ホーム>四国パラダイス>早明浦ダム

早明浦ダム

【四国パラダイス】 第四回(3日目) 高知県 早明浦ダム (レンタルボート) 【2017年8月30日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

3日目はレンタルボートで早明浦ダムです!

前回、何かと悔しい場面も多かった早明浦ダムですが…
リベンジとなるのでしょうか?
貯水率はドンドン下がっており、62%ほど。
間もなくスロープが使えなくなるギリギリの水位で出艇です。

このダムで釣りをする場合、湖面利用券が必要になります。
最寄りのコンビニ(ローソン)で購入できるとの事。
コンビニへ向かうと…オープンは朝6時…。
24時間営業では無いのでご注意ください。

また、レンタルボート艇で釣りをする場合と、
マイボートで釣りをする場合があるかと思いますが…
マイボートの場合、船の登録が事前に必要だったり
その他デッドスローエリアや利用時間など
細かな決まりがあったりします。

早明浦ダムの利用に関しましては、
こちらのホームページでご確認下さい。

(http://www.water.go.jp/yoshino/ikeda/sameura/same_index.htm)

201792144833.JPG

減水傾向で、岩盤エリアのディープが安定しているとの事ですが、
朝一でローライトなのでNAOTOはビッグベイトをチョイス!
僕は手堅くラバージグとダウンショットで深いレンジを探ります。


 

2017年8月30日(水)

ポイント:早明浦ダム
天気:くもり 後 晴れ
水温:26.0℃~26.5℃

使用ルアー:田内→スイングインパクト3.5インチ(5gダウンショットリグ) NAOTO→ティンバーフラッシュJr & ガンタレル
●AM6:00~AM7:00


まずは状況を見るために各々で投げたいルアーをキャスト!
しばらく流していくと、NAOTOのガンタレルに2匹のバスがチェイスしてきます。
かなり下の水深で付いて来ていたので、
バスがUターンした先にダウンショットリグをキャスト!
すると、ラインが横に走るバイトが出ます!
スイープに合わせて慎重にやり取りし、
無事にファーストフィッシュをキャッチ。

201792175329.JPG

早明浦ダムのアベレージサイズです。

やはり、レンジは少し深めと判断しNAOTOもルアーチェンジ。
OPジグ 5/8oz+キッカーバグ3.5インチ4m~10mまでを意識して
ポジションを探して行きます。


 

2017年8月30日(水)

ポイント:早明浦ダム
天気:くもり 後 晴れ
水温:26.0℃~26.5℃

使用ルアー:田内→スイングインパクト3.5インチ(5gダウンショットリグ) NAOTO→OPジグ 5/8oz+キッカーバグ3.5インチ
●AM7:00~AM9:00


冬以外ではあまり経験の無いディープの釣り…
更に普段使うことのないフットボールジグを使用しており、苦戦を強いられます。
そんな中、小さなワンド状の岩盤でNAOTOにヒット!
思っていたより浅いレンジでの魚です。

201792175914.JPG

水深4m~6mで魚の反応が出始めます。
ここから、僕も同じくOPジグ 5/8ozで探っていきます。
トレーラーワームはウルトラバイブスピードクローを選択。
上流へ向けて釣り上がります。

今の所、各エリアで単発のバイト…
しばらく流してどちらかにバイトが出る様な感じです。
続いては僕にアタリが!
しかし、直ぐに吐き出されてしまいます。
再び、同じ場所へキャスト…
岩盤沿いに転がしていくと、バイト!
今度はしっかり喰ってくれた様で、フッキングも成功。
夏バテ気味?なのかあまり抵抗せず上がってきたのは…

2017921870.JPG

悪く無いサイズなのですが、アベレージから抜け出せません。
早明浦ダムのアベレージサイズは35cm~40cmほど
釣りとしては楽しいサイズですが、
前回のリベンジを兼ねているので、できれば50cmUPを釣りたい所。

続いても同じ様なサイズ。

201792181814.JPG

反応がイマイチなので、
すこしエリアを変えて、大きな岬にスタンプが多数絡む場所へ移動します。

 

 

2017年8月30日(水)

