ホーム>四国パラダイス

四国パラダイス

四国パラダイス カテゴリー別リンク

最新記事:四国パラダイス 高知県 穴内川ダム 2017年10月19日 更新

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

【カテゴリー】
早明浦ダム 記事:2 (最終更新日 2017年 9月6日)
永瀬ダム 記事:7 (最終更新日 2017年 9月28日)

杉田ダム 記事:1 (最終更新日 2017年 9月21日)
穴内川ダム 記事:4 (最終更新日 2017年 10月19日)
大渡ダム 記事:1 (最終更新日 2017年 6月29日)
特別編 琵琶湖  記事:4 (最終更新日 2017年 9月8日)
特別編 アカメ  記事:1 (最終更新日 2017年 9月3日)

番外編 記事:1 (最終更新日 2017年 8月11日)
アジング編 記事:1 (最終更新日 2017年 10月4日)
エギング編 記事:1 (最終更新日 2017年 10月12日)
水中アクション動画 記事:3 (最終更新日 2017年 8月18日)

*動画一覧ページはコチラ

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

最新記事はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【四国パラダイス】 高知県 穴内川ダム 【2017年10月16日】

201762919585.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

前回、苦戦を強いられた…

【高知県 穴内川ダム】

前回より数mの増水。
20171019124917.JPG

冷たい雨、増水、クリアアップ…
苦戦する要素は数多く見つかりますが、
逆に考えてローライトで高活性、増水でカバー増加など希望的観測で望みます。
今回はディープの釣りを意識したタックルを用意して出船。
しかし、やはり思い通りに行かないのが秋の穴内川ダムです。

 

2017年10月16日(月)

ポイント:スロープ~本湖中流
天気:雨
水温:20.0℃
使用ルアー:田内→マイティーママ(キャロライナリグ) NAOTO→ダウズスイマー220SF
●AM7:00~AM11:30

初日釣行のタイムリミットはお昼の12時。
前回、爆釣を目撃したアウトサイド岩盤を終着点とし
釣り上がって行きます。
まずは比較的浅いレンジを探りつつ進みますが、反応はありません。
スピナーベイトで流しつつ、岬でキャロライナリグを投入します。
冬に良く釣れる赤土+岩盤の岬。
冬と同じレンジまで探っていくと、ファーストバイトが!
しかし、周辺に立木があった様でそのまま巻かれてバラしてしまいます。

時間が限られている為、あまり粘らず進みます。
スピナーベイト・ジャークベイト・クランクベイト・フットボールジグ…
リアクション要素が強く、且つ深いレンジの魚にアピールできるルアーで
ひたすら探り続けますが、全く反応が得られません。

ふと流れ込みが目に入ります。
雨により流入量が増えているので、とりあえず見てみる事に。
流れ込みにゴミ溜まりが出来ていたので、
NAOTOはラバージグへと持ち替えます。
ゴミ溜まりに打ち込んでいくNAOTO…
「喰った!」
しかし、フッキング前に吐き出した様子です。
そして痛恨の根掛り…。
回収に向かうと数匹のバスと無数のベイトフィッシュが見えました…。
シャローでベイトを探す展開なのか?
ディープを狙うと決めていたのですが、心が揺れます…。

そして再び岬周辺へ辿りつき、
深いレンジまでマイティーママを送り込みます。

*マイティーママの水中アクション動画でもご紹介している
爪無しチューンで使っています。

すると、待望のバイトが!
しっかりフッキングしてファーストフィッシュをゲット

20171019132151.JPG

何とか1匹…。
思ったよりディープの反応が悪い様です。
連日の雨?増水の影響?
全く定まりません。
そして僕の、ディープ狙いの意思を打ち砕く出来事が…

とあるワンドの何て事は無い小さなカバー。
そこで…

20171019132649.JPG

巻き始めて直ぐのバイトだった様で、
もはやシャローゲームなのでは…?

しかし、ブレてはいけないと
前回の爆釣目撃ポイントまでは
ディープ狙いを続けます。

バクラトスイマー・フットボールジグ・ダウンショット…
10m前後を意識しますが、目線はシャローです(笑)
そして遂に到着した折り返し地点。
ディープの反応は皆無!
ダウズスイマーにはチェイス!

苦悩の末にディープを諦めます。

しかし、タックルボックスにはディープに狙いを絞ったルアーばかり。
漁っているとバズベイトを発見!
これは何かが起こる予感です!

