ホーム>リザーバー福山 釣行記>【番外編】野尻湖スモールマウス

【番外編】野尻湖スモールマウス

葛の葉店スタッフ 「番外編」野尻湖スモールマウス釣果情報(二日目)【2019年8月7日】

 

 

 

野尻湖スモールマウス釣果情報(二日目)

 

(葛の葉店) 

 

2019年8

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

今回は「番外編」ということで

8月6日(火)、7日(水)

長野県の野尻湖へ

釣りに行って来ました

 

前日はキャッチできたのが

40アップ2尾だけでしたが

バラしたものの釣りたかった虫パターンでの反応も

何回かあったので

二日目も虫パターンで探って行こうと

7時に出船

2019812203653.jpg

7時のチャイムが鳴ると

各ボート屋さんから一斉にボートが出てきて

目の前の弁天島まではデッドスローで

それを過ぎるとみんな思い思いのポイントへ

フルスロットル!

201981220418.jpg

僕もとりあえず、砂間ヶ崎へ行ってみますが

またしても入りたかったポイントに

ボートが一艇浮いていたので

近くのポイントから探っていく事に

201981220428.jpg

表層で誘ってみるものの反応が無く

常に回遊しているスモールなので

まだこの辺には回ってきていないのかなと

周辺の浅い場所から深い場所を

いろいろ探っていたら

2019812204646.jpg

岸際にスモールが泳いでいるのが見えたので

SVSBのノーシンカーリグ(NS)を

岸に乗せて、ズリッと落として

底の方でエビっぽく動かしてみると、グンッ!

 

 

そんなに大きくないのはすぐに分かりましたが

スモールらしい強烈なファイトで

楽しませてくれました

2019812205212.jpg

かわいいサイズでしたが

太陽に照らされて

黄金に輝く美しいスモールでした

2019812205745.jpg

その後、朝一に入りたかった

砂間ヶ崎のポイントに行ってみると

45センチを超える真っ黒な

ビッグサイズのスモールマウスバスの姿が見えましたが

惜しくも食わせる事ができず

栗ヶ原ワンドに移動するも

ノーチャンスでした

2019814155140.jpg

前日に行けなかった

針ノ木ワンドの奥の方に行ってみると

禁漁区のブイ周辺で激しくボイルが起こっていて

ブイの外側に出て来た時に狙ってみるのですが

全然反応がありません

2019814155434.jpg201981415554.jpg

ボートの際でも表層でガバッと

スモールマウスバスがボイルしていて

こんなにスイッチが入っているのに

何で釣れないのだろうとよく分からない状態で

2センチぐらいの小さなベイトフィッシュを

追っているのが見えたので

ルアーやワームをそれぐらいのサイズに

近づけてみますが、食わせる事ができず

 

 

他のボートで釣った人もいましたが

連発することが無く、なぜ釣れたのか分かっていない感じで

僕自身も色々と試行錯誤して

2時間ほど費やしたものの

食わせる事ができず

ボイルも収まってきたので移動することに

201981416326.jpg

隣のワンドの水道局周辺に行ってみますが

小バスの群れは見えましたが

良いサイズのスモールはいなくて

201981416955.jpg

カトリックワンドやYMCAワンドにも行ってみますが

あまり魚っ気が無く

12時ぐらいになったら

やはり風向きが変わって

水面が波立ってきたので

北側のポイントへ移動します

2019814161435.jpg

風裏になりそうな舟瀬ワンドに行ってみるものの

またしてもウェイクボードが

ガンガンに走り回っているので釣りにならず

2019814161631.jpg

さらに奥のプリンスワンドに行ってみると

小さいサイズだったのか

アタリがあったものの

上手くフッキングできませんでした

2019814161815.jpg2019814161851.jpg

菅川に行ってみても反応が無く

13時前のこのぐらいから空が曇ってきて

小雨がパラつくようになり

201981416227.jpg

野尻湖ではもう希少な存在になった

ラージマウスバスの姿を探しに

寺ヶ崎の倒木エリアにも行ってみましたが

もうすでに引き波で水質が悪く

バスの姿を見つける事はできず

2019814162613.jpg

雷も鳴り出したので、避難しながら

樅ヶ崎の岸際を見ていると

水面に落ちたセミが

ジージーッと鳴いているなと思ったら

どこからともなく鳥が飛んできて

セミをパクリ!

2019814163043.jpg

過去に、水面に落ちたセミを

スモールが食べるシーンは見た事がありましたが

まさか鳥も食べるとはビックリでした

201981416309.jpg

とりあえず、バリバリという雷が鳴り止むまで

弁天島周辺をぐるっと回りながら休憩して

2019814163818.jpg201981416397.jpg

14時過ぎごろに少し晴れ間も出て来たので

針ノ木ワンドまで移動してみると

朝のようなボイルはありませんでしたが

ホグ系ワームのフリーリグで

ポロポロと釣れているみたいで

マネしてみたものの

そんなに簡単に食ってくる感じではなく

2019814201732.jpg

14時45分ごろには、再び弁天島まで戻ってきて

木の陰になっている所を中心に探っていると

201981420190.jpg

前日に引き続き、北側の岸際で

SVSBのNSを木の枝に吊るして

水面でピチャピチャと波紋を立てて誘っていると

2019814202051.jpg

スモールが回遊してきて

次のキャストで岸際ギリギリに着水したと同時に

ラインがスーッと走ったので

フッキングしてみると、グングン!

 

 

そんなに大きくはないものの

スモールらしいド派手なジャンプと

強烈なダッシュで突っ走って抵抗されましたが

無事にキャッチ

2019814202538.jpg

模様がくっきりとした

32センチのナイススモールでした

201981420283.jpg

強烈なファイトで楽しませてくれた

虎柄がキレイな一尾でした

2019814202930.jpg

その後、30分ぐらい

この弁天島周辺で粘ってみましたが

少しだけ反応したスモールがいたものの食わせきれず

16時になったので

この日の釣りを終えました。

2019814203119.jpg

2日目は、ボイルはあったものの

何かが合ってなくて、口を使わす事ができず

前日に良かった事も

次の日には全く機能しない事もある

まさにスモールマウスバスらしい

日替わりの状態で

なかなかに厳しく難しい野尻湖で

40アップは釣れませんでしたが

何とか釣れてよかったです!

2019814204042.jpg

もちろん、この日も釣りの合間に

木に絡んだラインやルアーを回収してきました!

 

前日にも同じところを回って

回収した気がするのですが

いろんな釣り人がたくさん訪れて

マナーが悪い人も多いのか

木に長いラインが残された状態もあり

せっかく雰囲気も良く、景色もきれいな野尻湖なのに

とても残念な光景でした。

2019814204338.jpg

これからも自分のできる無理のない範囲で

ゴミ拾いを続けていこうと思います!