ポイント:早明浦ダム
天気:晴れ
水温:26.5℃~27.0℃

使用ルアー:田内→バクラトスイマー NAOTO→OPジグ 5/8oz+キッカーバグ3.5インチ
●AM9:00~AM10:00


ここで太陽が顔を出し始め、気温が上がり始めます。
急に暑くなり水分補給をしようとするとある事に気付きます…。
「クーラーボックスが無い…。」
凍らせた飲み物達を車に忘れて来てしまいました。
しかし、お互いにそれとは別に1.5リットル程の水分を持ち込んでいたので
釣りを継続する事に。
相変わらず、各エリアで単発フィッシュです。
こちらはNAOTOが釣り上げた魚…

201792181718.JPG

よく見ると、ラインアイに糸が付いていません。
ランディングの際に紙一重でラインブレイク…
ギリギリでキャッチする辺り、今回も何かを起こしてくれそうな気がします。

バクラトスイマーやフィネスリグにも反応は出るのですが、
すっぽ抜けたりバラシたり…
今の所はラバージグが反応良好です。
そしてエリアを大きく変えて、本湖より支流へと移動します。


 

2017年8月30日(水)

ポイント:早明浦ダム
天気:晴れ
水温:27.0℃~27.5℃

使用ルアー:田内→バクラトスイマー NAOTO→ガンタレル
●AM10:00~AM11:00


続いては前回に反応が良かった支流の一つ。
バックウォーターへ向けて流して行きます。
表層付近はNAOTOのガンタレル、ボトムは僕のバクラトスイマーで探ります。
しばらく反応が無い時間が続きますが…
バックウォーター手前の小さな岩でバクラトスイマーにバイト!

しかし、またもやフッキングに至らず…。
すると横でNAOTOが「フォローを入れる。」
そう言ってガンタレルを豪快にキャスト!
「それ、フォローになって無いんじゃ…。」
僕が言った直後に、
「ほら、来た!!」
そう叫んだNAOTO。
どうせ嘘だろうと思いながら見てみると、竿がしっかり曲がっています!
バラさない様に慎重に寄せて無事にキャッチ!

201792191051.JPG

スーパービッグサイズではありませんが、
ナイスな40cmUPです。
そして何より、ガンタレルでの初フィッシュです!

そしてバックウォーターへ到着。
しかし、減水の影響でかつての姿は無く、
バスも数匹見えていましたが反応は悪い様子です。
ここで引き返します。
時刻はお昼前、かなり暑い時間帯で
水分補給をしようとストレージを漁ると…
「あれ?お茶が無い…。」
なんと、1.5リットルのお茶までも車に忘れてしまいました…。
絶望的な状況です。

早明浦ダムはスロープから駐車場が離れており、
取りに行く事が困難です。
NAOTOに少しの水分を分けてもらい、
何とか耐えますが、とても夕方までは我慢できません。
とりあえず、少しでも涼しい場所へとメインバックウォーターへ
船を進めます。


 

2017年8月30日(水)

ポイント:早明浦ダム
天気:晴れ
水温:27.0℃~27.5℃

使用ルアー:田内→バクラトスイマー NAOTO→カットテール3.5インチ(0.9gネコリグ)
●AM11:00~12:00


そしてカーブのアウトサイドに位置する岩盤エリアで一旦船を止めて、
釣りをしながら現実逃避します(笑)
釣りに集中している間は喉の渇きを忘れます。
そしてこの岩盤エリアでNAOTOのカットテール炸裂

