ホーム>四国パラダイス>特別編 琵琶湖

特別編 琵琶湖

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 ボート釣行 (水中映像あり)【2018年5月14日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


大雨が降った翌日の5月14日…
【琵琶湖釣行】


月2回ペースで訪れている琵琶湖…

四国と琵琶湖の交互になってますね(笑)

今回は琵琶湖釣行です。

もう説明不要ですかね?
イッペイガイドサービス!
今回はちょっとした実験を…。


ホントにちょっとした事です(笑)

2018518185557.JPG

朝は毎回安定の下物エリアへ向かいます。
ほぼ烏丸半島沖に位置する、下物エリア内でも北側で釣行開始!
早々からカメラを投入しつつ釣りをします。
ルアーは「ツインテールリンガー4.7」の1.3gジグヘッドリグです。

撮影中なので時折シェイクする程度でほぼ放置…
ココっと小さなバイトを感じます!
撮影中はやはり釣れる様ですね(笑)
フッキングからファイトまでドタバタしましたが、
難なくランディング!

201851819230.JPG

ツインテールリンガー4.7はリグを問わず使える万能ワームです。
その内、スカルピン師匠を超えるかも!?

1匹釣り上げた事により撮影を中断していたので、
再度カメラを沈めて、引き続きワームを放置…。
すると、またもこのタイミングでヒット!

201851819642.JPG

場所としてはこの様な感じです。

201851819859.JPG

浚渫に囲まれた浅場でウィードもそこそこ生えています。
ただ、サイズが伸びずに数釣りモードに…。

2018518191031.JPG

「ツイスティンビーバー」の5gテキサスリグにて!
そして奥山も釣り上げていきます。

201851819120.JPG

こちらは「キッカーバグ5.5」でゲット!
朝から順調に数を伸ばしていきます。

場所を変えて、続いては葉山川沖です。

2018518191452.JPG

前日の影響で流れ込む水は激濁り…。
少し濁りが薄まる沖側でカナダモが生える場所を探ります。

今度は「フラップクロー」の5gテキサスをキャスト!
ラインを送り出してステイさせると…

2018518191554.JPG

元気は良いのですが…。
奥山も同様のサイズを3匹「ツインテールリンガー4.7」にて釣り上げて、
更に数をドンドンと伸ばしていきます。

続いては濁りが強いシャロー側を探ります。
すると…

2018518192011.JPG

47cmの良いサイズが来てくれました!
この時点で合計9匹の釣果…。
出船4時間で10本を目前にし、
「今日は30本くらい出るんじゃないか?」

何て話をしていました。
この言葉が間違いだと気づくにはもう少し先の話…。

ここから、色々なエリアを撮影しようとウロウロします。

ジョーシン前・赤野井湾内・井筒沖・烏丸半島沖・再び下物…

この間、ノーフィッシュです(笑)
9匹でカウントが止まったまま、時間だけが過ぎていきます。

そして戻ってきた下物沖で、抗えない睡魔に襲われ撃沈…。
口を半開きにして夢の世界を漂っていると、
「バチャバチャっ♪」
目を開くとバスの姿が…

201851819295.JPG

やっとの10匹目で何だかやりきった感があります。

これで僕も目覚めたので釣りを再開します。
と言っても時刻は既に夕方…。
強風・濁り・放水量アップと言う事で、
「ブザービーター」を巻いていきます。

寝起きで頭もボーっとしているので、
もう何も考えずに無心で巻いていくと…

201852015310.JPG

ポロっと釣れてくれました!
この魚がこの日1番嬉しかったです(笑)

その後も時間イッパイまで投げますが…
後が続かず帰着時間になりました。

結果、2人で11匹!
数もサイズもそれなりでしたが、
バイブレーションで釣れると楽しいです!

もう少しするとトップウォーターバイブレーション等、プラグ類での
展開も増えてくると思うのでワクワクしますね♪

次回は5月末、6月始めに琵琶湖四国それぞれを予定しております。
どちらが先になるかは今のところ未定です(^^;)

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

{A0598324-D6BD-4B82-B028-5F8724CDEAD3}

今回お世話になったイッペイガイドサービスの奥山は、

現在もアルバイトスタッフとして滋賀守山店で働いておりますので、

ガイド予約等、お気軽にお声かけください♪

ホームページはコチラ

インスタグラムも更新中!

「イッペイガイドサービス」

で検索↑↑↑
 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

水中動画はYouTubeにて公開予定!

*チャンネルリンクはコチラ!

よろしければ、ご視聴・チャンネル登録をお願い致しますm(_ _)m

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

●四国パラダイス
●リザーバー福山
●滋賀守山店 盛田の琵琶湖釣果情報

これらの更新情報や小ネタが見れるツイッターアカウントが登場!
その他、セール情報などもたまにつぶやいています!

@turidougu_ikkyu
で検索してください!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

つりどうぐ一休のLINEアカウントが登場!
入荷情報やセール情報を配信しております。
お得なクーポンも配布されるかも?


 


 

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 下物エリア ランダムに漂流してみました。 (水中動画あり)【2018年5月1日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


ゴールデンウィーク中の5月1日に…
【琵琶湖釣行】


ついに…

4週連続の琵琶湖パラダイス(笑)

GW真っ只中の釣行です。
これが何かのお役に立てば良いのですが…。

今回もお世話になりました、
イッペイガイドサービス!
前回、下物エリアをご紹介しましたが、
この日はそのエリアでちょっとしたチャレンジを行いました!

【下物エリア ランダムに漂流してみました。】

タイトル通りです(笑)
2通りのコースを流れに流れて、合計4時間!
正直、キツかったです…。

と言うのも、浚渫の穴に入っても流れに身を任せていたので、
20分近く水深5~7mの何もない場所を漂ったりしていました。
あまりにも深い場所はスルーした方が良いかと思います。
漂流した範囲内ではありますが、
大体3.3mより浅い場所で魚探に反応がありました。

その動画はコチラ

1コース目のスタート地点は風が吹き始めたタイミングで居た場所です。
2コース目は目を閉じてマップをタッチし、そこからスタートしました。

流したコースはこの2通り…

20185316032.JPG

(魚探映像は許可を得て、公開しております。)

青色が濃いほど深い穴なのですが…
もう迷宮です(笑)
北風だったので、北から南へ流れて行きました。

この1コース目が修行でした…。
後半の殆どが4m以深の深いレンジを通り、
浅場を上手い事避けて通るコースに…。

ランダムとなると運の要素もありますね。
ただ、それでもハードボトムは何箇所か通過出来ます。
本来なら、そのポイントを重点的に探る事となります。

今回は、多くのポイントを通過するため、流れ続けましたが…。

さて、肝心のハードボトムですが、
魚探をある程度参考にして頂ければと思います。
前回の記事でも書いた通り、
設定によって映り方が変わる為、絶対ではないのですが…。

特にレンタルボートの場合、
前回の乗船者が設定を変えている可能性が高いので
乗るたびに設定が違います。
ある程度、自身の中で基準となる設定を設けて頂ければと思います。

判断材料となるのは
【2次反射】

20185316238.JPG

この写真はランダム漂流中に撮影しました。
右上が魚探映像です。
上の黄色い線がボトムライン
そして下の赤い線が2次反射となります。

簡単に説明すると、
超音波を発し、その跳ね返りを受信する事で
ボトムの形状やウィード等の形を映像にしています。

ハードボトムの場合、その超音波が2回跳ね返って来る事があります。
それが2次反射として映ります。
その為、2次反射は上のボトムラインと同じ形で表示されます。

この2次反射を捉える為に必要な設定は、

①感度設定
②水深設定

となります。

①感度設定は前述の通り、
この設定!と言う記載が出来ません…。
参考程度ではありますが、個人的な設定方法を…。

前提として、確実に泥底である(ハードボトムではない)
もしくは、確実にハードボトムであると判断できる場所が必要です。

例えば、泥底の地点で2次反射が映らない様に感度を設定すると…
その地点よりボトムが硬い場所で2次反射が出ます。

逆にハードボトムで2次反射がしっかり出る様に設定すると、
その地点より柔らかいボトムでは2次反射が薄く(もしくは映らない)となります。

僕は前者の方法で設定し、その後ハードボトムを通過する際に微調整して決定しています。
上の写真はカラー魚探ですが、白黒でも基本は同じです。
ただ、見やすさはそれぞれなので、画面のコントラストを調整してください。

イメージではこの様な感じです。
(こちらはハードボトム上での画像です。)

 

201853174241.jpg

これはカラーを白黒に編集しただけですが、
これだと何が何やら分かりません…。
その場合は感度を下げてください。

例えば、こんな見え方になると分かりやすいかと思います。

201853175614.JPG

見づらくてスミマセン…。
何分、無理やり編集したイメージ画像なのでご了承下さい。
ボトムラインと2次反射の間が白くなる様に設定して頂ければ大丈夫かと思います。

続いては、②水深設定です。
これは簡単、現在の水深の倍以上が映るように設定するだけです。
例えば、上記の白黒写真で水深は1.4mです。
この場合は2.8m以深が映るようになっていれば大丈夫です。
2次反射は現水深の大よそ倍地点に表示されます。

水深2mなら4m前後に、
水深4mなら8m前後に。

その為、水深3mポイントで5mまでの表示にしていると、
2次反射は画面外となってしまうので確認が出来ません。
お気を付けください。

 

そして注意点がもう一つ…。
例えば、全く同じ硬さのボトムがあったとします。
1つは水深2m
1つは水深4m

これを同じ感度で通過すると映り方が変わります。
それを解決する為に便利な機能があります。
それが「オートゲイン」

水深が変わっても一定の表示になる様に魚探が
お仕事をしてくれる機能なのですが…
要は水深に応じて感度が変わると言うことです。
すごく便利そうに聞こえますが…

個人的にオートゲインを使うと何が何やらわからなくなる事があります。
琵琶湖 南湖の場合は水深1m~5mまでが主な攻略レンジになると思います。
その日に狙うレンジに応じて設定して頂く事をオススメします。

その上で何が何やら…となった際はオートゲインをお使いください。
もちろん、2次反射が出ない訳ではないですし、
こちらの方が見やすい場合もあるかと思います。

あくまで、僕個人の基準ですので、参考になればと思います。
あ、オートレンジはOFFにしてください。
こちらは水深をオートで変更してくれるのですが、
2次反射を見る際には必要ないかと…。

 

さて長くなってしまいましたが、
ランダム漂流の結果をサラっと説明します。

まず、動画の通り、適当に流れるだけでもハードボトムの上は通過できました。
浅場はそれなりに小石が絡むボトムになっています。
ただ、その密度は場所によりけりです。

上記の設定を参考に、2次反射が強い場所をより重点的に探って頂ければと思います。

また、この日は水深が浅い場所で、且つウィードがあるポイントが良かったです。

20185318410.jpg

水深2.6mウィードも生えています。
魚マークすべてがバスとは限りませんが、この様な映り方となります。

201853184245.jpg

こちらは水深4.0m…反応はありますが、
この様なポイントは稀です。
基本的にここより深い場所は反応が少なくなります。

漂流中は穴の上も通るので、
それこそ水深7mまで探りましたが、
バイトは得られませんでした。
ただ、浅場から落ちていく傾斜の深い側は可能性があるかもしれません。

時折、反応も見られました。

そして肝心の釣果は…

2人で3匹!
そして、2バラシ…。

201853184932.JPG
20185318504.JPG
201853185037.JPG
 

釣れないことはない…と言った感じでしょうか。
これらの情報が少しでもお役に立てばと思います。

ほぼ魚探設定の話になってしまいましたが、
その他の釣果もご紹介します。

まずは朝一から漂流開始までの4時間…

201853185928.JPG

奥山が「ツインテールリンガー4.7」ネコリグにて
ファーストフィッシュをゲット!
ポイントは下物浚渫間の水深2.0mです。

 

20185319045.JPG

続いては僕の「スカルピン師匠」
相も変わらず0.9gジグヘッドにて。
ポイントは上記に同じです。

そして撮影中にバイトがありフッキングミスなどを挟んでから…

20185319310.JPG

「ピッチンスティック」の5gテキサスでゲット!
こちらも下物エリアでした。

 

そして場所を移動し、烏丸半島沖へ。

201853191038.JPG

20185319438.JPG

奥山の「ツインテールリンガー4.7 ネコリグ」炸裂!
55cmのビッグバス!