2019814204649.jpg

片道500キロと少し遠いですが

また来年も来て

次こそはビッグサイズの

スモールマウスバスを釣りたいなと思いながら

安全運転で帰路に着きました。

201981420493.jpg

 

 

使用タックル

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-66ML MGS 

リール アブガルシア REVOロケット 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0.8号(PE)

〈リーダー サンライン FCスナイパー 8ポンド(フロロ)〉

フック ハヤブサ TNSオフセット #3

 

 

 

ヒットルアー

ディスタイル SVSB NS

 

 

偏光グラス

ジール、サイトマスター、SODAMON

 

 

レンタルボート店

ほとり荘さん

 

葛の葉店からの距離 約500km

所要時間 約6時間

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 「番外編」野尻湖スモールマウス釣果情報(一日目)【2019年8月6日】

 

 

 

野尻湖スモールマウス釣果情報(一日目)

 

(葛の葉店) 

 

2019年8

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

今回は「番外編」ということで

8月6日(火)、7日(水)

長野県の野尻湖へ

釣りに行って来ました

 

毎年、7月頃になると、虫パターンで

スモールマウスバスが釣れるようになり

そのエキサイティングなバイトシーンと

圧倒的にパワフルなスモールマウスバス特有の

強烈なファイトを味わいたくて

7月下旬ごろに、年に一度

釣りに行っているのですが

今年は天気など都合が合わずで

8月上旬になってしまい

どうなるか不安もありましたが

片道約500kmの長距離ですが

遠征してきました

201989155413.jpg

野尻湖は周りが別荘地など静かな場所で

ボートでの釣りの時間が

7時から16時までと決められていて

朝はゆっくりなので、時間に余裕をもって運転して

6時半ごろ野尻湖に到着して

一年ぶりでワクワクしながら7時に出船です

201989155547.jpg

昨年は7月下旬の釣行で

二日間とも虫パターンを中心に

45アップを頭に40アップを5本ずつ釣っていて

かなり良い釣りができていたのですが

今年は季節感のズレと8月上旬の釣行で

朝から気温もかなり高く、少し減水していて

どんな結果になるのかドキドキしながら

とりあえず、いつも通り

まずは砂間ヶ崎へ

20198916150.jpg

しかし、いつもの場所には

もうボートが一艇浮いていたので

少し近くの場所から、釣りを始めます

2019891643.jpg

水面を見て、少しびっくりしたのですが

ウィードが結構生えていて

表層付近まで伸びている場所があり

こんな感じじゃなかったよなーっと

バグドッグをキャストしてみると

一投目からバシャッ!

 

惜しくもフッキングできませんでしたが

幸先よく虫系ルアーに反応してくれました

20198916755.jpg

そのまま、砂間ヶ崎の岬方面へ移動していると

岸際を泳いでいるバスの姿が見えたので

進行方向の先の木の枝に

バグドッグを吊るして

ちょうちん釣りをしてみると、バクッ!

 

45センチぐらいのスモールが

勢いよく食ってきて

フッキングが決まったと思ったのですが

木の枝に掛けたラインが外れず

ボートでランディングに向かっている間に

残念ながらバレてしまいました

201989201930.jpg

隣の栗ヶ原ワンドへ移動してみると

意外にも釣り人がいなくて、貸切状態で

一度だけちょーちん釣りで

バイトがあったものの、うまくフッキングできず

再び砂間ヶ崎に移動して

朝一に入れなかったいつものポイントへ

201989202210.jpg

しかし、もう9時を回っていて

スモールの気配はなく

琵琶ヶ崎周辺の倒木エリアへ

201989202735.jpg

ここでも反応が無く

奥の針ノ木ワンド方面へ移動しようとしますが

ボートが多かったので

もう一度、栗ヶ原ワンドへ行ってみますが

スモールの姿はありませんでした

201989202858.jpg201989203028.jpg

もう12時を回っていて

午前中の南風から北風に変わって

南岸のこれらのポイントには

波が当たるようになってきて

午後からは北岸方面のポイントを回ってみる事にして

プリンスワンドへ行ってみると

かなりの近距離でウェイクボードが走り回っているので

ひっきりなしに波が押し寄せて

釣りがしづらい状況で焦ってきました

201989203558.jpg

松ヶ崎方面へ移動して

あまりに暑すぎるので

日陰になっている場所を中心に流していると

少し波が穏やかな場所で

スモールの姿が見えたので

201989203913.jpg

岸から張り出した木の枝にラインを引っかけて

バグドッグを水面でピチャピチャと

波紋を立てて、ちょーちん釣りをしていたら

201989204048.jpg

突然、どこからかスモールが現れて

勢いよくバイト!

 

 

木の枝からラインが外れなかったので

急いでボートを近づけて

何とかラインを手繰り寄せて

とりあえずキャッチする事に成功しました

2019810161126.jpg

木に絡んでいるラインは後に回収することにして

先に計測してみると

42センチのナイスサイズの

スモールマウスバスでした

201981016132.jpg

吊るされたままだったので

底の方へ突っ込んで行く強烈な引きは

体験できませんでしたが

それでもスモールらしい瞬発力のあるダッシュと

体全体が見えるほどのジャンプが見れて

楽しいファイトでした

2019810161739.jpg

13時15分ごろに、やっと1尾目が釣れて

ホッとして

松ヶ崎から菅川方面へ流していると

数年前からこの野尻湖でも流行っている

SUP(スタンドアップパドルボード)を

楽しんでいる人たちに遭遇しました

2019810162146.jpg2019810162220.jpg

いろいろなレジャーで楽しめる野尻湖ですが

ここにもウィードがびっしりと生えていて

今までの野尻湖とは少し違った印象を受けました

2019810162615.jpg

残り時間はボート屋さんの目の前の

弁天島で粘ろうと

14時30分ごろから

ぐるぐると島の周りを流していると

2019810162936.jpg

南岸の張り出した木の近くに

スモールが回遊していたので

木の枝にラインを吊るして

SVSBをちょうちん釣りしていると

2019810163314.jpg

ピチャピチャと波紋を立てていた

ワームにスーッと近づいたり離れたりを

何度か繰り返して

我慢できなくなったのか

水面にSVSBが着いた瞬間に、パクッ!

 

 

またしても枝からラインが外れなかったので

急いでボートを近づけて

ラインを何とか外して

一瞬、テンションを緩めてしまいましたが

無事にキャッチする事ができました

201981016376.jpg

さすがスモールマウスという名前のとおり

こんな小さい口ですが

計測してみると

42センチのキレイな魚体の

グッドサイズのスモールでした

2019810163913.jpg

15時に釣れた2尾目は

尾びれが大きく、筋肉質で

スモールらしい激しいファイトで

楽しませてくれました

2019810164238.jpg

その後、近くのポイントで

スモールが回遊している姿が見えたので

進行方向にSVSBをキャストして

沈ませていると、ラインがスーッと動いたので

フッキングしてみると

一瞬だけロッドに重みが乗ったものの

すぐにバレてしまい

それからは特にチャンスも無く

16時になったので、この日の釣りを終えました。

201981020339.jpg

一日中、めちゃくちゃ天気が良く

避暑地とは思えないほどの暑さで

3リットルぐらいの水分補給しても

まだ足りないぐらいでした。

 

水位も減水傾向で

浅い場所にスモールの姿を見かける事が少なく

虫パターンでは厳しいのかなと思いながらも

一貫してやり抜いてみると

40アップが6バイトぐらいしてくれたのに

キャッチできたのは2本だけで

少し不満の残る一日でしたが

何とか釣れて良かったです!

2019810201243.jpg

もちろん、普段来ることの少ない野尻湖でも

釣りの合間に

木に絡んだラインやルアーを回収してきました!