20179219350.JPG

1匹目!
フォール中にバイトが出る様子…。

201792193810.JPG

2匹目!
何故かこの岩盤エリアは魚が集中しています。
風の影響なのか、それとも流れが出始めたのか…。
確信は持てませんが、風と流れが上手く複合している様です。

20179219426.JPG

3匹目!
まだまだ数は出そうですが、帰りにも通るポイントなので、
粘らずにバックウォーターへ進みます。

そして中流域に差し掛かった時に桟橋を見つけます。
「上陸すれば自動販売機があるのでは?」
そう思い、桟橋に船を止めて、長い長い階段を上がります。
すると…
道の駅ならぬ村の駅が!
しかも営業中と看板が!
「助かった~。」と思いながら入口を見ると、
定休日:水曜日
もう一度、よく見ます…。
何度見ても、
定休日:水曜日
入口の営業中はなんだったのか…。
絶望が倍増です…。
周辺を歩いて自動販売機を探しますが、
さすがは田舎…気配すらありません。
諦めて船に戻ろうとすると、
建物の中から声が聞こえる事にNAOTOが気付きます。
定休日ですが、人は居る…。
ダメ元でお願いをしてみると、
休みでレジが閉まっている為、おつりが出せないので
ピッタリの支払いであれば飲み物を売って頂けるとの事!

何とか無事に水分を確保出来ました…。
お店の方に感謝しながら再びバックウォーターを目指します。


 

2017年8月30日(水)

ポイント:早明浦ダム
天気:晴れ
水温:25.0℃~25.5℃

使用ルアー:田内→バクラトスイマー NAOTO→ガンタレル
●12:00~PM2:00


一気にバックウォーターまで移動!
流れは強いのですが、全体的に遠浅で魚の潜むポイントが見当たりません。
チェイスも無いので少し下り、水深が出始める場所から攻めて行きます。
すると、岩陰からガンタレル向けてバスが出てきます!
しかし追いかけて来るだけでバイトには至りません。
魚が身を潜めていそうなポイントへキャストを続けていくと、
僕のバクラトスイマーにバイト!
この日、4回目のバイトで何とかフッキングに成功。
しっかりフッキングしている事を確認し、難なくキャッチ!

201792194937.JPG

一向にサイズアップ出来ませんが、
決して悪いサイズではない為、これはこれで楽しめます!
しかし釣れるものの、基本的には単発…。

20179220454.JPG

しばらくして、NAOTOのカットテール3.5インチにもヒット。
その後は再び反応が遠のきます。

 

 

2017年8月30日(水)

ポイント:早明浦ダム
天気:晴れ
水温:28.0℃~28.5℃

使用ルアー:田内→マイティママ(10gテキサスリグ) NAOTO→OPジグ 5/8oz+キッカーバグ3.5インチ
●PM2:00~PM5:00


帰着まで残り数時間を切った頃…
先ほど、カットテールで炸裂した岩盤へ戻ります。
試しにルアーを変えてみます。
すると…

201792195929.JPG

まずは僕にヒット!
やはりこのポイントは魚が集まる様です。

続いてはNAOTO!

2017922080.JPG

フィネスリグと違い、連発とはいきませんが、
それでも同じエリアで複数匹釣れたのはこの岩盤のみ

201792201014.JPG

この岩盤エリア以外にも同じ様なポイントがあるはず…
残り時間、岩盤巡りに費やします。
しかし、その後に回った岩盤ではアタリも無く、
気がつけば帰着時刻目前の午後5時。
若干の悔しさが残りながらも、この日の釣りを終えます。

結果、40cmUP含んで2人で合計14匹!
数もサイズも前回より下がり、リベンジならず…。
再リベンジは来年に持ち越しですね。
今年は貯水率の関係で残り数日で出艇が出来なくなりそうとの事なので…
来年のリベンジを誓い、早明浦ダムを後にしました。

前回、今回と利用させて頂いたのは
「松田直人の早明浦ガイドサービス&レンタルボート」です。
ホームページはコチラからご覧下さい。

【URL】http://www.sameura-bassfishing.com/

フィールドの近況を聞くと、とても親切に教えて頂き、
レンタルさせて頂いたボートも安定性抜群で快適です!
もし早明浦ダムに行かれる際はご検討下さい!

 

4日目に続く…



 


 

 

【四国パラダイス】 第三回(2日目) 高知県 早明浦ダム (レンタルボート) 【2017年7月25日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

前日の釣行でゴムボートがバースト…
2日目に何とか釣りは出来ないかと考えて…
レンタルボートにて早明浦ダム釣行を決心!

