ホーム>四国パラダイス>永瀬ダム

永瀬ダム

【四国パラダイス】 第三回(1日目) 高知県 永瀬ダム (チャレンジ企画あり) 【2017年7月24日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

第3回となる今回は…
前回に出来なかったチャレンジ企画を開催!


その企画がコチラ!
2017727123035.JPG

フィールドは永瀬ダムを選択。
実釣動画も挑戦しました!
(初挑戦なので見づらい点はご了承下さい。)

*魚の数が多い為、写真サイズを小さくしております。

 

2017年7月24日(月)

ポイント:永瀬ダム 上韮生川
天気:くもり
水温:25.0℃~26.5℃(バックウォーター 20.0℃)
●AM5:00~AM11:30

朝5時より実釣スタート!
数釣りチャレンジと言う事で、朝からライトリグを

全力で使用していきます。
(それぞれの使用ルアーは下部に記載)

魚の数が多いので一気にご紹介します!

20177271482.JPG

1匹目

201772714831.JPG

2匹目

201772714857.JPG

3匹目

2017727141131.JPG

4匹目

201772714129.JPG

5匹目 レアリススピン3540cmUP

2017727141317.JPG

同じく5匹目 44cmでした!
この後、もう1匹良いサイズを掛けるものの
フックが伸びてしまい、痛恨のバラシ…

201772714153.JPG

6匹目

2017727141530.JPG

7匹目

201772714162.JPG

8匹目

201772714175.JPG

外道も顔をだしつつ…

2017727141745.JPG

9匹目

2017727141812.JPG

10匹目

朝は魚が浮いている様子です。
ペース的には順調な滑り出し!
更に数を伸ばしていきます。

2017727142012.JPG

11匹目

2017727142120.JPG

12匹目

2017727142150.JPG

13匹目

2017727142227.JPG

次はNAOTOに40cmUP

201772714236.JPG

14匹目のサイズは45cmです!

2017727142355.JPG

15匹目

 

2017727142532.JPG

16匹目

201772714262.JPG

17匹目

2017727142644.JPG

18匹目

 

2017727142721.JPG

19匹目&20匹目
ダブルヒットも飛び出します!

2017727142811.JPG

21匹目

2017727142845.JPG

22匹目

18匹目以降はバックウォーターでの魚です。
バックウォーター付近ではサイズが上がり、
30cm~40cmほどの魚が増えてきました。
季節的には、と言う事で涼しいバックウォーターには
良い魚が入ってきております!

2017727143143.JPG

23匹目

2017727143219.JPG

24匹目

2017727143251.JPG

25匹目

 

2017727143331.JPG

26匹目

201772714343.JPG

27匹目

2017727143438.JPG

28匹目はNAOTOにナイスサイズ!
48cmをゲット!
メジャー写真撮影中に脱走の為、
メジャー写真はありません…。

2017727143613.JPG

29匹目

2017727143649.JPG

30匹目

2017727143728.JPG

31匹目

30匹を突破!
バックウォーターを離れると再びサイズが下がっていきます。
雨が少なく流入量は少なめですが…
それでも流れ込みなどに良いサイズは集まっている様子です。
別のバックウォーターを目指して釣りをしながら流して行きます。

 

2017727144112.JPG

32匹目

2017727144158.JPG

33匹目

2017727144225.JPG

34匹目

 

2017727144258.JPG

35匹目

2017727144332.JPG

36匹目

2017727144413.JPG

37匹目&38匹目
再びダブルヒット!

 

2017727144617.JPG

39匹目

2017727144724.JPG

40匹目

2017727144820.JPG

41匹目

 

201772714497.JPG

42匹目

2017727144948.JPG

43匹目

2017727145021.JPG

44匹目

42匹目の魚は実釣動画があります。
初挑戦の実釣動画なので見づらい点はご了承下さい。
動画はコチラです!

 

 

そして、44匹目の魚を釣った後に悲劇は訪れます…。
思い返すと毎度の様に良くない予兆があった様に思います…。
例えば、朝に船を降ろす際に段差で車を擦ってしまったり、
42匹目を釣る前に不可解な大バックラッシュがあったり…。

動画にもあったNAOTOの大バックラッシュですが、
2人の結論ではNAOTOのルアーが僕のラインを拾った状態でキャストしたのでは?
となりました。
しかし、1つだけ腑に落ちない点があります。
NAOTOがバックテイクした瞬間、僕のラインは前にあります。
バックテイクでラインを拾う可能性が低いのです。
更にバックテイク時、確かに僕のラインがある水面が揺れている様に見えます。
が、次の瞬間…キャストした瞬間に僕のラインが走る映像が映っていますが、
先ほどの揺れた場所とは異なる方向へとラインが走っています。
バックテイク時に2人が全く気付いていない事…
そしてキャスト時に僕のラインが殆んど動いていない上に、
僕より正面に向かって真っ直ぐラインが伸びている事…
不思議な出来事です(笑)

そして最大のピンチがこの後のポイント移動時に起こります…。
写真がコチラです。
20177271593.JPG
ゴムボートの接合部です。
丁度、真ん中の部分…隙間があるように見えます。

ポイント移動中に突如、後方から空気の噴射音が聞こえてきました。
そして直後にNAOTOの声が…

「やばい、やばい、やばい!」

僕の記憶にある限り、ただただ「やばい」の連呼でした。
必死で接合部を押さえようとするNAOTO、
しかし、ものの10秒ほどで後方空気質の空気は無くなります。
「接合部が裂けた」と、僕が状況を理解する頃には殆んど空気が無い状態でした。
前触れも無く訪れる突然のトラブルです。

釣りで使われるゴムボートでは簡単に沈まないように空気室が分かれており、
後ろの空気が無くなった状態でもしっかりと浮いてくれていました。
幸い、後ろの空気室がバーストした為、前に付けたエレキで走行が可能な状態。
スロープまであまり遠くない場所に居たので、早急に自力で戻ります。

今回は後ろがバーストしましたが、
前の空気室がバーストした場合はエレキ走行不可能に陥りますし、
山間部のダム湖ではその状態で電波が入らない事もあります。
駐車場に車が放置されていれば、ダム管理局より通報が入るとは思いますが、
それまで帰れなくなる可能性もあります。
そして、空気室が2つ同時にバーストしたならば…沈没もありえます。
大前提としてライフジャケットは着用していますが、
沈没後に岸に辿り着いたとしてもその場で孤立する可能性が高いことを考えると…
怖くなってきます…。
点検で異常が無い場合でも突然バーストする可能性があります。
特にボートの温度が上昇しやすい夏は可能性が高くなります。
十分にお気を付け下さい。

と言う事で今回の釣行はお昼前で強制終了…。
岸際をゆっくりと移動しながら帰る道中でNAOTOがラストの追い上げをします!