20185319541.JPG

更に連続で釣り上げます。

僕も負けじと、「ツインテールリンガー4.7」のスプリットショットリグをキャスト!

20185319717.JPG

53cm!顔がデカイです…。
そしてここから4時間漂流開始…
結果は上記の通りです。

そして漂流を終えて、2コース目のスタート地点周辺を探り

2018531995.JPG

「スカルピン師匠」で1匹追加。
この時点で既に時刻は2時頃…。

この日は早上がり予定だったのでそろそろ最後のポイントへ。
下物エリア周辺ばかり撮影していたので、
少し西岸側も見てみよう…
と言う事で最近釣れている(らしい)アクティバ沖の北側へ。

周辺にレンタルボート店も多く、比較的行きやすいポイントかと思います。
カメラを投入し、ピッチンスティックをキャスト…。
撮影していた事もあり、ラインを出しながらステイさせていると、

ココッ
「食ってしまった…。」

そう、朝一にも撮影中にフッキングミスをしていたので、
これは厳しいのではないかと…。

何とかフッキングする為に、ラインを片手で巻き取ります。
竿先が曲がり始めても合わせず限界までラインを回収しフッキング!

幸い、フッキングに成功しましたが、
片手に竿、片手にカメラでファイトが出来ません…。
奥山にヘルプを頼み、カメラを持ってもらってからファイト開始!

かなり遠くで掛けた事もあり、
あまり大きくないと思っていましたが、
近くに来ても浮いてきません。
時間をかけて慎重にやり取りし、無事にランディング。

201853212848.JPG

あと1cm……。
59cmのビッグバスでした!
無事にキャッチ出来たから良いものの、
フックは貫通せず途中で止まっていました。
欲張って撮影中もキャストしてしまうのですが、
投げるリグは考えないといけませんね。
と言っても懲りずに投げると思いますが…(笑)

この魚がラストフィッシュとなりました。
釣れたポイント周辺で撮影した映像はコチラ

映像で見る限りは何の変哲もないポイントです。
だからこそ、岬などの地形変化が良いポイントとなるのかもしれません。
最後の魚も岬周辺でした。
岬の延長線上は狙って見る価値があるかもしれません。
その際は…ステイを忘れずに!

最終結果、2人で合計11匹の釣果となりました。
59cm、55cm、53cmとサイズにも恵まれました!
今回の記事が何かの参考になれば幸いです。

 

ゴールデンウィーク中の琵琶湖は多くの釣り人で賑わうかと思います。
ボート、オカッパリ共に安全第一で釣りを楽しんでください!
よろしくお願い致しますm(_ _)m

GW明けは四国を予定しております。
多分、いつものリザーバーはアフターかと思いますが…。
更に5月半ばには再び琵琶湖の水中撮影に行きたいと思っています。
またの閲覧をお願い致しますm(_ _)m

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

{A0598324-D6BD-4B82-B028-5F8724CDEAD3}

今回お世話になったイッペイガイドサービスの奥山は、

現在もアルバイトスタッフとして滋賀守山店で働いておりますので、

ガイド予約等、お気軽にお声かけください♪

ホームページはコチラ

インスタグラムも更新中!

「イッペイガイドサービス」

で検索↑↑↑
 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

水中動画はYouTubeにて公開予定!

*チャンネルリンクはコチラ!

よろしければ、ご視聴・チャンネル登録をお願い致しますm(_ _)m

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

●四国パラダイス
●リザーバー福山
●滋賀守山店 盛田の琵琶湖釣果情報

これらの更新情報や小ネタが見れるツイッターアカウントが登場!
その他、セール情報などもたまにつぶやいています!

@turidougu_ikkyu
で検索してください!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

つりどうぐ一休のLINEアカウントが登場!
入荷情報やセール情報を配信しております。
お得なクーポンも配布されるかも?



 


 

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 ボート釣行 (水中動画あり)【2018年4月23日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


3週間連続での…
【琵琶湖釣行】


そろそろ四国にも行かなければ…そう思いつつも、

3週連続の琵琶湖パラダイス(笑)

GWまでに更新したかったのですが…
遅くなりスミマセンm(_ _)m

毎度お世話になっている、
イッペイガイドサービスにて出船です!
今回はゴールデンウィーク数日前と言う事で…
主に下物エリア周辺で水中カメラを投入しました!

最近、失敗が多かったのでこの日はバッテリー切れまで撮影!
イッペイガイドサービスにて実績の高いポイントをメインに回りました。
何かの参考にして頂ければ幸いです。

 

201842822198.JPG

 

2018年4月23日(月)

ポイント:下物エリア 水深3.0m
天気:晴れ
水温:17.0℃
平均水位:+7cm
放水量:70t/s


最初のポイントは下物エリア
右手に、「エバーグリーン ツインテールリンガー4.7」1.8gネコリグをセットしたロッドを持ち、
左手に、更なる改良を加えた4.2m玉の柄カメラを持って流れていきます。
この下物エリア、ご存知の通り浚渫が無数に存在しており、
一つ一つ形状や水深などが違います。
カメラを投入した場所は浚渫と浚渫の間にある台地です。
水深で言うと、2.0~3.0mのレンジです。

 

そこにウィードやハードボトムが絡む場所が狙い目となります。
ウィードや底質は動画を参考にしてください。

魚探を見ていると確かに魚らしき影が映っています。
ウィードを感じながらネコリグをシェイク、そしてステイを入れていくと…

2018428145024.JPG

1本目!30cm半ばのバスです。

 

続いては奥山の「エバーグリーン バスエネミー」にも…

2018428165122.JPG

ガッツリ丸呑みで良い所に掛かっています。
朝から反応上々な下物浚渫エリア


【水中動画はコチラ】

バスの姿やハードボトム?など撮影出来ました。
また、浚渫に絡む岩やベイトフィッシュの群れも発見!
岩はGPSマーキングしてないのでどこにあるのか分かりませんが…(^_^;)

 

動画の通り、ウィードの種類や底質は浚渫ごとに異なります。
穴ひとつズレると釣れない…何て事も起こりうる難しいポイントですが、
ハードボトム+ウィードを見つけるとバスの反応が多くなるので、
狙って見る価値はあるかと思います。

 

ちなみに、適当に流していてもハードボトムはそれなりに見つかります。
行き場に困ったら、試してみてください。

 

その後もバイトは出ますが、バラシが続きリズムが掴めません。
1匹追加した所で移動します。

2018428172153.JPG

続いては下物浚渫エリアの中でも沖側(アウトサイド)へ移動し水中を撮影します。

 

 

2018年4月23日(月)

ポイント:下物沖 水深3.5m
天気:晴れ
水温:17.0℃
平均水位:+7cm
放水量:70t/s

続いては下物沖の浚渫周りを狙います!
先ほどのポイントからそのまま西へ移動してアウトサイドへ移動。
基本的には似た様な地形で凸凹しております。
カメラで撮影できる水深は3.0m前後まで…。
と言う事でこちらも台地の浅い側でカメラを投入しました。

 

 

浚渫の地形変化周辺でハードボトムとウィードを意識して釣りをします。
ハードボトムでツインテールリンガーをしっかりステイさせると…

201842817164.JPG

最近の僕は48と言う数字に縁がありますね…。
48cmのナイスバス!

 

更に連続バイトですが、バラし癖が治りません…。
ルアーをチェンジして仕切り直します!

 

僕は「エバーグリーン ピッチンスティック」の5gテキサス、
奥山は「エバーグリーン ダブルモーション3.6」
「ザップ バウヘッド 5g」にセットします。

5g~7g前後のシンカーがあれば、
多少の風が出ても地形変化をしっかり感じる事ができ、
ステイも入れやすいのでオススメです♪

アクションはズル引き&ステイ、
特に地形変化周りでは移動距離を抑えて、
少し動かすたびに頻繁にステイを入れます。

まずはピッチンスティックにヒット!

2018428172827.JPG

この日、船上に持ち込んだタックルは4本。

「ツインテールリンガー 1.8gネコリグ」
「ピッチンスティック 5gテキサス」
「スカルピン師匠 0.9gジグヘッド」
「ツイスティンビーバー 7gテキサス」

以上をセットしていました。
どうせならば、これら全てで魚を釣り上げたい…
自分で自分にミッションを課し、
いよいよ楽しくなってきたかと思っていたら…

 

「全然、浮いて来ない…」
横でファイトする奥山、

いつの間にフッキングしていたのか…。

それにしても何やら大きそうな気配。
そして姿を表したのは…

201842817351.JPG

50cmUPのビッグバス!

これは、ツイスティンビーバーにもチャンスあるか!?
直ぐにタックルを持ち替えて数投目…

 

「喰った!」

 

…と横から聞こえてきました(笑)
そして、
「また浮いて来ない、デカイ!」

(ソンナノアリカヨ~)
心の声がもれそうになりながら見守ります(笑)
上がって来たのは先ほどより更に大きなバス!

2018428173852.JPG

2018428173917.JPG

57cm!
ビッグバス連続ヒットでした!

