ホーム>四国パラダイス>杉田ダム

杉田ダム

【四国パラダイス】 高知県 杉田ダム 【2017年9月13日】

201762919585.JPG

田内 & NAOTO の
四国パラダイス

「つりどうぐ一休 寝屋川店 店長 田内」

「高知県在住 パラダイス案内人 NAOTO」
でお送りする四国パラダイス!

最終日は杉田ダム!

四国パラダイスでは初登場となるリザーバー!
【高知県 杉田ダム】

良く登場する永瀬ダムの下流にある杉田ダム…
川の原型を残した1本筋のダムです。
オーバーハングが多く、満水時には岸際までキャスト出来なくなるのですが、
今回は減水傾向と言う事で久しぶりに訪れました。
良く釣り人を見かけるこのフィールド、この日も既に2艇が出船している様子…。
更に僕たちの後からも釣り人が訪れていました。
何故か人気がある様です…。

 

つりどうぐ一休 寝屋川店よりYahoo地図にてルート検索すると…
有料道路優先で321km  所要時間は4時間28分

過去を振り返ると、苦戦した思い出しか無いような気がしますが…
果たして?

 

2017年9月13日(水)

ポイント:スロープ~上流
天気:晴れ
水温:25.0℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(10gテキサスリグ) NAOTO→カットテール3.5インチ(ノーシンカーワッキーリグ)
●AM7:00~AM9:00

2017921125428.JPG

スロープから対岸を撮影…。
朝一に右側のカバーでボイルが起こり、
テキサスリグをキャストするとバイトが出るものの…
残念ながらフッキングミス。
気を取り直して出船します。

スロープは中流に位置しているので、
上流へ向けて船を進めていきます。

先行者の2艇も上流へ向かった様なので、後を追いかける形になります。
ビッグベイトで広範囲をサーチしつつ、
要所要所でテキサスリグを撃っていきます。

このダムは何故かビッグベイトへのチェイスが多く、
甘噛みが多発するのですが、
今回はチェイス止まりの様です。
魚が出てくるカバーをチェックし、その周辺をフィネスで探ると…

2017921131128.JPG

NAOTOにヒット!
カットテール3.5インチのノーシンカーワッキーリグにて。

更に探りつつ上流へ向かいます。
流れ込みや冠水カバーなどを攻めますが…
ビッグベイトへのチェイスが時折ある程度で、
その他のルアーへは反応が得られません。
この日はタイムリミットがあった為、
粘らず流し続けていきます。

 

2017年9月13日(水)

ポイント:中流~上流
天気:晴れ
水温:25.0℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(10gテキサスリグ) NAOTO→カットテール3.5インチ(ノーシンカーワッキーリグ)
●AM9:00~AM11:00

2017921131543.JPG

夏には川遊びの人気スポット?となる日御子エリア…。
地元の人にはお馴染みの遊泳スポット。
泳いでるとバスやニゴイが良く見えます(笑)
ここはオカッパリでも人気エリア。
釣り人がいた為、スルーします。

そして、お目当てにしていた小さな流入河川の出入口へ到着。
しかし流れが無く、ベイトフィッシュの影もありません。
1匹だけ40cm程のバスを見かけますが、
ルアーを見た瞬間に超絶な逃走…。
流入河川より本流への合流地点3m~6mまで落ちる地形変化を

丁寧に攻めていきますが、反応は無し。

対岸に渡り、今度は釣り下ります。
そしてとある流れ込みに近づいてみると、
小さな魚が群がっています。
サイズ的には3cm~4cmの超小型。

2017921132447.JPG

バスの気配は感じられません…。

201792113263.JPG

如何にも自然な流れ込みや…

2017921132650.JPG

如何にも人工的な流れ込みなど…
様々な流れ込みを撃ちつつ、スロープへ戻っていきます。

 

2017年9月13日(水)

ポイント:中流~スロープ
天気:晴れ
水温:25.5℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(10gテキサスリグ) NAOTO→Dフロッグ & カットテール3.5インチ(ノーシンカーワッキーリグ)
●AM11:00~PM1:00

時間的に折り返しに差し掛かる頃…
NAOTOのカットテールに再びヒット!

201792113320.JPG

数、サイズ共に厳しい状況です。
僕は未だにノーフィッシュ。

と言う事で、こっそりカットテールを拝借して…

201792113350.JPG

流石はカットテール!
良い仕事をしてくれます。
そしてカットテールをNAOTOの元へと返して
再び、下っていきます。

するとお昼頃より風が強くなり始め、
フィールドの雰囲気が変わります。
田舎の山間にあるダムの為、
風が吹き始めるとそれなりに強くなります。
規模が小さいので白波こそ立ちませんが、
岸際が騒がしくなります。

そこでNAOTOが閃いたかの様にDフロッグを結びます。
カバーの中へ滑り込まして、早めの首振りアクションをさせると、
ガボッと豪快なバイト!
普段なら大体フッキングミスをするパターンですが、
今回はしっかり食い込んでおり、難なくキャッチ!

201792113425.JPG

フロッグでの1匹は貴重です。
表層で釣れたかと思えば、僕のテキサスリグにも…

2017921135129.JPG

単純に活性が上がったのでしょうか?
表層で釣れたのを見てしまったが故に、
気になり始めるのはブーヤーダンシングバズ(笑)

どうせならと小一時間程、トップウォーター縛りを試みますが…
その後の反応はありませんでした。

 

 

2017年9月13日(水)

ポイント:スロープ~スロープ
天気:晴れ
水温:25.5℃
使用ルアー:田内→バイズクロー4.5インチ(10gテキサスリグ) NAOTO→Dフロッグ & カットテール3.5インチ(ノーシンカーワッキーリグ)
●PM1:00~PM3:00

そして終了時刻が近づく頃にようやくバズベイトを諦めて、
テキサスリグで地形変化を探ることにします。
朝からカバーや流れ込みなど目に見える変化を攻めましたが、

そこまで良い反応が得られなかったので、
水中の変化を探ることにします。

201792113576.JPG

こんな景色だとオーバーハングを攻めたくなるのが釣り人ですが、
せっかく魚探を装備している為、魚探と地形を見ながらウロウロと…。
5m~10mまで一気に落ちる崖のような変化や
遥か沖まで5mが続くフラットエリアなど、今まで分からなかった地形変化が沢山!
しかし、釣れるかと言われると、
「………まぁ……ね。」
と言った感じです(笑)
ワンドの出入り口にある岬にて、

201792114117.JPG

ポロッと釣れてくれますが…。
シャローからディープまで魚が居ますね。
徐々に秋へと移り変わっていくのでしょうか。
そして最後に、

201792114257.JPG

この魚で終了です!

結果、2人で7匹!
非常に厳しい釣果です。
40cmUPも釣れず…。
リベンジ…するかは分かりませんが、悔しいですね。
次回は、9月25日・26日の釣行予定です。

20179211471.JPG

今回は奥まで入れなかった秘境への入口…。
最奥部はオカッパリ有望ポイントなのですが…ボートで入るには少し狭すぎます。
入口の雰囲気は満載!
でも1回しか釣れたことがないです…(笑)