…………はい、その後はノーバイトでした。
試行錯誤しながら移動しますが、気付けばスロープです。
そして最後にスロープ横の流入河川へ入ります。
最上流部には魚の姿がありません。
引き返す道中、ダウズスイマーに襲いかかる影が…。
惜しくもフッキングには至りませんでしたが、
ダウズスイマーの力を思い知らされた1日となりました。

20171019173943.jpg

結果、2人で2匹…。
更に厳しい釣果となりましたが、リベンジを誓い、
フィールドを後にします。

翌日はエギングへ!
高知県を西へ西へと向かいます。

【四国パラダイス】 兵庫県 淡路島 北淡周辺 アジング&エギング 【2017年10月10日】

今回も関西エリアでのソルトウォーターフィッシング…
淡路島でアジング&エギングです。

20171011132734.JPG

直前までアジングに行くか、エギングに行くか悩んだ挙句、
いっそどちらも出来る場所へ向かおうと…。
選んだフィールドは淡路島
エリアは北淡周辺なので寝屋川店からでも以外に近いです。

例年、この時期に豆アジパラダイスと化しているのですが…
果たして今年はどうなのでしょうか?

20171011164125.JPG

夜中にポイントへと到着!
午前3時頃まで潮が動いている様なので、
それまでに何とか釣果を出したいものです。

とりあえず、準備前に常夜灯の下を覗くと…
右にも左にも豆アジがワラワラと泳いでいます。
例年通りの様子です。
もはやターゲットは豆アジに絞っているので、
「ベイトブレス ニードル2.5インチ」

「アルカジックジャパン ジャックアッパーNANO 0.4g」

で探っていきます。

1投目、カウントダウンでレンジを探ります。
約7秒でフォールが止まり、テンションが抜けるアタリが!
メインターゲットの豆アジをゲットします。

20171011133039.JPG

2投目、7秒までフォールさせていきます。
バイトレンジは7秒…ではなく7秒以降でした。
7秒を過ぎた辺りからバイトが劇的に増えます。
ワームがズレない限り、バイトが続きます。

20171011133458.JPG

豆アジパラダイスですね。
5投連続で同じサイズをゲット。
その後もバイトが続きます。
時折、シーバスアオリイカが回遊してきますが、
そんな事はお構いなしに釣れてくれます。

ここで試しにカラーローテーションをすると、
バイトはありますが頻度が落ちます。
最初に選んだカラーがこの日のアジ好みだった様です。

201710111761.JPG
(一番上が反応良好でした。)
ちなみに一番上だけUV発光カラーです。
虫が集まる常夜灯は微量ながら紫外線を出しているらしいのですが…
何か関係があるのでしょうか??
偶然ですかね…。

さて、続いてはエギングです!
アジが多い事と、アオリイカらしき影が見えていた為に期待大です。
まずは沖へ向けてキャスト…
10秒ほどで着底。
4~5回シャクり、テンションフォールを繰り返します。
足元まで探りますが反応がありません。
ここで回収…ではなく、足元で一旦ボトムまでフォールさせます。
そして表層付近まで連続でシャクリ上げ、
エギが目視出来る所で再びテンションフォールさせると、
エギが逆方向へスライドしていきます。
まさかの1投目からの反応で焦って合わせてしまい…
一瞬重さを感じましたが、バラしてしまいます。

更に数投後に今度はエギを追いかけて来るアオリイカの姿が!
こちらも同じく、足元からのシャクリ上げで追いかけてきますが…
何度もエギを触るものの、抱くには至りません。

追いかけてくるイカのサイズが小さかったので、
今度は沖のボトムを重点的に探ります。
すると、のっしりとした重量感が!
しっかり合わせて、一気に抜き上げます!

20171011162540.JPG

………コウイカさんのご登場です(笑)
個人的には好きなイカなのです。
短い足が愛嬌があるのと、食べても美味しいです。
でも本命はあくまでアオリイカ…。

少し移動して今度は漁港の出入口へ。
こちらは潮の流れがあり、釣れそうな雰囲気満載です!
沖向きから徐々に港湾内へ輪切りにしつつ探っていくと、
小さな違和感を感じます。
半信半疑で合わせると、中々の重量とジェット噴射を感じます!
これは本命と確信し、慎重に寄せて…

20171011163450.JPG

この時期にしては良いサイズかと。
今シーズン初のアオリイカゲットです!
そして更に追加を目論んでいると…

2017101116377.JPG

再びコウイカさんがご登場!
ここで潮が止まり、エギングを終了。

最後は再び豆アジを楽しんで、

20171011163855.JPG

この日の釣りを終えました。
結果…アオリイカ1杯、コウイカ2杯、豆アジ多数!
3時間でこれだけ楽しめる淡路島のポテンシャルは…
素晴らしいですね。

秋はアジング・エギング入門に最適です。
手軽に狙えて、何より美味しい!
もちろん、リザーバー福山が釣っていた太刀魚の風物詩ですね。

(リザーバー福山ブログはコチラ)

是非、狙ってみてはいかがですか?