 

ツイスティンビーバー、投げていていいのか?
何て思っているとガツガツバイト!
しかし、完全に油断していた事もあり、
ビックリフッキングで痛恨のミス…。

あぁ、チャンスを逃してしまった…。
一旦、ツイスティンビーバーを諦めて、
先にスカルピン師匠で釣る事に(笑)

さすがは師匠、

201842817440.JPG

すぐ釣れました!
このスカルピン師匠、
3回釣行で消費した本数、たったの2本です。
驚異の針持ちを誇っています。
是非、一度試してください!

さて、これで残るはツイスティンビーバーのみとなりました。
ここからは大我慢大会です…。

 

 

2018年4月23日(月)

ポイント:烏丸半島沖 水深3.0m
天気:晴れ
水温:18.0℃
平均水位:+7cm
放水量:70t/s

続いても近距離移動!
赤野井沖の南側から烏丸半島沖を越え、
下物沖浚渫まで
を撮影していきます。

ここから風が吹き始め、映像が少し荒れています。
ご了承下さい。

魚探では魚らしき反応もありますが、
下物浚渫エリアほど多くはありません。
そして徐々に南に流される内に魚影が濃くなっていきます。
浚渫周辺では安定して地形変化に魚らしき反応があります。

ただ、居ると釣れるは別のお話…
ツイスティンビーバーにバイトはありませんでした。

 

 

2018年4月23日(月)

ポイント:木浜沖 水深3.0m
天気:晴れ
水温:17.5℃
平均水位:+7cm
放水量:70t/s

ここで一気に移動します!
木浜沖の水深3.0mラインです。
ベイトフィッシュの反応はありますが、ウィードは乏しいです。
そしてカメラ投入!
しばらく撮影して回収します。
あれ、カメラのランプが消えている…。
悪い予感がしつつ、映像を確認すると、
水中投入後、10秒程で電池切れ…。
残念ながら木浜沖は撮影出来ませんでした。

撮影も終了となると、残るミッションはいよいよ
ホントに「ツイスティンビーバー」のみ
となります。

 

木浜→堅田→下物インサイド→下物アウトサイドと攻めますが、
反応を得る事が出来ません。

時間だけが刻々と過ぎていきます…。

「まだチャンスはある!」

そう言い聞かせて投げ続けること数時間、
待望のバイト!

このチャンスを狙っていた…ハズなのに。
気持ちが先走り、即アワセでフッキングならず…。

「まだチャンスはある!」
「まだチャンスはある?」
「まだチャンスは……。」

帰着時間です(笑)
ツイスティンビーバー、炸裂ならず……。

 

そして帰路に付きますが、
車を運転しながら、何だかソワソワします。

「これで終わっていいものか?」

何だか釣れる気がしてなりません。
日が傾き始める夕マズメ…
気がつけば矢橋帰帆島へ向かっていました。

手に取ったロッドにはもちろん、ツイスティンビーバーがセットされています。
他のルアーは持たず、ペンチだけをポケットにラストチャレンジ!

 

この矢橋帰帆島周辺ではアフターの魚が多いと聞いていたので、
アフター狙いで足元を丁寧に探っていきます。

オカッパリから届く範囲に明確な地形変化が少ないポイントなので、
橋脚や足元の護岸沿い等が絶好のポイントとなります。
特に今年はウィードが少ないので、
狙い目かもしれません。

 

最低でも5秒以上ステイを入れて20cmほどズル引き、
そしてステイを繰り返すと…
「コッ」
と小さな小さなバイトが出ます。
バイトが小さいおかげでビックリフッキングを回避!
しっかり送り込んで、ラインが走ってからフッキング!

今度はしっかり掛ける事ができました。
慎重にやり取りし、難なくランディング…

2018428201017.JPG

これで大満足です(笑)

最終結果、2人で合計9匹の釣果となりました。
この矢橋帰帆島そのものが大きなストラクチャーとなっています。
沖側だけでなく、足元まで探ってみてください!

また、ゴールデンウィークの琵琶湖は多くの釣り人で賑わうかと思います。
ボート、オカッパリ共に安全第一で釣りを楽しんでください!
よろしくお願い致しますm(_ _)m

5月からは、
●四国 1釣行以上
●琵琶湖 1釣行以上

を夏まで続けたいと思います。
出来る限り……。

 

*前回撮影の動画より先に今回撮影分を更新致しました。
前回撮影分も追って更新しますが…
今回の方が新しい映像なので、コチラを参考にしてください。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

{A0598324-D6BD-4B82-B028-5F8724CDEAD3}

今回お世話になったイッペイガイドサービスの奥山は、

現在もアルバイトスタッフとして滋賀守山店で働いておりますので、

ガイド予約等、お気軽にお声かけください♪

インスタグラムも更新中!

「イッペイガイドサービス」

で検索↑↑↑
 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

水中動画はYouTubeにて公開予定!

*チャンネルリンクはコチラ!

よろしければ、ご視聴・チャンネル登録をお願い致しますm(_ _)m

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

●四国パラダイス
●リザーバー福山
●滋賀守山店 盛田の琵琶湖釣果情報

これらの更新情報や小ネタが見れるツイッターアカウントが登場!
その他、セール情報などもたまにつぶやいています!

@turidougu_ikkyu
で検索してください!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

つりどうぐ一休のLINEアカウントが登場!
入荷情報やセール情報を配信しております。
お得なクーポンも配布されるかも?



 


 


 

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 ボート釣行 2日目 【2018年4月17日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


今回はNAOTOが高知県から来ると言う事で…
【琵琶湖釣行】


琵琶湖パラダイス、2日目です!

2日目はイッペイガイドサービスにて出船です!
毎度、お世話になります(笑)
前日は2人で5匹と春爆と呼べる釣果ではありませんでしたが…
先に言うと、この日はcherryblossom春爆cherryblossomでした!

イッペイガイドサービス、贔屓目なしでホントに恐るべし…。
 

 

2018年4月17日(火)

ポイント:赤野井沖 水深3.0m
天気:晴れ
水温:13.5℃
平均水位:+7cm
放水量:70t/s


最初のポイントは赤野井沖
NAOTOは「バレーヒル ジャコビー」を選択。
スピニング2本にウェイト違いでジャコビーをセットし使い分けるスタイルです。
僕は「エバーグリーン ピッチンスティック」の5gテキサスを選択します。
赤野井沖の中でもハードボトムが絡むポイントを流していくと…
NAOTOにバイトが連発!
しかし、調子が悪いのかバラシも連続です(笑)

僕にはバイトが出ないので、
「それ、ホントに魚?」
なんて茶化していると…

201842120925.JPG

しっかり釣り上げてきました(笑)
1本目は30cm半ばの元気なバスです。

そして直後のキャストで連続ヒット!
「良いサイズかも…。」
確かに竿も綺麗な弧を描いています。
が……痛恨のラインブレイク!

残念ながらバラシが多いですが、
バイト数だけで言うと朝の数時間で前日1日分とほぼ同等…。
エリアの大切さを痛感します…。

そんなこんなでコンスタントに追加していきます。

続いては僕の「ピッチンスティック」にヒット!

201842120184.JPG

メジャーからずれているのは愛嬌と言う事で…。
50cmには僅かに届きませんでしたが、
重量感のある40cm後半!

更にルアーチェンジし、「スカルピン師匠」
2018422142840.JPG

201842120205.JPG

もはや、切り札的存在?
更に連発!

2018421202144.JPG

ハードボトムでステイを入れるとバイトが頻繁に出ます。
更に…

2018421202822.JPG

これはどっちの魚??
どれがどの魚かわからなくなるペースで釣れています(笑)

赤野井沖から流し、下物へ差し掛かると今度は浚渫エリア。
エッジ部で「ピッチンスティック」をズル引くと、

2018421202719.JPG

コロンとした良い体型のバスです!
風に応じてシンカーウェイトを変えていくとバイトが続きます。

テキサスリグは3.5g~7g
ジグヘッドリグは0.9g~1.8g

が個人的な目安です。

イメージ的には完全なステイをさせる事が可能なウェイトで
かつ、出来るだけ軽いウェイトを選択しています。

この間、もちろん奥山も魚を上げております。
*コチラはイッペイガイドサービスのインスタグラム等で
更新されていると思いますのでそちらをご覧下さい!

午前中から2桁を狙えるハイペース!
そして最初のビッグバスが登場します…。
徐にフッキングする奥山、
「デカイ!」の一言。

フェイズ テンペストが絞り込まれるナイスファイトの末に姿を表したのは…

2018421205156.JPG

55cmのビッグバス!
船上のテンションが一気に上昇します(笑)

風が吹き始めるとテキサス優勢の状況に…。
更に数を伸ばしていきます。

 

 

2018年4月17日(火)

ポイント:下物 水深2.5m~4.5
天気:晴れ
水温:14.5℃
平均水位:+7cm
放水量:70t/s


下物浚渫エリア
エッジ部の地形変化、もしくはハードボトムのフラット部でバイトが出ます。
ピッチンスティックのカラーをチェンジして…

2018421205646.JPG

コロンコロン体型を追加!

2018421205739.JPG

2連発!
しばらく沈黙していたNAOTOにも2連発!!

20184212139.JPG

201842121410.JPG

ジャコビーに対抗してスカルピン師匠投入、そして…

201842121534.JPG

既に釣果は合計で10匹超え…
この辺りからおフザケ?が混ざり始めます(笑)

それはある人気チャンネルの動画にて登場する「ペンペラ?バイト」
それを是非、僕たちも体感してみたいと…。
まずは真似をしてみよう…。

201842215457.JPG

と言う事でNAOTOは「ジャッカル ファイボス4.5」一択!
これが第2のビッグバスを呼び寄せました…。
ずりずりステイ、ずりずりステイ…

「喰った!」

しっかり送り込むNAOTO。
何だか動画を見ている様な錯覚…。
そしてフルフッキング!

フェイズの次はレサトが弧を描きます!
見るからにデカそうな引き…
パワーファイトでねじ伏せてランディング!

201842121168.JPG

2匹目の55cm!
あれ?これで50cmUPを釣っていないのは僕だけ?
すごいプレッシャーを感じます…(笑)

しかし僕ではなくNAOTOタイム突入!
更に、同等以上のデカそうなバスがヒットするも、
これまた痛恨のラインブレイク…。

再びファイボス4.5をセットし数投でまたまたヒット!

2018421212031.JPG

丸呑みのナイスバス!
負けじとピッチンスティックで応戦!

2018421212211.JPG

僕が釣り上げたかと思うと、直ぐにNAOTOが被せてきます。

2018421212333.JPG

雨が降りだしたタイミングで再びファイボスフィッシュ!
そして気付けばラスト10分…。

これは僕に50cmを軽く超えるドラマ魚が来る展開の予感!?
この日1番の集中力で来るべきバイトに備えます。

そして…
「コッ」
小さなバイト…。
ラストフィッシュ頂きました!

ただ…

サイズは…

 

2018421212820.JPG

1番可愛いサイズ…(笑)
いやいや、釣れた事に感謝です。
良いオチもついた所でストップフィッシング!