2017727153856.JPG

45匹目

2017727153928.JPG

46匹目

2017727153958.JPG

47匹目

 

2017727154032.JPG

48匹目

201772715411.JPG

49匹目

2017727154128.JPG

スロープ目前で50匹達成!

お昼前にジャスト50匹達成!
そして無事にスロープに辿り着き、この日の釣りを終了しました。

最大サイズは48cmジャスト50匹
+ブルーギル1匹。

100匹を狙っていけるペースだった為に途中でのリタイアは悔やまれますが…
トラブルは付き物ですね…。

しばらくは、船がない為に次回以降の釣行は検討中です。
2号機を用意する予定にはしておりますが…
ゴムボートにするのか、アルミボートにするのか…?
どうなるのかは分かりません!

翌日の2日目は急遽予定を変更し、
早明浦ダムにてレンタルボートで出船しております。
こちらの模様は後ほど更新致します。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「使用ルアー」

(田内)
DUO レアリススピン35
プロズファクトリー エキップストロング1/4oz+ミブロ デスサイズ
フリックシェイク4.8(インチワッキー)

(NAOTO)
ゲーリーヤマモト 4”カットテール(ワッキーリグ)
ゲーリーヤマモト ファットイカ(逆付けノーシンカーリグ)


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

【番外編】
当初の予定ではダムの上流部にある河原でBBQを行なう予定でしたが、
突然のトラブルの為、家の庭でボートを乾かしながらのBBQ(笑)
田舎の夕方は蚊が大量に襲ってくるので大変な事になりました…。

2017727171829.JPG

何だか妙に切ないBBQでした…。
 


 

【四国パラダイス】 第二回(2日目) 高知県 永瀬ダム (チャレンジ企画あり) 【2017年7月4日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

台風前の緊急チャレンジ企画!

7月4日の朝5時…起床すると朝日が昇り始めております。
本日は台風接近予想の日。
天気予報を確認すると…確かにこの日の夕方に四国最接近
もしかすると上陸の可能性もあるとの事。
詳しい天気を調べていくと…
朝10時まではくもり時々弱雨
風速も最大で1m予報となっております。
もちろん、釣りは安全第一!
この天気なら早朝のみであれば安全に釣りが可能と判断し、
短期決戦!永瀬ダムへ出撃!
九州上陸が午前8時~9時頃。
四国上陸が夕方3時~4時頃。
お昼12時より高知県でも雨が強くなっていき、
2時~3時頃にピークを迎える予報になっていたので…
制限時間は朝の10時!

そして緊急企画!
【3時間で10匹のブラックバスを釣れ!(2人合計)】

20177620536.JPG

を開催致します!

AM6時過ぎに永瀬ダムへ到着!
ハイペースで準備をし、AM7時より出撃します。
この時間帯はくもり、無風で台風が来るとは思えない朝です。
201775203518.JPG

2017年7月4日(火)

ポイント:スロープ~上韮生川流入河川
天気:くもり
水温:21.5℃/バックウォーター 18.0℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(テキサスリグ) NAOTO→チャンクロー3.5インチ(フリーリグ)
●AM7:00~AM8:00

短時間勝負と言う事で、ノンストップで上韮生川流入河川へ向かいます!
状況は前日とほぼ同じ。
狙い方も同じく濁りの境目+地形変化
テキサスリグとフリーリグの2段構えで攻めていきます!
そして、狙い通りに直ぐにバイトが!
まずは僕のバイズクロー4.5インチ テキサスリグにて!
201775203819.JPG

続いてはダブルヒット!
201775204135.JPG
開始数十分で3匹達成!
ハイペースで釣っていきます。

ここからNAOTOがフリーリグで連続ヒット!
20177520448.JPG
ワームはチャンクロー3.5インチ

201775204457.JPG
サイズはアベレージサイズの30cm前後

3時間で10匹は簡単すぎたか?
と思ってしまうほど、順調に数を重ねるNAOTO!
201775204753.JPG
この魚で6匹目!
この日も僕がテキサスリグを使用し、
NAOTOがフリーリグを使用しています。
バイト数の差はテキサスリグ・フリーリグ共に
大きな違いはありません。
しかし、フッキング率に大きな差がでます。
急激な濁りの影響か、バイトは出るものの、
フッキングする頃には吐き出している事が多々ありました。
実際に前日のバイトも合わせて数えると軽く10回以上
フッキングに至らないバイトがありました。
違うリグを使えば良いのかもしれませんが、
水面に漂う流木や落ち葉などのゴミ、
そして地形変化に溜まっている木の枝などを引っ掛けて
ポイントを荒らす事を避けるためにどうしてもオフセットを使用したい…
そうすると、フッキング率の低下はある程度覚悟しなければなりません。
そんな中、ノーシンカー状態を意図的に作り出し、
軽い吸い込みバイトでもしっかりと口に送り込める
フリーリグがこの状況にマッチし、威力を発揮したと思われます!

この時点で時刻はAM8:00…
1時間で6匹の釣果を出し、ポイントを移動する事に。
ここからは流れ込みを攻めていきます!