 

虫パターンをする機会の多い夏場なので

木に絡んだPEラインや虫ルアーが目立ちますが

ボートで近づけば、1~2分で回収できるのに

めんどくさいのか

ラインがかなり長いまま、木から垂れ下がっていて

せっかく雰囲気も良く、景色もきれいな野尻湖なのに

非常に残念な光景でした。

2019810201525.jpg

そして、次の日はもっと良い釣果を期待して

温泉に入って一日の疲れを癒して

名物のしっかりコシのある

メチャクチャ美味しい信州そばを食べて

二日目に備えました。

2019810201734.jpg

 

 

使用タックル

①ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン シマノ ピットブル4 0.4号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュレボリューション 3ポンド(フロロ)〉

フック ハヤブサ フィネスワッキー #4

 

②ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-66ML MGS 

リール アブガルシア REVOロケット 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0.8号(PE)

〈リーダー サンライン FCスナイパー 8ポンド(フロロ)〉

フック ハヤブサ TNSオフセット #3

 

 

 

ヒットルアー

①ジャッカル バグドッグ 

 

②ディスタイル SVSB NS

 

 

偏光グラス

ジール、サイトマスター、SODAMON

 

 

レンタルボート店

ほとり荘さん

 

葛の葉店からの距離 約500km

所要時間 約6時間

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 「番外編」野尻湖スモールマウス釣果情報(二日目)【2018年7月26日】

 

 

 

 

野尻湖スモール釣果情報(二日目)

 

(葛の葉店) 

 

2018年726

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

今回は「番外編」ということで

7月25日(水)、26日(木)

長野県の野尻湖へ

釣りに行って来ました

 

一日目は45センチを頭に

40アップ5尾とチビの計6尾を

虫パターンをやり切って

釣る事が出来たので

二日目はさらなるビッグサイズを求めて

7時に出船です

201883164043.jpg

7時のチャイムと共に

各レンタルボート店から一斉にボートが出てきますが

目の前の弁天島を過ぎるまでは

デッドスロー走行と決められているので

行きたいポイントに一番乗りできるか

ソワソワしながら、ゆっくりと操船して

弁天島を過ぎた瞬間に

それぞれ目指すポイントへ

スロットル全開で走り出します!

僕はひとまず、前日に調子の良かった

砂間ヶ崎からチェックすることに

201883164628.jpg

二日目も朝から快晴で

日陰を狙って

ギズモを木の枝にラインを掛けて

ちょうちん釣りで

水面にピチャピチャ波紋を立てて

誘っていると、ガバァッ!

201883165118.jpg

フッキングは決まりましたが

結構、奥の方の木にラインを掛けていたので

ラインが木の枝から外れなくて

急いでボートで近寄ってみると

前日の朝には無かった

誰かが引っかけたPEラインが残されていて

それにも絡んでいたのでうまく外れなかったようでしたが

ひとまず強烈なファイトで抵抗するバスを

キャッチする事に成功しました

201883165739.jpg

ギズモをバックリ咥え込んで

猛烈なファイトで楽しませてくれた一尾目は

45センチのビッグサイズでした

201883165940.jpg

まだ7時20分ぐらいで

二日目も45センチからの

幸先の良いスタートとなりました

20188317138.jpg

木に絡んでいたラインも回収して

二日目もとりあえず砂間ヶ崎で粘る事にして

周辺を行ったり来たりしていると

20188317338.jpg

この日も水面に虫が落ちてきて

ジタバタと波紋を立てていますが

このポイントではスモールに

食われることはありませんでした

20188317522.jpg

9時ごろに一尾目のポイントに戻って

今度は青木虫のNSで探ってみると

ちょうちん釣りではなくて

スキッピングでオーバーハングの下へキャストして

水面でちょこちょこ動かしていると

横からすっ飛んできて、ガバッ!

2018831836.jpg

強烈なファイトで木の下へ入って行こうとしますが

何とか耐えていると

今度は沖の方へ走り出して、大ジャンプ!

スモールらしいトルクのある

ボート際での何回もの突っ込みに耐えて

無事にキャッチ

201883181412.jpg

口は小さいですが

サイズは44センチとナイスサイズの

スモールマウスバスでした

201883181858.jpg

全く同じポイントですが

そこに居ついているというよりも

回遊しているという感じなので

良いタイミングで入り直せて

釣り方も違ったもので釣れたので

嬉しい一尾でした

201883182919.jpg

その後、反応が無くなって

10時ぐらいになったので

栗ヶ原ワンドに移動して

探ってみると

201883183320.jpg

何匹かのスモールの群れが

浮かしていたギズモに反応して

食ってきたもののフッキングまでには至らず

201883184225.jpg

ちょうちん釣りをすると

一度、フッキングが決まったと思ったんですが

ラインが枝から外れずに

ボートで取り込みに行っている途中で

バレてしまいました

20188318451.jpg

1時間ほど栗ヶ原ワンド周辺で

粘ってみましたが

前日に比べて、プレッシャーを感じているのか

いろいろな虫系ワームを試しましたが

いまいち反応が良くなくて

難しそうな印象で

その後、移動した針ノ木ワンドでも

バスを釣る事ができませんでした

20188319929.jpg

野尻湖は周りが別荘地の所や

YMCA、カトリック教会などの施設があり

夏場には水泳やカヌーで楽しまれる人たちもいるので

何カ所かのワンドには禁猟区が設けられて

ブイの中は進入禁止になっています

20188319123.jpg

そして、昼ぐらいに水道局周辺にも

行ってみましたが

特に反応も得られず

北風が吹き始めたので

湖の北側の風裏になるポイントへ移動します

201883191421.jpg

亀石エリアに行ってみると

回遊してきたスモールはいたものの

ギズモの水面放置やちょうちん釣りでは

あと少しまで近寄って行くものの

前日みたいに食ってくれる魚がいなくて

少しパターンが変わってきているのかなと感じつつ

201883221730.jpg

プリンスワンドから菅川ワンド方面に流していると

またもやセミが落ちてきて

水面で激しく暴れていたので

写真を撮ろうかなーっと思っていたら

突然、下からスモールが浮いてきて

シュポッ!と吸い込んで、深く潜って行きました!

 

やっぱりセミを喰ってるんだと確信して

虫系ワームからセミ系ルアーの

タイニーシグレに変えて

水面で激しめに誘っていると

急にスモールが追いかけてきましたが

日陰から出てきたくないのか

すぐに戻って行ったので

201883222932.jpg

フォローで青木虫のNSを木の枝に吊るして

ちょうちん釣りで水面で激しく誘っていると、バクッ!

後ろから何匹ものスモールが追いかけてきたので

写真に撮ろうかと思いましたが

油断したら、その瞬発的な突っ込みで

切られてしまうので

慎重にドラグ調節して

丁寧にファイトして

14時前にようやく3尾目をキャッチ

20188322388.jpg

4時間半ぶりに釣れたのは

またしても40アップの

41センチのナイススモールでした

201883223950.jpg

虫よりもセミを意識した

少し激しめの動きの方が

この日は良いのかもと、この一尾で思ったので

タイニーシグレを投げながら

探っていくと

菅川ワンド周辺で

ガバッと水面を割って食ってきたのですが

一瞬、ロッドが重みが乗ったものの

上手くフッキングできていなくて

バレてしまいました

201883224336.jpg

近くに浮いていたボートも

セミ系ルアーを水面で巻いていて

一尾釣っていたので

この日は前日と違って

虫系ワームを水面で動かすと

ラインの存在の方が大きくて嫌がっていて

セミ系ルアーならラインよりも

ルアーの波動の方が大きいので

激しく動くモノの方が食ってくるのかもと考えて

もう一度、亀石エリアに戻って

セミ系ルアーのタイニーシグレを

水面でバシャバシャ動かしていると

突然、深い所から一気に浮上してきて

ガバァッ!

