冷え込んだ影響で少しレンジが下がったのかなと

流れ込みのある岩盤エリアを

ジグヘッドリグのミドストで

中層を探っていたら

2018511224516.jpg

すぐに答えが返ってきて

7時40分ごろに一尾目をようやくキャッチ

2018511224647.jpg

お腹の傷が少し痛々しいですが

36センチのナイスフィッシュでした

2018511224835.jpg

やっぱり少し深いのかなーっとそのまま探っていたら

またしても中層をフワフワと泳がしていたら、グンッ!

2018511225014.jpg

2尾目は34センチでした

2018511225249.jpg

似たようなサイズが同じように

中層を探るミドストで釣れたので

やっぱり少し深いんだと確信して

前鬼筋橋脚周辺まで下ってきてから

20185120951.jpg

リアル系ワームじゃないミドストでも釣れるか試そうと

Vテールシャッドの4インチで探っていたら

あっさり3尾目が釣れました

201851201221.jpg

またもや同じようなサイズの

36センチでした

201851201330.jpg

爆風になりつつあったので

早めに白川筋中流へ移動して

少しワンドになっている

大規模な流れ込みがあるポイントで

小さめのベイトフィッシュが溜まっていたので

Vテールシャッドの3インチに変えて

中層をミドストで探っていたら

201851202058.jpg

グンッ!と重たくなったので

スイープに合わせてみると、グングン下へ引いていき

先ほどまでのサイズよりはマシかなと思い

少し慎重にやり取りして

派手なジャンプにも耐えて

無事にキャッチすることに成功しました

201851202645.jpg

がっぷり丸のみで食ってきたのは

丸々と太ったキレイな魚体の

46センチのグッドサイズのバスでした

201851202823.jpg

オリジナルロッドをグングン曲げて

力強いファイトで楽しませてくれた

嬉しい一尾でした

201851202957.jpg

その後、中流域の深瀬谷に行ってみましたが

コイやフナばかりで反応はなく

20185120320.jpg201851203223.jpg

屋敷跡もあとちょっとだけ姿を残して

ほとんど沈んでしまっています

201831621173.jpg201851315276.jpg

(左が今年の3月、右が今回です)

 

白川筋本流と又川のインターセクションも

すっかり水位が回復していて

2018513152830.jpg

久しぶりに白川又川の方へ入って行くと

2本ほどビッグサイズのバスがいましたが

あまり食う気がなさそうで

2018513152957.jpg

白川本流筋のさらに上流に移動して

爆風を避けるために小さな谷に

入ってみましたが反応はなく

2018513153134.jpg

どこまで行けるのか確かめるべく

さらに上流に行ってみると

放水口よりもさらに上流まで行けて

一度だけチェイスはありましたが

食わせきれなかったので

ボート屋さん周辺の下流方面へ戻る事にします

2018513153341.jpg

トリワ谷に寄ってみますが

特に魚っ気は無く

201851315373.jpg

前回、50センチオーバーが釣れた

北ワンドに移動してみると

この日も黒い影が見えて

さらに奥に明らかに60センチはあるバスが

かなり浅い所に浮いていて

これはチャンスかなと思い

一度、エレキでゆっくり離れて

タックルやルアーのセッティングを整えてから

戻ってきたら、もうすでに

どこかへ行ってしまったようで

スポーニング(産卵)には

関係なさそうな個体だったようです

2018513154248.jpg

北風のままなら、このまま北ワンドで

粘っても良かったのですが

お昼ぐらいからまたしても

いろんな方向からの爆風に変わり

風裏を求めて、南ワンドから

ダムサイト方面へ流しながら

2018513154715.jpg

Vテールシャッドのミドストで

探っていたら

サクッと一尾追加です

2018513154647.jpg

またもや同じぐらいの

36センチでした

2018513154759.jpg

その釣れた周辺には

朝、前鬼筋にもいたのと同じようなサイズの

ベイトフィッシュが群れていました

2018513154937.jpg

もう14時を過ぎていたので

急いで坂本筋へ移動して

2018513155052.jpg

ツキ谷の大滝周辺を探ってみますが

2018513155245.jpg

かわいいサイズを一尾釣ったのみで

ビッグサイズは見当たらず

2018513155342.jpg

さらに上流へ移動して

滝のあるワンドの岩盤際を

ジャバシャッドのNSで表層を巻いていたら

2018513155714.jpg

突然、2匹のバスがチェイスしてきて

取り合うようにガバッ!と水面に飛び出しました!

強烈な引きを堪能して、キャッチ

2018513155842.jpg

少しプリッとした42センチの

ナイスバスでした

2018513173329.jpg

午前中の46センチと似たような

シチュエーションでしたが

今回は表層で食ってきました

2018513173541.jpg

風が強かったので

一日中防寒着は来ていましたが

昼から太陽も出て来て、暖かくなってきたので

もしかしたら表層までベイトを追い込む

バスがいるかもと思い

そのまま坂本筋上流域の岩盤際を攻めていると

またもや水面にガバッと出てきました!

2018513174016.jpg

バイトが派手だったので

もう少し大きいかなと思いましたが

40センチでした

201851317434.jpg

16時半で、残り1時間でしたが

移動していたら20分も釣りができるか

微妙な感じでしたが

ラストは備後筋BWへ

2018513174456.jpg

BWに到着して

前回のように真っ黒な魚体が飛び出してくるかなと

ワクワクしながら

木くず溜りを探ってみましたが

バスの姿はなく

201851318731.jpg

さらに上流へ上りながら

岩盤際をジャバシャッドのNSで

高速巻きしていたら

突然、下からドーン!

合わせましたがすっぽ抜けて

そのまま巻いていたら

もう一度、ドーンッ!!

しかし、残念ながらフッキングには

至りませんでした

2018513181144.jpg

そして、BWまで上がってみたものの

チェイスが一回あっただけで

結局、食わせきれず

17時半にボート屋さんに戻って

この日の釣りを終えました。

2018513181428.jpg

帰りの道路脇の温度計を見ると

8℃になっていて

やはり冷え込んでいたことを実感して

冷たい雨の後と爆風の中で

ビッグサイズこそ釣れませんでしたが

久しぶりに少し水位の高い

池原ダムの姿が見れて

数も8尾釣れて満喫できました☆

201851318237.jpg

もちろん今回も釣りの合間に

立ち木に絡んだラインを回収してきましたが

水位が高くて、立ち木が沈んでいたことと

爆風の中だったので無理のない範囲で

回収しました!

2018513182514.jpg

そして、池原ダムへ行く時に通る169号線にある

オソゴエトンネルが7月31日まで夜間工事をしていて

平日の夜間に通行できる時間が決まっていますので

池原ダムへ行かれる際はご注意ください!

2018416214051.jpg

 

 

使用タックル

 

 

①ロッド リザーバー福山オリジナルロッド FSS 681

リール シマノ 10ステラ C2500HGS

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3.5ポンド

フック デコイ マジックヘッド 1.8グラム #1

 

②ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール ダイワ 15ルビアス 2508PEーH

ライン Iコード Iコマンドフロロカーボン 4ポンド

フック デコイ アッパーカット ワーム9 #1

 

 

使用ルアー

 

①デュオ Vテールシャッド 3インチ

デュオ Vテールシャッド 4インチ

ディスタイル ヴィローラ 2.8インチ

 

イマカツ ジャバシャッド 4.5インチ NS

 

 

偏光グラス

ジール、キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

(今回のボートは12フィートの9.9馬力で

会員価格で10000円でした)

 

葛の葉店からの距離 約115km

所要時間 約2時間30分

 

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年4月25日】

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年425

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

4月25日(水)に2週間ぶりに

池原ダムへ行ってきました!