早明浦ダムは高知県の中でも一二を争うメジャーフィールド。
1本のメインとなる筋に複数の流入河川からなる細長いダムです。
四国の水瓶と呼ばれ、主に高知県を除く3県に水を供給しております。
また、渇水時には貯水率が0%となりニュースなどでも流れる事があります。
そんな早明浦ダムの、釣行時の貯水率は67%ほど。
雨が降らなければドンドン下がっていきます…。

このダムで釣りをする場合、湖面利用券が必要になります。
最寄りのコンビニ(ローソン)で購入できるとの事。
コンビニへ向かうと…オープンは朝6時…。
24時間営業では無いのでご注意ください。

また、レンタルボート艇で釣りをする場合と、
マイボートで釣りをする場合があるかと思いますが…
マイボートの場合、船の登録が事前に必要だったり
その他デッドスローエリアや利用時間など
細かな決まりがあったりします。

早明浦ダムの利用に関しましては、
こちらのホームページでご確認下さい。

(http://www.water.go.jp/yoshino/ikeda/sameura/same_index.htm)

レンタルボート屋さんより説明を受けた後、
朝6時半より出船です!

 

2017728174418.JPG

 

2017年7月25日(火)

ポイント:早明浦ダム
天気:くもり
水温:28.0℃~28.5℃

使用ルアー:田内→ウォブルシャッド3インチ(ダウンショットリグ) NAOTO→ロブスター3インチ(フリーリグ)
●AM6:30~AM9:00


早明浦ダムは約5年ぶりの釣行…
殆んど初めてに近い状況の為に手探りで釣りを開始します。
思っていたより水温は高い様子。
スロープからしばらくの区間はデッドスローエリアの為、
釣りをしながらエレキで移動します。
まず、今回の早明浦ダム…
非常に水がキレイです。
水深8mを超えるエリアでもボトムが見えています。
シャローにバスの姿は見えません。

しばらく釣りをしますが、デッドスローエリア内での反応は無し。
デッドスローエリアを抜けた後、エンジンで移動します。

続いてのポイントは上吉野川橋の左岸側です。
ジョインテッドクロー178をキャストするとバスのチェイスがありますが、
バイトには至りません。
ここは他と違い数匹のバスが確認出来ます。
しかし水がクリアな為、バスからもコチラが見えており
警戒心が高いです。
ただ、逃げる素振りはなく船の周りをウロウロしています。
流石に食わせる事は困難かと思いましたが、
バスの目線、数m先にウォブルシャッド3インチのダウンショットリグをキャスト!
すると、ゆっくりと近づいて行き…
「パクッ」
まさかのバイトです!
吸い込む瞬間も丸見え…しっかり合わせると
思ったよりもズッシリとした重量感!
40cm届かないサイズに見えていましたが…
201772818323.JPG
測ってみると45cmの良いサイズでした!

1匹釣り上げた事により他の魚が見えなくなったので移動します。
ここから、パターンが掴めない苦しい時間が始まります。

続いては下川橋より上流の流入河川へ。
スイムベイトで流していきます。
すると時折、チェイスが見られます。
朝一の45cmもシャッドテールワームで釣っており、
スイムベイトの反応も良好…
流れ込みではフッキングミスをしたものの、
スイムベイトへ2回3回と追い食いする姿も見られました。

と言う事で、横の動きに反応が良く、尚且つ中層に魚が居ると判断。
ただ、ボトム系ルアーをあまり使用していなかったので、そちらも試す事に。
NAOTOは中層~ボトムを狙えるフリーリグを使用。
僕はウォブルシャッドのダウンショットリグを選択します。
するとNAOTOに…
201772818482.JPG
ワームは「フレーク ロブスター3インチ」
そして更に…

201772818496.JPG
連続ヒットです。
ボトム系でも反応が出ます。
更に試して行くと…

2017728185046.JPG
続いては僕にヒット!
ふと思いついた、ダウンショットの中層タダ巻きにて。
これによって中層への可能性を再確認したNAOTOが
「ケイテック スイングインパクト3インチ」ジグヘッドリグに変更。

2017728185323.JPG
やはり反応は良好です!