結果、3人で21匹!
ん?20匹??22匹??
わからなくなるほど釣れました!

55cm×2本とビッグバスも登場し、
春爆cherryblossomと言っても良い釣果になったかと思います。

ただ…
唯一の心残りは…
「ペンペラ?バイト」
(笑)

次回に期待ですね!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

{A0598324-D6BD-4B82-B028-5F8724CDEAD3}

今回お世話になったイッペイガイドサービスの奥山は、

現在もアルバイトスタッフとして滋賀守山店で働いておりますので、

ガイド予約等、お気軽にお声かけください♪

インスタグラムも更新中!

「イッペイガイドサービス」

で検索↑↑↑
 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

水中動画はYouTubeにて公開予定!

*チャンネルリンクはコチラ!

よろしければ、ご視聴・チャンネル登録をお願い致しますm(_ _)m

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

●四国パラダイス
●リザーバー福山
●滋賀守山店 盛田の琵琶湖釣果情報

これらの更新情報や小ネタが見れるツイッターアカウントが登場!
その他、セール情報などもたまにつぶやいています!

@turidougu_ikkyu
で検索してください!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

つりどうぐ一休のLINEアカウントが登場!
入荷情報やセール情報を配信しております。
お得なクーポンも配布されるかも?

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 ボート釣行 1日目 【2018年4月16日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


今回はNAOTOが高知県から来ると言う事で…
【琵琶湖釣行】


これは琵琶湖パラダイスと言ってもいいんですかね?

2日間のボート釣行、初日です。

2018412191832.JPG

↑↑ もちろん、コレを使いました… ↑↑
短い腕を必死に伸ばして(笑)
が、またも上手く撮影出来ておりません…。
ホント、僕の撮影が下手すぎて…。

今回、2日間で撮影したエリアは、
①木浜(3mライン)
②赤野井沖(3mライン)
③北山田 (2.5mライン)
④下物(浚渫周りの3mライン)

それぞれ、見やすく編集するとかなり短時間の動画となりますが…
編集でき次第、YouTubeにて公開致します!

*チャンネルリンクはコチラ!

よろしければ、ご視聴・チャンネル登録をお願い致しますm(_ _)m

また時間が出来た時に、近々撮影リベンジも行きたいと思います。
玉の柄カメラスティックも改良しなくては…。

 

 

2018年4月16日(月)

ポイント:木浜 水深3.0m~3.5m
天気:晴れ
水温:13.0℃
平均水位:+5cm
放水量:50t/s


最初のポイントは木浜
「ジャッカル ファイボス」の力を体感すべく、
ある動画を見てこのポイントへ(笑)
と言う事で、NAOTOは「ファイボス4.5 5gテキサスリグ」をセット。
僕は水中を撮影しながら見ていると…
「あ、バイト…。」

早速、バイトを感じた様子です。
しかし、フッキングならず…。
食い込みの悪さはチョベリグを塗ってないせいか?
そんな事を言っていると再び、ファイボスにバイト!
しかし、残念ながらまたも抜けてしまいます。

撮影を終えて僕もキャスト開始!
しかし、反応はありません。
反応が得られないのはワームの種類?それともウェイト差?
そんな事を考えてる間に、
NAOTOにまたもバイト!
今度はしっかりフッキングが決まり、
ファーストフィッシュをゲット!

2018418161610.JPG

2018418224321.JPG
そして時間経過と共に船も多くなり、
反応も無くなったので移動します。

 

2018年4月16日(月)

ポイント:赤野井沖 水深3.0m~3.5m
天気:晴れ
水温:13.5℃
平均水位:+5cm
放水量:50t/s


続いては赤野井沖
ウィードが少ない今の琵琶湖の中でも、
中々広大なウィードフラットがあるポイントです。
北西風が吹き始め、徐々にボトムゲームの展開が難しくなります。
「ファイボス4.5 5gテキサス」「ジャコビー 1.3gジグヘッド」「PDチョッパー+アンモナイトシャッド」
などなど試しますが、思うように反応が得られず、更に移動していきます。

 

 

2018年4月16日(月)

ポイント:下物 浚渫エリア
天気:晴れ
水温:13.5℃
平均水位:+5cm
放水量:50t/s


次のポイントに選んだ場所は下物浚渫エリア
好調と言う情報が多く、それもあってか、かなりのボートが浮いています。
個人的には苦手な下物浚渫エリア…。
と言うのも、どこを狙えば良いのかサッパリ分からないほど
変化変化の連続で、目が回りそうなんです…。

しかし、午前中にして既にどこに行けば良いのか
分からない状態に陥っているので、
素直に「好調」と言う漠然とした情報に頼ります(笑)

すると、浚渫の間にある2.5mフラットにウィードが絡むポイントで
NAOTOのジャコビーにヒット!
ドラグを引き出すナイスファイトを見せてくれたのは…

2018418163413.JPG

50cmUP!!
好調と言うだけの事はありますね。
朝からNAOTOは絶好調ですが、僕はまだノーバイトです(笑)
この1匹がヒントになって同じ様な条件で連発!
と行きたいのですが…
これが下物浚渫の怖い所で、
GPSがないと、さっきまで自分が浮いていた場所が全くわからなくなります。
もちろん、この日も浚渫迷子です…。

気分転換も兼ねて、一気に北山田まで移動shipします。
が…到着して数分。
僕が腹痛に襲われます…。
あぁ、北山田まで南下したのに…
マリーナは木浜ではありませんか…。

「あの…限界なんでマリーナへ戻ります…。」

湖上で腹痛に襲われる恐怖心 50%
貴重な時間を奪ってしまう申し訳なさ 50%

そんな気持ちを抱えて北上開始!
あれ、腹痛が緩和されていく…。
北上しながら、徐々に回復する腹痛。
そして赤野井に到達した時点でなぜか…
flair「完全回復!」flair

NAOTO「え?じゃぁ、この移動の意味は…?」

僕「あ、はい。意味なくなりました…。」

僕「え~、とりあえず…すみません…。」

せっかくなので赤野井シャローのハードボトムをチェックします(笑)
まだこのエリアにはウィードがありません。
一応、ボトムを探りますが反応無し…。

僕「あの…北山田…戻ります。」

NAOTO「……………………………。」

で北山田までまたまた南下します(笑)
2018418224351.JPG

 

 

2018年4月16日(月)

ポイント:北山田エリア
天気:晴れ
水温:16.5℃
平均水位:+5cm
放水量:50t/s


先週のイッペイガイドサービスにて春爆を体感したこのエリア…
期待が膨らみます!
ボトムを丁寧に探りますが、反応は無し。

風に流されながらボトムを撮影し、
空いた片手で「スカルピン 0.9gジグヘッド」をキャストします。
しばらく流されていると、僕に待望のバイト!
片手でのフッキングに成功しますが…
リールが巻けません…。
カメラをNAOTOに託してファイト開始!
幸いにも、バラすことなくランディング出来ました。
やっと釣れた僕のファーストフィッシュは…

20184181727.JPG

決して大きくはありませんが、
とりあえず、ひと安心の1匹目です。

そして更に流れながらジグヘッドで探ると、

201841817423.JPG

2匹目もゲット!
今回もスカルピン師匠に頼ってしまいました…。

2018418224651.JPG
後は更なるサイズアップを求めて…
NAOTOが50cmUPを釣り上げた下物浚渫へ戻ります。

 

 

2018年4月16日(月)

ポイント:下物 浚渫エリア
天気:晴れ
水温:13.5℃
平均水位:+5cm
放水量:50t/s


戻って来ました、下物浚渫エリア
こうなったら最後は魚探に映った穴を徹底的に探っていきます。
しばらくバイトを感じれない時間が続きます。
浚渫のエッジをしっかり狙えるようにリグを変更します。

選んだのは「ジークラック スパイロン2.8」のダウンショットです。
新製品サンプルで少量頂いたのですが…
ボックス内で目に入った瞬間、何かを感じました。
シンカーウェイトは3.5gです。

風が強くなっていたので、ラインを出してしっかりステイ…
そしてシェイクしてから再びステイ…。
信じて繰り返していくと、
ジワジワと重たくなる感触が…。
ウィード?バイト?きっとバイト!
迷ったらフッキングします(笑)

今回はバイトでした。
僕にとってこの日一番の手応え…
スーパービッグの感じはありませんが、
何としてもバラしたくない1匹です。

慎重になりすぎて、へっぴり腰気味でファイトし、無事にゲット!

2018418172521.JPG

50cmUP!
とはいきませんでしたが…48cmのナイスバスでした!

2018418172758.JPG

ジャスト、子ギルサイズの
「ジークラック スパイロン2.8」
琵琶湖で必須アイテムとなる予感!?

この魚を釣った直後から、爆風タイムに突入…。
ラストスパート粘りますが…
ステイを入れる事が困難な風、
そして帰着時間も間もなくと言う事で…
この日は釣りを終了しました!

結果、2人で5匹!
最大サイズはNAOTOの50cmでした。

2日目はイッペイガイドサービスを利用しての釣行です。
NAOTOにとっては年に数回あるかどうかの琵琶湖釣行…。
翌日のビッグバスに期待しながら帰路に付きます。
 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

●四国パラダイス
●リザーバー福山
●滋賀守山店 盛田の琵琶湖釣果情報

これらの更新情報や小ネタが見れるツイッターアカウントが登場!
その他、セール情報などもたまにつぶやいています!

@turidougu_ikkyu
で検索してください!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

つりどうぐ一休のLINEアカウントが登場!
入荷情報やセール情報を配信しております。
お得なクーポンも配布されるかも?

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 ボート釣行 (水中映像あり) 【2018年4月10日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


水温も上昇し春真っ只中!
【琵琶湖釣行】


今回もイッペイガイドサービスを利用しております。

前回の教訓を活かして水中カメラの装備を充実させました!
それがコレです。

2018412191832.JPG

3.6m玉の柄にカメラを装着♪
が、しかし!
撮影した映像を確認すると衝撃的な内容が…。

これは…来週、撮影リベンジですかね…。
これ以上長い玉の柄持っていないので、
次は頑張って腕を伸ばします…。

 

2018412192029.JPG

 

2018年4月10日(火)

ポイント:大津港沖 水深3.0m~3.5m
天気:晴れ
水温:14.0℃
平均水位:+1cm
放水量:50t/s


朝一のポイントは大津港沖
人気ポイントである澪筋を狙います。
写真でも分かる様にベタ凪の釣り日和!
と言う事で、ボトムをしっかり狙えるテキサスリグを選択します。
ワームは「エバーグリーン ピッチンスティック」
シンカーは5gをセットしています。

狙い場所は至って明確、地形変化の深い側(澪筋側)にキャストし、
軽くアクション後ステイを入れていきます。

周りには沢山の船…。
人気エリアと言う事はそれだけ釣れているんだろうな~…
なんて考えていると、重たくなった気がします。

この時期は、雑巾バイトと呼ばれる重たくなるだけのバイトが結構あります。
半信半疑で合わせずに逃した経験が多々ある為、
重さを感じたらとりあえずフッキング!