 

前日の夜から雨が降るという予報で

しばらく雨の無かった池原ダムにとって

めぐみの雨になるかもと思い

夜中、大雨の中、気を付けながら運転して

3時過ぎに到着して

2時間ほど仮眠できると思っていたのに

思いのほか雨の音が激しくて

結局あまり眠れずで

小雨になった6時前に出船

2018428213817.jpg

前回より少し水位は上昇しましたが

まだまだ減水傾向が強い池原ダムです

2018428213949.jpg

とりあえず、雨の後の最上流バックウォーター(BW)は

魚が上がってきていることが多く

タイミングがハマればパラダイスと化すので

それを期待して、前鬼筋BWへ

2018428214221.jpg

鬼岬周辺でエンジンを止めて

エレキで流しながら釣り上がって行きます

2018428214444.jpg

夜からの雨でそこかしこに小さな滝のような

流れ込みができていて

良さそうな雰囲気は醸し出していますが

バスからの反応はなく

2018428214648.jpg

BWに近づくにつれて

結構な濁りになってきて

201842821481.jpg

BWはもはや濁流となっていて

魚の姿はなかったので

201842915746.jpg

すぐに引き返して

濁りの境目の鬼岬周辺を探ってみますが

反応はなく

201842915848.jpg

もう少し下って

いつもの水質に近いぐらいクリアな場所で

ジャバシャッドのノーシンカー(NS)で

探っていると

2018429151032.jpg

岩陰から突然、黒い影が出てきて

パクッ!

ジーッとドラグ音を鳴らしますが

そんなに大きくなかったので

軽くいなして、キャッチ

201842915137.jpg

7時過ぎに釣れた一尾目は

37センチのキレイなバスでした

2018429151452.jpg

もう少し下って、前鬼橋の橋脚で

今、流行の多連結系ビッグベイトの

早巻きを試そうと

スプーキージャックを橋脚ギリギリに

通して来たら、下から真っ黒い巨大な影が

二つ追いかけてきましたが食わなくて

ボート際で八の字を描くエイトトラップを

仕掛けてみたら

一瞬、浮上してきましたが

結局、食い切らなくて

やはり大流行中のバラム300でないと

水の噛み方、押す力などが違って

ダメなのかなと思い、移動します

2018429152223.jpg

白川筋中流の流れ込みも不発で

2018429152450.jpg

上流エリアの石積み付近で

かなりの濁りが入ってきていて

201842915282.jpg

白川筋本流と又川のインターセクションでは

すっかり濁流と化していたので

これ以上は上がらずに引き返すことに

2018429152953.jpg

白川筋下流まで下ってきて

流れ込みのあるワンドで雰囲気は良さそうでしたが

バスからの反応はなく

201842915340.jpg

ボート屋さん周辺まで下ってきた

お昼前ぐらいには天気も良くなった半面

風がかなり強くなってきたので

まだ風裏になりそうな北ワンドを流してみる事にします

2018429153652.jpg

いつもより少し濁っていますが

水深5メートルぐらいの底はうっすら見える感じで

エレキで流しながら、水中を見ていると

30センチ前後のオスらしきバスは見かけますが

それに付いている大きいメスは

なかなか見かける事が少なかったのですが

2018429154415.jpg

何となく底の方で

黒い物体が動いたような気がしたので

少し離れて、ワンベイツのギル型ワームの

ヘビーダウンショットリグ(HDS)を投げてみると

ラインが動いたので、しっかり巻き取って

思いっきり合わせてみると、グンッグンッ!

思っていたよりも重量感があり

底に沈んでいた枝と共に浮いてきて

一瞬焦りましたが、落ち着いて枝からラインを外して

慎重にやり取りして

強烈な引きとド派手なジャンプに耐えて

何とかキャッチすることに成功しました

2018429155451.jpg

黒々とした背中で

ぼってりしたお腹の

ナイスプロポーションな

52センチのビッグバスでした

2018429155414.jpg

顔がかなり大きくて、げんこつが余裕で入る大きな口

頭部だけならロクマルはありそうなぐらいの

もっともっと大きく育ちそうな

池原ダムのバスらしい嬉しい一尾でした

201851163015.jpg

そして、ラインをしっかり結び直して

少しエレキで移動すると

まさかの巨大な影がフラフラ~っと

泳いでいるのが見えて

明らかに、今釣ったバスよりも大きくて

風もあったので少し様子を見てみようと

一回通り過ぎてから、大回りして戻ってきて

岸際にボートを寄せて観察していると

こちらも少し見えづらいぐらいの

水深6メートルぐらいにうっすら見えるかなっていう感じで

とりあえず投げてみようと

ワンベイツのギル型ワームのHDSを投げて

底の方でフワフワと動かして、止めていると

2~3投目にスーッとラインが走ったので

巻き取って、少し聞いてみると

明らかに何かが食っている感じだったので

思いっきり合わせてみると、スンッ!

201851164112.jpg

何の重みも感じることなく

合わせた瞬間にラインブレイクしてしまいました。。。

先ほど釣った後にしっかり結び直していた事と

底の方に木や岩など擦れそうな物がなさそうだった事を

考えると、デカい口でワームを丸呑みにして

ラインが歯に当っていてのアワセ切れだったのかなと

思われますが、何ともショックがデカくて

しばらく放心状態でした

201851165120.jpg

時間を空けてまた来ようと

ダムサイト付近に行ってみると

流木溜りに50センチ以上のバスが

2尾見えましたが食わずで

他にも小さいオスっぽい魚体は見えますが

デカいメスは見えなくて備後筋へ移動します

201851165056.jpg

BW手前に到着した時にはかなりの爆風で

釣りができそうな感じではありませんでしたが

岩盤際に溜まっていた落ち葉の際を

ジャバシャッドのNSを引いてきたら

後ろから真っ黒な巨大な影が追いかけてきて

目と鼻の先まで来て

もう少しという所で引き返してしまいましたが

かなりの大きさで少し足が震えました

201851165728.jpg201851165748.jpg

BWまで来ても、景色は良いのですが

バスからの反応はなく

201851183514.jpg201851183558.jpg

爆風に気を付けながら

坂本筋へ移動してみますが

201851183655.jpg

こちらも小さいオスの姿は見えるものの

ビッグサイズのメスはおらず

201851183815.jpg

ラスト1時間はもう一度、北ワンドを見に行って

誰かいたら前鬼筋BWの様子を見に行こうと

下流まで下ってくると

先ほどラインブレイクしたポイントに

誰もいなかったのでもう一度入ってみますが

風であまり水中の様子が見えなくて

まだ見やすいカラーのギルフラットのHDSで

探ってみると、ラスト5分に

ラインが動いたのでしっかり合わせてみると

激しく抵抗されますが

あまり重量感も無く、難なくキャッチ

201851184431.jpg

キレイな魚体でしたが

おそらくオスだと思われる

41センチのナイスバスでした

201851184550.jpg

サッと写真撮影して

素早くリリースしてあげました

20185118482.jpg

そして、17時半になったので

この日の釣りを終えました。

 

今までアワセ切れなんか

ほとんどしたことないのに

デカい魚体を見て、力み過ぎていたのか

それとも水中の何か障害物を見落としていたのか

ワームを丸呑みにして、歯がラインに擦れたのか

何が原因でラインブレイクしたのか

結局のところ分かりませんが

もっと気を付けて、次こそは

しっかりキャッチできるように

努力しようと思った一日でした

20185118576.jpg

もちろん今回も釣りの合間に

立ち木に絡んだラインを回収してきました

ポイントにタイトにキャストした時に

ラインに引っかかる事もありますので

どの釣り場であっても

できるだけ残さないようにする事が

大切だと思います!

20185119228.jpg

そして、池原ダムへ行く時に通る169号線にある

オソゴエトンネルが7月31日まで夜間工事をしていて

平日の夜間に通行できる時間が決まっていますので

池原ダムへ行かれる際はご注意ください!

2018416214020.jpg2018416214051.jpg

 

 

使用タックル

 

①ロッド ガンクラフト デッドソード KG-00 6-710EXH

リール アブガルシア REVO BLACK9-L

ライン デュエル TBカーボン 16ポンド

フック イチカワフィッシング ストロングシングル #3/0

 

②ロッド キスラー Z-bone LEXF-70-4M

リール アブガルシア REVO MGエクストリーム

ライン デュエル TBカーボン 16ポンド

フック カルティバ マルチオフセット #4/0

 

③ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール ダイワ 15ルビアス 2508PEーH

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3.5ポンド

フック デコイ キロフック ワーム17 #1/0

 

 

使用ルアー

 

①ワンベイツ ギル型ワーム HDS

②一誠 ギルフラット HDS

③イマカツ ジャバシャッド 4.5インチ NS

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

(今回のボートは12フィートの9.9馬力で

会員価格で10000円でした)

 

葛の葉店からの距離 約115km

所要時間 約2時間30分

 

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年4月12日】

 

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年412

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

4月12日(木)に2週間ぶりに

池原ダムへ行ってきました!