 

20171011171741.JPG

【タックルデータ】
ロッド:がまかつ ラグゼコーストラインAJ S610ML-Solid.F
リール:ダイワ 07ルビアス 2004
ライン:ダイワ 月下美人 Type-E 2lb
ワーム:ベイトブレス ニードル2.5 / 2
ジグヘッド:アルカジックジャパン ジャックアッパーNAO 0.4g

 

【タックルデータ】
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント 72/C Ⅱ
リール:ダイワ 07ルビアス 2004
ライン:サンライン PE-EGI ULT 0.6号 / トルネード松田SP競技 ブラックストリーム 2号
エギ:デュエル アオリーQ 2.5号
 

【四国パラダイス】 ジャッカル ダウズスイマー220SF 水中アクション動画 (番外編)

201775202121.JPG

 

久しぶりの水中アクション動画です!

今回の更新は…
「ジャッカル ダウズスイマー220SF」
  です!

永瀬ダムにて撮影。
ちなみに、番外編は完全不定期更新となりますが、
四国パラダイスにて登場する可能性が高いルアー・ワームを中心に
水中アクションを撮って行ければと考えております。

このルアーは、発売後よりNAOTOが愛用しています。
なんでも、動画で見て欲しくなったとか…。
立木を見ればダウズスイマー
流れ込みを見ればダウズスイマー
ゴミ溜りを見ればダウズスイマー!?

どのフィールドに行くにしても、高確率で結ばれているこのルアー…
せっかくなので動画撮影をしてみました。

「S字で寄せて、ダートで食わす。」
今回は特にアクションを加えた際を重点的に撮影しています。

それでは水中アクションをどうぞ。

 

そして、遂にダウズスイマーでのファーストフィッシュを釣り上げた様です!
リザーバーバックウォーターでのオカッパリにて…

2017106135338.JPG

彼のビッグルアーローテーションに新たな仲間が加わりました。

次の更新は…
何になるのでしょうか…(笑)
どのルアーになるのかは完全に未定です!

またご視聴頂けると幸いです!

これから徐々に寒くなります!
朝夕は冷え込む事もあるので防寒対策をお忘れなく。

【四国パラダイス】 大阪湾 阪南 アジング 【2017年10月1日】

今回は阪南方面でのアジングです。

葛の葉店スタッフの釣果情報が楽しそうな事になっていたので、
僕も久しぶりにアジを狙いに行きました。
(葛の葉店 ライトソルト釣果情報はコチラ)

事前情報ではアジのサイズが小さいとの事だったので、
0.4g~0.8gのジグヘッド単体を快適に使える様にラインを変更…。

201710413475.JPG

普段はPEラインをメインに使うのですが、今回はエステルラインを選択!
準備万端で釣り場へ向かいます。

この日は葛の葉店スタッフ3名もアジングに行くと言う事で現地で合流します。

そして定番の常夜灯下で釣りを開始!

表層からカウントダウンでレンジを探しますが…
思った様にアタリが得られません。
アクションを加えたり、ジグヘッドの重さを変えたりと試しますが、
何とも喰いが渋い様子です。
ならばワームを変更しようとしますが…
手元には2.5インチのワームしかありません。
とりあえず、大きめのワームも試そうと「ベイトブレス ニードル2.5インチ」をセット。
これで反応が変わる!?なんて事はなく、変わらずの激渋です(笑)
少し移動し、潮通しの良い漁港の外側を探ります。

沖には潮目があり、僅かながら流れが発生している様子…。
まずは先ほどと同様に表層からボトムまで沈めますが、反応なし。
続いて表層で細かいシェイクを入れつつリトリーブし、
その後、数秒カーブフォールさせるアクションを試すと待望のアタリが!