すると…

2018412192913.JPG

幸先良く49cmをゲット!
*メジャーの上で魚が滑ってしまいメモリがズレています…。

1匹目から50cmUPとはいきませんでしたが、
良いサイズで早くも一安心♪
その後はしばらく探るものの反応がなく移動します。

そして続いてのポイントはディープホール!
壁をズルズルと探ると、可愛いサイズをゲットしますが、
コチラは写真を撮り忘れ…すみません。
そして更にポイント移動します。

 

 

 ポイント:北山田 水深2.0m~2.5m
天気:晴れ
水温:14.5℃
平均水位:+1cm
放水量:50t/s


続いては北山田エリア
時間は10時過ぎ…。
このポイントも前回同様に船が多く、
人気具合が伺えます。
まずはカメラを投入!
(唯一、ボトムを撮影出来たエリアです…。)

撮影を終えてから釣り開始です。
使用ルアーは引き続き、「ピッチンスティック 5gテキサス」です。

そして数投目、ステイ後にアクションを加えようとすると、
「コンッ」と吸い込む様なバイト!
早る気持ちを抑えて一旦テンションを掛け、
重さを感じてからフッキング!

「あれ?根掛り??」
一瞬、本気で根がかりと思ってしまいました…。
もしかすると、口にしてたかもしれません。
少し焦りましたが浮かせてからは難なくランディング成功♪

2018412194615.JPG

55cm、3280g
プリンプリン体型のビッグバスでした!
いや、もう文句なしの大満足…
イッペイガイドサービスにも感謝感謝ですが、
まだ終わりませんでした。

更に数投目、またもステイ中に明確な吸い込みバイト!
しっかり送り込んでからフッキング。
先ほどの様なズッシリとした重量感はありませんが、
こちらも良い引きで楽しませてくれます。
そして派手にジャンプ!
「え?デカイ……。」
ランディング前に2連続でのデカバスを想像して
オロオロしてしまいます…(笑)
そんなオロオロファイトで無事にネットイン!

201841220051.JPG

57cm、2930g
先ほどより長くなりましたが、体型は少しスリムに。
でもこれもかなり良いサイズです♪

更にその次のキャストでも、
ガツガツガツッと激しいバイト!
先程までと違うバイトで上がって来たのは、

201841220531.JPG

レギュラーサイズです。
ほんの10分でこの連続フィッシュ、
もう笑うしかありません(笑)

ここで北西風が吹き始め、流しながら探っていきます。

僕はルアーをチェンジし、
「エバーグリーン スカルピン3.5」
「ザップ こちょこちょヘッド 0.9g」をセット。
アクションは軽くシェイク後にしっかりステイで探ります。
するとバイト多発!

1バイト目、バラシ…。

2バイト目、バラシ……。

3バイト目、バラシ………。

2018413224520.JPG

あまりにもバラシが多発するので、ドラグを調整し…
今度はしっかりフッキングに成功♪

2018412201416.JPG

ジグヘッドリグでもバイトはステイ中に集中します。
風がある場合は、ラインを出してでもしっかりステイを!
僕は5秒前後を目安にステイしています。

更にアベレージサイズを追加していきます。

2018412201712.JPG

ウィードや石などを感じた後のステイは期待大です。
そしてしばらくウィードも何もない不毛地帯へ突入…。
天気も良いので、景色でも撮影しながらのんびり流れていきます。

2018412201941.JPG

しばらくするとウィードがチラホラと魚探に写り始めます。
すると突然!
「ゴツゴツゴツッ」
ラインを弛ましているにも関わらず、
激しいバイトを感じます!
あまりにも突然で驚いてしまい、
変な擬音を発しながらびっくりフッキングをしてしまいましたが、
運良く針掛り(笑)
反省しながらやり取りしていると、
ドラグを勢い良く引き出すファイト!
走らせながら、落ち着いて寄せてきて無事にランディング。

2018412203239.JPG

53cmのバスをゲット!
スカルピンでも50cmUPを釣り上げてもう何が何やら…(笑)

2018413224544.JPG

ここまで来ると?
2度あることは3度ある。
3度あることは4度ある…のか??
期待は膨らむばかりです。

そしてその数分後、ステイ中に再びバイト!
緊張が走ります…。

またもドラグを引き出すナイスファイト!
「まさかね。まさかね…。」
そのまさか…

201841220374.JPG

55cm!
最初の55cmと比べると随分とスマート体型ですが…
このフォルムはカッコよくて個人的に好きです。

もう、ここまで来ると急に怖くなります(笑)
時刻は1時過ぎ、帰着まではもう少し時間がありますが…
「今日の帰りは気を付けよう。そうしよう…。」
何て事を考えてしまいました(笑)

その後、徐に「グラスリッパー」+「ヘッドシェイカー4」を投げた奥山に
前のめりになってしまう程の激しいバイトがありましたが、フッキングならず…。
まぁ、前回からの流れを考えるとこれはドラマ魚への布石ですね。

そんな会話をしたりしなかったりで場所移動します。

 

 

 ポイント:赤野井沖 水深3.0m
天気:晴れ
水温:14.0℃
平均水位:+1cm
放水量:50t/s


時間的にも最後のエリアになるであろう赤野井!
北西風が程よく吹いており、巻きでも釣れそうな雰囲気ですが…
僕は本日、信頼度MAXの「スカルピン」
いや、スカルピン師匠を選択!
「師匠お願いしま~す。」

2018412212647.JPG

スカルピン師匠、ありがとうございました(笑)
とにかく、スカルピン…琵琶湖でも激釣れです。

2018412215819.JPG

わかりづらいですが、全身歯型まみれ…。
 

そして僕は巻きの可能性を信じてスイムジグへ変更。
しかし反応無し!
そして帰着時間が迫ってきます…。

こうなると、前回同様になる訳です。
最後に締めの魚を引っ張り出してくるのです。
もうこれがお決まりパターンですかね…。

ルアーは「エバーグリーン バスエネミー」
そしてラストフィッシュは奥山に…

2018412214138.JPG

そう言う事なんでしょう(笑)

この魚をラストに釣り終了!
結果、船中57cm、55cm、55cm、53cm
他多数で合計11本!

狙ったポイント、狙った釣り方で50cmUP連発♪
イッペイガイドサービス、恐るべし…
それを感じた1日でした!

終日笑いっぱなしで楽しく釣りをする、
それに尽きますね♪

今回お世話になったイッペイガイドサービスの奥山は、

現在もアルバイトスタッフとして滋賀守山店で働いておりますので、

ガイド予約等、お気軽にお声かけください♪

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

●四国パラダイス
●リザーバー福山
●滋賀守山店 盛田の琵琶湖釣果情報

これらの更新情報や小ネタが見れるツイッターアカウントが登場!
その他、セール情報などもたまにつぶやいています!

@turidougu_ikkyu
で検索してください!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

つりどうぐ一休のLINEアカウントが登場!
入荷情報やセール情報を配信しております。
お得なクーポンも配布されるかも?

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 ボート釣行 (水中映像あり) 【2018年3月20日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


シーズン開幕と言う事で…!
【琵琶湖】


今回はイッペイガイドサービスを利用しての釣行。

天気は生憎の雨ですが、メインの目的は…水中カメラです。
雨でバスが浮いて水中はパラダイス!
なんて事は難しいと思いますが、とりあえずチャレンジです。
あ、ちなみにNAOTOは不参加です…。

 

201832417038.JPG

 

2018年3月20日(火)

ポイント:赤野井沖 水深3.5m~3.0m
天気:くもり/雨
水温:10.4℃
平均水位:0cm
放水量:120t/s


最初のポイントは赤野井沖!
今年初の琵琶湖ボートなので何をしたらイイのか全く分かりません(笑)
ここ最近、釣れている(らしい)スイムジグをセットし、キャストする前に…
とりあえずカメラを投入!
*水中映像は下部に貼り付けております。

撮影終了後、軽くチェックし移動します。

 

 

 ポイント:北山田 水深2.5m
天気:くもり/雨
水温:11.5℃
平均水位:0cm
放水量:120t/s


続いては北山田エリア!
水温は想像より高め、濁りもあり雰囲気が抜群です。
周りには数艇のボートも見られます。
これは期待大か!?とカメラ投入!

しかし、後ほど確認すると荒れ&濁りで見るに耐えない映像が…。
殆どをボツにせざるを得ない中、何とか様子だけは…。

いかにも巻き物な雰囲気の中、あえてジグヘッドリグを投入!
この段階では狙いとかありません(笑)
とりあえず投げてみたのですが、ワンバイトのみ…。
しばらく探っていきますが、バイトが続かず更に移動します。

 

 

 ポイント:柳が崎 水深4.0m
天気:くもり/雨
水温:11.0℃
平均水位:0cm
放水量:120t/s


やって来たのは柳が崎エリア。
更に北西風が強くなり、「暴力的な」風へとなりつつあります。
そんな中でまずはカメラ撮影から開始。
もはや、大半がアトラクションの様な動画となっていました。
こちらも同じく、カットにカットの末、
1分ちょっとまで縮小された動画になりました…。

風の影響もあり、早々に移動をしましたが、
後で映像を確認すると、今回唯一の魚影が映っていました。
多分、バスです。きっと、バスです。
居ても釣れるとは限らないバス釣りですが、
この時ばかりはもう少し粘っていれば…
そう思ってしまいました。

 

 

ポイント:アクティバ沖 水深4.5m
天気:くもり/雨
水温:10.5℃
平均水位:0cm
放水量:120t/s


風裏を求めて移動した先はアクティバ沖。
軽く昼休憩をしてからキャストを開始しますが…
ここでも反応を得る事が出来ません。
そして思った程に風裏でも無く、
移動に次ぐ移動をします。
時折、白波が立つ中で選択したポイントは…?

 

 

ポイント:赤野井沖 水深3.5m~3.0m
天気:くもり/雨
水温:10.1℃
平均水位:0cm
放水量:120t/s


再び、赤野井沖へと移動してきました!
時刻は午後だと言うのに朝よりも水温が下がっています。
冷たい風は釣り人の大敵ですね。
ただ、風のおかげか多少の濁りが出始めてる様にも感じ、
決してすべてがマイナス要素では無いのかもしれません。
未だに何も掴めていないので、無難なチョイス「スイムジグ」

「ループス スイミングマスター 1/2oz」

「ケイテック スイングインパクトFAT4.8」

1から10まで手堅い選択で攻めていきます。
ボトムより少し浮かせ、時折ウィードタッチさせるイメージで巻いてくると
遂に待望のバイトが!
幸い、ショートバイトとは程遠い激しいバイトで
フッキングも上手く決まり無事にキャッチします!