 

前日は京都府の日吉ダムで

まさかのボーズをくらってしまい

まぁまぁ落ち込みましたが

この日は久しぶりに友達T君との釣りだったので

何とか釣れるように頑張ろうと思いながら

夜中3時に迎えに行って

5時半ごろにボート屋さん付近に到着すると

辺りは濃い霧がかかり真っ白で

前回の桜満開の駐車場も

幻想的な雰囲気です

201841617216.jpg201841617239.jpg

桜もほとんど散って

水中はすっかり春かなと思いながら

6時ごろに出船

201841617452.jpg

水位は前回よりも少し低いぐらいですが

そんなに変わらない印象で

201841617628.jpg

他のボートが備後・坂本筋方面へ行く中

いつも通り、前鬼筋最上流バックウォーター(BW)へ

霧の中、気を付けて向います

2018416171024.jpg

鬼岬周辺に到着すると

一艇、後ろから追い抜いて行って

すぐに鬼岬周りで釣ってました

2018416171212.jpg

やはり朝一、このエリアは反応が良さそうだなと確信して

エレキで上流に向かって流していると

得意のジャバシャッドのノーシンカー(NS)に

2尾追いかけてきて

最後にトゥイッチして誘うと、パクッ!

後ろに乗っていたT君にも食った瞬間が見えるぐらいの

ボート際だったので、軽くいなしてキャッチ

2018416171557.jpg

後ろからついてきていたバスの方が

ひと回り以上も大きくて、30センチちょいのこのバスは

割と簡単に食ってきたので

この日は数釣りができそうかなと思い

サイズはちゃんと測らずに、素早くリリースして

上流へ流していきます

2018416172044.jpg

BWに到着して、まだバスの姿は見えなかったけど

小さいベイトフィッシュが見えて

立ち木のようなポイントが見えたので

その脇をジャバシャッドでゆっくり通してくると

フワ~ッと真っ黒な影が浮いてきたので

軽くチョンと動かしてみると、パクッ!

2018416172534.jpg

次の瞬間、ジーッジーッとドラグを鳴らしながら

どんどん突っ走って行きます

BWなので水深はそんなにないので

下への突っ込みはあまりありませんが

グングン横へ横へ引いていき

時折、ド派手なジャンプで抵抗され

一度、ボート際まで来て、ボートの下へ入られて

底の岩に擦られそうになり

ドキッとしましたが

春なので大きいバスが掛かってもいいようにと

前回から4ポンドのフロロラインを巻くようにしていたので

最後は少し強引に寄せてきて

無事にキャッチすることに成功しました

201841617330.jpg

ファイト中はそんなに大きくは思いませんでしたが

測ってみると、意外に長さがあって

55センチのビッグサイズでした!

2018416173943.jpg

前回の二日目に50アップが釣れなかったので

連続記録は逃してしまいましたが

今年一番大きい55センチが釣れて

7時前にして、もうすでに満足してしまいました

2018416182930.jpg

写真を撮っている間にも

近くでガバァッ!とボイルがあったり

ビッグサイズのバスが群れで泳いでいたりと

魚っ気がムンムンで釣れそうな雰囲気ですが

BWの一番上はかなりクリアすぎて

もうバスの姿もなかったので

エレキで少し下って行くことに

2018416183455.jpg

鬼岬を越えて、さらに中流まで探って行きますが

思いのほか、バスからの反応がなかったので

誰も前鬼筋を上がってこなかったので

もう一度BWに上がって行ってみると

またバスが上がってきていて

小さなベイトフィッシュを追い回して

ボイルが起きていたので

2018416184022.jpg

T君にも釣ってもらおうと

ボイル目がけて投げてもらいますが

一投目では出なくて

僕が違う方を見ていたら

諦めずにもう一投していたみたいで

水面がモコッとなった気がして

合わせてみると、やっぱり魚だったようで

「来た!」という声が聞こえたので

ラインの先を見てみると

ブリブリのバスがジャンプ!

かなりの太さに50センチはあるかなと思い

慎重にやりとりしてもらって

僕もボートの操船でサポートして

グングンと強烈に引いていく

パワフルなファイトを満喫して

無事にキャッチ

2018416184756.jpg

ファイト中は50センチは越えているかと思いましたが

僕のバスよりも明らかにプロポーションが良く

ブリブリな体型過ぎて、目測を見誤ってしまいましたが

重量感たっぷりのコロンコロンな

45センチのナイスフィッシュでした☆

2018416185430.jpg

その後、反応が無くなったので

白川筋へ上がろうかと思いましたが

今度、友達同士で2馬力のボートで釣りをするそうで

その下見も兼ねて、2馬力で回れそうなエリアを探ろうと

トリワ谷へ行ったり

201841619439.jpg

ダムサイト周辺へ行ってみましたが

特に反応は得られずで

201841619551.jpg

風も強くなってきて

釣りにくくなってきたので

備後筋方面へ移動

2018416191129.jpg

11時半ぐらいに備後筋BWへ到着しますが

爆風過ぎて、釣りにならずで

魚っ気も無いので、風裏を探して少し下ってみます

2018416191610.jpg

少しワンド状になった場所や流れ込みのある

雰囲気たっぷりの場所を探ってみますが

反応はなく

2018416192130.jpg2018416192151.jpg

風向きがころころ変わって

風裏と思っていたら

すぐに風表になって、爆風にあおられたりして

数釣りができるかなと思っていたけど

次の一尾すら危うい状況になってきたので

13時ぐらいに前回一番魚っ気の濃かった

坂本筋へ移動して、ツキ谷や

2018416192519.jpg

二連滝など下流から上流に

どんどん釣り上がって行きますが

全然反応は得られずで

風も中々弱まらなくて

釣りがしやすい風裏を求めて

移動を繰り返します

201841619302.jpg

かなり上流まで来ると

午前中にはあまり見かけなかった

他のボートがちらほらすれ違うようになり

坂本筋に集まっていたのか―と思いつつも

バスからの反応はたまにチェイスがあったものの

ほぼ無いに等しいので

15時半ぐらいに坂本筋を後にします

2018416193431.jpg

最後はボート屋さんの近くの

北ワンドや南ワンドで釣ろうかと考えていましたが

他にもボートが何艇かいたので

もう一度、朝一の前鬼筋へ行ってみる事にして

鬼岬からBWへエレキで徐々に上がって行くと

ヘラブナの群れも見えますが

朝よりもウヨウヨと

50センチを超えるバスの姿も見えます

2018416194012.jpg

何度か、あと数センチというところまで来て

食いかけるチャンスもありましたが

結局食わせる事ができず

 

最後に、バスが岸際にボイルで

15センチぐらいの魚を追い詰めて

岸に打ち上げられたその魚を

上空からビューッと飛んできた

トンビがくわえて飛び去って行くという

自然界の弱肉強食のシーンを見て

17時になったので、この日の釣りを終えました。

2018416195933.jpg

もっと数が釣れる予定で、それは残念でしたが

僕も55センチのビッグサイズが釣れて

友達のT君も池原ダムでの自己記録は更新してもらえて

丸々と太ったブリブリのバスで

喜んでもらえたので良かったです☆

 

釣りの後は、きなりの湯の温泉に入って

一日の疲れを癒して

ゆっくり運転して帰路に着きました。

201831718313.jpg

そして、池原ダムへ行く時に通る169号線にある

オソゴエトンネルが7月31日まで夜間工事をしていて

平日の夜間に通行できる時間が決まっていますので

池原ダムへ行かれる際はご注意ください!

2018416214020.jpg2018416214051.jpg

もちろん今回も釣りの合間に

友達のT君も手伝ってくれて

立ち木に絡んでる多くのラインを回収できました!

キレイな場所で釣りをしている方が

やっぱり気持ちが良いものです

2018416202343.jpg

 

 

使用タックル

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール アブガルシア REVO NEOS DEEZ

ライン Iコード Iコマンドフロロカーボン 4ポンド

 

 

使用ルアー

 

イマカツ ジャバシャッド 4.5インチ NS

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年3月29日】

 

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年329

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

3月28日(水)、29日(木)に2週間ぶりに

池原ダムへ行ってきました!