しかしサイズが小さいのか上手くフッキングしません。
同じアクションを続けるとポツポツとアタリが続きます。
そして遂にフッキングに成功し抜き上げてラインを掴んだ瞬間、
ポロッと外れて海へと帰るアジ…。

気を取り直してキャストを続けます。
そして…

2017104134744.JPG

無事にアジをゲット!
その後も反応はありますが、どうも上手くフッキング出来ていない様で
抜き上げた後にポロッポロッと海へお帰りになられます。

ここで全体的に反応が乏しい為、ポイントを移動することにします。

続いてのポイントでは、常夜灯周りにアジの群れが泳いでいます。
10cm前後の小アジがワラワラと泳いでいます。
「群れの下にいる一回り大きいサイズを狙う。」なんて言いたいのですが、
僕は見えてる魚を狙ってしまうタイプなので、リグを表層仕様にチェンジ。
ワームはそのままの「ベイトブレス ニードル2.5インチ」
そこに「アルカジックジャパン フォローショットL」をセットします。
ジグヘッドは0.6gを使用。
このセッティングだと、沈下速度が遅くなるので
表層のアジにじっくりワームを見せる事が出来ます。
これが良かった…のかは分かりませんが、
数投に1回程度のアタリが持続し、何とか4匹釣り上げる事が出来ました。
実は途中にスプリットショットリグでボトム付近も試したのですが、
こちらはアタリが無く10分程で心が折れました(笑)
途中、ダブルヒットなどもあり、厳しいながらアジングを楽しみました。

2017104134829.JPG

アジが暴れてブレまくってますが…(笑)
アジングも楽しい時期です!
入門にも最適なので是非、この季節から始めてみては如何でしょうか?
楽しかったので、また時間がある時に行きたいと思います!

 

【タックルデータ】
ロッド:がまかつ ラグゼコーストラインAJ S610ML-Solid.F
リール:ダイワ 07ルビアス 2004
ライン:ダイワ 月下美人 Type-E 2lb
ワーム:34 オクトパス & ベイトブレス ニードル2.5
ジグヘッド:アルカジックジャパン ジャックアッパーNAO 0.6g~0.8g
その他:アルカジックジャパン フォローショットL

201710413493.JPG

【四国パラダイス】 高知県 穴内川ダム チャレンジ企画「ベイトタックルでワームのみ」 【2017年9月26日】

201762919585.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

NAOTO持ち込みチャレンジ企画!

2日目「ベイトタックルでワームのみ」
 

2日目のフィールドは、
【高知県 穴内川ダム】


前回は超クリアアップにより大苦戦したフィールド…
何とかフィネスで釣り上げる事が出来ましたが、
今回はベイトタックルのみ。
苦戦する予感しかしません(笑)

2017930122642.JPG

前回よりは増水しています。
こちらも台風の影響で貯水率は上がっていますが、、
相変わらずクリアウォーターです。
ですが、前回との大きな違いが…。
水の流れが殆んど発生していない支流の奥にアオコが発生。
本湖側はアオコが無くクリアなので本湖から探ります。

 

2017年9月26日(火)

ポイント:スロープ~本湖合流
天気:晴れ
水温:21.5℃
使用ルアー:田内→スイングインパクト3.5インチ(キャロライナリグ) NAOTO→スタッガーワイド3.3インチ(フリーリグ)
●AM8:00~AM10:00

ちょっとしたトラブルで出船が遅れ、朝の8時からスタート。
既に2艇の船が出船しております。
まずはスロープ近くの本流と合流する岬。
シャローから徐々に深いレンジまで落としていきます。
すると早速NAOTOにバイトが出ます。
しかし、1回目のバイトは直ぐに吐き出されてしまいますが、
そのまま探り続けると、再びバイト!
今度はフッキング成功!

2017930123733.JPG

幸先の良いスタートです。
しかし、同じく岬周りや岩盤エリアを探っていきますが、
反応が続きません。
横の動き・縦の動きを試しつつ、魚のレンジを探します。

しばらくすると立木エリアに到着します。
枝に絡めながら横に探るものの、反応無し。
と、ここでNAOTOがファットイカをセットします。
立木沿いにスローフォールさせると…
ラインが横に走ります。
すかさずフッキングし、2匹目をゲット!

201793012440.JPG

更にバックウォーターまで船を進めていきます。

 

2017年9月26日(火)

ポイント:本湖合流~バックウォーター
天気:晴れ
水温:22.5℃
使用ルアー:田内→スイングインパクト3.5インチ(キャロライナリグ) NAOTO→カットテール3.5インチ(ダウンショットリグ)
●AM10:00~PM1:00

ここからしばらく反応が無くなります。
と言うより、1時間1回くらいのバイトはありますが、
フッキングに至らずです。
先にNAOTOが釣った2匹は
比較的シャローエリアで釣れています。

なので、キャロライナリグを岸際にキャストしズル引くと、
小さなバイトが…。
一瞬??で合わせが遅れましたが、
フッキングに成功!
もしかすると、遅れたのが良かったのかもしれません(笑)

201793013839.JPG

僕にもやっと1匹が来てくれました。
そしてNAOTOのカットテール3.5インチに!