201883225040.jpg

今度はしっかりラインが沈んでいくのを

確認してから合わせると

フッキングに成功して、ギュンギュン下へ潜って行き

その強烈な引きに耐えていると

水面でバッシャーンと大ジャンプ!

めちゃくちゃエキサイティングなファイトで

ドキドキしましたが

無事に口をつかむことに成功しました

201883225437.jpg

タイニーシグレをバックリと咥え込んだのは

42センチのナイスサイズの

スモールマウスバスでした

20188415478.jpg

ヒレがピンッとして

真っ黒な魚体がカッコいい

4尾目の美しいスモールでした

201884154837.JPG

風も強くなってきて

ワームよりもアピールの強い

セミ系ルアーの方が良いだろうと

そのまま、亀石~金山エリアを探っていると

またもや水面でもがくように演出していた

タイニーシグレが突然、水中へ引き込まれました!

20188415520.jpg

今度もフッキングに成功して

スモール特有の強烈なファイトを楽しんで

無事にキャッチ

20188415536.jpg

またしても、ガップリと咥え込んでいて

前日の白色のタイニーシグレから

よりセミっぽいリアルなカラーに変えた事により

まさに、パターンにハマった感じの食いっぷりで

連続ヒットしたのは

41センチのグッドスモールでした

201884155643.jpg

残り1時間ほどで

そのまま、樅ヶ崎から弁天島方面へ流していきましたが

風が強く、釣り人も多かったので

なかなか攻めにくくて

201884162148.jpg

残り30分しかないので、動こうか悩みましたが

どっちみちこのまま、弁天島周辺でやっていても

満足に釣りができそうになかったので

おそらく風が吹いていると思われましたが

午前中によくスモールが回遊してたけど

食わせる事ができなかった

栗ヶ原ワンドへ移動してみることに

201884162738.jpg

予想通り、まぁまぁ風が強かったですが

その分、釣り人も少なくて

午前中にスモールが回遊していたポイントで

タイニーシグレを水面で

バシャバシャとアピールさせていると

波立つ水面の中から、ガバッ!

201884162648.jpg

グングン引いて、風が強いので

ボートの操船もなかなか難しい状態でしたが

何とか落ち着いてファイトして

キャッチできました

20188416452.jpg

15時半ぐらいに釣れた6尾目は

38センチのキレイなスモールでした

201884164617.jpg

その後も少し探ってみましたが

特に反応はなく

16時になったので、この日の釣りを終えました。

20188416485.jpg

結局、二日目は45センチ頭に

40アップ5尾と38センチの計6尾で

全て表層の虫系&セミ系ルアーで

アベレージ40センチオーバーを釣る事が出来て

大満足な一日でした☆

20188416516.jpg

今年は二日間とも天気が良く

やりたかった虫パターンと

二日目には同じ表層系でも

少し動きの異なるセミパターンで

思った通りに40アップの

スモールマウスバスを釣る事が出来て

夏の野尻湖を十分に満喫できました!

201884165524.jpg

もちろん、二日目も釣りの合間に

木に絡んだラインを回収してきました!

 

せっかく雰囲気も良く

水も空気も綺麗で

釣れるスモールマウスバスも美しい

野尻湖でいつまでも釣りができるように

自分の出したゴミぐらいは

最低限持ち帰るようにしてほしいと強く思いました!

20188417046.jpg

今回、使ったルアーはやはり

虫系に偏っていますが

写真上の5つのルアーは

木に引っかかっていたルアーです。

やはり野尻湖で効きそうな

ご当地ルアーって感じですが

ボートを木に近づけて、手を伸ばせば

簡単に届く距離にあるのに

なぜ回収しないのか不思議に感じました。

20188417659.jpg

帰りは

野尻湖といえばナウマンゾウの化石が

発見されたことで有名で

博物館もあるそうなので

いつかは行ってみたいなと写真だけ撮って

20188417951.jpg

姨捨SAに寄って、もう少し時間が遅ければ

夜景が綺麗だろうな~と思ったり

201884171122.jpg

201884171235.jpg201884171255.jpg

ほぼ新潟県というぐらい

長野県の北部に位置する野尻湖まで

片道約500キロと簡単には行ける距離ではありませんが

絶対にまた来年も行きたいと思えるほど

夏の釣り旅行を満喫して

ゆっくり安全運転で

大阪まで帰ってきました。

201884171736.jpg201884171815.jpg

 

 

 

使用タックル

 

①ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-66ML MGS 

リール ダイワ 15ルビアス 2508PEーH

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 1.0号(PE)

〈リーダー サンライン FCスナイパー 8ポンド(フロロ)〉

 

②ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0.6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3.5ポンド(フロロ)〉

フック ハヤブサ DSR132 #4

 

③ロッド リザーバー福山オリジナルロッド FSS 681L

リール シマノ 07ステラ C2000S

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 3.5ポンド

 

 

ヒットルアー

①エバーグリーン ファクト ギズモ

②バークレー 青木虫 NS

③メガバス タイニーシグレ

 

 

偏光グラス

ジール、サイトマスター、SODAMON

 

 

レンタルボート店

ほとり荘さん

 

葛の葉店からの距離 約500km

所要時間 約6時間

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 「番外編」野尻湖スモールマウス釣果情報(一日目)【2018年7月25日】

 

 

 

野尻湖スモール釣果情報(一日目)

 

(葛の葉店) 

 

2018年725

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

今回は「番外編」ということで

7月25日(水)、26日(木)

長野県の野尻湖へ

釣りに行って来ました

 

昨年は少し時期がズレて

8月上旬に行ったのですが

本来は7月頃になると虫パターンで

スモールマウスバスが釣れるようになり

そのエキサイティングなバイトシーンと

圧倒的にパワフルなスモールマウスバス特有の

強烈なファイトを味わいたくて

毎年7月下旬ごろに、年に一度

釣りに行っていて

今年は昨年よりも虫パターンで

良く釣れているという情報を聞いたので

片道約500kmの結構な長距離ですが

遠征してきました

201872816033.jpg

野尻湖はボートでの釣りの時間が

7時から16時までと決められていて

朝はゆっくりなので、時間に余裕をもって運転して

6時半ごろ野尻湖に到着して

一年ぶりでワクワクしながら7時に出船です

201872816334.jpg

昨年は台風の次の日の釣行で

小雨が時折降り、虫パターンも終盤といった感じで

何とか虫系ワームで無理やり食わせましたが

今回は虫パターン最盛期で

しかも雨の降る気配のない

朝から晴天の予報で

雨が全然降っていなくて

水質がイマイチというのだけは不安材料でしたが

虫パターンで釣りたいと思って

大阪から遠路はるばる来たので

二日間、基本的に虫パターンで押し通そうと

まずは、砂間ヶ崎から探る事に

2018728161318.jpg

水深7メートルぐらいの底なら見えるぐらい

クリアウォーターの野尻湖で

相手は目の良いスモールマウスということで

少し岸から離れた位置にボートポジションを取り

岸際の木から落ちてきた虫を演出する為に

少し高めにキャストして、ポチャンとわざと水面に音を立てて

水面で虫がもがいているようにルアーを動かしていると

スーッと水中で茶色い魚影が近づいてきますが

何かが気に入らなかったのか食わずに

周辺をウロウロ泳いでいます

2018728162441.jpg

7時なので、もうすっかり太陽が出ていて

冷水を好むスモールマウスバスなので

少しでも涼しい日陰の方が良いかなと

岸際の木の枝に青木虫のノーシンカー(NS)を

ちょうちん釣りで吊るして、水面でピチャピチャ誘っていると

突然、水面に魚体全部が見えるぐらいの

ド迫力のバイトで食ってきました!