2018324175525.JPG

これで一安心です!
1匹釣れたので次はジグヘッドリグを試します。

「バレーヒル ジャコビー」

「ザップ こちょこちょヘッド 1.8g」

しばらくは0.9gのジグヘッドで探っていたのですが、
「暴力的な」風で操作がままならない為、
ウェイトチェンジします。
こちょこちょしてはステイ!
こちょこちょしてはステイ!
しっかりステイが大事と自分に言い聞かせながら、
こちょこちょステイを繰り返していくと…

201832418855.JPG

ステイ時にバイトが出ます!

201832418936.JPG

2連発♪
サイズは40cmちょっとですが、
釣れるだけでも、もはや大満足です!

そして気がつけば時刻は残り1時間…。
良いポイントに連れて行ってもらい、
気ままに釣りをして3本もゲットでき大満足の僕。

「準備運動は終わり?」だの
「そろそろ本気を出す時間じゃない?」だの
冗談半分で話していると…

2018324181852.JPG

奥山に50cmUP…。
本気を隠していたのか…(笑)

使用ルアーは、
「エバーグリーン グラスリッパー 3/8oz」


「エバーグリーン ヘッドシェイカー5」

ちなみに僕は準備運動も遠の昔に終わっており、
本気も出し切っていたのでその後は釣れずで帰着となりました(笑)

三寒四温で温かい日と寒い日が繰り返していますが、
水温は徐々に上がってきております。
気がつけば一気に春全開となりますので、
皆さんも是非、釣りへお出かけください!

そして最後に、この日一番反応が良かった赤野井沖の水中映像です。

次回は3月26日、27日で四国を予定しております。
バス釣り?春イカ?
毎度、狙いはハッキリしませんが…
かなり温かい様なので期待大です(笑)

 

 

{A0598324-D6BD-4B82-B028-5F8724CDEAD3}

今回お世話になりましたイッペイガイドサービスの奥山は、

現在もアルバイトスタッフとして滋賀守山店で働いておりますので、

ガイド予約等、お気軽にお声かけください♪

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

●四国パラダイス
●リザーバー福山
●滋賀守山店 盛田の琵琶湖釣果情報

これらの更新情報や小ネタが見れるツイッターアカウントが登場!
その他、セール情報などもたまにつぶやいています!

@turidougu_ikkyu
で検索してください!

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

つりどうぐ一休のLINEアカウントが登場!
入荷情報やセール情報を配信しております。
お得なクーポンも配布されるかも?


 

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 「四国パラダイス」 VS 「琵琶湖釣果情報 盛田」 (水中映像あり) 【2017年9月4日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


特別編4回目!
【琵琶湖】


今回もNAOTOは参加しておりません。
  何故か「滋賀守山店 スタッフ盛田 VS企画」となりました!
とは言っても具体的なルールなどは決めていませんし、
ボートも同船形式での勝負となります。
数?重さ?サイズ?
重さは測りがない為、計測できません。
サイズ勝負に決定です!

勝負をするとなると、やはり負けたくはありませんが…
もう一つの目的である水中カメラも忘れてはいけません。
最近はバスが中々映らず苦労しますが、
ウィードの種類や形状、ブルーギルの位置など
カメラを入れる事で鮮明に分かるので、
それらを見る為にも琵琶湖釣行度に撮影を行います。
そして最終目的はスーパービッグをカメラに捉える事です!

「VS企画」「水中映像」と内容盛り沢山。
タイトルは…
四国パラダイス 田内 VS 滋賀守山店 琵琶湖釣果情報担当 盛田
何だか長いタイトルですね…(笑)
こちらは僕視点で内容を構成しております。
滋賀守山店 スタッフ盛田は琵琶湖釣果情報ページにて
この日の釣果を更新しておりますので、是非そちらもご覧下さい!

 

 

2017年9月4日(月)

ポイント:木浜沖 浚渫エッジ
天気:くもり
水温:26.5℃
平均水位:-35cm
放水量:15t/s
使用ルアー:田内→ジョーカール(7g テキサスリグ)
●AM6:00~AM7:00


201798121410.JPG

最初のポイントは木浜沖!浚渫エッジのエビモ撃ちからスタート。
前回訪れた時にはかなりの船が浮いていた木浜エリア、
今回はかなり少なめ…ざっと見渡した感じで4艇ほどです。
9月に入り一気にめいてきました。
日中こそ、まだまだ気温が高い日もありますが、
この日は朝の気温が18度と肌寒さを感じる程です。
バスの動きも徐々に秋モードになりつつあると聞きますが、
何はともあれ、状況を見る為にも深いことは考えず、
巻いて良し!落として良し!の
ジョーカール7gテキサスリグで攻めていきます。
エビモの中に落としてみたり、その上を巻いてみたり、
浚渫エッジでリフト&フォールをしたりと色々試していきます。
しばらくすると浚渫の深い側でファーストバイトが!
リフト&フォールでの着底時にコツコツコツっと当たります。
しかし、すっぽ抜け…。
その後は反応が乏しい為、アクティバ沖へ移動します。

 

 

2017年9月4日(月)

ポイント:アクティバ沖 水深3.5m~
天気:くもり
水温:26.5℃
平均水位:-35cm
放水量:15t/s
使用ルアー:田内→ジョーカール(7g テキサスリグ)
●AM7:00~AM9:00

 

続いてはお馴染み?の四本柱沖~アクティバ沖です。
四本柱周辺には船が多かったので少し離れて南側へ船を止めます。
使用ルアーは先ほどと同様のジョーカール7gテキサスリグです。
このエリアは後ほど水中動画を見て頂ければ分かりますが、
所々にウィードの盛り上がりがあり、そこに多くのブルーギルをストックしています。
主にクロモセンニンモ、四本柱寄りには更にコカナダモが群生している(ハズ)…。
僕がカメラを投入した極狭い範囲での話なので他にも群生している可能性は大ですが。
そんな盛り上がりを魚探で確認しながら、その周辺にあるウィードトップ3m程のエリアを重点的に狙います。
7gだとウィードの中にジョーカールが入るので、ウィードから一度出すようにリフト。
そしてフリーフォール後に3秒~5秒ほどステイを入れます。
ウィードエッジへ向けて船を進めながら投げ続けると、
再び小さなバイトが出ます!
しかし、又もフッキングには至らず…。
更にリフト&フォールを繰り返していきます。
続いてのバイトは着底時に勢い良くラインが走るアタリ!
今回はフッキング成功です!
1匹目からしっかりとした重量感を感じます。
ウィードの盛り上がりに入られない様に強引に浮かせますが…
失敗…ウィードに潜られてしまいます。
船で近づきながら強引に持ち上げると、
藻ダルマ状態の魚が浮いてきました。
何とか藻化けせずに無事にランディングです!

20179813149.JPG

52cm!1匹目から良いサイズでした。
ここから反応が出始めます。
更にウィードエッジへ船を進めていくと、
バイトが増えていきます。
試しに巻いてみたジョーカールに小さなバイト…
巻き続けますが追い食いはない様子です。
アクションをリフト&フォールに戻します。
そして…

20179813917.JPG

サイズは下がりましたが、40cm程のバスをキャッチ!
回遊なのか?このチャンスを逃さない様に投げ続けます。
更にバイトが出ます。
1匹目同様に勢い良くラインが走り、ひと呼吸置いてフッキング!
一瞬重さを感じますが、直ぐに軽くなります。

ラインブレイクです…。
結び直した直後で解けた様子もありません。
確認出来ていなかった傷があったのか、それとも…。
気を取り直して、リフト&フォールを続けます。
気分転換にワームのカラーを変えると、

20179813167.JPG

何だかサイズが下がってきました。
この魚で反応が無くなり、他のエリアを見るために移動します。

忘れる所でした。
このエリアで水中カメラを投入しています。
小移動しながら3箇所で撮影をしました。
魚の反応が多かったこのエリアでどれだけ映っているのでしょうか?
【動画はコチラ】

 

2017年9月4日(月)

ポイント:下物沖 水深3.5~
天気:くもり
水温:27.0℃
平均水位:-35cm
放水量:15t/s
使用ルアー:田内→マグナムフィネス(14g パンチショットリグ)
●AM9:00~12:00

 

ここから苦戦します。
思うのですが、僕は四本柱を離れると大体苦戦します(笑)
特に今年は四本柱沖~アクティバ沖以外で良い思い出が少ないです…。
さて、ここからは下物沖パンチショットリグを試します。
良さそうなポイントにはやはり船が多いので、沖の少し深い位置を狙います。
すると、バイトは出ますが…
フッキングには至りません。
後ろでは盛田にもヒット!しかし痛恨のバラシです。
どうにも上手くいきません…。
時間だけが過ぎていきます。

これではいけないと、草津川河口沖へと移動します。
申し訳程度に生えたウィードがありますが、
その他は何もないフラットエリアです。
僅かなウィードをテキサスリグで感じながらリフト&フォールさせますが、
正直釣れる気がしていませんでした。
しかし、後ろで盛田がバスをキャッチします。
それも良い体型の如何にもエサを食べてます感が強い魚…。
僕にはちんぷんかんぷんで迷いが生まれます(笑)
ただ、その後お互いに釣れる気がしないと言う事で再び移動します。

 

 

2017年9月4日(月)

ポイント:大津港沖 水深3.0m~
天気:くもり
水温:27.0℃
平均水位:-35cm
放水量:15t/s
使用ルアー:田内→ジョーカール(7g テキサスリグ)
●12:00~PM2:00

 

201798153456.JPG

お昼頃に大津港沖へ到着。
沖のウィードエッジより南へ流されながらリフト&フォールで探ります。
岸へ寄るにつれてウィードが濃くなります。

朝と同様に一旦ウィードから出しては、中に落としステイさせます。
しばらく探りますが、反応はありません。
流し直す為にエレキで移動している最中、マキマキを試します。
すると直ぐにバイトが!
巻き続けますが反転する様子がありません。
焦りが先走り、フッキングしてしまいました…。
もちろんすっぽ抜けです。
ここからマキマキへとシフトしますが、その後はバイトを得る事が出来ません。
ミオ筋を挟んで西側へ移動します。
西側は藻刈りされたのかフラットが広がっていますが、
ミオ筋周辺に小さなエビモのパッチが残っていました。
僕はその沖に少しだけ広がったクロモ?未確認ですが、
クロモと勝手に思っているウィードでリフト&フォール…そして

20179815436.JPG

大きくは無いものの、数時間ぶりのヒットです!
そして後ろではエビモを攻めていた盛田にも魚がヒットします。
こちらは僕の魚より大きい様子です…。
僕も視界に入ったエビモに撃ち込みます。
すると…