そして僕にビッグフィッシュの影が…
岸際で動いた大きな魚体。
その時、僕はよそ見をしておりバイトには気付いていません。
そして後に魚に気づき、サイトで狙おうとルアーの回収を試みます。
するとラインがその魚影の口に向かっています!
食っていると気づいた時には魚が立木へと向かっている最中。

すかさずフッキングし、一気に浮かせようとしますが、
全く浮かせる事が出来ません。

「デカイ…」
その言葉の直後に、案の定立木に巻かれます。
まだ魚はついていると信じて真上に移動しテンションを張った瞬間…
一気に走られ根ズレでラインブレイク…。
よそ見は厳禁、学びました。
きっと次回からもよそ見はしますが…。

気を取り直して、アベレージサイズを追加!
早明浦ダムは30cm~40cmの魚が多く、
釣りとしては非常に楽しいです!
20177281933.JPG

そしてこの魚の後、一気にバックウォーターへ移動します。

 

2017年7月25日(火)

ポイント:早明浦ダム
天気:くもり
水温:28.5℃~29.0℃

使用ルアー:田内→HU-300 & バクラトスイマー NAOTO→スイングインパクト3インチ(ジグヘッドリグ)
●AM9:00~12:00

一気に本流筋のバックウォーターへ移動します。
しかし、流入量が少なくあまり良い雰囲気は感じません。
1時間、2時間と反応の無い時間が流れていきます。
気温が上がるに釣れて魚のレンジが下がったのではないか?
と言う事で岬周りの少し深めのボトムを狙います。
するとバイト!
しかしジャンプでバラしてしまいます…。

「レンジが下がったかも」
そんな話をした直後に、
2017728191135.JPG
浅いレンジで釣るNAOTO…。
さっきの話はなんだったのか…。
ですが、後が続きません。

時刻は間もなくお昼…。
中流域の役場前もデッドスローエリアの為、
通過するついでにクランクベイトのドラッギングを試します。
「HU-300」を使用して4~5mレンジを探ります。
しばらく流して
201772819164.JPG
単発で追加します。

更に4m~5mレンジを手返し良く探れる様にルアーチェンジ。
「バクラトスイマー」を選択します。
いかにも釣れそうな岩盤の張り出しで
2017728191845.JPG
シャッドテール、やはり当たりルアーなんでしょうか?


 

2017年7月25日(火)

ポイント:早明浦ダム
天気:くもり
水温:28.5℃~29.5℃

使用ルアー:田内→サカマタシャッド6インチ NAOTO→スイングインパクト3インチ(ジグヘッドリグ)
●12:00~PM2:00


しばしの休憩…。
2017728192158.JPG
お昼を過ぎてドンドン暑くなってきます。
涼しいであろうエリアを求めて流入河川のバックウォーターを巡りますが、
どこも流入量が少なく良い雰囲気がありません。
ただ、不意に単発でバイトが訪れます。
2017728192426.JPG
「サカマタシャッド6インチ」にて。
こちらは浅い岩盤エリア。

2017728192534.JPG
こちらは深いレンジ。
「マイティママ」のテキサスリグにて。

どうにも単発フィッシュが続きます。
上でも下でもポロポロ釣れる…そんな状況。
迷いが出てきます。

そして時折、ナイスフィッシュのチャンスが訪れます。
今度はNAOTO…
岩盤エリアにて
「ここで掛けても切られそう…。」
そうです、そう言うとヒットするのです。
そしてしっかり切られるのです。

どうにかこのバラシ癖を直さなければなりません。

時間的に僕たちの集中力が続かない午後2時。
気分転換に水中カメラで撮影会を行います。
しかし、水がクリア過ぎて魚が撮影範囲に入ってくれません。
それならばと、水中に沈んでいる橋の下側を撮影する事に。
【動画はコチラ】

 

2017年7月25日(火)

ポイント:早明浦ダム
天気:くもり
水温:29.0℃~29.5℃

使用ルアー:田内→ウォブルシャッド3インチ(ダウンショットリグ) NAOTO→ロブスター3インチ(フリーリグ)
●PM2:00~PM4:00


時刻はいよいよ夕マズメへと向かっていきます。
この時点で、まだ明確なパターンが掴めていません。
水深は?動きは?底質は?
あらゆるシチュエーションで単発ながら釣れてしまいます。
自分たちが一番可能性を感じるルアーで探って行くことに。
しばらく反応が無い時間がありましたが、
その沈黙を破ったのは…
2017728193920.JPG
NAOTOのフリーリグでした。
そして何かを掴んだNAOTO…
この後、最後の追い上げがあります。