 

ラインが枝から外れずに、吊るされたままだったので

急いでボートで近づいていくと

枝からラインが外れて、強烈なファイトが始まり

ド派手なジャンプと

ボート際に寄せてからも何度も真下に潜って行く

猛烈な突っ込みに耐えて

7時50分ごろに、一尾目をキャッチ

2018728163210.jpg

普段、近場で釣る事ができるラージマウスバスや

七色ダムや池原ダムにいるフロリダラージマウスバスなら

この口のサイズなら20センチ台のかわいいサイズぐらいですが

口の小さいスモールマウスバスなので

計測してみると

45センチのビッグサイズのスモールでした

2018728164051.jpg

ラージマウスやフロリダバスよりも大きくならない

スモールマウスバスは40センチ以上がナイスサイズで

45センチを超えてくるとビッグサイズ

50センチオーバーにもなると滅多に釣れない

特大サイズといった印象で

一尾目からヒレがピンとしたキレイな魚体の

ビッグスモールを釣る事が出来て

幸先良いスタートです

2018728164923.jpg

スモールマウスバスは基本的に

同じ場所でじっとしていることが少なく

常に回遊して泳いでいるので

同じポイントで粘って、新たな回遊が入ってくるのを待つか

自分がその回遊場所を探して、どんどん移動していくかなので

夏の野尻湖は午前中に南風が吹いて

午後からは北風が吹くことがほとんどなので

とりあえず風裏となっている砂間ヶ崎で

粘ってみる事にして、探っていると

木から落ちて来たであろうカミキリムシのような虫が

水面でもがいている姿を見て

201872817343.jpg

そのまま、虫パターンで探っていると

また青木虫のちょうちん釣りで食わせたのですが

木の枝に吊るしている分

フッキングパワーが足りていなかったのか

残念ながら、すぐにバレてしまいました

2018729144728.jpg

少し場所を移動して

栗ヶ原ワンドに行ってみると

黒い影が水中に見えたので

その進行方向の5メートルぐらい先に

浮く虫系ワームのギズモをキャストして

水面で漂わせていると、スーッと寄ってきて

何のためらいもなく、パクッ!

2018729145343.jpg

PEラインを組んでいるパワーフィネスタックルなので

まぁまぁパワーはあるのですが

スモールの引きはやっぱり強烈で

グングン引いて、楽しませてくれます☆

ボート際での急激な突っ込みにも

何度も耐えて、無事に2尾目もキャッチ

201872915140.jpg

キレイな魚体の41センチの

ナイススモールでした

201872915643.jpg

ギズモは枝に吊るすちょうちん釣りでも

引っ掛かりにくくて使いやすいですが

普通に投げて、浮かせておくだけでも

そのリアルな浮き姿勢でメチャクチャよく釣れます

201872915929.jpg

そのまま、縦ヶ崎から針ノ木ワンド方面へ

流しながら探っていると

水面に浮かべていたギズモが

チュポッと水中に引き込まれたので

合わせてみると

少し引きましたが、一瞬でキャッチ

2018729195127.jpg

よくこの小さい口に掛かったなというぐらいの

3尾目はかわいいスモールでした

2018729195246.jpg

対岸の琵琶ヶ崎の倒木のあるワンドに行ってみましたが

居ついているラージマウスバスの姿も無く

2018729195712.jpg

琵琶ヶ崎をぐるっと回って

水道局方面へ流しながら

岸際の木の枝にラインを掛けて

ちょうちん釣りをしていると

勢いよくガバッと水面に出てきて

またもやギズモが水中へ引き込まれました

201872920531.jpg

強烈に引いていきますが

かなり深い位置にラインを掛けていたので

木の枝からラインが外れず

同じ場所を擦られていると

さすがのPEラインでも切れる可能性が出てくるので

ドラグ調節でラインを出しながらも

テンションを保って

急いでエレキで近づいて

木の中に突っ込みながら

水面に出た小さな口をつかむことに成功しました

2018729201130.jpg

4尾目は丸々とした

筋肉質のキレイな魚体の

44センチのグッドサイズのスモールでした

2018729201434.jpg

40センチを超えると

ファイトもかなりトルクフルで

めちゃくちゃエキサイティングです!

2018729201726.jpg

その後、水道局周辺まで行ってみましたが

反応は得られなくて

2018729202132.jpg2018729202211.jpg

12時ぐらいで風向きも北風に変わって

強風が吹きつけるようになってきたので

湖の北側で風裏になりそうな場所を求めて

亀石エリアに移動して

セミがミンミンと激しく泣いていたので

セミパターンも試してみようと

セミ系ルアーのタイニーシグレを投げて

水面でパシャパシャ波紋を出して誘っていると

突然、2匹の黒い影が浮上してきて

ルアーの動きを止めたり、ほんの少し動かしたりして

水面に落ちたセミが

もがいているように演出してみると

チュパッ!

2018729203017.jpg

ルアーが沈んでいくのを確認してから

しっかり合わせてみると

上手くフッキングできて

グングン底の方へ引いていったと思いきや

一気に浮上してきて、水面で大ジャンプ!

バレないかドキドキしながら

慎重にファイトして、5尾目をキャッチ

2018729203458.jpg

思い通りセミパターンで食ってきたのは

またしても40アップの

43センチのナイススモールでした

2018729203632.jpg

そのまま、いつも小スモールが溜まっている

プリンスワンドに行ってみましたが

雨があまり降っていないせいか水質が悪く

魚っ気があまりありませんでした

2018729204048.jpg

菅川ワンド周辺へ移動しましたが

風も強く、ウェイクボードの引き波も大きいので

釣りにならなくて

残り2時間となる14時ぐらいには

弁天島周辺に戻ってきました

2018730152955.jpg

このポイントは各ボート屋さんの目の前にあるので

免許不要の2馬力でも一日楽しめて

風向きに応じて、島を一周回れば

どこかしらが風裏になり

回遊してくるスモールも多いので

島周りでカヌーやスタンドアップパドル(SUP)をしている人

遊覧船の航路に注意すれば

初めて野尻湖で釣りをする方にもオススメのポイントです

2018730153623.jpg

かなり浅い場所を回遊している魚体が見えたので

進行方向にある木の枝に

ギズモを吊るして、水面でピチャピチャと

波紋を立てていると

一気に近づいて行って、パクッ!