201798154455.JPG

残りウィードはパラダイス?バラシやすっぽ抜けも含めると
中々のバイト数です。
しかし、僕はサイズを出すことが出来ませんでした。
試しに移動前にミオ筋の東側へ戻りエビモを攻めますが…
東側では反応を得る事が出来ませんでした。
そして時刻も2時を周り、終盤戦へと差し掛かります。

因みにミオ筋の東側で水中カメラを沈めました。
風表になっており、濁りで見づらいですが
ウィードの参考にでもして頂ければと思います。
【動画はコチラ

 

 

2017年9月4日(月)

ポイント:下物沖 水深3.5~
天気:くもり
水温:27.0℃
平均水位:-35cm
放水量:15t/s
使用ルアー:田内→マグナムフィネス(14g パンチショットリグ)
●PM2:00~3:00

 

そして再びパンチショットの時間です。
前回、キーワードにしていた、
●浚渫のエッジ。
●エビモが群生している。
●エッジの下にカナダモかクロモが群生している。

確認の意味も含めて、同じキーワードでポイントを選択します。
具体的な場所は六本柱より真っ直ぐ北に移動した場所。
その周辺にある浚渫に沿って魚探を確認し
条件を満たしている場所を撃っていきます。
若干、ボートポジションに失敗しますが、
周りに船が多い為エレキで移動して船団から離れる様に流します。
1m間隔を意識して撃っていくと、
グッと押さえ込むバイトが!
送り込んでフッキングすると竿にズッシリとした重さが伝わります。
ファイト開始がウィードの中なので躊躇せずに一気に巻き上げますが…
一瞬軽くなったあと再び重くなります。
あれ?と思いそのまま寄せると、藻化けしていました。
今日もミスが多い1日です。

この3つのキーワードに手応えを感じ、
更に撃ち続けます。
時折、バイトは出ますが…送り込むと吐き出されたり
フッキングですっぽ抜けたりと苦戦します。
何とかパンチショットリグで1匹釣りたい…半ば意地で投げ続けると
ようやく、ルアーを持っていくバイトが出ます!
しっかりフッキングし一気に寄せます。
サイズは………ですが、

20179816858.JPG

何より、パンチショットリグで釣れて満足です(笑)
サイズ・数共に微妙なのですが、個人的に嬉しいので良しとします。
しかし、パンチショットリグ2回目は前回より苦戦しました。
新たなキーワードを探す必要があるのでしょうか?
じっくり丁寧に攻めるボートもあれば、
ハイスピードで流しながら撃つ方もいらっしゃいました。
周りを見ているだけでも勉強になります。
次は何か違ったキーワードも試してみようと思います。

 

 

2017年9月4日(月)

ポイント:下物沖 水深3.5m~
天気:くもり
水温:26.0℃
平均水位:-35cm
放水量:15t/s
使用ルアー:田内→ジョーカール(7g テキサスリグ)
●PM3:00~PM4:00

 

ラスト1時間は朝に反応が良かったアクティバ沖へ戻ります。
朝と夕方で水中の様子に違いがあるのか?水中カメラを投入します。
しばらく撮影をしてから、残り時間はジョーカールヘ託します。
ドラマ魚を信じてリフト&フォール…
時にウィードの面をマキマキマキマキ…
しかし、希望は虚しくノーバイトでタイムリミットを迎えました。
【動画はコチラ】

 

結果、最大サイズは52cm!
合計で6匹となりました。

VS企画の結果は…
「四国パラダイス 田内」 52cm
「琵琶湖釣果情報担当 盛田」 46cm

僕の勝ち…って事でいいんですかね。
いいんでしょうね(笑)

何より、1匹目が52cmだった時点で結果発表みたいなものでして…。
琵琶湖釣果情報に盛田の最大サイズが先に公開されていたので、
勝負特有の先が読めない感が全くない内容となりました。
手探り企画ならではの愛嬌と言う事でお許し下さい。

「琵琶湖釣果情報担当 盛田」の記事は
コチラより見ることが出来ます!

【琵琶湖釣果情報リンク】

このVS企画にどれだけの人が興味があるのか全く不明ですが、
(むしろ居ないのでは無いかと思っていますが…)
今後も機会があれば行われるかもしれません。
もしくは、動画にでも登場してもらいましょうか!
(予定は未定です!)

次回の更新は四国になります。
パラダイスボックス?もしくは別企画?
何か出来ればいいなと思っています。
またの閲覧をお待ちしております!

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 ボート釣行 (水中映像あり) 【2017年8月21日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


特別編3回目!
【琵琶湖】


今回もNAOTOは参加しておりません。
  単独での釣行です。
この特別編の目標…魚を釣ることはもちろんですが、
水中カメラにてスーパービッグサイズを捉える事です。
お盆期間中は全開放水で、釣果も好調だった様です!
しかし、その後は落ち着きを取り戻した琵琶湖…
撮影に関しては濁りが不安要素ですが…果たして?

2017822215936.JPG

 

2017年8月21日(月)

ポイント:木浜沖 水深3.5m→四本柱沖 水深3.5m
天気:くもり
水温:29.5℃
平均水位:-17cm
放水量:80t/s
使用ルアー:田内→ジョーカール(7g テキサスリグ)
●AM6:00~AM8:00


最初のポイントは木浜沖!ボディウォーター周辺の沖へポジションを取ります。
木浜エリア、船団と言うほど密集はしていないものの…
かなりの船が浮いていました!
そんな中でも一番沖よりに船を止めて、ジョーカールで探っていきます。

朝一、くもりと言う事もあったのでウィードの中では無く上をマキマキして見ますが…
反応無し!
続いてリフト&フォールも試しますが…

反応無し!
念のため、パンチショットでウィードの中も探りますが…
反応無し!
そして移動します(笑)

続いては前回に同船者が56cmを釣り上げた四本柱沖
こちらも船団が出来ており、人気エリアの様子です。

船団より少し離れて南寄りで船を止めます。
そして1投目…。
フリーフォールさせた後、ラインを張ると…
コツコツコツっとバイトが!
一瞬、ブルーギルかと思い躊躇しましたが、
咥えて走っている感触があったのでフッキング!
上がってきたファーストフィッシュは…

201782222012.JPG

35cmほどですかね?
決してビックサイズではありませんが、
なんであれ1匹目は嬉しいですね。

この魚を釣り上げた直後にカメラ投入!
四本柱沖は前回も水中動画を撮りましたが…
どう変化しているのか?
【動画はコチラ】

その後、しばらく探りますが反応がないので移動します。

 

ポイント:下物沖 水深3.5m
天気:くもり
水温:29.8℃
平均水位:-17cm
放水量:80t/s
使用ルアー:田内→マグナムフィネス(14g パンチショットリグ)
●AM8:00~AM10:00

 

続いては下物エリアにてパンチショット…
こちらも出来るだけ沖にポジションを取ります。
説明が難しいですが、対岸にはカネカがあり

下物エリアの中でも北寄りです。
僕自身はあまりパンチショットをした事が無く、釣ってみたいとの
思いからしばらくパンチショットを試す事にしました。
去年の同時期に試した際は
狙う場所なども良くわからず、広大なウィードエリアで途方に暮れていました(笑)
今年は狙う場所を決めてチャレンジします!

まずは出来るだけボディウォーターに寄っているカナダ藻orエビ藻!
そしてウィードトップが1m~2mへ変化する所!
トロロ藻が微妙に引っかかってくる所!

これでも果てしなく感じますが、去年よりはマシですかね。
水深は3.5m~4mウィードトップが2m
14gのシンカーで作成したパンチショットリグを使用しました。
あとは黙々と撃ち続けます!
最初は至近距離でウィードの高低差があるような場所を狙っていましたが、
ポイントを絞れていない僕では効率が悪い事に気づき、
途中からショートキャストへ変更します。
出来るだけ高めにリフトし、フリーフォール…
そしてステイを数秒入れてから再びアクションと

この様な流れで探ります。
これが正しいアクションなのか?それは分かりません!
完全に我流です。
そして続ける事、約30分…
ステイ中にラインが走ります!
慌て糸ふけを取り、重さを感じてからフッキング!
ウィードの中から一気に浮かすべく、必死でハンドルを巻きます(笑)
そして無事にランディング…
201782222118.JPG
サイズは51cm
6月以来の50cmUPです。
しかし、釣ったと言うより釣れた感が残ります…。
ステイ中にバイトして走ったのか、
それとも着底時にバイトしていたのか…。
その後はバイトが遠のきます。

 

ポイント:大津港沖 水深3.0m
天気:晴れ
水温:30.5℃
平均水位:-17cm
放水量:80t/s
使用ルアー:田内→ジョーカール(7g テキサスリグ)
●AM10:00~PM1:00

 

大津港沖へ移動!
ここ最近、全く来てなかったこのエリア。
なぜ、急に選んだのかと言うと…
去年?一昨年?
どちらか忘れましたが、同じ時期に大津港沖で
NAOTOが56cmだか57cmだかを
釣っていたのを思い出したからです。
去年がNAOTOなら今年は僕だろうと…(笑)
ジョーカールの7gテキサスリグ、大きめのリフト&フォールで
探っていきます。
すると、コツコツっと小さなバイトが…。
今回は慌てずフッキング、落ち着いたやり取りで難なくキャッチ!