 

前日は池原ダムの全域を軽くチェックして

53センチと39センチの二本だけでしたが

魚の多そうなエリアを何となく掴んだ気がしたので

それを確かめるのと前回から続く50アップ連続キャッチを

4回連続に伸ばそうと

6時過ぎに出船

20184215547.jpg

別のボート屋さんでしたが

お店に来て頂いているお客さんにお会いして

前日の様子などを少し話して

二日目なので本当は前日と逆で

備後筋最上流バックウォーター(BW)から

行こうと考えていましたが

201842155912.jpg

その方が備後筋から行かれるという事と

前日に下見をしていた某超有名アングラーの方が

出船した後だったという事もあり

備後筋に行ってもプレッシャーでダメだろうなと思い

いつも通り前鬼筋方面へ

201842155943.jpg

鬼岬周辺に到着して、BW方面へ流していくものの

やはり水質が悪く、しかも前日よりも30センチほど

水位が下がっていて、良くなさそうで

20184216229.jpg

BWまで来てみると、もうすでに先行者の方がいて

水の状態も泡が残っている感じなので

エレキで引き返しながら探っていると

20184216436.jpg

鬼岬周辺で表層を引いていた

ジャバシャッドのノーシンカー(NS)に

一度だけチェイスがありましたが

後が続かないので、8時ごろに白川筋へ移動することに

20184216713.jpg

白川中流域をチェックしても、特に反応が無かったので

上流域の又川とのインターセクションまで上がってくると

何艇かのボートがいて、ここもプレッシャーが高い様子です

20184216956.jpg

フナや鯉の群れの中に

たまにビッグサイズのバスが見えますが

ラインが沈むと極端に嫌がるような

まぁまぁ難しい感じで

201842161157.jpg

ジャバシャッドの高速巻きに

一度だけチェイスがあったものの食うまでは至らず

201842202313.jpg

さらに上流に移動して

白川大橋の下の大穴がある場所周辺で

40センチぐらいのバスがフラフラと

上流に泳いで行く姿が見えて

少し窪んだ辺りに浮くワームの

レインボーシャッドのNSを投げて

水面で少しピクピクッと動かして

放置していると、岩陰からフラ~っと浮いてきました

201842202854.jpg

これまでに動かし過ぎると見切られるというのを

何回も体験していたので

動かしたい気持ちをグッとこらえて

水面で放置していたら、ワームのすぐ近くで

パクパクッと口を開けて食ったように

フェイントを入れてきました!

ここで合わせたら、二度とチャンスはないので

さらに我慢していると、バスの方が辛抱たまらずに

水面にガバッと水しぶきを上げて食ってきました!

しかし、よく見るとちゃんと食っていなくて

水中にレインボーシャッドが漂っていて

回収しようか悩みましたが

もう一度バスが近づいてきたので

そのまま放置していたら、水中でパクッ!

今度はしっかりと合わせて、強烈な突っ込みと

ド派手なジャンプに何回も耐えて

無事にキャッチできました

201842205710.jpg

エサをしっかり食ってそうな

プリッとしたキレイな45センチの

ナイスバスでした

20184220597.jpg

かなり我慢して食わせた一尾で

難しかった分、とても楽しめました

20184221143.jpg

その後、ビッグサイズのバスは見えるものの

かなり難しい状態だったので

10時過ぎに大移動して、備後筋へ

20184317351.jpg

BWに到着してみると

もうすでに多くのアングラーに

攻められた後なのか

バスの姿も少なく

見えてもかなり怯えている様子で

釣れる気配が全くないので

少し下りながら釣りをしていくことにします

20184317732.jpg

しかし、立ち木周りや小さな流れ込みなど

いかにもバスがいそうな場所でも

反応が得られず

20184317850.jpg20184317919.jpg

早々に見切って

前日に一番魚っ気を感じて

この日のメインと考えていた坂本筋に

12時半ごろに入って、残り4時間ほどで

じっくりチェックすることにしました

201843171250.jpg

下流から上流へ釣り上がりながら

岩盤際をジャバシャッドのNSで探っていると

岩の影から出てきて、パクッ!

やはり前日と同じような感じだなーと

軽くいなして、キャッチしました

201843171714.jpg

少しお腹がプリッとした

39センチのナイスフィッシュでした

201843172034.jpg

猛烈に暴れまくって

目が真っ赤っかだったので、早くもスポーニングを意識した

オスなのかなと思い、すぐにリリースです

20184317219.jpg

そのままエレキで流しながら

探って行くと、とある岬状の場所に

立ち木が絡んでいるポイントで

表層を早巻きで引いてきたジャバシャッドに

追いかけてきていたのに気付かず

ボート際1メートルぐらいの所で

ガッバァッ!と激しいバイトがありましたが

フッキングできず

20184317250.jpg

前日に何となく魚が付いている感じがした

少しワンド状になった垂直岩盤の際を

(特に日当たりのいい場所にある)

201843214246.jpg

ジャバシャッドで表層を通してくるという

パターンで何回もチェイスがあったり

食わせたりしたものの

ことごとくフッキングせずで

20184321475.jpg

二連滝の脇にあるポイントでは

あきらかに50センチを超えるブリンとした

丸々太ったバスが水面まで飛び出してきて

ド派手にゴァッバァッ!!!と食ってきたのに

フッキングに失敗して、かなりショックでした

201843214727.jpg

その周辺をよく見てみると

5センチぐらいのベイトフィッシュが群れていて

ここで少し粘ってみる事に

201843214914.jpg

立ち木と岩盤のかなり狭いコースを通してくると

30~40センチぐらいのバスが

20尾ぐらいの群れで追ってきましたが

距離が足らずに食わせきれなかったり

201843215135.jpg

先ほどのポイントに入り直してみると

もう一度、今度は40センチぐらいのバスが

アタックしてきましたが

またしてもフッキングミスで

気分を変えようと坂本筋の上流域まで上がってくると

こちらにもベイトフィッシュが溜まっていて

ちょうど岩盤際でボイルが起きたので

表層でトゥイッチしてみると、ガバッ!

ジーッジーッとドラグを鳴らしながら

強烈に突っ込まれましたが

落ち着いて、沖の方へ誘導して

無事にキャッチできました

201843215930.jpg

ようやくキャッチできた3尾目は

エサをしっかり食べている

健康体の45センチのナイスバスでした

20184322049.jpg

なかなかフッキングが決まらないのが

続いていたので、ホッとしました

20184322314.jpg

下流に下りながら

先ほどとは対岸の岩盤エリアを流していて

同じようなシチュエーションで

30センチぐらいのバスを追加して

20184322459.jpg

その後、ツキ谷の大滝で

50センチぐらいのバスのチェイスがあったり

20184322719.jpg

ラストに、その周辺の岬に立ち木が絡んだポイント

またもや食わせきれなかったり

2018432294.jpg

あと少しという場面が多く

もっと釣りしたいと思いながらも

17時になったので、この日の釣りを終えました。

201843221027.jpg

水面に浮くワームも色や種類、動かし方を

何パターンも試してようやく食わすことができたり

201843221257.jpg

魚の多いエリアや食わせ方も何となく分かって

実際に食ってきたのにフッキングミスで

結局、4回連続の50アップとはなりませんでしたが

暖かい陽気と満開の桜で

春らしさを満喫できた楽しい二日間でした☆

201843221821.jpg

もちろん今回も釣りの合間に

ライン回収をしました!

立ち木や岩盤などにルアーをタイトに通す時に

ラインに絡むのが一番厄介ですし

キレイな場所で釣りをしている方が

やっぱり気持ちが良いものです☆

201843224423.jpg

桜はもう散り始めていますが

釣りだけでなく、お花見のお客さんや

少年少女のサッカーなどの合宿などにも使われている

自然たっぷりでバスフィッシングを

歓迎してくれている下北山村のような場所を

大切にしていきたいと感じました!