2018730215144.jpg

深さが無い分、横にガンガン走って

水面に大ジャンプして、派手なファイトに耐えていると

近くでカヌーをしていた子供たちと引率の先生が集まってきて

「魚釣れてるの初めて見た―!」って言いながら

釣り上げるまで一部始終を見られていたので

プレッシャーを感じつつも

バラす事なく、無事にキャッチできました

2018730222335.jpg

みなさんに見守られながら

釣り上げた時は拍手までしてもらった

6尾目はナイスサイズの

40センチで思い出に残る一尾となりました

2018730222456.jpg

その後、島の内側に行ってみると

以前には無かった大規模な倒木がありましたが

特にバスからの反応はなく

2018730222936.jpg

最後に樅ヶ崎周辺からボート屋さん方面へ

流してみましたが

風が強く、良い反応も得られなくて

夏の16時なのでまだまだ明るく

もっと釣りを続けたいところですが

野尻湖の規定で7~16時までと決まっているので

この日の釣りを終えました。

2018730223227.jpg

一年ぶりの野尻湖でしたが

やりたかった虫パターンで

45センチを頭に40アップ5尾とチビの

計6尾釣れたので

大満足の一日目となりました☆

2018731152127.jpg

もちろん、普段来ることの少ない野尻湖でも

釣りの合間に

木に絡んだラインを回収してきました!

虫パターンをする機会の多い夏場なので

木に絡んだPEラインが目立ちますが

ボートで近づけば、1~2分で回収できるのに

めんどくさいのか

ラインがかなり長いまま、木から垂れ下がっていて

せっかく雰囲気も良く、景色もきれいな野尻湖なのに

非常に残念な光景でした。

2018731152947.jpg

そして、次の日も晴れ予報なので

虫パターンでさらにビッグサイズが

釣れる事を考えて、ワクワクしながら

温泉に入って一日の疲れを癒して

名物のしっかりコシのある

メチャクチャ美味しい信州そばを食べて

二日目に備えました。

201873115319.jpg

 

使用タックル

①ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0.6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュウルトラ 3.5ポンド(フロロ)〉

フック ハヤブサ DSR132 #4

 

②ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-66ML MGS 

リール ダイワ 15ルビアス 2508PEーH

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 1.0号(PE)

〈リーダー サンライン FCスナイパー 8ポンド(フロロ)〉

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール ダイワ TDイグニス2506C

ライン バークレイ バニッシュウルトラ 4ポンド

 

 

ヒットルアー

①バークレー 青木虫 NS

②エバーグリーン ファクト ギズモ

③メガバス タイニーシグレ

 

 

偏光グラス

ジール、サイトマスター、SODAMON

 

 

レンタルボート店

ほとり荘さん

 

葛の葉店からの距離 約500km

所要時間 約6時間

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 「番外編」野尻湖スモールマウス釣果情報(二日目)【2017年8月10日】

 

 

野尻湖釣果情報(二日目)

 

(葛の葉店) 

 

2017年810

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

今回は「番外編」ということで

8月9日(水)、10日(木)に野尻湖へ

釣りに行って来ました

 

前日は小雨や強風で

本来やりたかった虫パターンでは

釣れなかったので、二日目は天気が良くなるという予報で

水面までアグレッシブにバイトしてくることを

願いつつ、ワクワクしながら、7時に出船です

2017814204433.JPG

まだ空はどんよりとしていますが

晴れている場所もあり

暑い一日になりそうな気配の中

まずは砂間ヶ崎周辺へ

2017814204655.JPG

前日と違って、風もなく水面も穏やかで

虫パターンには良さそうですが

結構濁りが入っていて、見えにくい状況で

水面まで出てこない感じだったので

前日に調子が良かった沈む虫系ワームの

三原虫40のノーシンカー(NS)で

エビっぽく演出してやると

すぐに答えが返ってきました

2017814205412.JPG

開始10分ぐらいで釣れた一尾目は

26センチほどでしたが、このサイズでも

スモールマウスバス特有の

強烈な引きが楽しめました

201781420569.JPG

砂間ヶ崎周辺から針の木ワンドの方へ

バスの姿を探しながらエレキで流していくと

ちょうど虫系ワームを吊るすのに良さそうな

木が張り出していて、魚の姿は見えませんでしたが

木の枝にラインを掛けて、ヤゴォォォォンで

水面をピチャピチャと波紋と音で誘っていたら

2017814211616.JPG

突然、下からガバァッ

体全体が水面に出るほどのド派手なバイトで

スモールマウスバスが喰ってきました!

 

一瞬、ビックリアワセしかけましたが

一呼吸おいて

ラインが水中に引き込まれたのを確認してから

しっかり合わせると、上手い具合に枝からラインが外れて

強烈なファイト開始です

ギュンギュン下に突っ込んで行ったかと思ったら

急浮上してきて大ジャンプ!

201781421751.JPG

透明度の高い水の中に

綺麗なトラ柄模様のスモールマウスバスの姿が

美しく、ついつい見惚れそうになりますが

油断してるとバラすので、丁寧にやりとりして

何とか無事にキャッチできました

2017814211544.JPG

計測してみると44センチのでっぷりとした

重量感のあるグッドサイズの

スモールマウスバスでした

2017814211847.JPG

そして、この魚を釣り上げたロッドは

何とかこの釣行に間に合うように作った

オリジナルロッドで、感度、操作性、軽さ、トルク

どれをとっても申し分なく、スモールの強烈な引きでも

何の不安も無く、ファイトを楽しむことができました☆

 

オリジナルロッドで釣り上げた一尾は

格別に嬉しいものでした

2017814212811.JPG

そして、岸際でパシャッとボイルしていたので

かわいいサイズかなーと思いながら

アプローチしてみると

予想通り、チビスモールが釣れました

2017814213035.JPG

その後、反応が無くなったので針の木ワンド手前の

栗ヶ原ワンドに行ってみると

ちらほらと泳いでいるスモールの姿が見えて

岸際を流していると

目の前に白い蛾か蝶のような虫が落ちてきて

水面でパチャパチャともがいていて

こういう本物ならスモールは食いつくんかなーと

写真を撮って、カメラを置くために少し目を離して

もう一度水面を見ると、今までもがいていた虫が消えていて

少し大きな波紋がモワッとなっています!

201781421418.JPG

喰われたんだと確信して、すぐに虫系ワームの

ギズモを投げてみると

下からフワーッとスモールが浮いてきて、パクッ!

ラインが沈んだのを確認してから

合わせたのにすっぽ抜けてしまい

もう一度、少し上空へ放り投げるようにして

わざと虫が落下したような着水音を出してやると

またもや下からフラ~っと浮いてきて、パクッ!

しかし、またしてもすっぽ抜けてしまい

さすがに三度目はなくて

針の木ワンドや水道局ワンドの岩の張り出しへ

移動してみるも特に反応はなく

2017814214916.JPG

少し風が強くなってきたので、琵琶島周りに移動して

風の当らない南側を探ってみましたが

人も多くプレッシャーがかかってそうなので

2017815151350.JPG

風が当たって釣りにくく、人が誰もいない

北側に行ってみると、ちょうちん釣りするのに

良さそうな木があったので

2017815151322.JPG

三原虫40を吊るして水面でピチャピチャ誘っていたら

下から二匹のスモールが浮いてきて

奪い合うようにして、パクッ!