 

 

2017年7月25日(火)

ポイント:早明浦ダム
天気:くもり
水温:29.0℃~29.5℃

使用ルアー:NAOTO→ロブスター3インチ(フリーリグ) ウェイブモーション(ジグヘッドワッキー)
●PM4:00~PM6:00


ここからはNAOTOの独壇場です!
最終的にNAOTOが出した結論は
岬と立木が絡むエリアの中層。
そして僕の考えを加えて、流れの当たり易い
アウトサイド側に位置する岬。
そこを重点的に攻めていきます。

すると、フリーリグジグヘッドワッキーを使い分けてNAOTOが連発!
2017728195352.JPG
立木のバスにはジグヘッドワッキーで、

2017728195448.JPG
岬のボトムではフリーリグを使用。

2017728195549.JPG
行く先々で魚を上げてゆきます。

2017728195650.JPG
途中、ゲリラ豪雨もありながら…

2017728195741.JPG
NAOTOは連発!
その間、僕はノーバイト(笑)
ビッグワンを狙ってルアーを「ジョインテッドクロー178」へ変更します。

2017728195931.JPG
6匹目…

201772820030.JPG
7匹目で打ち止め!
僕はジョイクロにてワンチェイスノーフィッシュでした…。

最後の時間は流れ込みにてスイムベイトチャレンジ!
NAOTOが選んだのは「ギルヘッドスイマー」
僕は動画撮影の準備をします。
すると準備中にいきなり隣でフッキング!
ギルヘッドスイマーのテールが無くなっています…。
撮影準備を待ってくれなかった罰ですね(笑)

ルアーを「ガンタレル」へ変更し撮影開始。
動画はコチラ

 

そしてここでタイムアップ!
午後6時にスロープへ戻り、この日の釣りを終えました。
結果、最大サイズ48cmの2人合計19匹!
少し厳しい釣果となりました…。
最後にレンタルボート屋さんの方にこの頃の傾向を聞いてみると…
この時期の早明浦ダムは減水が激しく、魚も減水を見越して
既にディープエリアへテリトリーを移している
様子との事。
水深8~10m前後が安定して釣れていた様です。

特に大きいサイズは流れの強い流入河川かディープに寄る傾向が
強いとの事で…
僕たちの考えはどこかズレていたみたいです。

次は8月末頃に早明浦ダムリベンジをしたいと思います。
ディープ攻略、チャレンジしてみます。

また、次回は8月7日~8月8日にボート2号機の準備と、
ついでに時間があれば何かしら釣りをすると思います!
そしてここから番外編を少し…。

 

【番外編】
夜に少し時間があったのでシーバス釣行へ。
高知県と言えば、アカメや大型シーバスも有名です。
ポイントはとある河川です。
路駐問題さえ気をつけて頂ければ、釣り場はたくさんあります。
その中の1つがコチラ。
2017729205951.JPG
有名ポイントなのか県外ナンバーの車を良く見かけます。
このポイントには先行者が居た為、歩いて移動します。
対岸に移動し、常夜灯の下を覗くと…
201772921632.JPG

シーバスが優雅に泳いでいます。
ベイトフィッシュも沢山!
たぶんイナッコですかね?
ベイトサイズは7~10cmほどです。
しばらく狙いますが、反応なし!
そこでNAOTOに提案してみます。
「ジグヘッドワッキーを投げてみては?」と。
そして1投目…
201772921110.JPG
まさかのキビレゲットです(笑)
この魚で満足し、片付けの為に早めの帰宅。
次回はシーバス・チヌ狙い、ありかもしれません。

*橋の上からの釣りは禁止されています。
また、高知県でシーバス釣りをされる場合はウェーダーを
使用することでポイントが大幅に増えます。
ウェーダーで釣りをされる場合、
必ず明るい時間帯にポイントの下見をしてください。
急な段差や傾斜が多くあります。
安全には十分注意してください!