201843224659.jpg

 

 

使用タックル

 

①ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3.5ポンド(フロロ)〉

 

②ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール アブガルシア REVO NEOS DEEZ

(途中から シマノ 07ステラ C2000S)

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3ポンド

 

使用ルアー

 

①イマカツ レインボーシャッド 3インチ NS

②イマカツ ジャバシャッド 4.5インチ NS

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年3月28日】

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年328

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

3月28日(水)、29日(木)に2週間ぶりに

池原ダムへ行ってきました!

 

前回はまさかの二日間とも

朝からエレキトラブルがあったものの

何とか二日連続で50アップを釣る事が出来て

結果的に大満足な釣行となりましたが

あれから2週間経ち

水位も少し上昇して、下北山村も

桜が満開に咲き誇り

2018330175246.jpg2018330175331.jpg

いよいよ春本番という感じで

春爆に期待して、6時15分ごろに出船

2018330175411.jpg

前回から水位も上昇していて

ボート屋さん横の岬もあと2~3メートルほどで

隠れそうな感じで

2018319164956.jpg2018330204950.jpg

(左が前回、右が今回の写真です)

 

同じボート屋さんで、よくお会いするお客さんと

桟橋で少しお話して

このブログを見て頂いていて

僕がいつも朝一は

前鬼筋最上流バックウォーター(BW)へ

行くのを知ってはったので

譲って頂き、その方は備後筋BWへ行かれたので

僕はいつものように前鬼筋へ

2018331114140.jpg

鬼岬周辺に到着して、いよいよ釣り開始ですが

もちろん今回はエレキに異常はなく、快適そのもので

前回の二日間連続での朝一のエレキトラブルが

やはり何かがおかしかったんだと実感しました

2018331114659.jpg

この日は鬼岬周辺の水質があまり良くなくて

濁っていたので、水中の様子が見えなく

魚っ気もあまりない感じで

一応、岩盤際を流しながら

BWへ釣り上がって行きますが、無反応

2018331115040.jpg

BWにはもうすでに、先行者の方が一艇いましたが

魚が見えている感じじゃないなーという動きで

ダメなBWの状況だなと思ったら

岩盤際で40センチぐらいのバスが

ジャバシャッドのノーシンカー(NS)に

チェイスしてきて

前鬼筋を見切ろうとした僕の足を引き留めます

201833111558.jpg

とりあえず、鬼岬から下流もチェックして

前鬼筋中流部まで流してみますが

特に反応はなく

やっぱりダメかなーと思いましたが

先にいた一艇と後から来た一艇も

下って行ったので

先ほどチェイスのあったエリアから

さらに上流まで見に行こうと

再び鬼岬付近まで来て、対岸を流していると

岸際に大岩があり

いかにもバスが隠れていそうなポイントで

良い感じにジャバシャッドのNSでキャストが決まって

軽くトゥイッチをして誘っていると

2018331223251.jpg

ガバァッ!っと水面が割れて、ラインが引き込まれたので

ビックリしましたが、一呼吸を置いて

しっかり合わせてみると、どっしりとした重量感と共に

猛烈な引きで下へ下へ潜って行きます!

ドラグを鳴らしながら、グングン引いていきますが

落ち着いて何も沈んでなさそうな

沖の方へ誘導して、ゆっくり丁寧にファイトして

数回の激しいジャンプにも何とか耐えて

無事にキャッチすることに成功しました

2018331223828.jpg

ブリッとしたキレイな魚体で

53センチのビッグサイズでした☆

2018331224052.jpg

8時過ぎに釣れた一尾目は

前回の二日間から続いての

三釣行連続での50アップとなり

かなり幸先のいいスタートとなりました

2018331224544.jpg

その後、BWまで上がって行くと

さすがに水質はかなりキレイですが

コイやニゴイの姿はあるものの

バスは見当たらなかったので

201841113145.jpg

白川筋方面へ移動して

中流域の岩盤や屋敷跡周辺の立ち木周りを中心に

探っていきますが反応はなく

201841113629.jpg201841113653.jpg

もう少し上流のポイントで

ジャバロンハードを表層で高速巻きしてみたら

45センチぐらいのバスが

チェイスしてきましたが食わず

201841113859.jpg

11時半ごろに

さらに上流の白川本流と又川の

インターセクションに行ってみると

201841114032.jpg

水位も結構回復していて

もう少しで又川の方にも入って行けそうな感じで

水質もかなりクリアで

フナの大群はいますが、バスの姿は見えず

201841114358.jpg

白川大橋周辺のポイントも見て回りましたが

一尾だけ40センチ前後のバスはいたものの

食いそうな気配もなく

201841114534.jpg20184111464.jpg

一応、BWに行ってみますが

あまり魚の気配が無かったので

本流筋の方へ戻ることに

201841114729.jpg

ダムサイト周辺のトボト谷へ行ってみましたが

あまり水質も良くなく

201841115128.jpg

坂本筋へ移動して、岩盤際を流していると

中流域の大岩付近で

201841115940.jpg

ジャバシャッドを表層で早めに引いていると

岩陰からビューッと飛び出してきて、パクッ!

グングン引いていきますが

立ち木とかも周りになかったので

落ち着いてファイトして

サクッとキャッチしました!

2018411228.jpg

少し痩せてはいますが

39センチのナイスバスでした

20184112554.jpg

一尾目から5時間半後で

ようやく二尾目でしたが

何となく魚のいそうなエリアと

食わせ方が分かった気がした一尾でした

20184112948.jpg

似たようなエリアを探って行て

とある岩盤際で同じように

ジャバシャッドのNSを表層で引いてきたら

岩盤際でゴッツイ真っ黒い影が

猛スピードで追ってきましたが

惜しくもボートとの距離が近すぎて

食わせきれずでした

201841121612.jpg

坂本筋の二連滝周辺のこのエリアは

5センチぐらいのベイトフィッシュが

表層付近にいっぱい泳いでいて

201841121851.jpg

周辺の岩盤エリアは

かなり魚っ気の多い

良い感じの雰囲気でした

201841122017.jpg

残り1時間ぐらいになったので

最後に備後筋へ移動して

BW付近で何本かのバスの姿は見えましたが

水質もかなりクリアで

プレッシャーは非常に高い印象でした

201841122424.jpg

某超有名アングラーも次の日の取材の下見なのか

ボートで流していて、備後筋に来るなら朝一で

数は坂本筋で粘れば釣れそうだなと感じて

17時になったので、この日の釣りを終えました。

201841122847.jpg

ボート屋さんの桟橋がある平成の森から

きなりの湯がある場所を見てみると

桜が綺麗に咲き誇っていて

201841123142.jpg

釣りだけでなく

花見のお客さんも多くて

下北山スポーツ公園にある池に映った桜も綺麗で

温泉と桜に癒されて

次の日に備えました。

201841123758.jpg201841123831.jpg

 

 

使用タックル

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール アブガルシア REVO NEOS DEEZ

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3.5ポンド

 

 

使用ルアー

 

イマカツ ジャバシャッド 4.5インチ NS

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年3月15日】

 

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年315

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

3月14日(水)、15日(木)に2週間ぶりに

池原ダムへ行ってきました!

 

前日は朝からエレキトラブルがあったものの

気持ちと行く場所を変えて

42センチと52センチのナイスバスを

キャッチしていましたので

前回のように2日目にボーズにならないように

さらなる春爆を期待して、6時25分ごろ出船

2018319164827.jpg

前日から水位の変化もなかったので

とりあえず朝一は前鬼筋へ行ってみる事に

2018319164956.jpg

最上流バックウォーター(BW)付近の鬼岬周辺に到着してみると

もうすでに先行者が一艇いましたが

前日よりはボートも少なそうでしたので

早速エレキを下して、釣りを開始してみると

2018319165424.jpg

「・・・。嘘やろ。」

前日と同じようにエレキが全く動きません!

すぐにボート屋さんに連絡して、桟橋まで戻り

配線などをいじっても、うんともすんとも言わず

前日の釣行後、きちんと整備してもらっているのに

全く動かないので

すぐに別のボートのエレキごと交換してもらい

7時ぐらいに再出発です!