フッキングと同時に良い感じにラインが枝から外れて

強烈なファイトが始まり

いろいろなものが沈んでいる岸際から

何も無さそうな沖の方へ誘導しながら

トルクのある引きを楽しんで、無事にキャッチ

2017815151752.JPG

ヒレのピンとしたキレイな魚体の

38センチのナイススモールでした

2017815151945.JPG

40後半ぐらいありそうな強烈な引きでしたが

やはり上がってくるまでサイズが分からない

スモールマウスバスです

2017815152659.JPG

もう一匹、見えていた魚がいたので

この島の周りを回遊しているかなと

少しこのポイントで粘っていると

今度は単体でしたが

枝に吊るしたヤゴォォォォンを

下からド派手にガバァッと襲い掛かってきました!

2017815153011.JPG

さっきよりも強烈な引きでギュンギュン下へ潜って行き

ド派手なジャンプで40センチ以上を確信して

2017815155253.JPG

数分間のファイトで、腕がダル~くなっても

最後まで気を抜かずに、慎重かつ丁寧にやり取りして

ようやく口をつかむことができました

201781515560.JPG

この位置に掛かっていたらまずバレないし

歯にラインが触れる事も無いので切れることもなさそうな

完璧な位置にフッキングできていました

2017815155730.JPG

計測してみると体高のあるでっぷりとした

美しい姿の43センチのグッドスモールでした

201781515598.JPG

またしてもオリジナルロッドで

40センチアップを釣ることができて

もうすっかり仕上がりに大満足なロッドになりました

201781516051.JPG

その後、一時間ほど、ぐるっと島周りを一周探ってみましたが

観光船が発着したり

スタンドアップパドルボードを楽しまれてる人も増えてきたので

島の東側から樅ヶ崎周辺へ流していくことに

201781516552.JPG

普段、釣っているラージマウスバスなら

岩や倒木(レイダウン)などの障害物に隠れたり

その近くにじっとして、エサを待ち伏せて

捕食することが多いですが

スモールマウスバスは障害物周りにいても

じっとしていることは少なく

ベイトフィッシュを追いかけて泳いでいたり

常に動き回っているので

回遊してきたタイミングとかでないと

こんな立派なレイダウンにもついていないことがしばしばです

201781520168.JPG

そして、前日かわいいサイズが釣れた

プリンスワンド周辺に行ってみると

この日もアグレッシブなチビスモールが

遊んでくれて4連発

2017815201915.JPG2017815202028.JPG

201781520211.JPG2017815202317.JPG

そこから松ヶ崎を回って、菅川ワンド周辺に行ってみると

おそらくボートの引き波で濁ったようなエリアがあり

ちょっと巻いてみようと

レアリススピンを投げて、クルクル巻いていると

コツンッとアタリがあり

またしてもかわいいスモールが釣れました

2017815202759.JPG

その後、風も強くなってきて

ディープも狙ってみましたがうまくいかず

残り一時間半ほど琵琶島周りで

粘ってみる事にしますが、結構なボートの数で

魚もシャローを回遊していなくて

終わりかなーと思っていたら

2017815205717.JPG

前日のように沈めていたヤゴォォォォンを

エビっぽくピュッと動かして放置していると

フッとラインが動いたので、すかさず合わせてみると

ジーッジーッとドラグ音を鳴らしながら

ラインが出ていく強烈な引きで

グングン下へ突っ込んで行くのに耐えていると

急浮上してきての大ジャンプ!

最後の一尾もエキサイティングな

ファイトで楽しませてくれました

2017815205650.JPG

残り10分に釣れてくれたのは

35センチ、キレイな魚体の

ナイスサイズのスモールでした

2017815205851.JPG

そして、終了時間の16時になったので

この日の釣りを終えました。

201781521127.JPG

一日目は水面までは出てきませんでしたが

二日目は天気も良く、本来釣りたかった

水面に派手に出てくる虫パターンでの

バイトシーンも見れて、大満足の一日でした

20178152155.JPG

野尻湖は大阪からだと片道約500kmと

頻繁に来れる距離ではありませんが

一度、スモールマウスバスの

強烈な引きを味わってしまうと

年に一度は来てみたくなる

そんな魅力的なフィールドです

201781521838.JPG

釣りだけでなく、いろいろな水辺でのアクティビティや

周りに観光名所などもあるので

夏休みなどに家族連れで訪れても

楽しめる素敵な場所だと思います。

2017815211217.jpeg

 

 

使用タックル

①ロッド オリジナルロッド FSS681L

リール シマノ 07ステラ 2000

ライン バークレイ バニッシュレボリューション 3、5ポンド

 

②ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュレボリューション 3、5ポンド(フロロ)〉

 

③ロッド エバーグリーン カレイド デジーノ マッハ S-1

リール シマノ 10ステラ C2500HGS

ライン バークレイ バニッシュレボリューション 3ポンド

 

 

 

ヒットルアー

ジャクソン ヤゴォォォォン NS

②イマカツ 三原虫40 NS

③デュオ レアリススピン30

 

 

偏光グラス

SODAMON、キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

ほとり荘さん

 

201781521204.JPG

SODAMONは関西地区での初取扱いメーカーです!

現在つりどうぐ一休葛の葉店、寝屋川店

以外では取扱い店舗はありません

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00

葛の葉店スタッフ 「番外編」野尻湖スモールマウス釣果情報(一日目)【2017年8月9日】

 

 

野尻湖釣果情報(一日目)

 

(葛の葉店) 

 

2017年8

 

 

ご覧いただいてありがとうございます!

リザーバー福山です!

 

今回は「番外編」ということで

8月9日(水)、10日(木)に野尻湖へ

釣りに行って来ました

 

7月頃になると虫パターンで

スモールマウスバスが釣れるようになり

そのエキサイティングなバイトシーンと

圧倒的にパワフルなスモールマウスバス特有の

強烈なファイトを味わいたくて

毎年7月下旬に年に一度

釣りに行くのですが、今年は

少し時期がずれて、8月になってしまい

お盆を境に一気にディープに移動して

虫パターンでは釣れにくくなってしまうので

何とかまだ可能性がある

8月上旬に行こうと決めて

片道約500kmの長野県野尻湖まで遠征してきました

2017812144027.jpeg

野尻湖はボートでの釣りの時間が

7時から16時までと決められているので

朝はゆっくりなので、時間に余裕をもって運転して

6時半ごろ野尻湖に到着して

一年ぶりでワクワクしながら7時に出船です

2017812144859.jpeg

一日目の9日は台風の次の日で

天気予報を見ていると、小雨が時折降り

午後から強風になる予報でしたので

虫パターンをするなら午前中だと

毎年、最初に行く砂間ヶ崎周辺のポイントへ行ってみます

201781214537.jpeg

しかし、いつもの夏の午前中の風向きとは反対の

北風が吹いていたこの日は

水面がかなり波立っていて

バシャバシャと波が岸際を打ち付けており

虫パターンがしづらい状況でしたので

すぐに風の影響を受けにくい

針の木ワンドへ移動することに

201781214585.jpeg

虫パターンで虫系ワームを水面で浮かしたり

枝にラインを引っかけてちょうちん釣りをしても

反応が無かったので、沈む虫系ワームの

ヤゴォォォォンのノーシンカー(NS)で

エビっぽく演出してやると

かわいいサイズが釣れました

201781217213.jpeg

虫じゃなくてエビの方が良いのかなーと

別の倒木(レイダウン)に投げていると

201781217511.jpeg

またもや小スモールが食ってきて

フッキングせずに巻いていると

真っ黒い魚体が後ろから近付いてきて

小スモールを追い回し、口から吐き出した

ヤゴォォォォンをバクッ!