 

ポイント:上韮生川流入河川~上韮生川バックウォーター
天気:雨
水温:21.5℃
使用ルアー:田内→バクラストン & バイズクロー4.5インチ(テキサスリグ) NAOTO→ジョイントギル116S & ウェイブモーション(ダウンショットリグ)
●AM8:00~AM9:00

早いテンポで探れる様に、流れ込み間の移動はバクラストンで流していきます。
するとなんの変哲も無い小さな岬…
着水後直ぐにリトリーブを開始すると小さな違和感が!
「??」
まさかと思いラインを張ると、生命感が伝わってきます!
直ぐにフッキング!
一瞬重量を感じますが、すっぽ抜けます…。
「今日もやってしまった…。」

すると後ろから、
「おっしゃ、食った!!」
と聞こえてきますが…
こちらもフックアウト。
ルアーはジョイントギル116Sです。

ここまで2人で連日バラしを繰り返すと…
もはや今年は良いサイズすべてをバラしてしまうのではないかと
マイナスな考えばかりが頭を過ぎります。

今日は時間が少ない為、一箇所に拘らず移動を繰り返していきます。
そして、本命の流れ込み一箇所目!
雨も降り始め、雰囲気は抜群です。
まずは周りから攻めていくと…
僕のテキサスリグにヒット!
201775211312.JPG
7匹目40cm前後の良いサイズ!

続いても流れ込みにてNAOTOに…
201775211436.JPG
ウェイブモーションのダウンショットリグ!

毎投アタりが出る様で…
20177521165.JPG
9匹目!そして…

20177521178.JPG
僕も我慢出来ずにフィネスを投入!
10匹目で目標達成!

するNAOTOが、
「10匹は簡単すぎた。15匹に増やそう。」
そう言われたら引き下がれません。
時間的にもあと1時間の猶予があります。
チャレンジ企画のレベルを上げ、
「残り時間で5匹追加せよ!」
スタート!

 

ポイント:上韮生川バックウォーター~スロープ
天気:雨
水温:21.5℃
使用ルアー:田内→スマイルワームダディ(ネコリグ) & バイズクロー4.5インチ(テキサスリグ) NAOTO→ラバージグ+ロブスター & ウェイブモーション(ダウンショットリグ)
●AM8:00~AM9:00

引き続き、スマイルワームダディのネコリグを使用して…
201775212041.JPG
11匹目は僕にヒット。

続いてはNAOTOにナイスサイズが!
20177521224.JPG
40cmUP!
ラバージグとフリーリグをアピール力の差で使い分け、
見事に釣り上げました!
この魚で12匹目!

徐々に強くなる雨…
終了時間が近づく中、NAOTOに13匹目!
201775212621.JPG
こちらは再びフリーリグを使用。
アピール力を強めたい時、例えば流れ込みや
濁りが強いエリアではラバージグを使用。
逆にノーシンカー状態を作り出したい時、
例えば垂直岩盤にシンカーを引っ掛け
ワームを漂わせたり、水深が浅いエリアの
ゴロタ周りではフリーリグをチョイス。
確実に数を伸ばしていきます。

ここで本格的な雨が降り始めます。
再び、バクラストンに激しいバイトが出ますが、
やはりフッキングには至りません。
歯型だけが増えていきます…。

いよいよ、終了時間が迫る頃、
僕のテキサスリグ40cm前後がヒット!
201775213515.JPG
14匹目!あと1匹で達成です。

そして15匹目は…
201775213628.JPG
フリーリグで達成!
チャレンジ企画達成です!
そして、この魚を最後に撤収作業へ。
せっせと片付けをし、お昼ご飯へ向かいます!

時間は過ぎてPM2:00頃、
いよいよ雨は本降りとなりまさしく台風!
朝が早かったので、昼食後に睡魔に襲われ…
目が覚めた時にはPM4:00
外を見ると、晴れています。
台風は気がつけば通過していました。

ボートでの釣りには時間が少ないので、
近くの野池を少し見て回ることに。
一箇所目、反応なし。
二箇所目、反応なし。

数年ぶりに訪れましたが、もしかすると水を抜かれたのかも…。
そして三箇所目。
(オカッパリ釣行も今後、ご紹介していく予定です。)

この三箇所目はNAOTOのホームフィールドで
バスの姿も確認できます。
先ずはNAOTOがサイトにて…
201775214450.JPG
カットテール4インチのワッキーリグにて。

さすがのパラダイス案内人、オカッパリでも
安定した釣果を出してくれます。
201775214637.JPG
こちらもサイトにて。
ルアーはウェイブモーションのダウンショットリグ!

更に釣り上げるNAOTO!
ハイペースです。
20177521506.JPG

最後はダブルヒット!
201775214914.JPG
1時間半のオカッパリ釣行で5匹
まずまずの釣果でした!
(殆どがNAOTOの魚ですが…)

結果、ボートで15匹 オカッパリで5匹
合計で20匹!

台風の影響で釣行時間は短めになりましたが、
緊急チャレンジ企画を無事達成できました!
次回は少し先になりますが、
7月24日と7月25日を予定しております!


 

【番外編①】

この日の朝、上韮生川流入河川のバックウォーターにて
岸よりある動物落下してきました…。
急いで動画を撮りましたが…突然の事で映像に残す事ができませんでした。
昔に津風呂湖でも同じ光景を目にしましたが、
実は彼らは良く落ちているのでしょうか?

彼らとは…鹿の事です。
次にチャンスがあれば、動画に捉えます!


 

【番外編②】

釣りを終えてから、高知県ならではの食事をしようと
とある居酒屋へ向かいました。
高知県といえば、「カツオのたたき」です!
「カツオのたたき」であれば大体の居酒屋に
置いてありますし、至る所で販売もしています。
もちろん、海の幸全般美味しいのですが…
201776211446.JPG

今回、ご紹介したいのはコチラ!
「アイスクリン」
201776211712.JPG
これは「土佐ジローのアイスクリン」
メニューに載っていたものです。
(土佐ジローとは高知の地鶏です。)

調べてみると、アイスクリンとは元々は全国で販売されていた
アイスクリームの亜種の様な存在。
(アイスクリームの過去の名称でもあるとの事)

高知県の他に、沖縄や横浜…
なんと、大阪でも食べれる所があるらしいです!