(帰着後に聞いてみたら、陸上では動いたそうで

朝一に前鬼筋で釣りをするのをボートが嫌がったのか

原因不明です。。。)

20183191704.jpg

前日は行く場所の順番を変えましたが

この日はどうしても朝一の

前鬼筋の様子を見てみたかったので

もう一度BWに戻ってきました

201831917220.jpg

非常にクリアな水質で

時々、40~50センチぐらいのバスの姿は見えますが

先行者の方が攻めた後だからか

とてもナーバスで、キャストして着水するだけでも

ビューッとすごい勢いで逃げていきます

BW付近にもベイトの姿は見えず

ニゴイや鯉が溜まっていたので

少し下流に移動しようかなと考えていたら

先行者の方が下流に下って行ったので

もう少しこの場所で粘ってみる事にして

水中をよく見ていたら

岸際ではなく、沖の方に

ポカンと浮いているバスの姿が目立ちます

2018319171151.jpg

岸際だと食わせやすいのですが

何もない沖を回遊しているとなかなか食わせづらく

むやみに投げても、プレッシャーをかけるだけなので

浮いてきて表層を意識している時にだけ投げる事にして

探っていたら、突然少し離れた前方で

ボイルが発生したので、エレキで少し近づいて

ギリギリ届くかなという距離からキャストして

水面でピクピクッと動かして止めていると

下から黒い魚体が何尾か浮いてきて

ワームの周りを取り囲んで、様子を伺っていたので

ほんの少しピッと動かしてみると、バクッ!

2018320151248.jpg

どのバスが食ったか分かりませんでしたが

ラインをすぐに巻き取って、しっかり合わせてみると

どっしりとした重量感のある引きでファイト開始です!

ギュンギュン走って行き、その後ろからも同じぐらいの

50~60センチぐらいの真っ黒い魚体が

5~6尾追いかけてきて、一瞬、写真に撮ろうか考えましたが

バラシたら大変なので、慎重にやり取りしていると

ファイト中のバスの口から白い粉のような物が出たと思ったら

次の瞬間、2,3匹のワカサギを吐き出しました!

ずんぐりとした体型で、ブリブリブリーッと

下へ下へと潜って行き、ド派手はジャンプで抵抗されますが

何とか耐えて、無事にキャッチできました

2018320152717.jpg

ブリブリの丸々と太った、餌をいっぱい食べてそうな

キレイな魚体の53センチの

ビッグフィッシュでした

201832021131.jpg

まだ朝の8時で二日連続の50アップが釣れて

エレキのトラブルがあったものの

幸先のいいスタートとなりました

201832021419.jpg

そして、先ほどのファイト中に吐き出された

ワカサギをすくって、ヒットルアーの

レインボーシャッドの3インチと比べてみると

まさにマッチ・ザ・ベイトと言うべき

そっくりなサイズ感でした!

201832021718.jpg

その後、もう一度、目の前でボイルが発生して

キャストは届いたのに

あまりのボイルの激しさに

少し動かしてアピールした方が良いのではと考え

ピクピク動かし過ぎたせいか

まさかのバイトチャンスを逃してしまい

2018320211039.jpg

そして、バスの姿も見えなくなったので

下流に下りつつ、立ち木などを攻めてみますが

イマイチ反応が悪く

一度だけ、ワンベイツのプロトロングワームを

回収している時に沖の深場から

ヌゥ~っと黒い巨大な影が2尾追いかけてきましたが

食うまでには至りませんでした

201832021153.jpg

濁っている白川筋に移動して

スピナーベイトやクランクベイトなどの

巻き物で探ってみたりもしましたが

特に反応はなく

2018320211647.jpg

強風で散らばった漂流している流木に気を付けながら

上流を目指していると

2018320211828.jpg

前日よりも屋敷跡の下流側で

もうすでに水質がマシになっていて

201832021203.jpg

この少し上流の立ち木を狙おうとしていたら

爆風で危なかったので

岸の方に寄せて、少し休憩して

2018320212144.jpg

前日に52センチが釣れた

白川筋のインターセクションまで来てみますが

風も強くて、バスの姿も見えないので

2018320212327.jpg

さらに上流に上って行って

白川大橋下の大穴を見ながら

さすがにバスは上がってきていないと思いつつも

白川筋BWまで来てみました

2018320212543.jpg2018320212631.jpg

案の定、魚っ気は無かったので

下流に移動して、白川筋と前鬼筋のインターセクションや

2018320212815.jpg

トリワ谷に久しぶりに行ってみますが

魚からの反応は得られず

2018320213014.jpg2018320213035.jpg

最下流のダムサイト周辺や

2018320213156.jpg

トボトスロープ周辺

2018320213259.jpg

トボト谷などもチェックしてみますが

全然反応が無く

2018320213449.jpg

残り1時間は前日の逆で

備後筋で探ってみようと思っていたので

備後筋BWへ移動

201832021372.jpg

しかし、BWに到着しても

前日のようにバスの姿は見えず

夕方になっても上がっては来なくて

16時30分になったのでこの日の釣りを終えました。

2018320213922.jpg

もう何年も通っているボート屋さんで

普段そんなトラブルにあう事はないのに

まさかの二日連続でエレキトラブルに見舞われましたが

気持ちと場所を切り替えた初日

そのまま行く場所を変えなかった二日目と

上手い具合にタイミングが合ったのか

結果的には二日連続で50アップも釣れて

大満足な釣行となりました☆

2018320221022.jpg

もちろん今回も、釣れない合間に

立ち木に絡んだラインのごみ回収もしていて

やはり池原ダムの神様は見てくれているのかなとも思いました!

201832022934.jpg

そして帰りに白川大橋からの水位を確認して

徐々に増えて、これからの本格的なシーズンには

もっと良い釣りができたらいいなと思いながら

帰路に着きました。

201832022135.jpg2018320222519.jpg

 

 

使用タックル

 

ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

 

使用ルアー

 

イマカツ レインボーシャッド3インチ NS

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年3月14日】

 

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年314

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

3月14日(水)、15日(木)に2週間ぶりに

池原ダムへ行ってきました!

前回はまだまだ寒く、ダムもかなりの大減水状態で

一日目はダムの中で僕だけしか釣りに出ていませんでしたが

あれから何度かまとまった雨も降り、少し増水して

季節も少しずつ春に近づいていて

今回の二日間もかなり暖かくなる予報でしたので

春爆を期待して、6時45分ごろ出船

2018316172034.jpg

前回よりは2~3メートル前後増えたかなーという印象で

とりあえず朝一は前鬼筋へ行ってみることに

20183221126.jpg201831617245.jpg

(左が前回、右が今回です)

 

前鬼橋を通り過ぎて、最上流バックウォーター(BW)付近の

鬼岬周辺に到着して、エレキを下して

さぁ釣りを始めようと思ったら

2018316172829.jpg

「あれっ!?動かない・・・」

エレキを踏んでも、配線やらを触っても

うんともすんとも言わなくて

魚探のスイッチも入らないので

バッテリーなのかコードなのか

自分では判断できなかったので

幸い電波が少し入ったので、すぐにボート屋さんに電話して

桟橋まで引き返すことに

2018316173255.jpg

桟橋でボート屋さんに見てもらうと

どうやらエレキの方は接触不良で、すぐに動くようになりましたが

魚探の方はコードの中が断線しているようだったので

もう深い所を釣るつもりもないので取り外してもらい

再出発しますが

先ほど前鬼筋BWに先行者が1艇

引き返す時に下流から2艇上がってきていたので

今から行ってもプレッシャーが掛かっているだろうと考え

逆の方向の備後・坂本筋方面へ行くことにして

まずは備後筋BWへ

201831617465.jpg

BW手前でエンジンを切り

エレキでゆっくり上がって行くと

こちらにも先行者が1艇いたので

対岸を探りながら上流方面へ進んでいると

20183161932.jpg

まぁまぁサイズのバスを釣り上げていて

もうBWまでバスが上がってきているんだと確信して

水中をよーく見てみると

50センチを超えるバスの群れが見えたり

ふらふら~っと水面付近を泳いでいるバスがいたりと

かなり魚っ気はありますが、なかなか口を使ってくれません

201831619226.jpg

だいぶ上流部でボートを岸に寄せて

極力エレキを踏まないようにして

動かないでいたら、沖側に2~3尾ほどバスの姿が見えたので

バスの進行方向のかなり先に水面に浮くワームの

レインボーシャッドのノーシンカー(NS)を投げて

水面でピクピク動かして誘っていたら

2尾素通りした後に、最後の一尾が近寄ってきたので

今度は動かさずに止めていたら、ふわーっと浮いてきたので

最後にほんの少しだけピッと動かすと、モワンッ!