2017930134635.JPG

しかし、時刻はお昼です。
やはり厳しい展開です…。

そしてバックウォーターまで上がりますが、魚の気配がありません。
道中に別の船がダムの真ん中付近で爆釣していました…。
沖にボートポジションを取り、更に沖向いてキャスト。
何かあるのでしょうか??

 

2017年9月26日(火)

ポイント:バックウォーター~中流域
天気:晴れ
水温:22.0℃
使用ルアー:田内→マットワグ2.5インチ(キャロライナリグ) NAOTO→カットテール3.5インチ(ダウンショットリグ)
●PM1:00~PM3:00

最上流まで見に行きましたが、
上流域に魚の気配を感じません…。
再び釣り下って行きます。

あまりの釣れなさにNAOTOから提案。
この日の為に用意していた秘密兵器…。
スピニングタックルが使えないので諦めていたワーム…。
それをキャロライナリグにセットしてみては?と。

太いラインでフィネスなワームを使うことに抵抗がありましたが、
物は試しだ!と言う事で、悪魔のワームをセットします。

「ケイテック マットワグ2.5インチ」

悪魔のワームとは、悪魔の様に釣れる…はもちろんですが、
一度手に取ると、手放せなくなる所から来ています。
後者の意味合いが強いですね(笑)

気付けば、先ほど別の船が爆釣していたポイント周辺。
すれ違う数十分だけで4~5本ほど掛けていたので、
かなりバスが溜まるポイントがあるのかと思います。
せっかくなので、魚探でどのような変化になっているのか、

勉強タイムです。

まずは対岸から見ていきます。
対岸は何の変哲も無い岬です。
他より少し沖まで緩やかに張り出している印象で、
その他は大きな特徴がありません。

そして爆釣していたポイント付近…。
結構、沖にポジションを取っていましたが、
水深13m…。
スーパーディープ…。
周りも見ていくと、こんな感じになりました。
(*手書きで見づらいのはご了承ください。)

2017930142645.JPG

対岸から伸びた岬の最もディープな場所を狙っていたのでしょうか?
それとも見逃した地形変化やストラクチャーがあるのでしょうか?
秋のリザーバーは良く分かりません!
シャローと冬の釣り以外は経験値が足りていません…。
今度、つりどうぐ一休で一番のリザーバーマスター、
「リザーバー福山先生」に聞いてみます。

さて、実際に釣りをしてみます。
まずは対岸の岬、4m付近から…。
さすがは悪魔のワーム、いきなりヒット!

2017930134512.JPG

続いては、13m付近を探ります。
しかし、反応は無し…。
13mから9mまで変化するアウトサイド側を探ると、

2017930134857.JPG

確かに釣れます。
しかし、これは「悪魔のワーム」の力なのか?
ポイントの良さなのか?判断が難しいです。

NAOTOは立木らしきポイントでヒット!

2017930135049.JPG

他のポイントより魚影が濃い事は確かな様です。
何より、シャローに魚の姿が見られます。
根掛り回収で岸に寄った際に、良いサイズが数匹ウロウロと…。
残念ながら、食わせる事は出来ませんでしたが、

勉強になるポイントでした。
もっと色々と試したかったのですが、
終了時刻が迫ってきているのでスロープへ向かいます。

 

2017年9月26日(火)

ポイント:バックウォーター~中流域
天気:晴れ
水温:21.0℃
使用ルアー:田内→マットワグ2.5インチ(キャロライナリグ) NAOTO→ファットイカ(ノーシンカーリグ)
●PM3:00~PM5:00

そして、最後に攻めるポイントはやはり…
前々回に50cmUPを釣り上げた立木エリア!

もはやあの釣果が夢の様に感じてしまいますが…(笑)

僕は2度目のお昼ご飯を食べながら、
ファットイカを投げるNAOTOを見ていると、
徐にフッキング!
枝に巻かれない様に一気に寄せてキャッチ

201793014232.JPG

更にもうワンバイトありましたが、
そちらはフッキングに至らず。
この魚を最後に釣りを終了しました。

結果、2人で8匹!
今回も厳しい展開でしたが、勉強になる所もありました。
秋になり、ここ最近は不甲斐ない結果ばかりですが…
10月にリベンジ出来ればなと。

そして、ここまではバス釣りばかりで更新してきましたが、
秋が深まるとシーバス・アオリイカ・アジ・青物など…
海の幸もハイシーズンを迎えます!
何より食べたいです…。
四国はバスだけでなく、海の対象魚もパラダイス(のハズ)
こちらも狙っていこうと思います。

更に、大阪湾での釣果も時折アップ出来れば…
そう考えております。
次回の四国は10月中旬予定です。


 