201782222226.JPG

45cmほどのバスをゲットします。
そしてキャストを続け、再びバイトが!
しかしすっぽ抜けでワームが盗られます。
続けて反応が得れた為、しばらく探っていきます。
しかし、違和感や小さなアタリは感じるものの、
先ほどの様な明確なバイトはありません。
そんな時は、これ!
水中カメラの出番です。
【動画はコチラ】

カメラを沈めて気づいた流れ、
その流れ云々については動画を見て頂ければと思いますが…
僕にとっては1つの収穫です。
ここがこうならあそこのポイントも…
その想像が楽しいタイプの人間なので(笑)

あれやこれや一通り試しますが…
その後、反応はありません。
少し休憩してから再び下物へ戻ります。

 

ポイント:下物沖 水深3.5m
天気:晴れ
水温:30.5℃
平均水位:-17cm
放水量:80t/s
使用ルアー:田内→マグナムフィネス(14g パンチショットリグ)
●P
M1:00~PM3:00

そして下物へ戻ってきました。
ラストへ向けて再びパンチショットで釣りをしていきます。
今度は下物でも南寄りです。
ポジションはやはり沖、ボディウィーターに近い所です。
先ほどと同様の条件であるウィードトップ2mで釣り開始。
しばらく撃っていくと、着底の瞬間にコッとアタリが!
焦らず糸ふけを取り、懇親のフッキング!
一気に浮かせてそのままランディングします。

201782222347.JPG

サイズは45cmほど。
連発こそ無いですが、自分で選んだキーワードの中で釣れるのは
楽しいですし、嬉しいものです。
でも、何か外している感じは否めませんね。

そしてここに新たな要素を付け加えます。
「浚渫のエッジに生えたエビ藻+その下にカナダ藻」
更に絞られましたが…失敗です。
絞り過ぎました。
何とか見つけた、条件に当てはまるポイント…
1投目からバイトが出ます!
エビ藻が絡む為、今まで以上に強引なやり取り…
かなりの重量感に心の中で、
「デカい…。」
いや、ぼそっと呟いていたかもしれません。
それだけの手応えを感じたのです。
しかし!水中でバスが反転した瞬間…
軽くなる竿先。
もはやダメ野郎認定されそうな程に毎度毎度やってしまいます。

そして同じ条件を探しますが…
見つかりません…。
良いサイズを掛けてしまったが故に捨てきれず、
無駄に探し回って見つけれたのは3箇所程度…。
どれも反応は得られずです。

 

ポイント:下物沖 水深3.5m
天気:晴れ
水温:30.5℃
平均水位:-17cm
放水量:120t/s
使用ルアー:田内→パワーグライドジグ 5/16oz + スタッガーワイド3.3インチ
●PM3:00~PM4:00

この時間も継続してパンチショットを続ける予定でした。
ただ、何か午前中と違う雰囲気を感じました。
まずはトロロ藻。
ルアーへの付着度合いと付着場所が違うように感じます。
そしてウィードの向き。
ルアーがウィードを抜ける際の引っかかり感が違います。
この辺は便利な世の中、携帯でポチポチっと調べると
放水量80t/s→120t/sへ!
急遽狙いを変更します。

ポイントは殆んど変わらず下物沖。
ウィードトップが2m~3mで水深は4mです。

パンチショットをしていた場所よりちょっとだけ沖です。

夕方に放水量アップ、そして強めの風と、
今フィーディングに入らないで何時入るんだと思えるタイミング…
そしてパンチショットエリアにはコギルがチラホラと見えていた事もあり、
パワーグライドジグ+スタッガーワイド3.3を選択します。
ラバージグのウェイトは5/16oz、
ウィードの上を狙う為に手持ちで一番軽いウェイトです。

釣り人に備わる第六感的な感覚…
例えば、キャストした瞬間に「このキャストは釣れる!」や
アクションの最中に「この後バイトが出る!」などの
経験はありませんか?
仮に呼ぶなら、
「絶対釣れる感」
とでもしましょうか…。
過去の経験から来るものなのか、
周りの環境から感じるものなのか…
その感覚の正体は謎ですが。
そういえば、リザーバー福山の6月7日に更新された番外編でも
「絶対釣れる感」的な内容がありました。
その時に釣り上げたバスは55cmとの事でしたが…。

話はそれましたが、僕もこの感覚をこの瞬間に感じていました。
終了間近にこの日一番の集中力(笑)

そして1投目、フリーフォールでウィードの上に置く様なイメージ…
そしてほんの少しだけリフトさせてしばらくステイ。
2回目のアクションの後、ステイ中に小さなアタリが!
待ってましたとばかりにフルフッキング!
再度訪れたナイスサイズのチャンス、
これはキャッチしなければ…。

ラインは14lb、右側にはモサモサのカナダ藻が魚を守るかの如く
両手を広げて鎮座していた為、
左側に誘導し無事にネットイン!

201782222448.JPG

サイズは55cm
リザーバー福山でも55cm 四国パラダイスでも55cm
これは何かあるのでは…?
はい、単なる偶然ですね、わかってます。
でもこじつけた方が楽しいのでつい…。

201782222838.JPG

今年は55cmの壁が分厚い様です。
でも釣れれば嬉しいので良しとします!

時刻は4時前…。
もう少しこのポイントで釣りをしようかと思いましたが、
心残りをなくす為に四本柱沖へ移動。
2投するもノーバイトでこの日の釣りを終えました。

結果、55cm・51cm・40cmUP×2匹・35cm
合計5匹となりました。

ここ最近の僕としてはミスが少なかった方かと…。
次回は四国でのボート2号機入水式?
そして月末には早明浦ダムにリベンジ予定も。
琵琶湖の予定は今のところありませんが、
この更新ペースなら次もそう遠くないと思います。

 

気がつけばお盆も終わり…
ただ、日中はまだまだ暑いです!
熱中症には十分ご注意ください!

 

 

【四国パラダイス】 特別編 琵琶湖 ボート釣行 (水中映像あり) 【2017年8月1日】

201775202121.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!


早くも特別編2回目!
【琵琶湖】


今回はNAOTOは参加出来ず…。
寝屋川店スタッフ 黒岩が参加しています。
この特別編の目標…魚を釣ることはもちろんですが、
水中カメラにてスーパービッグサイズを捉える事です。
今回、放水量が下がり水質もあまり良くない状況…
少し濁りが入っており、至近距離で無いと魚が映りません。
果たして魚は映るのでしょうか?

 

2017年8月1日(火)

ポイント:下物沖 水深3.5m→アクティバ沖 水深3.5m~4m
天気:くもり
水温:29.5℃
平均水位:-20cm
放水量:15t/s
使用ルアー:田内→ジョーカール(5g テキサスリグ) 黒岩→バレッジスイマー+ディレンジ
●AM6:00~AM8:00


最初のポイントは下物沖!エビモ&カナダモを狙っていきます。
時折見える水面まで伸びたエビモにトップウォーターを投げ込むものの、
何だか釣れる雰囲気が全くありません。
エビモにトップウォーター、エビモが無い場所ではジョーカール
2段構えで攻めていきます。
すると、ジョーカールのマキマキにバイト!
しかし、すっぽ抜けでテールが盗られます。
焦りは禁物ですね。
後が続かず、早々に移動します。

続いては四本柱沖
前回の特別編で見つけたコカナダモエリアです。
2週間前は状況が良かったのですが、今回は…?
ルアーは引き続き、上記の使用ルアーで攻めていきます。

ウィードの起伏が激しいこのポイント、
前回より更にウィードが成長しているので
所々、目視でウィードを確認出来ます。
そしてその盛り上がったウィードにブルーギルの団体様が…
バスにとって食べやすい10cm程のブルーギルがワラワラと。
これは期待できるのでは?
そして僕のジョーカールに再びバイト!
今度は少し送り込んで、グッと重たくなった瞬間にフッキング!
しかし、今後は胴体ごと真っ二つ…。

まだまだ焦りがあった様です。

風もなく、放水量も少ないですが
どうにも横の動きでバイトが出ている感じです。
そして黒岩もバレッジスイマー+ディレンジをスローにマキマキ、
そして…

徐にフッキング!
この日最初の魚、あまり大きく無い様子?
抵抗もそこまで強くないみたいです。
そして、ジャンプ!
水中から飛び出した顔を見て、思わず口にします。
「いやいや、デカイ!」
そこからも対した抵抗はなく、無事にランディング!
201783123937.JPG
自身の記録を更新する56cm!
いきなりビッグサイズが飛び出します!

そしてこの魚を見た瞬間、僕は準備に取り掛かります。
そう水中カメラです。
このサイズが釣れるポイントなら…
そしてカメラを投入!
【動画はコチラ】

 

そしてここから時系列を大幅に短縮します。
全く釣れて無い時間が数時間…。
厳しい展開です。


 

ポイント:六本柱北 水深3.5m
天気:くもり
水温:30.0℃
平均水位:-20cm
放水量:15t/s
使用ルアー:田内→ジャコビー(2.7g ジグヘッドリグ)
●AM11:00


そして僕のファーストフィッシュはお昼前の11時頃…
人気エリアの六本柱北側で跳ねジャコを試していると、
いきなりギューーンとラインが走るバイト!
ウィードが濃いため、一気に合わせて一気に引き寄せます。
開始より約6時間後にやっと1匹ゲットです。
201783124829.JPG
サイズは41cm!
最初の魚に比べると随分小さく見えてしまいますが、
僕にとっては苦しい中で反応が得れた1匹なので
なんとも嬉しい状況です。

魚が釣れたポイントではしっかりと水中カメラを投入!
【動画はコチラ】

 

そして再び時系列を短縮します…。

 

ポイント:木浜沖 水深4.0m
天気:くもり
水温:30.0℃
平均水位:-20cm
放水量:15t/s
使用ルアー:田内→ジャコビー(2.7g ジグヘッドリグ)
●PM2:30


再び、反応が無い時間が約3時間…。
そして午後2時頃より北風が強く吹き始めます!
白波が立ち始める、少し強めの北風!
これはチャンスとポイントを移動します。
木浜沖のウィードトップが3m~2mへ落ちるポイント。
そのエッジ周辺を流していきます。
そしてやっとの事で反応が…
またもやギューーンとラインが走るバイト!
しっかり重さを感じてから一気にフッキングし、
またも一気に寄せてきてランディング。
20178312596.JPG
少しサイズアップして48cm!
このまま、50cmUPまで釣りたい所ですが…

続いても僕のジャコビーにバイトが!
すかさずフッキングすると…
「パシッ」という音と共にテンションが無くなります。
僕は完全にラインブレイクと思い込んでいました。
そして弛んだラインを回収しようとすると…
ジーーーーとドラグが引き出されます。
一瞬、???でしたが
直ぐに魚が掛かっていると理解しファイトを開始!
先ほどよりも重量感があり、強めにセッティングしたドラグが引き出されます。
良いサイズだと確信!
しかし、この四国パラダイスには呪い?があります(笑)

良いサイズは大体バラすのです。
そんな流れを払拭しようと慎重にやり取りします。
風が強く船が流される為、エレキで操船しようとした瞬間、
ウィードに巻かれてしまいます。
焦らず、ジワジワとテンションをかけると、
フッとウィードから抜ける感触が!
一気に浮かせにかかりますが、
引きが全く無くなっています。
もしかして?

はい、藻化けしました…。
呪い?克服ならずです(笑)

そしてラストポイントへ移動します。

最後のポイントは四本柱沖~アクティバ沖を流すことに。
ルアーはジョーカールの5gテキサスです。
一方、黒岩は船酔いでダウン。
ひたすら、ウィードの上でリフト&フォールを繰り返します。
そして最後にバイトが出ます!
しっかりと糸フケをとって、渾身のフッキング!
ファイト時間、約1秒ほどでラインブレイク!

今回も僕はミスの連続で終わりました…。

結果、2人で56cm・48cm・41cm3匹
非常に厳しい展開となりました。
これはこのままでは終われません。
次回の特別編はまだ未定ですが…
8月中に1回は行きたいと思っています。
あくまでも未定です!

次回は8月7日~8月8日ですが、
ボート調達&デッキ作成の為、釣りに行けるかは分かりません。
台風の影響もありますが、台風後であれば
シーバス爆釣の可能性も…。
状況次第ですが、四国パラダイス初の
ソルトフィッシングに行ければと思っております。