特徴はシャリシャリとした細かい氷の食感と
あっさりしつこくない甘さ、そしてバニラの様でバニラでは無い
絶妙な味となっております(笑)

高知県ではかなりポピュラーで僕たちも
非常に馴染みのあるアイスクリン。
昔は町のお米屋さんや駄菓子屋さんなど
あちこちで売っていたのですが…
最近ではあまり見かけなくなりました。

それでも、道の駅や飲食店、コンビニなどでも
売っていますので、訪れた際には是非、食べてみてください!

ちなみに、こちらの居酒屋さんでは魚が泳いでいました。
20177621282.JPG
クエ?らしき魚が…。
いつか釣ってみたいですね…。

 

【四国パラダイス】 第二回 高知県 永瀬ダム リベンジ釣行!? (水中映像あり) 【2017年7月3日】

20177515446.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

第二回の永瀬ダムリベンジ釣行!

前回の2日目に、バラシ連発で悔しい思いをした永瀬ダム…
リベンジ釣行を決めていたのですが、台風3号が接近のタイミング…。
予想ルートでは高知県も直撃の可能性大!
4日に四国上陸との事で、3日は問題なく釣りが出来ました。
予定通りに永瀬ダムへ出撃!
しかし、今回も今回でトラブルは起こるものです…。

 

永瀬ダムの情報はコチラ!

つりどうぐ一休 寝屋川店よりYahoo地図にてルート検索すると…
有料道路優先で335km  所要時間は4時間43分

永瀬ダムの拡大はコチラ

大雨の影響で前回よりも更に濁りが入り、
完全に白茶色に…。
貯水率も一旦は100%まで増加。
そして数日の放水で徐々に水位が下がりつつある
タイミングでの釣行です。
今回、チャレンジ企画を用意しておりましたが…
訳あって急遽予定を変更。
予定していたチャレンジ企画は次回開催致します。

連日の雨によって流入量が増加し、
濁りが湖全体へ広がっています。
201775153231.JPG
幸い、バックウォーター付近の水は薄く濁っている程度で
流入水自体は回復傾向にあるとの事。

前回の水中映像にて、バックウォーターで魚の姿を確認していたこともあり、
今回はフレッシュな水が流れ込むポイントをメインに攻めていきます。


 

2017年7月3日(月)

ポイント:スロープ~上韮生川流入河川
天気:くもり
水温:21.5℃/バックウォーター 17.5℃
使用ルアー:田内→スーパーイラプション & バイズクロー4.5インチ(テキサスリグ) NAOTO→チャンクロー3.5インチ(フリリグ) & ウェイブモーション(ダウンショット)
●AM4:30~AM6:30

スタートは空が明るくなり始める4時30分過ぎ。
上韮生川の流入河川バックウォーターを目指して
ハイスピードで流していきます。
僕は、濁りがかなり強い為、アピール重視の
スピナーベイトを選択します。
NAOTOはチャレンジ企画の兼ね合いでウェイブモーションを選択。
(この時間帯はチャレンジ企画が進行していました…。)

しばらく流していくと、僕のスピナーベイトにバイトが!
岸際の岩にコンタクトさせた瞬間に重さを感じます。
そのまま、巻合わせでフッキング!
ファーストフィッシュは…
201775154140.JPG
30cm半ばの白いバス。
痩せ型であまりエサを食べれていない様子です。

続いて、NAOTOにもヒットしますが…直ぐにフックアウト。
ブルーギルバイトにも思える小さいアタリだったとの事。
その後も流しながら探りますが、イマイチ反応は良くありません。

僕はルアーをバイズクロー4.5インチのテキサスリグへ変更します。
濁りを意識してワームカラーはブラック
シルエットをしっかりと出せるカラーです。
狙いは岩盤系を意識していきます。
濁りで水中のストラクチャーは見えない為、
岸の形状を見て、岩があるであろう場所へとキャストを繰り返します。
すると再び僕にバイトが出ます!
小さなアタリの後にラインが手前へと走りだし…
しっかり糸ふけを取ってフッキング!
201775155042.JPG
1匹目より少しコンディションが良くなりました。
こちらも30cm半ば程。

そして再び反応がなくなります。
気がつけば、流入河川の入口付近。
そのまま、川へと船を進めます。

200mも進むとバックウォーター手前に到着。
すると、ボイルが発生!
あまり激しいボイルではないですが、小魚が追われている様子です。
僕はボイルを無視してテキサスリグでボトムを狙います。
NAOTOはボイル狙いで表層をノーシンカーリグでサーチ。
水面に引き並みを残しながらスイングインパクトファット4.3インチ
泳いできます。
それを見ていると、水面が盛り上がりモワッとバイト。
しかし口に入りません。

表層は濁りが強く、ルアーがあまり見えていなさそう…
と言う事で、クリアな水が流れ込む境目のボトムを
2人で探っていきます。
直ぐにNAOTOのウェイブモーションのダウンショットに
反応が返ってきます!
2017751649.JPG

可愛いサイズを追加!

2017751661.JPG
更に連発するNAOTO!
こちらも同じ様なサイズです。

ここで僕は水中動画を撮影する事に。
濁りが強くあまり綺麗には撮れていませんが…
やはり魚影は多いようです。


(①一目散に逃げるバス)

 

 

(②カメラに興味津々)

 

 

(③かなり近づいてきます。)

 

 

(④ブラックバスが集まるポイント!)

 

 

気づけば、合計30分~40分ほどカメラを回していました!
水中撮影は楽しい!

 

 

ポイント:上韮生川流入河川
天気:くもり
水温:21.5℃/バックウォーター 17.5℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(テキサスリグ) NAOTO→ウェイブモーション(ダウンショット)
●AM6:30~AM8:30

更に数を伸ばすべく、同じポイントを集中して攻めていきます。
引き続き、NAOTOが順調に連発していきます。
201775161547.JPG
アベレージサイズは25cm~35cmほど。
痩せ型アフターよりも、回復してきたバスの割合が増えているように思えます。

更に追加していきます!
201775162037.JPG

僕も水中撮影を終えて釣り再開!
チャンネルライン付近テキサスリグでコロコロすると、
201775162247.JPG
あと少しで40cmに届きそうな…
でも届いていない30cm後半をゲット!