【四国パラダイス】 高知県 永瀬ダム チャレンジ企画「ベイトタックルでハードプラグのみ」 【2017年9月25日】

201762919585.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

今回のチャレンジ企画はNAOTOが決めます。

1日目「ベイトタックルでハードプラグのみ」
2日目「ベイトタックルでワームのみ」
 

1日目のフィールドはお馴染みの
【高知県 永瀬ダム】


1週間前に台風が通過し、貯水率が回復しましたが、
その後、放水を繰り返している様で
徐々に水位が下がり始めていました。

201792714910.JPG

本湖の水は完全回復とはいかず、
薄く白濁り状態です。

そして、季節は完全に
あまり、秋に船を出した事がありません…。
「秋は巻き物」なんて言いますが、個人的にあまり経験もありません。
そんな中のハードベイト縛りなので、まずは巻きからスタートします。

2017927141159.JPG

表層から6mダイバーまで出来る限り全域を探れる様にセット。
地獄の様な1日が始まります(笑)

2017927142355.JPG
 

 

2017年9月25日(月)

ポイント:スロープ~上韮生川
天気:晴れ
水温:19.8℃
使用ルアー:田内→フューリー NAOTO→シャワーブローズ & ジョイントギル
●AM6:00~AM8:00

この日は午後3時までしか釣りが出来なかったので早めの出船。
朝の6時に準備が完了しますが、
さすがは田舎です…。
驚くほど寒いです(笑)

道中に設置された気温計は13度と表示…。
しかし、水の中はテンションが高めなのか、
時折ボイルが見られます。
まずは浅いレンジから探ります。

スロープから出発して間もなく、NAOTOのルアーに反応が出ます!
岸際にキャストしたシャワーブローズにバイト!
しかし、フッキングには至りません。
幸先は良い様に思いますが…。

そして、しばらく流していきます。
ボイルは定期的に見られますが、
バスのチェイスが無く、反応も乏しいです。
何だか、違和感を感じますが…。

そして、NAOTOにファーストフィッシュがヒットします。
ルアーはジョイントギル
ヒットした瞬間より魚がクルクル回っています…。

2017927143817.JPG

正体はイダです…。
いわゆるウグイですかね?
高知県ではイダと呼ばれているみたいです。
ボイルの正体はコレでしょうか?

この魚が釣れると何だか冬を感じてしまいます。
冬のリザーバー名物?低水温時には
貴重なターゲットとなります(笑)

朝の8時頃にようやく太陽が当たり始め、
体が冷え切っていた為、しばらく日向ぼっこし
再びバックウォーターへと向かいます。

 

2017年9月25日(月)

ポイント:上韮生川
天気:晴れ
水温:19.8℃・バックウォーター:17.0℃
使用ルアー:田内→ディープショット & レアリススピンベイト80 NAOTO→D-ZONE & ジョイントギル
●AM8:00~AM11:00

そしてバックウォーターへ到着!
水温も下がり17度前後ですが、ゴミ溜まりでボイルが発生しています。
しかし、魚の姿が見えません…。
もちろんルアーにも反応無し。

またしてもイダに翻弄されているのでしょうか?
そして、謎の船…。

201792721235.JPG

これ、万が一ワイヤーが切れて勝手に流れ始めたら…
怖い事になりそうですね。
にしても何の為の船なんでしょうか?

下り始める頃には太陽が出始め、
気温が上がり始めます。
寒い寒いと言っていたのも束の間、
太陽が出ると気温がグングン上昇し、
10時を過ぎる頃には暑くなってきます。
予想最高気温は29度…。
13度から29度って…体が耐えれません。

ビッグベイト・スピナーベイト・シャロークランク・ディープクランク
あらゆるルアーをローテーションしますが、
一向に反応がありません。
出船時にはガンガン放水していたハズが、
それも8時には放水量0t/sになり
完全に停止…。

上韮生川へ流れ込む支流にて
沢山のベイトフィッシュと1匹のバスを目撃し、
テンションだけは上がりますが、
ヒットには至らずです。

あまりにも水がキレイだったので、
ダウズスイマーホグホグホッグ水中アクションを撮影(笑)
こちらは後日、水中アクション動画にて更新します。

 

2017年9月25日(月)

ポイント:上韮生川
天気:晴れ
水温:19.8℃・バックウォーター:17.0℃
使用ルアー:田内→レアリススピンベイト80 NAOTO→D-ZONE
●AM11:00~PM1:00