横取りした瞬間にフッキングしたら

スモール特有の強烈な引きで

グングン下へ突っ込んでいきます

普段、釣りに行くリザーバーのバスも

下へ下へ突っ込んでいきますが

スモールの引きはさらに強く、しかも上がってきてからも

何度も何度も潜って行き、突っ込みに耐えていたら

今度は急に浮上してきて大ジャンプ!

非常に激しいファイトですが

時間をかけて丁寧にやり取りして

無事にキャッチできました

2017812173235.jpeg

測ってみると43センチのグッドサイズの

スモールマウスバスでした

2017812173550.jpeg

強烈な引きの為に上がってくるまで

サイズが分からず、実際に測ってみると、

「えっ!このぐらいのサイズであんなに引くん!?」と

毎回驚かしてくれます

2017812174114.JPG

針の木ワンドの奥は夏場になるとブイが設置されて

その内側は遊泳区域になり釣り禁止になるので

2017812174528.jpeg

そのブイの外側で釣りをしていると

小さいサイズながらも、やはり沈む虫系ワームに反応が良く

三原虫40のNSにパクッ!

201781217476.jpeg

少し小雨が降ったり止んだりしていて

風が湾内でも強くなってきたので

風裏になるであろう対岸の亀石周辺に移動していたら

湖の真ん中らへんから急に雨が強くなりだし

少しの距離なのに亀石に着く頃には

ビショビショになってしまったので

木の下で着替えて、少し雨宿りです

201781217531.jpeg

通り雨だったようですぐに小雨になったので

プリンスワンドにかけて流していくと

ボート桟橋の近くで、スパイテールに

ちびっ子サイズが追ってきて、パクッ!

2017812182356.jpeg

プリンスワンド内にチョロチョロと音が聞こえて

見えるか見えないかの小さい流れ込みがあり

201781218365.jpeg

小スモールが溜まっていたので

虫系ワームで二連発

2017812184915.jpeg2017812184938.jpeg

プリンスワンド最奥の流れ込みにも

かわいいサイズがたくさん溜まっていて

今度は三連発

201781218503.jpeg

2017812185239.jpeg2017812185328.jpeg

この日は曇り空で少なかったのですが

夏になるとウェイクボートを楽しむ方も来られるので

2017812185953.jpeg

その引き波が結構強いので、波が当たらなさそうな

菅川ワンドへ移動して、過去に大きなラージマウスバスが

付いているのを見かけた大きなレイダウンを攻めてみると

20178121920.jpeg201781219255.jpeg

ラージマウスバスの影は全く無く

そのかわり小スモールがかなりたくさん溜まっていたので

少しの時間ビッグサイズを狙わずに

かわいいサイズに遊んでもらい、五連発

201781220210.jpeg2017812202123.jpeg

2017812202144.jpeg2017812202212.jpeg2017812202255.jpeg

その後、かなり風が強くなってきて

沖の方では小さいヨットで楽しんでおられる方がいますが

2017812202721.jpeg

岸際は結構バシャバシャ波が打ち付けていて

難しいかなーと思いつつも

朝一の砂間ヶ崎のポイントに戻ってきて

2017812202747.jpeg

岸に寄せられたワカサギやエビを追いかけて

スモールも岸に寄っているかもと思い

三原虫40のNSを沈めて、ピュッピュッと動かして

止めていると、ロッドに少し違和感を感じたので

ラインをきいてみると生命感があったので

合わせてみると、グングン引いていきます

 

浅瀬で杭や底にオダのようなものがあったので

少し沖の方へ誘導して、猛烈な突っ込みと

ド派手で重量感のあるジャンプに耐えて

数分間のファイトで、腕がダル~くなってきますが

魚の姿が見えて、結構良い型でしたので

ゆっくり慎重にやりとりして

無事にキャッチすることに成功しました

2017812204025.jpeg

体高のあるキレイな姿をした45センチの

ビッグサイズのスモールマウスバスでした

2017812204322.jpeg

グングン引いて、ものすごく強烈なファイトで

大満足の一尾でした

2017812204627.JPG

14時過ぎで残り2時間弱をボート屋さんの

近くの琵琶島周辺で探ってみる事にして

まずは北風の当たらない南側に行くと

結構レンタルボートが集まっていますが

沖の方に浮いていたので、一番岸際に行ってみると

目の前でボイルが起こり、すぐに投げてみると

かわいいサイズが釣れて

201781220549.jpeg

そこから北側へエレキで流しながら

岸際を見ていると、スーッと魚が泳いだ気がしたので

進行方向のかなり先に三原虫40を投げて

放置していると、ラインに違和感を感じたので

すかさず合わせてみると、グングン強烈な引きで

岸際の木に巻かれないように沖に誘導して

ひたすら耐えて、ファイトを楽しんで

キャッチすることができました

201781221713.jpeg

この日3尾目となる40センチアップの

42センチのグッドスモールでした

201781221814.jpeg

その後、残り30分ほどで琵琶島を一周して

探ってみますが特に反応が無く

2017812211035.jpeg

16時になったので、この日の釣りを終えました。

 

台風の次の日という事もあり

水質も若干濁っていて、小雨や強風で

本来釣りたかった虫パターンでは反応がありませんでしたが

同じ虫系ワームでも沈めて使って

エビっぽく誘ってやると、反応が良くなることが分かり

かわいいサイズが多数を占めましたが

17尾も釣れて楽しめました

2017812211522.jpeg

50センチ以上のスモールマウスバスが釣れる事は稀で

40センチ以上が釣れればひとまず

満足できるかなという感じなので

40センチアップが三尾で

そのうち45センチが一尾釣れたことで

大満足な一日でした!

 

本当に上がってくるまでサイズが分からず

ラージマウスバスよりもプラス10センチ以上の感覚の

強烈な引きが楽しめるのが

スモールマウスバスの魅力の一つです

2017812213812.jpeg

そして、次の日は晴れ予報なので

虫パターンで釣れるかワクワクしながら

温泉に入って、名物の信州そばを食べて

二日目に備えました。

201781221478.jpeg

 

使用タックル

①ロッド メガバス F1-66ZKS 霧雨リミテッド

リール シマノ 07ステラ 2000S

ライン デュエル スーパーエックスワイヤー4 0、6号(PE)

〈リーダー バークレイ バニッシュレボリューション 3、5ポンド(フロロ)〉

 

ロッド アブガルシア ファンタジスタ FDNS-61L MGS 

リール アブガルシア REVO NEOS DEEZ

ライン バークレイ バニッシュレボリューション 4ポンド

 

 

ヒットルアー

①イマカツ 三原虫40 NS

ジャクソン ヤゴォォォォン NS

②ジャッカル スパイテール 70SS

 

 

偏光グラス

SODAMON、キラーループ、サイトマスター

 

 

レンタルボート店

スピンネーカーさん

 

201781222023.JPG

SODAMONは関西地区での初取扱いメーカーです!

現在つりどうぐ一休葛の葉店、寝屋川店

以外では取扱い店舗はありません

 

葛の葉店にお越しの際は、お気軽にお声掛けください!

 

 

葛の葉店  営業時間

 

平日・土曜・祝日 PM12:00~PM11:00

 

日曜 AM10:00~PM10:00