まだまだ止まりません!
201775162435.JPG
こちらもテキサスリグ

NAOTOはラバージグでもヒット!
トレーラーは「フレーク ロブスター」です!
201775162614.JPG
写真では水が濁っているポイントに見えますが…
ボトム付近はクリアな水が流れ込み、
水温も少し低くなっています。
狙うポイントは濁りの境目+地形変化
しかし、この濁りの境目は時間と放水量の影響で
少しずつ場所が変わっており、
更に見えないボトムの境目は見つける事が困難です。
魚の留まるポイントにルアーが入れば…
201775163244.JPG
直ぐに反応が返ってきます。
この日は、テキサスリグやラバージグで地形変化と
魚のバイトを探り、何らかの反応があれば、
フィネスリグを投入していきます。
201775163636.JPG
連続で釣り上げていくNAOTO!
濁りの境目がはっきりと写っています。

201775163918.JPG
このポイントでジャスト10匹目!
陽も高くなり反応が少なくなってきたので移動する事に。


 

ポイント:上韮生川流入河川~上韮生川バックウォーター
天気:晴れ
水温:22.0℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(テキサスリグ) & スマイルワームダディ(ネコリグ) NAOTO→チャンクロー3.5インチ(フリリグ) & ウェイブモーション(ダウンショット)
●AM8:30~AM10:30

前回行けなかった上韮生川の上流へ向けて船を進めます。
しばらく流していきますが反応なし。
するとここで、この日のトラブルの予兆が現れます…。
エレキのフットペダルを踏むと時折、抜ける様な感覚が。
以前にも同じトラブルで釣りが出来なかった経験があり、

嫌な予感がします…。
しかし、現段階で釣りが出来ない程ではない為、
様子を見ながら釣りを続けていきます。

しばらく進むと、流れ込みを発見!
数日前の大雨で流入量は多く、比較的クリアな
水が流れ込んでいます。
この状況なら魚の居る可能性がかなり高い!
と言う事で慎重に探っていきます。

まずは僕のスマイルワームダディに…
20177516491.JPG
可愛いサイズがヒットしてくれました!

更にバイズノイジークローでも!
バイズシリーズ、良く釣れます!
201775165117.JPG

流れ込みを過ぎると再び反応が無くなります。
一応、次の流れ込みまで探りますが…
異常なし!
そして次の流れ込みへと到着!
すると…
201775165434.JPG
僕のテキサスリグにヒット!

そしてNAOTOの3連続ヒット劇
1匹目!
201775165528.JPG

2匹目!
201775165638.JPG

そして3匹目!
20177517049.JPG
同じ様な写真が増えてきて何が何やら…
兎に角、流れ込みがあれば魚が釣れる状況!
そしてバックウォーターへたどり着きます。


 

ポイント:上韮生川バックウォーター
天気:晴れ
水温:18.5℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(テキサスリグ) & スマイルワームダディ(ネコリグ) NAOTO→チャンクロー3.5インチ(フリリグ) & ウェイブモーション(ダウンショット)
●AM10:30~12:00

こちらのバックウォーターでも濁りの境目は出来ていますが、
規模が先ほどの数倍!
広すぎて狙い所がわかりません…。
何より、魚探で探すも地形変化が殆んどありません。
とりあえず、岸沿いの変化を探ります。
丁度、岩の張り出しに境目が出来ていたので、上流からネコリグを
ドリフトで送り込んでいくと?
小さな違和感が…
ラインを張ってみると、重みを感じます。
スイープに、且つしっかりと合わせを入れると、
ドラグが引き出されます!
PEラインを使用しカバー攻略用に用意したスピニングタックル、
ドラグも強めに設定しているにも関わらず、
勢いよく滑り出していきます!

先ずは魚を沖へ誘導します。
流れに乗って抵抗するバス…
濁りでサイズはわかりませんが、手応え的に
ナイスサイズを確信!
今回こそは…今回こそは…
平常心を装うも心では、
今回こそは…今回こそは…
そして、今回も
今回も…
な結果に終わりました。

この記憶は一瞬で消し去り、リズムを崩さない様に釣り再開。
(この時点で既にリズムは崩壊しています…。)
魚は釣れてくれますが…
20177517153.JPG
心にはモヤモヤが残ります…。
そして徐々にエレキのペダルが連動せず
空回りする回数が増えていきます…。


 

ポイント:上韮生川バックウォーター~スロープ
天気:晴れ
水温:22.5℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(テキサスリグ) & スマイルワームダディ(ネコリグ) NAOTO→チャンクロー3.5インチ(フリリグ) & ウェイブモーション(ダウンショット)
●12:00~PM2:30

ここからは引き返しながら、流れ込みを再度攻めていきます!
少し時間を空けて入り直すと…
201775171931.JPG
やはり反応はあります。
がしかし、サイズが伸びません…。

そしてエレキが気になり集中出来ません。

201775172133.JPG
そんな僕の後ろではNAOTOが魚を釣り上げていきます。

更に事件が発生した様子。
渾身のフッキングでかなりの重量感を感じた魚…
それをラインブレイク…。
しかし、そんな事ですら、耳に入らないほどに
エレキへと気を回す僕…。
「あぁ………切れた………。

そんな悲しい声も僕には聞こえません。
……………。
まぁ、本当は聞こえていたのですが…。

何とか釣りをしながらスロープ付近まで戻ってきます。
それまでに僕も魚は釣りましたが…
201775172633.JPG
やはり、エレキを気にし過ぎていた様で、
どうゆう状況で釣ったのか記憶がありません。

20177517285.JPG
そしてその時を迎えます…。
遂に完全にペダルが連動しなくなりました。
前に進む事が出来なくなり、釣り続行不可能!