昼前になると汗ばむ暑さ…。
睡眠不足と寒暖差で体調に異変が訪れます。
僕は激しい睡魔によりダウン。
ダウンの直前、薄れゆく意識の中で…

2017927211435.JPG

NAOTOが苦戦の末にバスをゲット!
僕の記憶には殆んど残っていません。

そして時間は30分ほど経過し…
起床すると、今度は体調不良。
風邪ですかね…。
しばらく釣りをせずに休憩し、
スマホを確認すると見慣れない写真が…。

2017927211722.JPG

寝ている間にもう一匹釣り上げた様です。
僕はこの時点でまだ魚を釣っていません…。

何とか体調不良から回復し、釣りを再開…。
残り時間は2時間前後ですが、
ここで遂に待望のバイトが訪れます!
レアリススピンベイト80を垂直岩盤へキャストし、
リトリーブを開始すると引っ手繰りバイト!
絶対にバラすまいと、慎重に寄せますが…
何かがオカシイです。

そう、ヤツです…。

2017927212148.JPG

もはや、イダでも良いです。
十分に嬉しいです。
魚がヒットしただけで感謝です(笑)

 

2017年9月25日(月)

ポイント:スロープ~物部川
天気:晴れ
水温:20.5℃
使用ルアー:田内→レアリスクランクG87 20A NAOTO→D-ZONE
●PM1:00~PM3:00

そして残りの時間で違う川筋を見に行きます。

2017927213236.JPG

ディープクランクに反応が良いポイント。
今回、僕のレアリスクランクG87 20Aにナイスサイズがチェイスしてきますが、
寸前でUターンしてしまいました。
浅いレンジの魚が急浮上するルアーに反応したのでしょうか?

6mダイバーでボート際までチェイスがあったのは初めてです。

2017927213451.JPG

こちらは取水塔。
NAOTOのDフロッグ回収時に猛スピードでバスが追いかけてきますが…
バイトには至りませんでした。

201792721399.JPG

魚の写真が無いので、景色の写真を…(笑)
結局、その後は釣り上げる事が出来ずです。

結果、NAOTOが2匹!
(あとイダが1匹ずつ)

非常に厳しい結果となりました…。
永瀬ダム、歴代で1、2を争う悪い結果かと。
縛りとは言え、僕は全く何も掴めずに終えてしまいました。
普段の釣りで釣れない状況になると、
手も足も出ない、対応力の低さを思い知らされました。

2日目は「ベイトタックルでワームのみ」
ハードプラグより優しく感じますが、
何だか不安を感じます…。

 

【四国パラダイス】 高知県 杉田ダム 【2017年9月13日】

201762919585.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

最終日は杉田ダム!

四国パラダイスでは初登場となるリザーバー!
【高知県 杉田ダム】

良く登場する永瀬ダムの下流にある杉田ダム…
川の原型を残した1本筋のダムです。
オーバーハングが多く、満水時には岸際までキャスト出来なくなるのですが、
今回は減水傾向と言う事で久しぶりに訪れました。
良く釣り人を見かけるこのフィールド、この日も既に2艇が出船している様子…。
更に僕たちの後からも釣り人が訪れていました。
何故か人気がある様です…。

 

つりどうぐ一休 寝屋川店よりYahoo地図にてルート検索すると…
有料道路優先で321km  所要時間は4時間28分

過去を振り返ると、苦戦した思い出しか無いような気がしますが…
果たして?

 

2017年9月13日(水)

ポイント:スロープ~上流
天気:晴れ
水温:25.0℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(10gテキサスリグ) NAOTO→カットテール3.5インチ(ノーシンカーワッキーリグ)
●AM7:00~AM9:00

2017921125428.JPG

スロープから対岸を撮影…。
朝一に右側のカバーでボイルが起こり、
テキサスリグをキャストするとバイトが出るものの…
残念ながらフッキングミス。
気を取り直して出船します。

スロープは中流に位置しているので、
上流へ向けて船を進めていきます。

先行者の2艇も上流へ向かった様なので、後を追いかける形になります。
ビッグベイトで広範囲をサーチしつつ、
要所要所でテキサスリグを撃っていきます。

このダムは何故かビッグベイトへのチェイスが多く、
甘噛みが多発するのですが、
今回はチェイス止まりの様です。
魚が出てくるカバーをチェックし、その周辺をフィネスで探ると…

2017921131128.JPG

NAOTOにヒット!
カットテール3.5インチのノーシンカーワッキーリグにて。

更に探りつつ上流へ向かいます。
流れ込みや冠水カバーなどを攻めますが…
ビッグベイトへのチェイスが時折ある程度で、
その他のルアーへは反応が得られません。
この日はタイムリミットがあった為、
粘らず流し続けていきます。

 

2017年9月13日(水)