201831619712.jpg

ラインが沈んでいくのを確認してから

素早くラインを巻き取って、しっかり合わせてみると

一瞬、重量感のある抵抗を見せましたが

あまり派手なジャンプや下へ下へと突っ込みをすることなく

難なくキャッチすることに成功しました

2018316191058.jpg

下あごが少し長い、プリッとしたキレイな魚体の

42センチのナイスバスでした

201831619132.jpg

そのまま前鬼筋に行っていたら

どうなっていたか分かりませんが

とりあえず備後筋へ来て良かったなと思えた

嬉しい一尾目でした

2018316192659.jpg

その後、少し下流に移動して

立ち群や滝周辺を探ってみますが

特に反応はなく

2018316192857.jpg2018316193044.jpg

坂本筋へ移動して、ツキ谷や二連滝周辺を

チェックするも全然反応は得られず

201831619338.jpg2018316193332.jpg

上流付近に行っても

バスの姿は見えなかったので

201831619351.jpg

白川筋方面へ大移動してみると

雨による増水の影響でかなりの濁り具合です

2018316193646.jpg

風で岸際に吹き寄せられた木くずや流木群は

まだ良いんですが、沖の方にプカプカと浮いているものは

ボートで走行中にアタったりしたら危険なので

ゆっくり通り抜けて、さらに上流を目指します

2018316194943.jpg

屋敷跡ぐらいになると、水の色が変わってきて

201831621173.jpg

それより上流になると、かなり水質も良くなってきて

この日の白川筋BWとなる白川筋本流と白川又川の

インターセクションではめちゃくちゃクリアでした

2018316212016.jpg

水温を測ると11度で、さすがにまだここまでは

上がってきていないかなと思いつつも

水中を見ていると、50センチぐらいのバスが

一尾だけ見えたので

BWに向かいながら探って行くことにして

結構、浅い所まで来た時に何気なく

岸寄りにレインボーシャッドを投げて

岸に風で流されていくベイトフィッシュをイメージして

ピクピクピクーッと動かしながら、岸に向けて

水面を泳がしていると、下から茶色い影が追いかけてきて

水深50センチぐらいの所まで来たら、ガバッ!

2018317172843.jpg

ラインが引き込まれるのを確認してから

すぐにたるんでいるラインを巻き取って

しっかり合わせると、ドシッとした重量感と共に

一気に底の岩の方へ突っ走って行きます!

BWの流れにも乗って、ものすごい引きで抵抗してきて

ドラグをジーッとけたたましく鳴らしながら

どんどん下流に走って行くので

エレキで追いかけながら、走るときは走らせつつも

岸際や底の岩に擦られないように

リールのスプールを抑えて、ラインの出方を調節しながら

慎重にやり取りして、寄せれると思った時に

一気に浮かせて、無事にキャッチしました

201831717419.jpg

少しスレンダーですが、意外に長さのある

52センチのビッグフィッシュでした

2018317174129.jpg

強烈なファイトで楽しませてくれた

今年、一尾目となる50アップでした

2018317174148.jpg

その後、風も強くなってきたので

風が避けれそうなワンドに行ったりしましたが

特に反応はないので

朝に行けなかった前鬼筋へ行くことに

2018317174645.jpg

鬼岬周辺に到着して、岸際を流しながら

BWへ上がって行きますが、特にバスの姿は見えず

2018317175037.jpg

BWまで来ても、コイの姿はありますが

バスやベイトフィッシュの姿も見えなくて

やっぱり朝一だったのか、それとも前鬼筋BWには

まだ上がっていなかったのか

次の日は朝一に来てみようと思い

16時半になったので、この日の釣りを終えました。

2018317175431.jpg

朝のエレキトラブルでどうなるかと思いましたが

気持ちを切り替えて、行く場所の順番を変えたことで

ナイスバスをキャッチすることが

できたのかもしれないと考え

結果的に楽しめた一日になりました

2018317175857.jpg

下北山村のきなりの湯の温泉に入って

しっかり疲れをとって

次の日に備えました。

201831718313.jpg

 

 

使用タックル

 

ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3、5ポンド(フロロ)〉

 

 

使用ルアー

 

イマカツ レインボーシャッド3インチ NS

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年2月28日】

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年228

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

池原ダム2日目の28日(水)は

当初、曇りから雨予報で気温もそんなに低くなく

表層に浮いてくるバスもいるのではと期待していましたが

天気予報が少しずれて、この日の夜から

まとまった雨になるという予報になってしまい

晴天の中、6時50分ごろに出船

201839173920.jpg

前日ほどではありませんが、この日も霜が降りていて

ボート桟橋やボートのデッキがうっすらと白くなっていて

ボート屋さんを沖側から見てみると

岸際に少し黒い線が見えていて

夜からの雨に備えてか、微かに減水しています

20183917438.jpg

とりあえず、前日に良かった前鬼筋を中心に

釣りをしてみようと前鬼筋方面へ行ってみます

201711320577.jpg201839174533.jpg

(左がフル満水時、右が今回の写真です)

 

前日同様に、前鬼筋下流の橋脚付近から

探ってみる事にしますが

特に反応は得られずで、中流付近に移動してみると

前日には無かった泡が水面に

ちらほら見えていて

水質があまり良くない感じです

201839174835.jpg

一応、前日に釣れたタイミングの時間までは

丁寧に探って行きますが

魚からの反応は得られず

この日はこの前鬼筋で粘ろうと考えていたのに

出鼻をくじかれてしまい

天気も雨が降る前のうろこ雲は見えますが

まだまだ降りそうにはない感じです

20183917553.jpg

あまりにも水質が悪いので

前鬼筋で粘るプランを変更して

10時過ぎには白川筋へ移動してみるも

減水で普段隠れている地形を見る事が出来たぐらいで

生命感も無く、移動を繰り返します

20183922424.jpg20183922453.jpg

昼前ぐらいから風も強くなってきて

風をよけるために深瀬谷に入ってみるも

まぁまぁの爆風で釣りにならず

20183922647.jpg

少しマシになったタイミングで

ボート屋さん周辺まで戻ってきて

浅い所から深い所まで探ってみるも無反応で

20183922819.jpg

トボトスロープ周辺に行ってみるも

あまりの減水具合で

探れる場所は限られていて

201711422452.jpg201839221146.jpg

(左がフル満水時、右が今回の写真で

フル満水時に水没していた駐車場の柵が

遥か上の方に見えます)

 

ダムサイト周辺のワンドも

減水の為にかなり小さくなっていて

少しの窪みぐらいになっていました

201839221122.jpg

本流筋大瀬周辺の大規模な赤土の岬も

二手に分かれて、岬状になっていたことが

分かりましたが、魚からの反応はなく

201839221822.jpg

前日に中流までしか見れなかった

坂本筋へ移動してみるも

201839221920.jpg

滝の沖側にはこんな地形が広がっていたのかと

201839222143.jpg

かなり深い所までオダが沈んでいるんだなという

発見はありましたが

201839222518.jpg

結局、最後までバスからの反応は得られず

16時半になったので、この日の釣りを終えました。

20183922263.jpg

釣りしている間に減水の為に普段は

沈んでいる立ち木が姿を現して

そこに絡まっているラインが気になったので

ちょこちょこ回収していたら

かなりの量になり、釣りをする上で

根掛かりは避けては通れませんが

できる限り水中に残さないようにする

努力が必要だと感じました

201839223115.jpg

(高価なアラバマリグも根掛かり回収機があれば

回収できる可能性があるのに

かなりの長さのラインが結ばれたまま

水中に沈んでいました)

 

今回は池原ダムの神様は微笑んでくれませんでしたが

このように立ち木に絡んだラインを回収していたら

また水位が増えて、見えていた立ち木が沈んだ時に

立ち木に付くバスも増えるだろうし

そこをタイトに狙う時に、絡まったラインに引っかかる事も

ないので釣れる可能性が高まることを信じて

これからもちょこちょこ釣りの合間に

ゴミ拾いを続けていこうと思いました!