とりあえず、手でエレキのシャフトを掴み
向きを変えながらスロープへ向かいます。
少しずつ前に進みながら、何とかスロープへ到着。
時刻は夕方の3時…。

ここで相談タイムに入ります。
この日は釣りを終了するか…
現地でエレキを修理するか…

前回の記事でも書きましたが、このダムは夕方より
パラダイスと化す可能性を秘めています。
議論の結果、満場一致で
釣り再開の希望を持って修理を試みる事に!
しかし、工具がありません…。
と言う事で先ずは工具を買いに行きます!
近くのホームセンターへ買い物に向かうNAOTO…
僕は船上で留守番しながら
約30分、湖上を漂います…。
そして4時前に工具を持ったNAOTOが帰ってきます。
ここから分解開始!
201775173940.JPG
フットペダルとの連動は以前にも修理しており、
特に問題なく作業できましたが…
それよりも重大な損傷が!
なんと、連動部のギアが割れています…。
流石にこれは現地では修理不可能。

しかし、幸いにもネジを締め直し残ったギアを噛み合わせると、
とりあえずは動くように!
いつ壊れるか分からない状況ですが、
パラダイスを目の前に帰れません!
急いで組み直して再び湖上へ向かいます。


 

ポイント:スロープ~物部川バックウォーター
天気:晴れ
水温:21.5℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(テキサスリグ) & スマイルワームダディ(ネコリグ) NAOTO→チャンクロー3.5インチ(フリリグ) & ウェイブモーション(ダウンショット)
●PM5:30~PM7:00

最後の希望を抱き、物部川バックウォーターへ!
全速前進しますが…
遥か遠くに見えるは壁の様な流木群…。
希望は一瞬にて砕け散ります。
仕方ないので、手前の流れ込みを攻めていきます。
201775174826.JPG
奥の流れ込みはクリアな水が入ってきており、
規模は小さいながら濁りの境目がくっきりと
確認できます!
そこへルアーをキャストしたのはNAOTO…
流れにのせてラバージグをコロコロコロコロ
そしてフルフッキング!!
手前にあるゴミ溜りの上を滑るように上手くファイトし、
難なくランディング成功!
本日最大サイズの40cmUP!
201775175213.JPG
エレキトラブルに見舞われながらも、
何とか夕マズメにナイスなサイズをゲット出来ました!

そしてスロープまで引き返し、その道中にて
20177518340.JPG

20177518420.JPG
お互いに1本ずつ追加し、この日の釣りを終えました。
お昼以降、エレキトラブルによって右へ左へ
フラフラと、時には回転をしながら

何とか1日釣りきりました。
そのトラブルによってまともな釣りが出来ず、
予定していたチャレンジ企画は延期となりましたが…

結果、2人で25匹!
リベンジとはいきませんでしたが、
無事に魚が釣れて一安心です。

翌日は台風3号の進路が気になるところ…。
被害が少ない事を願うばかりです。

【四国パラダイス】 第一回(2日目) 高知県 永瀬ダム(水中映像あり) 【2017年6月27日】

201762919585.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

第一回の第二部(2日目)!

2日目もブラックバスを狙いダムにゴムボートで浮きます!
こちらは前日の大渡ダムと変わって、マイナーなダム湖…。
その名も【高知県 永瀬ダム】

この永瀬ダムは高知県ではそれなりに知られたフィールドの1つですが、
全国的には無名も無名かと思います。
ボートだけに限らず、オカッパリでの釣りも可能なフィールドで、
スロープ周りと一部のバックウォーターは人気ポイントになっております。

 

つりどうぐ一休 寝屋川店よりYahoo地図にてルート検索すると…
有料道路優先で335km  所要時間は4時間43分

永瀬ダムの拡大はコチラ

複数の川筋が存在するダム湖。
メジャーフィールドで言うと池原ダムなどがこの形に近いです。
規模は…池原ダムよりかなり小さいですが…。
この形状の特徴はそれぞれの川筋で状況が異なる場合があると言う所。
それぞれ水深や流れの強さも違うため、
どれか1つの筋が爆釣なんて事も珍しくありません。

実は2週間前にもこのダムに訪れていたのですが、
その時は梅雨真っ只中の放水中で貯水率22%の大減水

そして今回は数日前の大雨貯水率が67%まで回復
水位で見ると目測で10m程の大増水です。
そして濁りが入り、流木も多数…。

釣果情報などもない為、状況が読めない中での出船です。
今回は濁りと浮きゴミ(主に流木)によってトップウォーター縛りは断念。
まずは魚を釣ろうといつもの釣りを展開していきます。

 

2017年6月27日(火)

ポイント:スロープ~舞川・物部川合流地点
天気:くもり
水温:22.0℃
使用ルアー:田内→スーパーイラプション NAOTO→POP-X & フラットバックジグ3/8oz+キッカーバグ4インチ
●AM7:30~AM8:30

2017630133624.JPG

2017630133659.JPG

朝はのんびりと準備して7時30分より釣り開始。
先行者は1艇。
トップウォーターで釣りをしながら上流へと船を向けていました。
僕たちは違う筋を選び、舞川・物部川の合流時点へ向け流していきます。
NAOTOは一応、様子見でPOP-Xをキャスト。

僕は濁りの中でアピールできるスーパーイラプションを選択。
すると、僕のスーパーイラプションに直ぐに反応が!
ボート際寸前でバイト!
2017630134421.JPG
30cm半ばのブラックバス!