ポイント:中流~上流
天気:晴れ
水温:25.0℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(10gテキサスリグ) NAOTO→カットテール3.5インチ(ノーシンカーワッキーリグ)
●AM9:00~AM11:00

2017921131543.JPG

夏には川遊びの人気スポット?となる日御子エリア…。
地元の人にはお馴染みの遊泳スポット。
泳いでるとバスやニゴイが良く見えます(笑)
ここはオカッパリでも人気エリア。
釣り人がいた為、スルーします。

そして、お目当てにしていた小さな流入河川の出入口へ到着。
しかし流れが無く、ベイトフィッシュの影もありません。
1匹だけ40cm程のバスを見かけますが、
ルアーを見た瞬間に超絶な逃走…。
流入河川より本流への合流地点3m~6mまで落ちる地形変化を

丁寧に攻めていきますが、反応は無し。

対岸に渡り、今度は釣り下ります。
そしてとある流れ込みに近づいてみると、
小さな魚が群がっています。
サイズ的には3cm~4cmの超小型。

2017921132447.JPG

バスの気配は感じられません…。

201792113263.JPG

如何にも自然な流れ込みや…

2017921132650.JPG

如何にも人工的な流れ込みなど…
様々な流れ込みを撃ちつつ、スロープへ戻っていきます。

 

2017年9月13日(水)

ポイント:中流~スロープ
天気:晴れ
水温:25.5℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(10gテキサスリグ) NAOTO→Dフロッグ & カットテール3.5インチ(ノーシンカーワッキーリグ)
●AM11:00~PM1:00

時間的に折り返しに差し掛かる頃…
NAOTOのカットテールに再びヒット!

201792113320.JPG

数、サイズ共に厳しい状況です。
僕は未だにノーフィッシュ。

と言う事で、こっそりカットテールを拝借して…

201792113350.JPG

流石はカットテール!
良い仕事をしてくれます。
そしてカットテールをNAOTOの元へと返して
再び、下っていきます。

するとお昼頃より風が強くなり始め、
フィールドの雰囲気が変わります。
田舎の山間にあるダムの為、
風が吹き始めるとそれなりに強くなります。
規模が小さいので白波こそ立ちませんが、
岸際が騒がしくなります。

そこでNAOTOが閃いたかの様にDフロッグを結びます。
カバーの中へ滑り込まして、早めの首振りアクションをさせると、
ガボッと豪快なバイト!
普段なら大体フッキングミスをするパターンですが、
今回はしっかり食い込んでおり、難なくキャッチ!

201792113425.JPG

フロッグでの1匹は貴重です。
表層で釣れたかと思えば、僕のテキサスリグにも…

2017921135129.JPG

単純に活性が上がったのでしょうか?
表層で釣れたのを見てしまったが故に、
気になり始めるのはブーヤーダンシングバズ(笑)

どうせならと小一時間程、トップウォーター縛りを試みますが…
その後の反応はありませんでした。

 

 

2017年9月13日(水)

ポイント:スロープ~スロープ
天気:晴れ
水温:25.5℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(10gテキサスリグ) NAOTO→Dフロッグ & カットテール3.5インチ(ノーシンカーワッキーリグ)
●PM1:00~PM3:00

そして終了時刻が近づく頃にようやくバズベイトを諦めて、
テキサスリグで地形変化を探ることにします。
朝からカバーや流れ込みなど目に見える変化を攻めましたが、

そこまで良い反応が得られなかったので、
水中の変化を探ることにします。

201792113576.JPG

こんな景色だとオーバーハングを攻めたくなるのが釣り人ですが、
せっかく魚探を装備している為、魚探と地形を見ながらウロウロと…。
5m~10mまで一気に落ちる崖のような変化や
遥か沖まで5mが続くフラットエリアなど、今まで分からなかった地形変化が沢山!
しかし、釣れるかと言われると、
「………まぁ……ね。」
と言った感じです(笑)
ワンドの出入り口にある岬にて、

201792114117.JPG

ポロッと釣れてくれますが…。
シャローからディープまで魚が居ますね。
徐々に秋へと移り変わっていくのでしょうか。
そして最後に、

201792114257.JPG

この魚で終了です!

結果、2人で7匹!
非常に厳しい釣果です。
40cmUPも釣れず…。
リベンジ…するかは分かりませんが、悔しいですね。
次回は、9月25日・26日の釣行予定です。

20179211471.JPG

今回は奥まで入れなかった秘境への入口…。
最奥部はオカッパリ有望ポイントなのですが…ボートで入るには少し狭すぎます。
入口の雰囲気は満載!
でも1回しか釣れたことがないです…(笑)