20183922404.jpg

帰り道に白川大橋に立ち寄ると

白川又川との合流付近のフラットエリアや大橋下の大穴など

減水時にしか見る事ができない

貴重な景色を見る事が出来て

水位が増えた時に活かせるようにしようと

たくさん写真に撮って、帰路に着きました。

201839224341.jpg20183922449.jpg

そして、この日の夜の雨と3月に入ってからの

まとまった雨で、水位は少し回復したようですが

雨の影響で濁りが発生しているエリアもあるようですので

次回、池原ダム釣行の際に

どんな様子か確認してこようと思います☆

 

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 池原ダム釣果情報 【2018年2月27日】

 

 

 

池原ダム釣果情報

 

(葛の葉店) 

 

2018年227

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

久しぶりの更新となり、申し訳ありません!

 

釣り初めに行こうと、ずっと考えていたのですが

この冬はかなり冷え込んでいて

道路状況を常にライブカメラでチェックしていたら

道路脇にぎっしり雪が積もっていたり

路面が真っ白に凍結していたりと

ノーマルタイヤで夜中に通るには

あまりにも危険だと感じ

行きたい気持ちをグッと我慢していて

ようやく今回、路面状態も安全だと思えたので

2月27日(火)、28日(水)に

池原ダムへ釣りに行って来ました

201832205553.jpg

まず27日はまだまだ冷え込みが厳しく

朝の峠の気温はマイナス3度ぐらいで

ボート桟橋もボートのデッキも霜が降りていて真っ白で

ライブウェルについている水滴も凍っている状況の中

7時過ぎごろに出船

20183221126.jpg

この写真が今回の池原ダムの水位で

満水時からおよそマイナス30メートル前後で

昨年の秋、二つの台風が来た後に

フル満水に近いぐらいの水位の池原ダムを

体感した人にとっては全く別のリザーバーと化しています

2017113205156.jpg20171120172916.jpg

(左がフル満水、右がマイナス6メートルぐらいです)

 

昨年の春と同様に、今年も最低水位に近いぐらいの大減水で

どこから探って行こうか迷いますが

まずは今年の初バスを釣れるように

前鬼筋方面へ走行していると

ボート屋さんの近くのトリワ谷は

減水の為にほぼほぼ干上がっている状態です

201832212235.jpg

水位が高く、もう少し季節が進んでいれば

そのまま真っ先に前鬼筋の

最上流バックウォーター(BW)へ行くのですが

まずは前鬼筋下流の橋脚付近から探ってみる事にします

201832212534.jpg

さすがにまだ気温も低く

表層には浮いてなさそうなので

深場をメタルクロースピンで探っていて

岸際に投げて、軽くロッドを持ち上げてスッと落とし

岩盤際を丁寧に落とし込んで探っていると

201832213356.jpg

立ち木に引っかかった感触とは明らかに違う

重みが伝わってきたので、すかさず巻いて

しっかり合わせてみると

グングンとロッドに生命感が伝わってきます

10メートル以上のディープで掛けたので

ゆっくりファイトするつもりでしたが

思いのほか、魚が素早く浮上してきたので

仕方なく魚の動きに合わせて

早めに巻き取ってみると

そんなに激しくファイトしないうちに

スーッとバスがボート際まで寄ってきて

無事にキャッチできました

201832213819.jpg

まだ8時過ぎで、幸先よく釣れたのは

37センチのナイスサイズでした

201832214046.jpg

ようやく今年の初バスで嬉しかったのですが

写真を撮って、ライブウェルに入れてみると

バスが傾いてしまい

お腹を触ってみると、少し硬く張っていたので

10メートル以上のディープから一気に浮上してきて

浮き袋が膨れているのだと判断して

エア抜きなどの処置をして、少し様子を見てから

リリースすると元気に泳いで行きました

 

201832214331.jpg

やはり10メートル以上のディープから釣り上げる際は

できる限りゆっくりファイトして

徐々に浮かしてくることが大切だと実感して

30分以上、かかりきりになりましたが

無事にバスをリリースできて、ホッとしました

 

そのまま前鬼筋を上流方向へエレキで上がって行って

ハイシーズンでも魚影の濃かった中流域の岩盤で

引き続きメタルクロースピンで探って行きますが

沈んでいる立ち木などによく引っかかります

 

ガツンの根掛かっていなければ、ボートなので反対側に回って

軽くロッドをゆすれば外れる事が多いのですが

それでも外れなければ根掛かり回収機を投入すれば

ほぼ100%に近いぐらいの確率で回収できます!

根掛かりの度にラインを切っていては

環境にも悪いですし、大切なルアーを無くして

テンションも下がりますので根掛かり回収機は必需品です!

20183222218.jpg

そして、回収したヒットルアーのメタルクロースピンの

ラインをしっかり結び直して、再び岩盤を丁寧に探っていると

またしてもグーンッという重みが伝わってきたので

しっかり合わせてみると

20183222444.jpg

グングン引いていきますが、先ほどの経験を活かして

かなりゆっくりリールを巻いてファイトして

徐々に浮上させてくると

先ほどよりも大きな魚体が見えて

ゆっくり上げてきたおかげか

リザーバーのバスらしい強烈な引きと

激しいジャンプで抵抗されますが

落ち着いてファイトして

無事に口をつかむことに成功しました

20183222915.jpg

口を真っ赤に染めたキレイな魚体の2尾目は

43センチのナイスバスでした

201832221339.jpg

やはりヒットルアーを根掛かりで無くさなかった事が

このバスに繋がったのだと思い、嬉しい一尾となりました

201832221523.jpg

その後、念のためにどこまで上がって行けるのかと

BW方面へエレキで上がって行きましたが

満水時なら中流域に位置する鬼岬手前で

浅すぎるためにこれ以上、上がることができず

201832222056.jpg201832221918.jpg

水温を図ってみると9度で、予想よりは低くはなかったですが

コイやニゴイばっかりで、バスの姿はやはりなく

春はまだもう少し先といった印象でした

201832222420.jpg201832222443.jpg

その後、2度アタリはありましたが

キャッチには至らずで

前鬼筋でこのまま粘っても良かったのですが

翌日も引き続き、池原ダム釣行だったので

この日は全筋を見て回ろうと、白川筋方面へ移動して

探って行くも、特に反応はなく

大減水の影響で下流側の屋敷跡手前で

もうこれ以上は上流に行けず

201832223956.jpg

ボート屋さん周辺の椿島周りに戻ってきて

こんな場所にこんなに立ち木が沈んでいたのかという

新たな発見をして

201832224150.jpg

滅多に見る事のない北ワンド沖の水中島も

すっかり姿を現して

改めて大減水の影響を実感しつつ

201832224345.jpg

備後筋方面へ移動して

201832224511.jpg

立ち木群を攻めながら

上流方向へ移動していきますが

特に反応はなく

20183222469.jpg

BWはやはり全く魚っ気はなく

残りの坂本筋へ移動

201832224718.jpg

最後に坂本筋の下流側から中流の二連滝ぐらいまで

探って行きましたが、特に魚っ気も無くて

16時半になったので、この日の釣りを終えました。

201832234558.jpg

朝は冷え込んでいましたが

日中は日向で風も無ければ、かなりポカポカ陽気で

防寒スーツを着ていたら暖かいぐらいで

寒さを感じなかった一日でしたが

まだまだ浅い所にはバスは上がってきていなくて

結局、朝に釣ったディープでの2匹だけの釣果となりました

201832234925.jpg

この日、全域をパッと見た感じでは

やはり前鬼筋が一番魚っ気があり

小さなベイトフィッシュの姿も見えて

翌日は前鬼筋を中心に攻めてみようと考えながら

いつも行く「きなりの湯」がお休みだったので

少し大阪方面へ戻って

「上北山温泉」で一日の疲れを癒し

201832235358.jpg

下北山スポーツ公園まで戻ってきて

冬季限定のイルミネーションを見て

次の日に備えました。

20183223592.jpg

 

使用タックル

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNC-610MH MGS 

リール アブガルシア Revo Deez 6-L

ライン デュエル TBカーボン 14ポンド

 

 

使用ルアー

 

イマカツ メタルクロースピン(17グラム)

 

 

偏光グラス

キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ワンアップヒライさん

 

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00