幸先良いスタートです。

そのまま、どんどんと進み…
その後反応がないまま、舞川・物部川合流へ到着。
2017630134711.JPG
橋脚も異常なし!
ここから舞川方面へと釣り上がっていきます。

(写真右側方向)

 

ポイント:舞川・物部川合流地点~舞川第二カーブ
天気:くもり
水温:21.5℃
使用ルアー:田内→シマノラバージグ+バイズクローポートリー4インチ NAOTO→D-ZONE & フラットバックジグ3/8oz+キッカーバグ4インチ
●AM8:30~AM9:30

舞川へ入ると流木が岸際に集まり、ゴミ溜りが形成されています。
NAOTOはフラットバックジグ+キッカーバグをセット。
ゴミ溜りにダイレクトキャスト!そして…
2017630135315.JPG
カバー下には可愛いサイズ。
その後となりのカバーでもヒットするものの、
バラしてしまいます…。

NAOTOはカバー直下はサイズが小さいと判断、
その周りをD-ZONEで探ることに。
直ぐにバイト!
2017630135451.JPG
サイズが伸びません…。

続いては僕がラバージグを選択。
先ほどと逆のスタイルで探っていきます。
カバーに入れると反応が返ってきます!
2017630135911.JPG
アフターから回復しておりこのサイズでも引きは強いです。
楽しい展開ですが…これも30cmほど
そして、第二カーブに差し掛かる頃、
この日一回目の事件が起こります…。

第二カーブには取水塔があり、水を吸い込んでいるポイントがあります。
そして傍らには浮きブイがあります。
NAOTOはその際をラバージグのスイミングでテンポ良くサーチ。
するとボートから約1m程の至近距離で
ナイスバスが口を開けて飛び出してきます!
推定40cm後半…もしかしたら50cmUPかも?
とにかくナイスなバスです!

そして、ワンテンポ待ってからフッキングモーションに入るNAOTO…。
弾丸の様に飛んでくるラバージグ…。
そう、フックアップに至らずです…。
前日より、確実に悪い流れが続いています…。


 

ポイント:舞川第二カーブ~バックウォーター
天気:くもり
水温:21.0℃
使用ルアー:田内→ユニオンスイマー NAOTO→ガンタレル & フラットバックジグ3/8oz+キッカーバグ4インチ
●AM9:30~AM11:00


水の動くポイントにデカバスは居ると判断し、
スピードを上げてバックウォーターを目指します!
途中流木に阻まれながら…

2017630172849.JPG

201763017407.JPG
流木が増えていきます…。

そして続いての事件は僕(田内)に訪れます…。
岸際にある大きめの岩にゴミ溜りが絡むポイント
ラバージグを投入し着水した瞬間!
水面を割る勢いでバイトが!
フッキング時に伝わるこの日一番の重量感!
「絶対にバラシてはいけない!!」
なんて思う暇もなくフックアウトしました…。

そして数々のゴミを抜け、
2017630182253.JPG
パラダイスと化している…
そう信じて疑わなかったバックウォーターに到着!
2017630174520.JPG
雰囲気は最高にあります!
これはビッグベイトでしょ!とガンタレルを投入。
ゆっくりと泳いでくるガンタレル…。
チェイスは無し。

続いては僕、ユニオンスイマーを投入!
するとバスのチェイスが!!
ユニオンスイマーと同じ大きさのバス!

そんな事をしていると岸際でボイル発生。
すかさずガンタレル!
チェイスはありますが…バイトには至りません。
パラダイス…そう呼ぶには程遠い状態。
何より魚影が非常に少ない様子です。
早々に見切りを付けて移動することに…。
移動前にクリアな水と濁った水の境目にある
ゴミ溜りにカメラを沈めて撮影し下流へ向かいます。

(後日映像を見ると複数のバスの姿が!)

 

ポイント:舞川バックウォーター~舞川・物部川合流地点
天気:くもり
水温:21.5℃
使用ルアー:田内→シマノラバージグ+バイズクローポートリー4インチ NAOTO→ガンタレル & フラットバックジグ3/8oz+キッカーバグ4インチ
●AM11:00~12:00

この後、ラバージグでカバーを攻めるものの、反応はなく…
先ほどの取水塔もかなり流木が集まり攻めることが出来ません。
厳しい時間に突入です。
そしてここで魚探のバッテリーが切れてしまいます。
幸い、何度も訪れているダムなので地形はある程度把握しています。
続いては物部川の筋を釣り上がっていきます。

 

ポイント:舞川・物部川合流地点~物部川第一カーブ
天気:くもり
水温:----℃
使用ルアー:田内→HU-150 & シマノラバージグ+バイズクローポートリー4インチ NAOTO→フラットバックジグ3/8oz+キッカーバグ4インチ & カットテール5インチ(ネコリグ)
●12:00~PM14:00

筋が変わると再び反応が出始めます。
まずは僕のHU-150に可愛いサイズ。

2017630182329.JPG

更に1匹追加します!
2017630182452.JPG
小さいもののクランクフィッシュは楽しいです!

NAOTOのラバージグにも、
201763018263.JPG
可愛いサイズがガッツリバイト!
比較的活性は高め!
フィネスリグを投入すれば数釣りも楽しめそうな状況ですが…
前日の流れを断ち切りたく、引き続きある程度の
ボリュームを持ったルアーを投げていきます。

続いては僕のラバージグに。
こちらもカバーが絡むポイントにて。

201763019326.JPG
この日はカバー+ハードボトムで反応が多く得られています。
ここに流れが加われば、サイズアップも狙える状況。
更に上流へと目指します。

丁度、合流地点と第一カーブの中間地点。
橋脚が絡むポイントに差し掛かります。
201763019934.JPG
この橋脚、過去の実績は十分ですが…
不発…。

 

ポイント:舞川・物部川第一カーブ~バックウォーター手前
天気:くもり 時々 雨
水温:----℃
使用ルアー:田内→バイズクローポートリー4インチ(テキサスリグ) NAOTO→イージーシャイナー2インチ(ダウンショットリグ)
●PM14:00~PM15:00

第一カーブにある岩盤の岬。
NAOTOがついにフィネスリグを投入!
直ぐにバイトがありますが、
2017630191419.JPG
予想通りのサイズ…。

そして第一カーブを回ると不思議な光景が飛び込んできます。
水中から青々とした葉を付けた竹が飛び出しています。
しかも、岸際ではなくダムのど真ん中です…。
2017630191738.JPG

更に進むと…
201763019196.JPG
 
土砂崩れです。
一見、豪華なカバーに見えますが…
近づくと定期的に上から小さな石が落ちてきており、
更に崩れてきそうな状態…。
流石に魚も近づかないのか反応は無し。
そして沖目に流されている竹にて…
2017630192156.JPG
NAOTOがゲット!
僕のスピナーベイトにも同サイズがアタックしてきましたが、
フッキングする事が出来ませんでした。

そしてバックウォーターの手前に到着。

2017630192343.JPG
侵入を拒む壁と化した流木たち。
これ以上は進めません。
流木の際を探ると、僕のテキサスリグにヒット!
下へグングン突っ込むファイト!
今回はバラさずランディング!
2017630192540.JPG
やっとサイズが上がって40cm程のバスをゲット!

そして引き返して下っていきます。


ポイント:舞川バックウォーター手前~舞川・物部川合流地点
天気:雨
水温:----℃
使用ルアー:田内→フリックシェイク4.8(ジグヘッドワッキーリグ) NAOTO→カットテール4インチ(ネコリグ)
●PM15:00~PM16:30

折り返しより、2人でフィネスリグを投入!
そして雨が強く降ってきて状況が変わっていきます。
実はこの永瀬ダムは、夕マズメにパラダイスへと変貌する可能性を
秘めたダムなのですが…

その時間が丁度、PM3:00頃から
そしてNAOTO曰く、ピークを迎える時刻がPM7:00との事。
(1週間ほど前にオカッパリ2時間の釣行で50cmUP頭に爆釣していた模様)
その理由は定かではありませんが、
翌日に向けての水位調整を目的とした放水があるのでは…
と考えています。
実際に、夕方より流れが強くなる事は事実。
小規模なので放水の影響を多大に受けると思われます。

 

さてここからが本番!?
先ずは僕のフリックシェイク4.8に可愛いサイズ!
2017630193818.JPG
着水後すぐにラインが走ります!

そしてNAOTOのカットテールにも同サイズが連発!
雨が強くなり撮影が難しくなってきた為、
一部写真が抜けておりますが…
このサイズは更に活性が上がったのかコンスタントに釣れていきます。
そして僕のフリックシェイク4.8がラスト1個になった時…
いきなりサイズアップ!
2017630194222.JPG
こちらは40cmに少し届かないサイズ。

その後もバイトは続いていきます!
2017630194427.JPG
お互いにワームのストックが足りなくなる勢いです!

ダブルヒットも飛び出し…
201763019463.JPG
ラッシュを満喫しました!
そしてラストへ向けて…最後の事件が…。


 

ポイント:舞川・物部川合流地点~上韮生川流入河川
天気:雨
水温:----℃
使用ルアー:田内→バイズクローポートリー4インチ(テキサスリグ) NAOTO→シャワーブローズショーティー
●PM16:30~PM18:30

合流地点へ戻り、ルアーを再びテキサスリグへ戻します。
小さな岬に点在する岩へとキャスト!
するとラインが横へ走ります。
すかさずフッキング!
しっかりとした重量感が手元に伝わります。
濁りで魚は見えませんが、良いサイズの予感…。
するとジャンプ1発!!

「デカイっ!」
沖へ誘導します。
流石に16lbラインを巻いているテキサスロッド…
余裕を持ってファイトをしていると、バスの最後の抵抗猛ツッコミ

ふっと軽くなる竿先…
言葉も出ませんでした…。

しかし、ラッシュタイムに突入しようと言う時間!
気を取り直して投げ続けます。
また直ぐにバイト!
フッキングミス…。

更にバイト連発!
またもバラシ…。
一度崩れたリズムは戻せません…。

一気にエリアを変えてリズムをリセットします。
そして上韮生川へ船を進め、
再度テキサスリグで探ります。
再びバイトラッシュ!
2017630201430.JPG
サイズは可愛いですが、連発です!
同じサイズを4匹連続でゲット!!
するとNAOTOが、反応を見るためにワームを変えて
みては?との提案。
フリックカーリー4.8に変更してみます。
すると反応が一気になくなります…。
その瞬間にNAOTOが一言、
「今日はエビ祭りか…。」

そのまま上韮生川へと流れ込む河川の最上流まで向かいます。
こちらも濁りとクリアな水の境目が出来ています。
テキサスリグを濁りに投入!
直ぐにバイト!しかし、フッキングミス。
同じポイントに再びキャスト、そして…
2017630202258.JPG
30cmちょっとのバス!
このサイズが再び連発で更に3匹ゲット!

NAOTOはひたすらにシャワーブローズショーティーを投げます。
そしてついに水面炸裂!
しかし、フッキング出来ず…。
更に続けて水面炸裂!!
またもやフッキングミス。
魚は居ますが、思うようにリズムが合いません。

終了時刻間際、最後に僕は水中カメラを沈めて見る事に…。
NAOTOはラストのドラマを信じてジョイントギル116Sを投げます。

(上は濁ってますが、下はかなりクリアな水質です。)

そして、反応がなくなったのでスロープへ向けて引き返します。
最後まで諦めず、ビッグワンを狙うNAOTO!
そしてジョイントギル116Sへアタックするバスが!
しかし乗らない…。
再び、バイト!!
またもや掛からず…。
そんなフッキング出来ないサイクルが5~6回続き、
ついにフックアップすることなく…
この日の釣りを終えました…。

そして最後に撮った写真。
2017630203058.JPG
とても神秘的な景色。
今回はこの上韮生川の筋が時間的に攻めることが出来ず、
それが少し心残りですが…。
時間も時間なのでここで終了。

結果、2人で29匹程の釣果でした。
2日目もサイズが伸ばせず…
良いサイズを全て逃すと言う
不甲斐ない結果となってしまいました。
これはこのままでは終われません!

と言う事で、次回は7月3日(月)
この永瀬ダムへリベンジ致します!(予定)
更にチャレンジ企画も発動します!
乞うご期待!

 

【番外編】
高知県ならでは…では無いと思いますが、
高知県内の一部のローソンで販売されている
ある「おにぎり」があります。
201763020399.JPG
ばくだんおにぎりと名のついたコチラ。
1個でかなりのボリュームです。
味・ボリューム共に文句なしのおにぎり。
もし見つけたら、一度ご賞味してみては?
オススメは「たまごやき」です!(笑)